「広島の視線 」原爆・ヒロシマ・平和公園・ガイド・花・英語

ブログ内容の転載は自由ですが、引用元の「広島の視線」とURLは明示してください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「瓶のふた」論とは?

1990年3月27日付ワシントンポスト紙に日米関係の歴史に残る発言が載っています。「瓶のふた」発言である。在日米海兵隊ヘンリー・C・スタックポール司令官(少将)による次のような発言です。
 「もし米軍が撤退したら、日本はすでに相当な能力を持つ軍事力を、さらに強化するだろう。だれも日本の再軍備を望んでいない。だからわれわれ(米軍)は(軍国主義化を防ぐ)瓶のふたなのだ」。
 
シカゴ大学歴史学教授(当時)のブルース・カミングス氏は、こうした第二時大戦後のアメリカ基本戦力について、有名なジョージ・ケナンの提唱したアメリカの「封じ込め政策」を次のように解説しています。
敵対する共産主義国ばかりでなく、資本主義の同盟国もその対象だった。ケナン・ドクトリンは二つの顔をもつヤヌスのようなもので、一つの顔はソ連とその同盟国の封じ込めに、もう一つの秘密の顔は敗戦国、つまりドイツと日本の封じ込めに向けられていた」。
 
在日米軍に二面性があること、つまり戦力放棄によって軍事的空白地帯となった日本を防衛するとともに、日本の侵略政策の再現を防ぐ役割を持つことは、これまで何度もアメリカ側の責任者から証言されてきました。
かつて大統領補佐官だったヘンリー・キッシンジャーは、197110月に行われた中国での秘密会談のなかで、周恩来首相から、「アメリカは1968年ソ連がチョコスロバキアに軍隊を派遣したのを認めませんでした。それなのになぜ、米軍を他国[日本]に駐留させるのですか」という根本的な疑問を投げかけられています。そうした周恩来に対してキッシンジャーは、
もしわれわれが[日本から]撤退するとなると、原子力の平和利用計画によって日本は十分なプルトニウムを保有していますから、われわれの撤退にとってかわるのは、決して望ましくない日本の核計画なのであり、われわれはそれに反対なのです
日本が大規模な再軍備に乗り出すのであれば、中国とアメリカの伝統的な関係[第二次大戦時の同盟関係]が復活するでしょう(略)。ようするに、われわれは日本の軍備を日本の主要四島防衛に押しとどめることに最善をつくすつもりです。しかし、もしそれに失敗すれば、他の国とともに日本の力の膨張を阻止するでしょう」。

以上は「日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか」(矢部宏治)の引用
著者と孫崎亨(外交官?評論家)の対談のビデオ(41分)
書評:

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 【ニューヨーク共同】米国が原爆を開発した「マンハッタン計画」に技術者として参加したジェームズ・ショーキ氏(91)は9日までに米フロリダ州の自宅で共同通信の取材に応じ、市民を巻き込む原爆の実戦使用には反対だったと証言、少なくとも「長崎への投下は避けられたはずだ」と述べた。
 マンハッタン計画には、科学者のほか技術者、兵士などピーク時には約12万5千人が参加したといわれる。原爆の破壊力を熟知した科学者の間では実戦使用をためらう声があったことが知られているが、ショーキ氏の発言は現場の技術者の間でも消極的な意見が広がっていた実態を裏付けるものだ。
 マンハッタン計画には、科学者のほか技術者、兵士などピーク時には12万5千人が参加したといわれる。ショーキ氏は当時、イリノイ工科大学の学生だったが、原爆開発の拠点の一つ、シカゴ大学冶金研究所の機器部門にも所属し、放射線測定機器の改良などを担当、科学者らを手助けした。
 ショーキ氏は特に長崎への投下について「二つ目の原爆に動揺した。日本政府は(広島への投下で)混乱しており、もう少し時間を与えるべきだった」と指摘。広島投下だけでポツダム宣言受諾に結びついたはずとの認識を示した。
 原爆開発の中心だった物理学者シラード博士が、示威的な原爆実験にとどめるべきだと訴えたトルーマン大統領宛て嘆願書にも署名した。ただ手続き上とみられるミスで名前は残っていない。
 一方で、原爆が終戦を早め、米兵の犠牲を大幅に減らしたとの米国民の一般的な認識は共有している。純粋な軍事拠点への原爆投下も選択肢として容認した。
(中国新聞 2015.6.11)
原爆投下に対する最新のアメリカ人の考え
シラード達の米大統領への嘆願書
原爆投下は不必要だったとする米国要人の発言

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

アメリカ人女性

彼(10代の孫)がまず行きたがったのは、広島の平和公園。私はそれほどではなかったが、今は、訪れたことのない人全員に薦めたいと思っている。
平和資料館は1945年8月6日の出来事を公平に展示しており、核兵器と戦争をなくそうと切実に訴えている。知識的にも精神的にも、得るものは大きい。独善的で権力欲の強い世界の指導者たちを集めて、資料館に一日閉じ込めることができれば、世の中が変わるかもしれない。
原爆ドームは平和への祈りの象徴。数年後に白血病で亡くなった少女の折り鶴もそうだ。鶴を千羽折ると願いがかなうと言われている。しかし、彼女の場合、そうはいかなかった。放射線のため何年も後に亡くなった他の無数の犠牲者と同様に。現在アメリカとロシアで16,200発の核兵器を保有し、他に、イギリス、中国、フランス、インド、イスラエル、パキスタン、北朝鮮が、それぞれ世界を破滅させられるだけの核兵器を持っている。
・・・初めて日本を旅行する人は、広島の平和公園を外さないように。ついでに、電車とフェリーで簡単に行ける宮島と有名な厳島神社の鳥居まで足を延ばすのも良い。美しく、心落ち着く場所だ。ただ、そっと近付いてきて、切符、地図、シャツなど、なんでも食べようとする鹿にはご注意! (「原爆資料館ガイド有志の情報交換紙」からの引用です。訳者は原田さんです。)                                                 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事