岡田茂吉の言霊

医学の正体に気づいた時いろんな事が見えてきます!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
第1章日本近代の夜明け
1.『解体新書』が与えた衝撃
杉田玄白の苦心
蘭学を志す人々
地動説を説く司馬江漢
近代の象徴=平賀源内
絶大な好奇心と行動力
2.1770年代の思想と文化
三浦梅園の哲学
“反観合一”の思想とは
本居宣長と自然の道
「もののあわれ」の意味
春信の錦絵ブーム
各派が競う絵画
3.近代への底流
実証医学に転換する
広がる近代科学の波
実証性を尊ぶ
人間の解放と合理主義
Ⅳユーラシアの中のユーロッパ
①十字軍とルネサンスの意味
②ユーロッパの新大陸制圧
⓷イギリスに抵抗するインド
④オスマン・トルコのヨーロッパ支配
Ⅴ新しい世界史の考え方
①普遍的な歴史像を
②ユーラシア文明を貫く潮流
Ⅵこれからの文明と歴史像
①現代によみがえるユーラシア文明
②日本文化の可能性
⓷明日の文明と人類社会
あとがき
参考文献
索引
まえがき
Ⅰ文明はどのつくられたのか
①ヨーロッパ中心の歴史像
②ユーラシアを捉える視点
Ⅱユーラシアを席巻した鉄と騎馬
①文明は鉄にはじまる
②中央アジアの開拓
⓷殷文明から儒教思想へ
④騎馬民族国家の成立と発展
Ⅲユーラシア文明の3つの源泉
①インド文明
②中国文明
⓷イスラム文明
第4章法華経で奇跡を起こす
12.懺悔はなぜ必要か
苦悩解決のための「懺悔経」とは
懺悔の真の意味とは何か
煩悩は解脱できないか
短時間でもいいから集中せよ
願望達成の秘訣とは
 
13.悟りはどうしたら開けるか
普賢菩薩の徳とはたらき
悪や罪を打ち砕く金剛杵
誓顔によって人生は大回転する
さらに祈りつづけよ
真理への完全な到達とは
 
14.真理はどうすれば会得できるか…『化城諭品第七』-「化城宝処」
われわれは真理に到達しえない?
最後はステップ・バイ・ステップに究めよ
日常のたゆまぬ努力が幸福をもたらす
夜明けは必ず来る
忍耐が明日を開く
目標達成寸前が一番苦しいと心得よ
 
15.奇跡を呼ぶ素質は誰でも持っている…『安楽行品第十一』
自己の中の実相を光り輝かせよ
あなたの体には無限の力が眠っている
悟ればこの世は寂光土
悟りはたやすくはないが
あなたは大成功できる
第5章苦難の時代を法華経で生きる
 
17.法華経こそ真理に目覚める早道
真理を悟る方法
なぜ真理を悟れば救われるか
神の力を自家薬籠中のものとせよ
法華経は真理到達の早道
願望達成の時間は早められる
交渉事もうまく運ぶようになる
多くの善いことが実現する
 
18.永遠不滅の法華経の教え
人間としての釈迦やキリストは真理の本質ではない
本仏は永遠不滅
自燈明、法燈明とは
「寿量品」の三つの重要な意味
釈迦の入滅と「良医の譬え」
神は求めなければ見えない
心を全転回せよ
真理を知れば永遠の平和が来る
 
19.苦難の時代を法華経で生きる
仏教の源、インド哲学とは
仏教の根本「三宝印」とは
諸法無我とは何か
人間の絆は見えないが重要だ
「涅槃寂静」とは
「色即是空」とは
「空即是色」とは
「即非の論理」とは
第3章法華経で人生は大きく転回する
8.万人の未知なる能力をいかに引き出すか…『薬草諭品第五』
個性の花を咲かせ世
誰にでも固有の能力がある
本願と別顔の違い
なぜ願望が達成できないか
宗教心がなくても成功する
ベートーヴェンの性向の秘密
 
9.苦悩からいかに自己を解放するか
苦悩からは逃げられないか
苦悩は人生を発展させる
なぜ苦しみがいつまでも去らないか
人間の行為を縛る“業”
“業”をいかに解き放つか
 
10.いかにして人生を好転させるか
まず心を入れ変えよ
どうすれば人生がプラスに転化するか
 
11.運命を変える想念と行為の法
運命は変えられないか
運命を変える第一段階とは
運命を変える第二段階とは
読誦する人は守られる
法華経は現代社会をも救う

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事