個人誌 『未踏』全ページ

私はここにいます 貴方がそこにいて嬉しい

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

シェック - オトマール・シェック (Othmar Schoeck)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オトマール・シェック(Othmar Schoeck, 1886年9月1日 シュヴィーツ州ブルンネン - 1957年3月8日 チューリヒ)は20世紀スイスの作曲家。とりわけ300曲以上にのぼる芸術歌曲の作曲家として重要で、ピアノ伴奏つき歌曲や管弦楽伴奏つき歌曲のほか、様々な合唱曲を遺している。そのほかに《ヴァイオリン協奏曲「幻想曲風に」》作品21や《ホルンと弦楽合奏のための協奏曲》作品65、ハインリヒ・フォン・クライスト原作の歌劇《ペンテジレーア》作品39なども名高い。

シェックの再評価は1980年代半ばに始まったが、その陰にはフィッシャー=ディースカウや 白井光子の地道な努力があったことを忘れてはならない。

略歴
父親は風景画家のアルフレート・シェック(Alfred Schoeck)。父親の跡継ぎを目指して短期間チューリヒの美術学校に籍を置くも、結局は中退してチューリッヒ音楽院に転学。音楽院を卒業後、シュトゥットガルトでマックス・レーガーに出会い、1907年から1908年までレーガーの許でライプツィヒ音楽院に学ぶ[1]。

スイスに戻ってからは積極的な音楽活動に着手。チューリヒのいくつかの合唱団やザンクト・ガレンにおけるオーケストラの演奏会を指揮するが、徐々に創作活動に鞍替えしていった。第一次世界大戦中はチューリヒに過ごし、ピアニストのマリー・ド・サンジェール(Mary de Senger)と恋愛関係にあった。

パリでフランス六人組の音楽を知ってから、旧来の伝統的な調体系を捨てた。アルバン・ベルクの音列技法に好意を寄せたこともある。結局は1930年代にモダニズムから離れて調性音楽に回帰したが、それでも19世紀末から20世紀初頭に流行った「調性の拡張」に従っており、自由奔放な和声進行や個性的な転調を追究している。調性への回帰と同時期にナチス・ドイツに祭り上げられ、優遇されたため、そのことが戦後シェックのタブー視につながった。

創作活動のかたわらピアニストとしても活躍し、チューリヒ歌劇場で活躍した往年の名歌手、とりわけエルンスト・ヘフリガーを伴奏して自作歌曲の録音を遺した。指揮者としては、同僚のフォルクマール・アンドレーエやフリッツ・ブルンと親しかった。そのほかの友人に、文豪ヘルマン・ヘッセや画家フランツ・ヴィーゲレがおり、ヘッセとブルンはシェックの旅仲間でもあった。

1945年になってようやくスイス音楽家協会作曲家大賞に選ばれた。

作品
作品数は数多く、歌劇や声楽曲のほか、いくつかの器楽曲も遺している。

フーゴー・ヴォルフ亡き後のドイツ語歌曲の大家のひとりに数えられ、詩の情緒や雰囲気を、絶妙かつ親密に音楽化したことにより、いくつかのリートや連作歌曲が代表作として言及されている。中でも、ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフやニコラウス・レーナウらの詩に作曲された歌曲集《悲歌(Elegie)》作品36(1921〜22年)や《十の歌(ヘッセ歌曲集)》作品44(1929年)、レーナウやゴットフリート・ケラーの詩による《夜曲(Notturno)》作品47(1933年)、歌曲集《静謐なる輝き(Das Stille Leuchten)》作品60、メーリケ歌曲集《心もて足るを知る(「好ましき慎み」とも、Holdes Bescheiden)》が有名である。

