ここから本文です
釣りの後、全身筋肉痛に襲われる。中年の出っ張ってた腹が少し引き締まっている自分に気づく。うれしいな。まさにこれが釣りダイエット。
2月はスキーや同窓会があるから、

釣り行くチャンスは多くない。

今日も超人気船を予約した。

微かな望みをかけて、

集合45分前に船宿着いたが、

駐車場を見て諦めた。

今日も満員だ。

釣座は唯一残された右舷前から2番目。

まあ、いつも通りだ。

さてどうなることやら。

しばしお待ち下さい!

❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄

お待たせしました。

いつも通り、約2時間かけてポイント着。

一投目からいきなり

アカムツの当たりがきた。

左隣りの右舷最前列の人にも来た。

左隣りの人のアカムツは30cmいかない

小振りだったからか、

いきなり抜き上げた。

我輩のアカムツは30cm強で

やや大きいが、

船長は操舵室にこもったきり

出て来ないので、

やむを得ず抜き上げた。

心拍数急上昇!!

抜き上げ成功。

その後もポツリポツリとアカムツが

釣れた。

すると、ひときわ大きな当たりと

猛獣が暴れるような引きがあった。

サメか?

リール巻き上げ中も終始暴れていた。

水面近くになると、

右舷後方のジジイとオマツリしている

ことが判明。

水面にはドデカイアカムツが

上がっていた。

右隣りの紳士的なお爺さんが

すくってくれた。

「ありがとうございました!」

我輩が心を込めて御礼を言ったが、

お爺さんは無言。

耳が遠いのか?

はたまた寡黙な人なのか?

まあそれはいいとして、

問題はオマツリしたジジイの態度である。

『全く仕掛け切るなよ!』

はい?あなたのラインに絡みついてるから

我輩の仕掛けを

ぶつ切りにしてやってるのに。

まあ態度の悪い感じの悪いジジイだ。

その後も我輩がアカムツを釣ったのに、

再びクソジジイにオマツリしてしまい、

見ると、

ジジイはイカのスッテを付けていた。

アホかクソジジイ。

こんなに混んでるときにオマツリし安い

イカスッテなどつけるとは。

しかも、

我輩のPEはスッテの針にこすれて

切れてしまった!

このクソジジイ!!

まだ200mもあるのに。(泣)

アカムツともども、

海中に消えてしまった。

問題はこの後である。

クソジジイは表情一つ変えずに、

謝りもせず淡々と釣りを続けた。

釣りの神様!!

このクソジジイを成敗してください!

と、祈った。

その後、再びデカイ当たりがあった!

またデカイアカムツか?

無事に上がって来たのは、

ドデカイ クロムツだった。

左隣りの紳士にすくってもらった!

ありがとうm(_ _)m

中盤以降は、アカムツが釣れても

オマツリ多発で戦意消失した。

11時45分、終了。

【本日の釣果】
アカムツ 4匹[30cm〜45.5cm]
クロムツ 1匹 [51cm]
キンメダイ 1匹[25cm]

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5



45cmのアカムツは初めて釣った。
ものすごく肉厚だ。
50cmを超えるアカムツが次の目標だ。

ここまでお読み頂き多謝。
応援クリック宜しくお願い致します!
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

この記事に

ヤリイカ釣りが始まった。

行きたくて、行きたくて、

ヤリイカ釣りのことばかり考えていた。

ヤリイカのポイントは、

アカムツポイントの130m付近だ。

まだ開幕したばかりなので、

激混みである。

ゆえに、おまつりが多いせいか、

休日の釣果にはかなりムラがある。

ただ、

この時期のイカは超ビッグサイズなので、

一匹の価値がデカイ。

10匹釣れたら御の字だ。

目標は20匹。

今日は、

初めてイカの酸素パックを予約した。

生きたまま家まで持ち帰れる優れものだ。

平日休みをわざわざ取り、

少しでも混雑を回避したが、

船は程よく人で埋まっている。

さて、どうなることやら。

ヤリイカ初戦の始まり始まり〜!

しばしお待ち下さい!
⛴⛴⛴⛴⛴⛴⛴⛴⛴⛴⛴⛴⛴⛴
お待たせしました!

今朝は運良く、左舷最前席が取れた。

我輩より前には人はいないはず。

が、荷物を置きに行くと、

何者かが竿とリールを我輩より前に

置いている。

誰だ!この失礼な奴は!

犯人は仲乗りだ。

はたしてコイツを仲乗りと考えて

いいのか?

確かにイカ釣りにはタモはいらない。

が、

多発する客同士の

オマツリほどき係は必要だ。

仲乗りは、それが役目だ。

なのに、

こいつはひたすらイカを釣っていた。

恐らく船宿の為に、

生きたまま売るのでは?

