個人誌 『未踏』全ページ

私はここにいます 貴方がそこにいて嬉しい

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ゼノ・ゼブロフスキー(ゼノン・ジェブロフスキ、Zenon ?ebrowski

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゼノ・ゼブロフスキー(ゼノン・ジェブロフスキ、Zenon ?ebrowski、1891年 - 1982年4月24日)は、「アリの町の神父」として知られる。長崎市への原子爆弾投下で自らも被災(被爆)したが、戦後、戦災孤児や恵まれない人々の救援活動に力を入れた。「ゼノ神父」と呼ばれることがあるが、司祭叙階を受けておらず修道士である。

生涯
1890年、ドイツ国境付近の村で父ヨーゼフ、母アンナとの間に四男として生まれた。その後、第一次世界大戦のおりに軍隊に志願する。除隊後、職を転々としていたが、気まぐれで聞いた教会での説教に影響を受け、コンベンツァル聖フランシスコ修道会に入会。これは彼が29歳の時だった。 1930年4月24日、そこで出会ったコルベ神父やヒラリウス修道士と共に奉仕と宣教のために来日した。

来日後は長崎でコルベ神父らとともに、布教誌「聖母の騎士」の出版と普及に力を入れた。ゼノ修道士は全国各地に赴き、その教えを全国に広めた。コルベ神父が離日した後も、日本に残り活動を続けたが、1945年8月9日、長崎市で被爆した。戦後は戦災孤児や恵まれない人々の救援活動に尽くし、東京・浅草のバタヤ街など全国各地で「アリの町」支援活動を始めた。口癖は「ゼノ死ヌヒマナイネ」。愛嬌のある白ひげ顔とユーモラスな人柄で、宗派を問わず多くの人に親しまれた。

献身的な社会福祉活動に、1969年に勲四等瑞宝章、1979年に吉川英治文化賞が贈られた。1981年2月来日したローマ法王・ヨハネ・パウロ2世は、ゼノ修道士の入院先を訪問し、長年の活動に敬意を表した。1982年4月24日、永眠。

参考文献
松居桃楼『ゼノ死ぬひまない』
石飛仁『風の使者ゼノ』
枝見静樹『かぎりない愛・ゼノの生涯』

関連
北原怜子
マキシミリアノ・コルベ



イメージ 2

蟻の町のマリア 北原怜子(さとこ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蟻の町のマリア(ありのまちのまりあ)とは1950年代東京都台東区で、キリスト教に基づき献身的な活動を展開した北原怜子(きたはらさとこ、1929年8月22日 - 1958年1月23日)のニックネームである。“マリア”はもちろん聖母マリアにちなむ。

人物像
東京・杉並区生まれ。群馬大学教授で農学博士・北原金二の娘。1949年光塩女子学院にて受洗(洗礼名エリザベス)。翌50年に浅草に転居した際“ゼノ神父”ことゼノ・ゼブロフスキー修道士と知り合い、隅田川の言問橋周辺、現在の隅田公園の界隈(台東区側)にあった通称「蟻の町」の事を知る。

ゴミ拾いをし、それで得た資金で蟻の町での奉仕活動を行った。初めは“良家の令嬢の気まぐれボランティア”と解され周囲から冷ややかな目で見られた。だが、やがて「蟻の町」に住み込んで暮らすまでになり、彼女の真摯な姿勢が認められ、支持者が増えていった。

諸々の奉仕活動での体力的無理が祟り著しく健康を害し、1958年、惜しまれながら腎臓病で夭折。29歳だった。墓所は多磨霊園にある。

彼女の活動は今日においても多くのクリスチャン等の間で語り継がれている。この地区の中から生まれた「蟻の町教会」(8号埋立地に移転し「カトリック枝川教会」)が、後に潮見に移転して現在のカトリック潮見教会となっている。1985年6月1日に完成して新しい聖堂に、「蟻の町」を被せて呼ぶことになり、今では「蟻の町のマリア潮見教会」と名乗り、この活動の歴史を伝えようとしている。また近年北原を福者・聖人に叙しようという動きもあり、注目されている。

映像化されたもの
映画
「蟻の街のマリア」1958年松竹 監督:五所平之助(このバタヤ部落とも言われた貧民窟の元住人だった松居桃楼が著した『蟻の街のマリア』の映画化。原作は知性社刊。千之赫子が主演、丸山明宏、多々良純、佐野周二などが出演。)
テレビ
「蟻の街のマリア」フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」1999年9月23日放送

