岡田茂吉の言霊

医学の正体に気づいた時いろんな事が見えてきます!

全体表示

[ リスト ]

「人間が運動する結果として疲労する事は誰もが知る所である。
これはなぜであるかというと、激しい運動やまたは普通運動にても持続する場合浄化作用が発生するからである。
それが微熱であるから、疲労時を診査する場合、腎臓部、腰部または脚部に必ず微熱をみるのである。
この理によって、運動をすれば浄化熱が発生する。
それによって毒素が軽減するのであるから、疲労する程の運動は、健康増進に対し最も良いのである。
しかるに医学においては右の理を逆に解して、過労を恐れるという訳である。
もちろん浄化作用の熱の意味を知らない医学としては無理もないであろう。
ゆえに、私は常に思うのである。
それは医学は過労は結核の原因でありとする、そのためこれを避けようとするゆえに、産業戦士の能率にすくなからず影響するであろう事を憂うるのである。
しかるに私の説のごとく、過労はむしろ健康上最善なる方法である事を知れば、能率の上にいかに大なる効果を及ぼすかを想うのである。
右によって考うるも、医学は外部的、一時的の症状のみに捉われ、根本的永久的を考えない所に欠陥があるのではないか。
ちょうど日光によって草木の葉が垂れ、花がしぼむのでそれを恐れて日蔭へ持ってゆくという意味と異ならないであろう。
一時的なえた草木が、一夜を経て再び生気溌剌たる事に思い及ばないという訳である。
次に倦怠感とは、大した運動もせぬに常に微熱が発生するのであるから、これらを治癒せんとするには、大いに運動して高熱を出さしめる方が速く治癒するのである。
それは微弱である浄化を強烈にする事によって、毒素の排泄が速やかとなるからである。」 (「結核の正体」より)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事