個人誌 『未踏』全ページ

私はここにいます 貴方がそこにいて嬉しい

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1019ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

ヨハン・フィリップ・クリーガー

ヨハン・フィリップ・クリーガー(Johann Philipp Krieger, *1649年2月26日 ニュルンベルク - †1725年2月6日 ヴァイセンフェルス)はドイツ盛期バロック音楽の作曲家・オルガン奏者。高名ではなかったが、17世紀末から18世紀最初の四半世紀において、鍵盤楽曲やトリオ・ソナタ、オペラなどに質の高い作品を遺した。

少年時代にニュルンベルクの音楽家ヨハン・ドレクセルとヴィオラ・ダ・ガンバ奏者ヨアヒム・ガブリエル・シュッツより初期の音楽教育を受ける。しかしこの期間は、とりわけオルガン演奏に関して、オルガニストのハインラインに影響を受けた。その後デンマークに移り、コペンハーゲンにて宮廷オルガニストのヨハネス・シュレーダーにオルガン演奏を、宮廷作曲家のカスパル・フェルスター2世に作曲を師事した。同時にペーター教会のオルガニストにも就任する。短期間の研修期間を終えると、コペンハーゲンの主要な教会でオルガニストとして活動を開始し、1667年ごろにはノルウェーのクリスチャニアのオルガニストに任命される。

帰国してバイロイトに行き、同地の辺境伯クリスティアン・エルンストの宮廷オルガニストとして活動を開始し、後に宮廷楽長にまで昇進する。フランス王国との戦争と、それに続く結果として王侯貴族の債務がかさみ、音楽活動の削減が余儀なくされるとクリーガーは解雇を余儀なくされた。

1673年にイタリアに行き、ヴェネツィアでヨハン・ローゼンミュラーに作曲を、ロヴェッティーニにオルガン演奏を師事する。ローマではアバティーニとベルナルド・パスクィーニのもとで研鑚を重ねた。その後さらにヴェネツィア入りしてオペラを研究する。

1675年にウィーンにおいて、神聖ローマ皇帝レオポルト1世に御前演奏を行い、貴族に列せられる。その後バイロイトに戻り、短期間フランクフルトやカッセルを訪問するが、いずれにおいても就職の機会は得られなかった。1677年にザクセン=ヴァイセンフェルス公国(英語版)のハレにて、室内楽およびオルガンの演奏家に指名され、1678年に宮廷副楽長に、1680年に宮廷がヴァイセンフェルスに移されると宮廷楽長に任命された。ハレのロジーネ・ヘレネ・ニコライと結婚したことにより、ヘンデルの一族の縁戚となった。ヘンデルの音楽家としての才能を見出したのもヨハン・フィリップ・クリーガーであったと言い伝えられている。

クリーガーの作品は、今日ほとんど忘れ去られているが、生前に上演された声楽曲だけでも作品数は優に2000曲を超えている。弟ヨハン・クリーガー(1651年 - 1735年)も作曲家である。

外部リンク




















開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

エクトール・バベンコ

イメージ 1

エクトール・バベンコ

Héctor Babenco
ヘクトール・バベンコ Héctor Babenco
本名 Héctor Eduardo Babenco
生年月日 1946年2月7日
没年月日 2016年7月13日(70歳没)
出生地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
民族 ユダヤ人
職業 映画監督、脚本家、映画プロデューサー
配偶者 Xuxa Lopes

主な作品『蜘蛛女のキス』
『カランジル』

ヘクトール・バベンコ(Héctor Babenco, 1946年2月7日 - 2016年7月13日[1])は、アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれマル・デル・プラタ育ちのブラジルの映画監督、脚本家、映画プロデューサーである。

経歴

ユダヤ系ウクライナ人の父とポーランド人の母の間に生まれる。ブラジル国籍を取得し、ブラジルを拠点としている。『カランジル』の映画解説では流暢なポルトガル語で会話している。彼の手がける作品にはゲイがよく登場する。

これまで『蜘蛛女のキス』『Corazon iluminado』『カランジル』の3本の作品がカンヌ国際映画祭のパルム・ドールにノミネートされている。また、『蜘蛛女のキス』ではアカデミー監督賞の候補にもなった。

日本では、エクトール・バベンコ、エクトル・バベンコと表記される場合もある。

2016年7月13日、心臓発作のためブラジルのサンパウロの病院で逝去。70歳没[1]。

主な監督作品

傷だらけの生涯 Lúcio Flávio, o passageiro da agonia (1977)
ピショット Pixote (1980)
蜘蛛女のキス O beijo da Mulher-Aranha (1985)
黄昏に燃えて Ironweed (1987)
カランジル Carandiru (2003)
失われた肌 El Pasado (2007)


Director (14 credits)

