全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

地上の星たち(Taare Zameen Par)

Taare Zameenパー(題し、地球上の星のように、国際的には)2007年、インドで映画の分類によって生成され、監督アーミル・カーン。フィルムはIshaan、8歳の人生と想像力探る 失読症の子供を。彼はこの分野で優れているが、彼の貧しい学業成績はに彼を送信するために彼の両親をリード寄宿学校。Ishaanの新しい美術の先生は、彼が失読症であることを疑って、彼の障害を克服するために彼を助けます。ダッシール・サファリーの 8歳のIshaanとして星、とカーンは彼の美術教師を演じています。クリエイティブディレクターと作家アモール・グプテは、最初は彼の妻との考えを開発したディーパ・バティアフィルムの編集者を務め、。 シャンカール-Ehsaan-ロイは、映画のスコアを作曲し、プラスーン・ジョシーは歌の多くのために歌詞を書きました。主な撮影がで開催されたムンバイとでパンチガニの新時代の高等学校、そして学校の学生の何人かは、外観を作ります。

フィルムは2007年12月21日にインドで演劇デビューを果たした、とUTVホーム・エンターテイメントは、 2008年にインドの観客のためのDVDをリリースディズニーグローバルでインド映画の配給権の最初の購入をマークした国際版DVDのの以降のリリース会社。

Taare Zameenパーを含め、数々の賞を受賞したベスト・フィルム用フィルムフェア賞 2008年と2008年の家族福祉のベストフィルムのためのナショナル・フィルム・アワード。これは、2009年のインドの公式のエントリだったアカデミー賞最優秀外国語映画が、ショートリストに進行しませんでした。

プロット

彼はすべての被験者が困難見つけ、頻繁に彼の教師と彼のクラスメートの両方によって軽視とberatedされるようIshaan Awasthiは、学校が嫌いな8歳の少年です。彼の想像力、創造芸術のためと才能がしばしば無視または見過ごされています。彼の父親は、Nandkishore Awasthiは、彼の子供が秀でることを期待成功した幹部である、と彼の母親、マヤAwasthi、Ishaanを教育するために彼女ができないことでイライラ主婦です。Ishaanの兄、ヨッシーは、そのメリットIshaanはしばしばを思い出している模範的な学生と選手です。

特に貧しい学術報告を受けた後、Ishaanの両親は彼を送る寄宿学校。そこに彼は恐怖、分離との状態に沈むうつ病ラジャンDamodharan、によって助けされているにもかかわらず、身体障害クラスでトップの生徒の一人である少年。彼はさらに企図自殺をラジャンから彼を救うために管理し、テラスでフェンスを登って。

Ishaanの状態が変化し、新たな美術教師、ラムシャンカールNikumbh、若い子供のためのチューリップ学校で陽気で楽観インストラクターとき発達障害は、学校に参加します。Nikumbhの指導スタイルは、彼の厳格な前任者のそれとは著しく異なっている、と彼はすぐにIshaanの不幸と無表情の参加で、クラスの活動を観察します。彼はIshaanの仕事をレビューし、彼の学術の欠点はの指標であると結論失読症、彼の芸術の能力を抑制した状態。ある日、彼は彼が彼の図面の一部を発見した後、当Ishaanの隠された関心を発見するために驚いているところIshaanの両親を訪問するためにムンバイにオフに設定します。動揺し、彼は彼が最初の場所で寄宿学校に子供を送った理由氏Awasthiが尋ねると夫人Awasthi息子のノートPCは、彼の闘争の分析を与えることを示しています。彼はIshaan氏Awasthiは、精神遅滞としてそれを標識、怠惰のための単なる口実としてそれを退けていても起因する失読症に文字や言葉を理解する上で深刻な困難を持っている方法について説明します。Ishaanの状態の彼の原油と不正確な説明でイライラ、Nikumbhは葉氏AwasthiはIshaanに向けた彼の虐待のために有罪感じています。

Nikumbhを返し、その後、提供することで、クラスの失読症の話題をもたらし、失読症だった有名な人のリストを。その後、彼は同様の問題に直面することによってだけでなく、子として苦戦どのように彼に伝えることでIshaanを慰め。Nikumbhはその後、学校の校長を訪問し、Ishaanさんになるために彼の許可を得て家庭教師。緩やかなケアで、彼は使用してIshaanの読み書きを改善しようとする救済技術失読症の専門家によって開発されたが。Ishaanはすぐに彼の研究に興味を開発し、最終的には彼の成績が向上します。

学年の終わりに向かって、Nikumbhは、職員や学生のためのアートフェアを開催しています。大会は、アーティストラリータ・ラジミーによって判断されます。Ishaanは、彼の驚くほど独創的なスタイルで、勝者を宣言され、Ishaanの肖像画を描いてNikumbhは、次点が宣言されています。校長はNikumbhは、学校の永久的な美術教師として雇われたことを発表しました。Ishaanの両親は学校の最後の日に彼の教師に会うとき、彼らは彼に見変換によって言葉を残されています。感極まって、氏AwasthiのおかげNikumbh。Ishaanが夏休みのために彼の両親と一緒に出国するために車に入ったとして、彼は周りになり、彼に抱擁を与え、来年返すように彼に告げるNikumbhに向かって走ります。

イメージ 2

アーミル・カーン(Aamir Khan)

アーミル・カーン[1](Aamir Khan、アラビア文字表記:عامر خان、デーヴァナーガリー表記:आमिर ख़ान、1965年3月14日 - )はインドの映画俳優兼プロデューサー。インド国立映画賞受賞。ムスリム。

経歴

トロント国際映画祭にて(2010年)
インドのマハラシュトラ州ムンバイで、シーア派イスラム教徒の家に生まれた。父のターヒル・フサインも映画監督・プロデューサー、叔父も映画監督だった。