参考文献
北原怜子『蟻の町の子供達』三笠書房 1953年/(再版)聖母の騎士社 1989年
松居桃楼『蟻の街のマリア』知性社 1958年
戸川志津子『北原怜子』大空社 1991年
石飛仁『風の使者ゼノ』自然食通信社 1998年
松居桃楼『アリの町のマリア北原怜子』-新版- 春秋社 1998年
やなぎけいこ『アリの町のマリア:北原怜子』ドン・ボスコ社 2002年






イメージ 3

聖マキシミリアノ・コルベマキシミリアノ・マリア・コルベ (Maksymilian Maria Kolbe

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

聖マキシミリアノ・コルベマキシミリアノ・マリア・コルベ (Maksymilian Maria Kolbe,1894年1月8日 - 1941年8月14日) は、ポーランド人のカトリック司祭。アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で餓死刑に選ばれた男の身代わりとなった事で知られ、「アウシュビッツの聖者」といわれる。カトリック教会の聖人で記念日は8月14日。

生涯
マキシミリアノ・マリア・コルベ神父(本名ライムンド・コルベRajmund Kolbe)は1894年にポーランドのズドゥニスカ・ヴォラ(Zdu?ska Wola)で生まれた。コンベンツァル聖フランシスコ修道会に入会し、大神学生時代にローマに留学していたコルベは、仲間とともに「無原罪の聖母の騎士信心会」を設立。ローマで司祭叙階を受けた後、クラクフにある大神学校の教会史の教授として3年間勤めた。1927年にはワルシャワの近くにある、テレシンの町に【ニエポカラノフ修道院(無原罪の聖母の騎士修道院)】を創立し、「無原罪の聖母の騎士」という小冊子を発行してメディアによる宣教に力を入れた。

1930年(昭和5年)にゼノ修道士らと来日すると長崎でも翌月には日本語版の「無原罪の聖母の騎士」誌の出版を開始。翌年には聖母の騎士修道院を設立した。1936年(昭和11年)に故国ポーランドへ戻り、以後出版やラジオなどを通じての活発な布教活動を行っていたが、1941年5月にナチスに捕らえられた。その理由としては、コルベが発行していた『無原罪の聖母の騎士』や日刊紙がナチに対して批判的なものであったからとも、当時のナチスはユダヤ人のみではなく、ポーランドにおける有力な人物をも逮捕の対象にしていたからである。その後、アウシュビッツの強制収容所に送られた。

1941年7月末、脱走者が出たことで、無作為に選ばれる10人が餓死刑に処せられることになった。囚人たちは番号で呼ばれていったが、フランツィシェク・ガヨウィニチェクというポーランド人軍曹が「私には妻子がいる」と叫びだした。この声を聞いたとき、そこにいたコルベは「私が彼の身代わりになります、私はカトリック司祭で妻も子もいませんから」と申し出た。責任者であったルドルフ・フェルディナント・ヘスは、この申し出を許可した。コルベと9人の囚人が地下牢の餓死室に押し込められた。

通常、餓死刑に処せられるとその牢内において受刑者たちは飢えと渇きによって錯乱状態で死ぬのが普通であったが、コルベと9人は互いに励ましあいながら死んでいったといわれている。時折牢内の様子を見に来た看守は、牢内から聞こえる祈りと歌声によって餓死室は聖堂のように感じられた、と証言している。2週間後、コルベを含む4人はまだ息があったため、フェノールを注射して殺害された。

ウェストミンスター教会に掲げられているコルベ像(左端)1971年に列福され、1982年10月10日に同国出身の教皇ヨハネ・パウロ2世によって列聖された。式典にはコルベに命を助けられたガヨウィニチェクの姿もあった。ガヨウィニチェクは戦後世界各地で公演を続け、自ら死去するその時までそれを行っている。1998年にはロンドンのウェストミンスター教会の扉に「20世紀の殉教者」の一人としてコルベの像が飾られた。

聖コルベは、肉体労働者、ジャーナリスト、囚人、薬物中毒者の守護聖人でもある。

関連図書
無原罪の聖母―M・コルベ神父のことば集・聖母の騎士社 ISBN 4882160285
コルベ神父霊的メモ・聖母の騎士社 ISBN 4882162024
母への手紙―アウシュヴィツの聖者コルベ神父 ISBN 4882160056
コルベ神父物語曽野綾子著・聖母の騎士社 ISBN 4882160013
女の一生〈二部〉サチ子の場合遠藤周作著・新潮社 ISBN 9784101123240

関連項目
ホロコースト
エーディト・シュタイン
聖母の騎士会

外部リンク
聖母の騎士社

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事