前に聞いたことがある。

生きたままだと、

一匹2000円で買い取られると。

まあ、それだけならいいが、

コイツは我輩と何度もオマツリした。

オマツリのせいで、恐らく数匹のイカを

逃した。

しかも、オマツリを客のせいにする、

最低な仲乗りだった。

やれ、仕掛けの投入が遅いからだの、

サバが釣れていたからなど、

鬼姑[しゅうとめ]のようにうるさかった。

客同士なら反省するが、

金もらって客に暴言吐くのは論外だ。

一方で、肝心の我輩のイカ釣りであるが、

極めて良好であった。(笑)

時々仲乗りとのオマツリや

サメによるオモリロストは結構あったが、

ポツポツだが、

2匹掛け、3匹掛けが数回あった。

イメージ 1

イメージ 2

11時の段階で、21匹釣れていた。

ニコニコと船長が話しかけてきた。

『お客さん、何匹?』

「21匹です!」

『じゃあ、目標30匹だね!』

「はい〜〜〜」

と、トークが弾んだが、

我輩は褒められるのが大の苦手だ。

自然といい気になり舞い上がり、

頭がフリーズしてしまった。

急にイカが釣れなくなった。

ヤバイ(笑)

あと30分だ。

潮が止まりイカのノリが悪くなった。

そこでアカムツ釣りのゼロテンション、

たるませ、や、たたき、を試し、、

イカのやる気を引き出そうとした。

すると、イカはたたきに反応した。

ゆっくりと追い食いさせて、

巻き上げた。

120mは、意外に長く感じた。

水面に白い物体が見えた。

久々にイカが釣れた。

安堵。

が、11時45分、終了の合図が出た。

【本日の釣果】
ヤリイカ 25匹[35〜50cm]
小鯖 15匹 [25〜30cm]全てリリース

2匹だけ35cmで、

あとは50cmクラスだった。

目標20匹だったので、達成!

本日はイカの酸素パックを一つもらった。

刺身で食べたが、

コリコリだった!!

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


応援クリックを是非!

[https://fishing.blogmura.com/umiduri/ranking.html にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ(文字をクリック)]

この記事に

第1弾から一週間ほどしか経ってないが、

犬吹沖のアカムツ釣り欲には勝てない。

まだ釣り上げたことの無い、

通称“錦鯉”の超特大アカムツは

ここでしか釣れない。

50cmを超えるアカムツの価値は

計り知れない。

まさに夢である。

よく人に言われるが、

「なんで釣れたアカムツを売らないの?」

大好きな人気歌手の

なかなか手に入らないチケットを、

あなたはすぐに売りますか??

同じ状況だと思う。

夢は超特大アカムツを釣り上げ、

端から端まで大事に食すのが

夢の結末だと、

我輩は思うのである。

さて、夢の話はここまで。

今日はまたしても運良く、

左舷最前列がゲットできた。

船は利根川をゆっくりと下っている。

さて、今日はどうなることやら。

しばしお待ち下さい!

🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤

お待たせしました!

船はほぼ満員で5時出船。

2時間程でポイント着。

いやあ、風とウネリで最悪だあ〜。

揺れながら餌のホタルイカを付けた。

今日はハリス切れ対策として、

蛍光チューブを針の根本につけた。

この蛍光チューブがトンデモナイ悪さ

をした。

第一投から、重みのある嫌な手応えを

感じた。

そう。

招かれざる客、サメである。

50cmほどの元気のある灰色のサメが

掛かったのだ。

畜生め!

サメの口には

ガッチリと針が掛かっている。

このサメ野郎が今日は異常に多かった。

11時までひたすらサメを釣り上げた。

8匹くらいは上げたかもしれない。

サメは底を泳ぐ魚と勘違いしていた。

2本ある上針にも食いついてきた。

多少タナを上げても喰いやがる。

ゆえに、全くアカムツが釣れない。

やっぱり針が目立ち過ぎなのか?

針の根本に付いている蛍光チューブを

外した。

今度はハリス切れ多発。

いやあ、まいった。(>_<)

予備の針を使いまくった。

針の根本に付けているマシュマロボール

も一個にした。

さらに、なるべく光らない赤だけにした。

とにかくなるべく目立たないようにした。

すると、アカムツらしき当たりが。

ついに来た!

やっとだ。

今日は久々の完全ボーズを覚悟していた。

アカムツの姿が水面に現れるまでが、

異常に長く感じた。

バレるなよ!

神様は見捨てなかった。

水面にはまぁまぁのサイズのアカムツが

浮上した。

タモ?

今日の客は船長思いなのか、

タモは自分でやっていた。

もしくは抜き上げていた。

我輩はぎこち無くタモを使い、

赤いダイヤモンドをすくい上げた。

あ〜、よかった。

ボーズ逃れた。(⌒〜⌒)

11時45分終了。

【本日の釣果】
アカムツ 1匹[33cm]

イメージ 1


応援クリック、宜しくお願い致します!