1973年に子役として映画出演し、1984年に大人の俳優としてケータン・メヘター監督の『ホーリー祭』でデビューした。

1988年の『破滅から破滅へ』(Qayamat Se Qayamat Tak)で主演・メジャーデビュー。

2001年には映画会社「アーミル・カーン・プロダクション」を設立。同社の第1作『ラガーン』に自ら製作及び出演し、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた。

2006年の『黄色に塗れ』(Rang De Basanti)は、再びアカデミー賞外国語映画賞にインド代表作品として出品された。

2007年の『地上の星たち』(Taare Zameen Par)では識字障害を持つ少年を主人公に初監督・出演。監督としても高い評価を受けた。

主演作品でインド映画の全世界歴代興行収入1位を5回記録している。

2008年 - 『ガジニ』 / 23億2000万ルピー(約41億円)
2009年 - 『きっと、うまくいく』 / 45億9960万ルピー(約82億円)
2013年 - 『チェイス!』 / 58億9200万ルピー(約104億円)
2014年 - 『PK』 / 85億4000万ルピー(約151億円)
2016年 - 『ダンガル きっと、つよくなる』 / 212億2300万ルピー(約376億円)
社会活動家としての仕事も行っており、ヒラリー・クリントンやビル・ゲイツと対談を行ったことがある。TIME誌による2013年の「世界で最も影響力のある100人」の一人に選出されている。

2014年10月 『チェイス!』日本公開の為、家族で初来日。また同映画は 第27回 東京国際映画祭 に特別招待されている。

2016年にはウォルト・ディズニー・ピクチャーズとアーミル・カーン・プロダクションで共同制作し、『ダンガル』を公開。

人物

モットーは「夢を妥協してはいけない、夢を実現するために妥協することはあっても、夢そのものを妥協してはいけない」

デビュー直後の失敗の経験から、出演作は脚本を心から愛せるかどうかで慎重に決める。

出演作で数十曲以上のダンスシーンをこなしているが、本人曰くダンスは苦手らしい。だがオーストラリアのプロタップダンサー集団の指導を受けた際、予想以上の伸びを見せプロダンサーたちを驚愕させた。

人柄に関してはとても努力家でミスターパーフェクト(日本での呼称・インドではMr. Perfectionist=完璧主義者)と呼ばれるほど役作りに没頭し、様々な役柄をこなす。

役柄にあわせて体型を変えており『ガジニ』では筋肉の塊のような体を作り、『きっと、うまくいく』では44歳で大学生役を演じるため筋肉を削ぎ落とし、『チェイス!』では監督へ撮影開始を約1年ほど延期して欲しいと要求し体脂肪率9%の強靭な肉体へ肉体改造を行った。

自身の持つ俳優としての影響力や、「物語を伝える力」を社会のために生かしたいと考え、女性・子供の地位向上やインドが抱えるカースト制度の闇など、さまざまな社会問題を考えるTV番組Satyamev Jayateの企画、司会を務めるなど、社会的弱者の地位向上を目指し活動する一面もある。

評価

インドではシャー・ルク・カーン、サルマン・カーンとアーミル・カーンの3人をあわせて3大カーンと呼ばれ、3人とも1965年生まれでボリウッドで絶大な人気を誇る。

出演作に全力を注ぐため同時進行はせず、撮影準備期間も長く、他のスターに比べて1〜2年に一作品の寡作だが、どれも大ヒットしており、インド国内では彼以上の天才はいないと言われている。

ヒットしないと言われていた歴史/スポーツ物である『ラガーン』の主演・製作を手がけるなど、従来のヒンディー語映画の主流娯楽作品の枠を超える映画をヒットさせ、映画界の変革者と言われることもある。

インドのみならずアメリカやインド周辺国などでも人気があり他国の俳優、有名人からも演技、社会貢献に対して様々な評価がなされている。

主な出演作品

ホーリー祭 Holi (1984年/ケータン・メヘター監督)
破滅から破滅へ Qayamat Se Qayamat Tak (1988年/マンスール・カーン監督)
心 Dil (1990年/インドラ・クマール監督)
心が耳を閉ざす Dil Hai Ke Manta Nahin (1991年/マヘーシュ・バット監督)
ランギーラー Rangeela(1995年/ラーム・ゴーパール・ヴァルマー監督)
ラージャー・ヒンドゥースターニー Raja Hindustani (1996年/ダルメーシュ・ダルシャン監督)
アース Earth(1998年/ディーパー・メヘター監督)
ディル・チャハター・ハェ Dil Chahta Hai(2001年/ファルハーン・アフタル監督)




マンガル・パンデー Mangal Pandey: The Rising (2005年/ケータン・メヘター監督)
黄色に塗れ Rang De Basanti(2006年/ラーケーシュ・オームプラカーシュ・メフラー監督)
ファナー Fanaa(2006年/クナール・コーフリー監督)
ターレー・ザミーン・パル Taare Zameen Par(2007年/兼 共同監督・製作)
ガジニ Ghajini(2008年/AR Murugadoss監督)
きっと、うまくいく 3 idiots(2009年/ラージクマール・ヒラーニ監督)
タラーシュ Talaash: The Answer Lies Within(2012年/Reema Kagti監督/兼 製作)
チェイス! Dhoom 3(2013年/Vijay Krishna Acharya監督)
PK PK(2014年/ラージクマール・ヒラーニ監督)
ダンガル きっと、つよくなる Dangal(2016年/ニティーシュ・ティワーリー監督/兼 製作)
Secret Superstar(2017年/Advait Chandan監督/兼 製作)
Thugs of Hindostan(2018年公開予定/Vijay Krishna Acharya監督)

外部リンク






.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事