宿・ホテル

[ リスト | 詳細 ]

旅好きと分析癖が高じてこんな書庫を作ってしまいました。マニアさんどうぞ!!
記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

日本のみなさん、こんにちは。

今日の関東内陸県のこちらでは、午前酎から雨が降ったりやんだりを繰り返し、とうとう本格的な降雨と

なりました。

ということで、早めの帰宅です。←はっ??















今年1月の沖縄旅行の記事投稿をいたします。

今回は、4泊5日の長期滞在。

何しろ、申し込んだツアーの料金が3泊4日でも4泊5日でも同一料金であるため、問答無用で4泊5日

の長期滞在となりました。

本当は、「永住」がBESTなのですが…。
















で、4連泊したホテルがこちらです。










イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ラグナガーデンホテル


宜野湾市の東シナ海に面したリゾートホテルです。

館内もリゾート感いっぱいです。










イメージ 4

イメージ 5

部屋は、もちろんオーシャンヴュー。

しかも、あこがれの「東シナ海」です。

手前に見えるのが「宜野湾市立野球場」です。

毎朝、この海を見ながらの起床です。

最高です。










さあ、沖縄旅行の始まりですっ!!









人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ぜひ、ポチっとお願いいたします。
日本のみなさん、こんばんは。

残暑厳しい折、いかがお過ごしでしょうか。

土曜日の今日、久しぶりに午前酎で仕事が終わり、午後は家でのんびり過ごしています。

このマッタリした時間が大切なんだなあ…。















というわけで、昨年8月の義父・義母との「山形・秋田旅行」の2泊目の湯宿、「鷹の湯温泉」の食事の

ご紹介です。

「日本秘湯を守る会」の会員宿は、食事がいいのも特長です。

では、夕食から。










イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

またまた、全体写真を取ることを失念しました。

ウマヒものを目の前にすると、尋常な気持ちではいられないものですから(笑)。

やはり、地の物を中心としたラインナップですね。

「ジュンサイ」は、特にうれしい。

義父・義母も大満足の夕食でした。















イメージ 9

イメージ 10

こちらが朝食です。

みなさんは、「温泉卵」をどのように食べますか??

私の場合、おかず(「温泉卵」にも少し手をつけますが)で白米を2杯ほど食べた後、「温泉卵」に若干

の醤油を垂らし、3杯めの白米にドッとかけます。

これを海苔でくるりと巻いて、矢継ぎ早に口に運んでいきます。

私にとって至福の時です。

いついかなる時も、朝から大食漢のMITAKEであります。















さて、義父・義母との「山形・秋田旅行」も大詰め。

次回は、「西馬音内」での、あの感動を…。

(「西馬音内」って読めます??)











人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ぜひ、ポチっとお願いいたします。
日本のみなさん、こんにちは。

今日は、仕事を休み、家でのんびりと過ごしています。

昨日の台風の影響による降雨で、こちら関東内陸県は、非常に過ごしやすい気候になりました。

ただいま室温は、摂氏28度。

この数日間の室温に比べて10度近く低い。

パソコンに貼りついていても、汗は流れません。















というわけで、本日最初の記事更新はこちら。

昨年8月の義父義母との「山形・秋田旅行」の2泊目の湯宿の紹介です。















イメージ 1

鷹の湯温泉

お馴染、「日本秘湯を守る会」の会員宿です。

こちらも一度は利用したい、と思っていた湯宿です。

何といっても、露天風呂の風情が素晴らしい。

こんな感じです。










イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

渓谷沿いの露天風呂は、何とも絵になりますねぃ。

いやあ、実に心地よい。

泉質は、「ナトリウム塩化物泉」で、無色透明。

飲泉もできます。















イメージ 6

内湯には、水深130僂領ち湯もあります。

到着と同時に、まさに湯三昧でした。















イメージ 7

こちらが、私たち夫婦が利用したお部屋です。

落ち着いた雰囲気の和室です。

窓外の渓谷の景色も、ごちそうの一つです。















食事の模様は、また、後日。











人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ぜひ、ポチっとお願いいたします。
日本のみなさん、こんにちは。

お暑うございます。

こちら関東内陸県は、午前酎より摂氏30度超えし、現在、ウチの中の寒暖計は、35度を記録しています。

アツヒです…。

しかし、エアコンを使用せず、壊れかけた扇風機のみ使用しています。










というわけで、前回に引き続き、「肘折温泉 丸屋旅館」のご紹介です。

今回は食事編を。

何と、夕食の全体像を撮影することを忘れていました。

ですから、それぞれ1品ずつのご紹介です。















イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


山の物中心の心尽くしの料理です。

どれもこれも絶品です。

牛肉の大きさにもビックリ。

通常、旅館サイズの牛肉は、サイコロ状の小さなものが2、3個ある程度です。

こちらは、普通のステーキ屋さんで見かけるようなサイズです。

別注ではありませんよ。















イメージ 10

イメージ 11


そして、こちらが朝食です。

やはり、山の物中心の滋味豊かな朝食です。

もちろん、お変わり3杯いっちゃいました。















次回は、「肘折温泉」を「東北の風景」の書庫からご紹介いたします。









人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ぜひ、ポチっとお願いいたします。
日本のみなさん、こんにちは。

今日の関東内陸県は、「猛暑日」ではありませんでした。

しかし、雨中の外仕事で、疲労困憊。

おまけに、仕事場で言い合いになって、精神的にも疲弊しました。

ああ、現実逃避したい…。















というわけで、昨年8月の「山形・秋田旅行」を思い返すことにしました。

今回は、1泊目の温泉宿をご紹介いたします。















肘折温泉「丸屋旅館」


当ブログですっかりお馴染の「日本秘湯を守る会」の会員宿です。

こちらの湯宿は、「肘折温泉」街にある和風モダンなお宿です。

のっけから申し上げますが、実に素晴らしい湯宿です。

私たち夫婦の好みのタイプそのものでした。

では、ご覧ください。










イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


ひなびた温泉街に、実に似つかわしい湯宿です。

館内をウロウロするだけで、癒されてしまいます。

もちろん、温泉も素晴らしい。

山形県内では珍しい「ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉」という泉質の湯です。















次回は、「肘折温泉 『丸屋旅館』その2」として食事をご案内いたします。

これがまた、実に素晴らしいっ!!

お楽しみにっ。










人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ぜひ、ポチっとお願いいたします。

開く トラックバック(2)

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事