[https://fishing.blogmura.com/umiduri/ranking.html にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ(文字をクリック)]

この記事に

冬休みも間もなく終わる。

年明けから本格的に始まる、

水深250mにいるアカムツ釣りに

行くことにした。

この釣りは我輩の釣りの中でも

最も過酷な釣りだ。

起床時間がまず1時半。

寝る時間にもよるが、いつも仮眠状態だ。

使うオモリは200号。

他の釣りは150号がマックスだ。

オモリ一個の重さも重いが、

値段も500円と高い。

最も心配なことはリールトラブルだ。

ダイワのレオブリッツを

数回使っているが、

高キレ、クラッシュ等毎回何かしらの

トラブルがある。

代わりのリールは電動リール1号の

シマノのプレイズだ。

なぜかこのリールはノントラブルだ。

電動リールもやはり

シマノに軍配があがるのか。

オモリ、電動リール2個等で、

タックルケースはものすごく重い。

タックルケースの底ゴムの中央には、

その重みに耐えかねて発生した亀裂、

デベソがある。

デベソが割れて底が抜けたらという心配は

常につきまとう。

が、意外にデベソは悪化しない。

タックルケースはダイワだ。

さて、今日はどうなることやら!

しばしお待ち下さい。

🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤🚤
お待たせしました!

約2時間でポイント着。

飯岡港、波崎港の釣り船10隻が

集結した。

7時15分、開幕。

仕掛けを準備し、200号のオモリを

ドボン。

なかなか底にオモリが着かない。

リールはシマノ プレイズを使用。

230mで底が取れた。

すると、何か当たり?いや、気のせい?

しばらくすると、やはりかすかな当たり

のようなものを感じたが放置。

1回上げてみるか。

ヨイショ、ヨイショと、230mから仕掛け

を上げた。

リールの深さ表示が1mになり、

手巻きに変えた。

あれ?魚が付いている!

しかも一荷[2匹]だ!

なんと、一回目の流しから、

アカムツ2匹ゲット!

よくバレなかったなあー。

幸先いいなあ。( ̄∀ ̄)ニヤリ

釣ったというよりも引っ掛かっていた

という感じだが。(o^^o)

まあよしとしよう。

このときタモの準備ができておらず、

タバコをくわえた船長は、

無表情でアカムツ2匹を抜き上げた。

オーーー、神様、バラさないで!

と、祈る暇もなく無造作にアカムツを

抜き上げた。

無事確保。

安堵。

ホッとした。

ホント、心臓に悪い。

その後は暫くサメと戦うことになった。

なんと、5回も針だけ奪われた。

クッションボールもやられた。

また、2回はサメを釣り上げてしまった。

60cmくらいの灰色のサメだ。

ものすごく重量感があったので、

ドデカ錦鯉アカムツかな?

と、期待したがサメだった。

コイツが針丸呑みの犯人か。

これだけ何回もやられるということは、

底にはサメがウヨウヨいるのでは?

このことを頭に入れ、

よく考えるべきだった。

時間は11時半、あと30分だ。

底にはサメがウヨウヨいる、

つまり、アカムツは上にいる?

タナを2m上げた。

すると、すぐに当たりが。

ガツガツ。

アカムツだ。

ひと呼吸おいて合わせた。

たぶん乗ったはず。

深いからよく分からない。

すると船長の声がした。

『はい、上がりまーす。』

おいおい、まだ11時45分じゃないか。

遠いから仕方ないか。

我輩の竿にはアカムツが掛かっているので

慎重に巻き上げた。

水面に浮上したのは、

予想通りアカムツだった。

11時45分終了。

【本日の釣果】
アカムツ 3匹[28〜32cm]
ユメカサゴ 1匹[15cm]リリース
サバ [30cm]餌で使用
ユメカサゴ

イメージ 1

イメージ 2


初釣りとしては何とか形になりました。
ほっ。
港に着いてから、
大船長が出迎えてくれた。
『どうだった?』
と馴染みの客達に声掛けたが、皆「駄目」と吐き捨てるように答えた。恐らく半数以上がボーズだろう。
応援クリック宜しくお願い致します!

[https://fishing.blogmura.com/umiduri/ranking.html にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ(文字をクリック)]

この記事に

皆様、ご無沙汰しておりました!

明けまして、おめでとうございます!

今年も宜しくお願い致します。

釣友作成の傑作です!

イメージ 1


今年も釣りまくります!

お付き合い、宜しくお願い致します。

初釣りは、さて、何かなあ〜。

乞うご期待!

引き続き、応援宜しくお願い致します。

[https://fishing.blogmura.com/umiduri/ranking.html にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ(文字をクリック)]

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事