2015 My Friend Hindu
2014 Words with Gods (segment "The Man That Stole a Duck";)
2007 Last
2005 Carandiru, Other Stories (TV Series) (2 episodes)
- Love Story II (2005)
- Love Story I (2005)
2003 Carandiru
1998 Illuminated heart
1991 At Play in the Fields of the Lord
1987 Ironweed
1985 Kumo Onna No Kisu
1984 Earth is round as an orange (documentary)
1981 Pixote: The Law of the Weakest
1977 Lúcio Flávio, Passenger of Agony
1975 King of the Night
1973 The Fabuloso Fittipaldi (documentary)


出演作品

夜になるまえに Before Night Falls (2000)

外部リンク

Hector Babenco's official bilingual Brazilian website (英語) / (ポルトガル語)
エクトール・バベンコ - インターネット・ムービー・データベース(英語)



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

道〜白磁の人〜

イメージ 1

道〜白磁の人〜

監督 高橋伴明
脚本 林民夫
原作 江宮隆之『白磁の人』
製作 小説「白磁の人」映画製作委員会/「道〜白磁の人〜」フィルムパートナーズ
製作総指揮 長坂紘司
出演者 吉沢悠
ペ・スビン
音楽 安川午朗
撮影 ナ・ヒソク
編集 キム・ヒョンジュ
製作会社 アマゾンラテルナ
配給 ティ・ジョイ
公開 日本の旗 2012年6月9日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語、ハングル

『道〜白磁の人〜』(みち〜はくじのひと〜)は、2012年6月9日公開の日本映画。柳宗悦に影響を与えた浅川巧の半生を描いた。監督は高橋伴明、脚本は林民夫。江宮隆之の小説『白磁の人』を原作とする。

ストーリー
国境と時代を越えた友情を描くヒューマンドラマ。 大正3年5月。23歳の浅川巧は、朝鮮の山に緑を取り戻すため、故郷の山梨から朝鮮半島にやって来る。やがて共に同じ使命感で結ばれた朝鮮人のチョンリムと信頼を深めていく。

キャスト
浅川巧 - 吉沢悠
李青林(イ・チョンリム) - ペ・スビン
大北咲 - 酒井若菜
浅川伯教 - 石垣佑磨
柳宗悦 - 塩谷瞬
朝田みつえ - 黒川智花
園絵 - 近野成美
チョンス - チョン・ダヌ
ジウォン - チョン・スジ
朝田政歳 - 市川亀治郎(現・市川猿之助)
小宮 - 堀部圭亮
町田 - 田中要次
野平 - 大杉漣
浅川けい - 手塚理美
スタッフ
監督 - 高橋伴明
脚本 - 林民夫
原作 - 江宮隆之『白磁の人』
題字 - 清水寺貫主 森清範
音楽 - 安川午朗
エンディング曲 - ハクエイ・キム「道〜白磁の人〜」
撮影 - ナ・ヒソク
照明 - チャ・サンギュン
美術 - パク・ジュヨン
録音 - チョン・イノ
編集 - キム・ヒョンジュ
製作総指揮 - 長坂紘司
製作 - 小説「白磁の人」映画製作委員会/「道〜白磁の人〜」フィルムパートナーズ

関連項目
民芸運動
朝鮮民族美術館
韓国国立中央博物館
火の女神ジョンイ

外部リンク
映画「道〜白磁の人〜」公式サイト
道〜白磁の人〜 - allcinema
道〜白磁の人〜 - KINENOTE
Michi - Hakuji no Hito - インターネット・ムービー・データベース(英語)
浅川伯教・巧兄弟資料館ブログ
浅川伯教・巧兄弟(「白磁の人」映画製作)ホームページ|山梨県 北杜市

イメージ 2

高橋伴明

本名 高橋 伴明(同じ)
別名義 剣山象、高橋伴
生年月日 1949年5月10日(70歳)
出生地 日本の旗 日本 奈良県奈良市
職業 映画監督
ジャンル ピンク映画、青春映画、社会派映画、ヤクザ映画
活動期間 1975年 -
活動内容 脚本家
京都造形芸術大学教授・映画学科長
株式会社ブロウアップ代表取締役
配偶者 高橋惠子
著名な家族 秋山佑奈(娘)

主な作品

『 TATTOO<刺青>あり』
『光の雨』
『BOX 袴田事件 命とは』

受賞

高橋 伴明(たかはし ばんめい、1949年5月10日 - )は、日本の映画監督。脚本家として剣山象、高橋伴の名義で活動したこともある。

株式会社ブロウアップ代表取締役、京都造形芸術大学教授・映画学科長(2012年度より)[1]。日本映画監督協会専務理事。

女優の高橋惠子は妻。

外部リンク

経歴

奈良県奈良市出身[2]。華道の家に生まれる。東大寺学園高校卒業、早稲田大学第二文学部中退。大学時代には映画研究会に所属し、学生時代からピンク映画の現場でアルバイト生活を送る。同時に学生運動にも身を入れ、第二次早稲田大学闘争に参加したことで、大学を除籍されて中退。

1972年にピンク映画『婦女暴行脱走犯』で監督デビューする[2]が、しばらくブランクが続く。

1975年、若松プロに参加して間もなく監督復帰。1980年までは主としてピンク映画で活躍し、ピンク映画界では若手監督として中村幻児と並び称される存在だった。今日でもいくつかの作品が代表作としてDVDや再上映で親しまれている。

