岡田茂吉の言霊

医学の正体に気づいた時いろんな事が見えてきます!

全体表示

[ リスト ]

「結核の前駆としての微熱の原因については、再三述べた通りであるが、実例によって今一層詳説してみよう。
結核患者が長時日の安静療法によって無熱になる事は、浄化作用が全く停止されたからである事はいうまでもない。
しかるにその場合、たまたま患者が精神的にかまたは肉体的にいささかの運動をする事によって微熱が発生する。
医師は驚いてそれを戒めるという例はよくある事であるが、これによってみても浄化作用停止と発生との理が判るであろう。
そうして医療においては身体はもちろん手足をさえ動かさしめず作りつけの人形のごとく全然不動で仰臥(ぎょうが)の姿勢を保たせ何十日何百日間も持続させるのであるから治りたい一心のためとはいえ患者の苦痛たるや実に言語に絶するものがある。
全く文字通りの生ける屍(しかばね)である。
考えてもみるがいい。
いかなる健康体といえども数ケ月絶対安静を持続する以上胃腸は弱り、食欲不振となり、衰弱のごく重症患者と同一状態になる事は当然であろう。
いわんや結核患者においておやである。
またこうもいえるのである。
すなわち青年期の旺盛なる浄化力を極力停止する結果としてちょうど老衰者同様の無力になる事である。
それが無熱であり、病的症状消滅であるから、それを治癒するがごとく医学は錯覚するのである。
この理によって医学は肺その物のみを治癒せんとし、それのみに専念し、ついに全体をして衰弱の極死に到らしめるという事に想い及ばない訳で、昔からいわれている、角(つの)を矯(た)めて牛を殺すという類である。
そうして前述のごとく老衰者の浄化無力と青年期の浄化無力とは同一の様であるけれども実はその根本において異なるのである。
何となれば前者は自然であり後者は不自然であるからである。
従って後者の場合浄化無力状態を餓くまで持続し得る事は到底出来ない。
それは浄化力抑圧に対する反動作用が徐々として表れ始めるからである。
それらを事実をもって説いてみよう。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事