歌劇や相当数の歌曲のほかに、いくつかの器楽曲を遺している。2つの弦楽四重奏曲や3つのヴァイオリン・ソナタ、バスクラリネットとピアノのためのソナタ、遺作のチェロ・ソナタ、チェロ協奏曲、弦楽合奏のための《夏の夜》作品58がある。日本でシェックの名前を広めるのに貢献した《ヴァイオリン協奏曲「幻想曲風に」》は、バルトークの《協奏曲 第1番》と同じく、シュテフィ・ゲイエルに献呈された。この作品は、やはりバルトークに同じく、ゲイエルに対する恋愛感情が発端となって着手された。

劇音楽
若書きの習作で、カール・マイ原作の歌劇《ジルバー湖の財宝 (Der Schatz im Silbersee) 》が近年に発見された。その音源は2005年に、カール・マイ協会の年鑑の附録品としてCD化された。

ゲーテのジングシュピールによる歌曲《エルヴィンとエルミーレ》(1916年)
コリブランドスのドン・ラヌード Don Ranudo de Colibrados (1919年4月16日チューリヒ初演)
フェルッチョ・ブゾーニの舞台とパントマイムによる小シャウシュピール《壁画》 Das Wandbild 作品28(1918年)[Eine Szene und eine Pantomime von Ferruccio Busoni – Ort des Schauspiels: Ein Antiquitätenladen an der Rue St. Honoré; Ort und Zeit der Pantomime: Die Geisterwelt der Chinesen]
3幕の歌劇《ウェヌス》 Venus 作品32(プロスペル・メリメ原作、アルミン・リューエガー台本、1922年5月10日チューリヒ初演)
1幕の歌劇《ペンテジレーア》 Penthesilea 作品39 (1927年1月8日ドレスデン国立歌劇場にて初演、1999年ルツェルン音楽祭にて甦演)
漁師とその妻 Vom Fischer und syner Fru (1930年10月3日ドレスデン国立歌劇場初演)
4幕6場の歌劇《マッシミッラ・ドーニ》 Massimilla Doni 作品50(原作:オノレ・ド・バルザックの同名の小説。台本:アルミン・リューエガー。初演:1937年5月2日ドレスデン国立歌劇場)
4幕の歌劇《デューランデ城》 Das Schloss Dürande 作品53(原作:アイヒェンドルフの小説。台本:ヘルマン・ブルテ。初演:1943年4月1日ベルリン国立歌劇場初演)。

イメージ 2

シェック:チェロ協奏曲/夏の夜/ブリテン:ラクリメ
SCHOECK: Cello Concerto / Sommernacht / BRITTEN: Lachrymae
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/LVC1052

イメージ 3

シェック:チェロ協奏曲/チェロ・ソナタ/歌曲からのチェロ編曲集
SCHOECK: Cello Concerto / Cello Sonata / 6 Songs Transcription
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/BIS-CD-1597

イメージ 4

R. シュトラウス:ホルン協奏曲第1番, 第2番/シェック:ホルン協奏曲 Op. 65 /プリューガー:ホルン協奏曲(ジョイ/ケルン放送響/アルベルト)
STRAUSS, R.: Horn Concertos Nos. 1 and 2 / SCHOECK, O.: Horn Concerto, Op. 65 / PFLUGER, H.-G.: Horn Concerto (Joy)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/C10443

イメージ 5

:稀少ピアノ作品集(フィオレンティーノ/バルッチ/カフタラージェ/スミス/ハフ)
Piano Music - RACHMANINOV, S. / SCHOECK, O. / PROKOFIEV, S. / (Rarities of Piano Music at Schloss vor Husum, 1993 Festival)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/DACOCD419

イメージ 6

シェック/ベルク/ヒンデミット/ヌンミ/ブリテン/ヴェーベルン/レスピーギ:声楽リサイタル(白井光子/ヘル)
Vocal Recital: Shirai, Mitsuko - SCHOECK, O. / BERG, A. / HINDEMITH, P. / NUMMI, S. / BRITTEN, B. / WEBERN, A. / RESPIGHI, O. / BERIO, L.
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/C67024

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事