個人誌 『未踏』全ページ

私はここにいます 貴方がそこにいて嬉しい

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(Hildegard von Bingen, 1098年 - 1179年)

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

概説
神秘家であり、40歳頃に「生ける光の影」(umbra viventis lucis)の幻視体験(visio)をし、女預言者とみなされた。50歳頃、ビンゲンにて自分の女子修道院を作る。自己体験を書と絵に残した。

医学・薬草学に強く、ドイツ薬草学の祖とされる。彼女の薬草学の書は、20世紀の第二次世界大戦時にオーストリアの軍医ヘルツカにより再発見されたエピソードがある。才能に恵まれ、神学者、説教者である他、宗教劇の作家、伝記作家、言語学者、詩人であり、また古代ローマ時代以降最初(ギリシア時代に数名が知られる)の女性作曲家とされ、近年グレゴリオ聖歌と並んで頻繁に演奏されCD化されている。中世ヨーロッパ最大の賢女とも言われる。

生涯

活動地 マインツ近郊
ザンクト・ディジボード修道院址(オーデルンハイム、ディジボーデンベルク)
活動地拡大1098年、神聖ローマ帝国のドイツ王国、ラインラントのアルツァイ近く、マインツ大司教区・ベルマースハイム(Bermersheim)で、地方貴族である父ヒルデベルト(Hildebert)、母メヒティルト(Mechtild)の10番目の子供として生まれた。出生地についてはベッケルハイム(Böckelheim)という記述もあり、ディジボーデンベルク近くのベッケルハイム城の在った現在のシュロスベッケルハイム(Schloßböckelheim)と思われるが、詳細は不明である。

1106年より同大司教区オーデルンハイム(Odernheim)のディジボーデンベルク(Disibodenberg)にあるベネディクト会系男子修道院ザンクト・ディジボードの近くで庵を営む修道女ユッタ・フォン・シュポンハイム(Jutta von Sponheim)に育てられる。ユッタはディジボーデンベルク近くのシュポンハイム城の貴族(領主シテファン伯)で、兄弟にケルン大司教フーゴー・フォン・シュポンハイム(de:Hugo von Sponheim)がいる。姓については、シュパンハイム(Spanheim)とシュポンハイム(Sponheim)の両方の記述がある[1]。

後に、彼女の教育にはザンクト・ディジボード男子修道院の修道士フォルマール(Volmar)が加わった[2]。ユッタは敷地内に女子修道院を設立して院長となった。1136年にユッタが死去すると、ヒルデガルトが女子修道院の院長に就任した。

1141年、神の啓示を受けたとして、フォルマールと腹心の修道女リヒアルディス・フォン・シュターデ(Richardis von Stade)の援助の下、『道を知れ』 (Scivias) の執筆を開始し、自らの幻視体験(後の彼女自身の言葉によれば「生ける光の影」(umbra viventis lucis))を初めて公けに表明し、この頃から彼女の幻視体験がマインツ大司教ハインリヒの知るところとなる。

1147年、クレルヴォーの大修道院院長で、当時宗教界に非常に大きな影響力があった聖ベルナールに助言を求めて書簡を送る。同年、教皇エウゲニウス3世によって開かれたトリーアの教会会議において、ヒルデガルトの幻視体験がマインツ大司教ハインリヒによって俎上に載せられる。教皇使節が彼女の許に派遣され、執筆途中の『道を知れ』を持ち帰り、教会会議上でそれが披露され、多くの人に感銘を与えたとされる。この時同席していた聖ベルナールの取り成しもあって、教皇より執筆の認可が正式に彼女に与えられ、これによって彼女の名が広く知られるようになる。また、この頃から典礼用の宗教曲を作詞作曲し始める。彼女の作曲した典礼劇『諸徳目の秩序』(Ordo virtutum)は、作者の知られた典礼劇そして道徳劇としては最も古い。ヒルデガルトはユッタからプサルテリウムの演奏の手解きを受けており、合唱の伴奏楽器として使用したと思われる。

彼女の名声によって各地から修道女が集まり手狭になったため、1150年にビンゲン近郊のルペルツベルク(Rupertsberg)に新しい女子修道院を建設して移る。 ビンゲンとライン川の支流ナーエ川を挟んだ対岸の丘陵地は、ザルツブルクのベネディクト会修道士聖ルペルト(St.Rupert / Rupertus)の一族の所有地であり、その聖遺物が納められてルペルツベルクと名付けられた聖地であった。ヒルデガルトが新しく建設する女子修道院をこの地に定めたのは、聖ルペルトがドイツ圏で初めて女子修道院を建設した人であった事が念頭にあったと思われる。翌年、『道を知れ』が完成した。

外部リンク







イメージ 2

ビンゲン:聖なる火
BINGEN: Sacred Fire (The)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/ABC4765705

イメージ 3

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:天の啓示
HILDEGARD VON BINGEN: Heavenly Revelations
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/8.550998

イメージ 4

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:ソフィアを讃える聖歌
HILDEGARD OF BINGEN: Chants in Praise of Sophia (Gentile)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/LEMS8027

イメージ 5

ヒルフデガルド・フォン・ビンゲン:声楽作品集(コントゥ)
HILDEGARD OF BINGEN: Vocal Music (Kontu)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/ABCD252

イメージ 6

ヒルデガルド・フォン・ビンゲン:合唱作品集(ヴォイシズ・オブ・アセンション・コーラス)
HILDEGARD OF BINGEN: Choral Music (Voices of Ascension)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/DE3219

イメージ 7

ヒルデガルド・フォン・ビンゲン:合唱作品集(オックスフォード少女合唱団/ヴェンドーム)
HILDEGARD OF BINGEN: Choral Music (Angelic Voices - Heavenly Music from a Medieval Abbey)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/CCLCDG1028

イメージ 8

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:全集 - 1 天の啓示による和声の調和
HILDEGARD VON BINGEN: Complete Hildegard von Bingen (The), Vol. 1 - Symphony of the Harmony of Celestial Revelations
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/13127-2

イメージ 9

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:全集 - 2
HILDEGARD VON BINGEN: Complete Hildegard von Bingen (The), Vol. 3 - O Nobilissima Viriditas
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/13129-2

イメージ 10

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:全集 - 3 オーロラ 
HILDEGARD VON BINGEN: Complete Hildegard von Bingen (The), Vol. 2 - Aurora
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/13128-2

イメージ 11

ヒルデガルド・フォン・ビンゲン:天空の響き - レスポンソリウムとアンティフォナ(オックスフォード・カメラータ)
HILDEGARD VON BINGEN: Celestial Harmonies - Responsories and Antiphons (Oxford Camerata)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/8.557983
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
クラシックブログへ
人気ブログランキングへ

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事