個人誌 『未踏』全ページ

私はここにいます 貴方がそこにいて嬉しい

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

アントニオ・ベルターリ

アントニオ・ベルターリ(Antonio Bertali, *1605年5月 ヴェローナ - †1669年4月17日 ウィーン)は、オーストリアで活躍したバロック音楽のイタリア人作曲家、ヴァイオリニスト。

生涯

郷里の大聖堂で音楽教育を受ける。1622年よりカール・ヨーゼフ大公に伺候。1624年にウィーンで神聖ローマ帝国の宮廷に仕え、1649年にフェルディナント3世のもと、宮廷楽長ジョヴァンニ・ヴァレンティーニの後任楽長に就任。

ベルターリは北イタリアの作曲様式を採り、歌劇やオラトリオのほか器楽曲を残し、自作のオペラによって、ウィーンにおけるイタリア・オペラの伝統の強化に貢献した。

作品

ベルターリの全作品のうち約半数が失われているものの、ウィーン国立図書館やクレムスミュンスター修道院資料室に数多くの蔵書があり、ベルターリと同世代のパヴェル・ヨセフ・ヴェイヴァノフスキーの手による筆写譜も伝承されている。

主要作品一覧
声楽曲
世俗カンタータ

カンタータ《スペイン王女 Donna real》(1631年):神聖ローマ帝国皇太子とスペイン王女の婚礼のための機会音楽

教会カンタータ

モテット

世俗カンタータ

Missa Ratisbonensis (1636年)
Lamento della regina d'Inghilterra
Requiem pro Ferdinando II (1637年)
50曲の“入祭文”

歌劇

L'inganno d'amore (1653年レーゲンスブルク初演)
Theti favola dramatica (1656年7月13日ウィーン初演)
Il re Gilidoro favola (1659年2月19日ウィーン初演)
La magia delusa (1660年6月4日ウィーン初演)
Gli amori d'Apollo con Clizia (1661年3月1日ウィーン初演)
Il Ciro crescente(《忠実なる羊飼い Il pastor fido》のための3幕の幕間劇、1661年6月14日リュクサンブール城公園にて初演)
La Zenobia di Radamisto(1662年11月18日)
L'Alcindo (1665年4月20日ウィーン初演)
La contesa dell'aria e dell'acqua festa a cavallo (1667年1月24日ウィーン初演)

器楽曲

レオポルト1世のソナタ Sonata Leopoldus I.
1000グルデンのソナタ Tausend Gülden Sonate
ヴァイオリンと通奏低音のための《チャコーナ ハ長調》 Ciaconna in C-Dur

外部リンク


















閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事