岡田茂吉の言霊

医学の正体に気づいた時いろんな事が見えてきます!

全体表示

[ リスト ]

「睡眠不足が結核の原因となるという事は、なんら意味をなさない解釈である事を述べてみよう。
なぜ医学は右のごとく誤ったかという事を想像してみるに過労と同一の考えによるのであろう。
すなわち再三述べたごとく、人体は運動によって浄化熱が発生するものであるから、睡眠という安静時より、覚醒時の活動時間が長い程、より浄化作用が発生しやすいのは当然である。
この意味において、医学の説は逆である事を知るであろう。
この例として最も適切な事がある。
それは花柳界における人達である。
この社会の人には結核が最も少ないという事を、医家はよくいうのである。
しかるに、あらゆる階級中、この社会の人達ほど睡眠不足である事は恐らく他にないであろう。
これらによってみても、睡眠不足が結核の原因にならない訳が知らるるのである。
また結核の多いといわるる学生についてみるに学生は割合、夜の勉学と早朝通学のためとによって確かに睡眠は不足している。
かつ運動も強烈であるから、両々(りょうりょう)相まって浄化作用が発生しやすく、そのために微熱をみるので、
医学は睡眠不足と過労が結核の原因であるとするに至ったと思うのである。
また一般に朝は無熱または低熱で、午後に到ると必ず多少の昂騰(こうとう)をするが、これは右の理によるのである。
しかるに稀には朝高く午後に低い場合もあるが、それは下熱剤のために狂うからで、かくのごときのごとき場合下熱剤をやめれば、再び正当な状態に立戻るものである。」 (「結核の正体」より)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事