1982年、自身初となる一般映画『TATTOO<刺青>あり』を監督。1979年の三菱銀行人質事件の犯人に材を取り、キネマ旬報ベストテンの6位、ヨコハマ映画祭監督賞を受賞。同作でヒロインを演じた関根恵子と同年2月から交際し6月に結婚。大島渚と小山明子夫妻が仲人を務めた[3]。

1982年には1979年から主宰していた高橋プロを解散して、監督集団「ディレクターズ・カンパニー」に参加。1984年に小林よしのりが原案・脚本を担当した石井聰亙監督作品『逆噴射家族』のプロデューサーを務めた。

1990年に東映Vシネマで『ネオチンピラ・鉄砲玉ぴゅ〜』を監督。同作で東映上層部の反対を押し切り、当時はまだ無名だった後の「Vシネの帝王」こと哀川翔を主演に抜擢した[4][5]。

1990年代以降は一般映画、任侠系などを中心に活躍する。

2015年、『赤い玉、』が第39回モントリオール世界映画祭(8月27日から9月7日まで開催)のワールド・グレイツ部門に出品される[6]。

作品

映画

1982年
『TATTOO<刺青>あり』
『RUNNING SEX is 狼』
1983年 『ザ・力道山』
1988年 『DOOR』
1989年 『危ない話』
1991年 『獅子王たちの夏』
1993年
『獅子王たちの最后』
『人間交差点・不良』
1994年
『修羅の帝王』
『愛の新世界』
1996年
『迅雷 組長の身代金』
『セラフィムの夜』
1998年 『大いなる完 ぼんの』
2001年 『光の雨』
2004年 『火火』
2008年
『禅 ZEN』
『丘を越えて』
2010年 『BOX 袴田事件 命とは』
2011年 『MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜』
2012年 『道〜白磁の人〜』(日韓共同制作)
2015年 『赤い玉、』[7]
2016年 『塀の中の神様』[8]

テレビドラマ

1984年『探偵物語』(TBS・日曜ファミリードラマ)

1986年 『三姉妹探偵団』(フジテレビ・木曜ドラマストリート)
2002年 『北の捜査線・小樽港署』(テレビ東京・女と愛とミステリー)

オリジナルビデオ

1990年 『ネオチンピラ・鉄砲玉ぴゅ〜』
1990年 『DOOR II TOKYO DIARY』
1992年 『とられてたまるか!』

ビデオ作品

1985年 『ANDREE MARLRAU LIVE/萩原健一』(Laser Disc/VHS。のちにDVD)

出演
2004年 『ピンクリボン』

外部リンク

株式会社ブロウアップ
高橋伴明 - allcinema
高橋伴明 - KINENOTE
高橋伴明 - 日本映画データベース
Banmei Takahashi - インターネット・ムービー・データベース(英語)



開く コメント(0)

ギャスパー・ノエ

イメージ 1

ギャスパー・ノエ

ギャスパー・ノエ(Gaspar Noé、1963年12月27日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身の映画監督・脚本家である。父ルイス・フェリペ・ノエは画家。子供時代の数年間をニューヨークで過ごし、1976年にフランスに移住。パリのエコール・ルイ・リュミエール(fr)で映画を学んだ。

監督デビュー作は、短編映画『Tintarella di luna』(1985年)。そして中編映画『カルネ』(1991年)で、カンヌ国際映画祭の批評家週間賞を受賞し、その続編となる初長編映画『カノン』(1998年)で世界的なセンセーションを巻き起こした。その後、モニカ・ベルッチ とヴァンサン・カッセルが共演した問題作『アレックス』(2002年)がカンヌ国際映画祭で正式上映され、世界に衝撃を与えるなど、観客を挑発し続けるフランス映画界の鬼才と呼ばれている。



監督作品

カノン Seul contre tous (1998)
アレックス Irreversible (2002)
エンター・ザ・ボイド Enter The Void (2009)
LOVE 3D Love (2015)
Climax (2018)

その他

Tintarella di luna (1985) 短編映画
Pulpe amère (1987) 短編映画
カルネ Carne (1991) 中編映画
Une expérience d'hypnose télévisuelle (1995) 短編映画
Sodomites (1998) 短編映画
Intoxication (2002) 短編映画
Eva (2005) 短編映画
Destricted (2006) 短編映画
SIDA (2006) 短編映画
8 -Eight- 8 (2008) オムニバス映画
セブン・デイズ・イン・ハバナ 7 Days in Havana (2012) オムニバス映画

外部リンク

ギャスパー・ノエ - allcinema
ギャスパー・ノエ - KINENOTE








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

ドメニコ・ガブリエッリ

ドメニコ・ガブリエッリ(Domenico Gabrielli, 1651年4月15日[1] - 1690年7月10日)は、イタリアの作曲家・チェリスト。ヴェネツィアのガブリエーリ一族とは血縁関係はない。

生涯

ボローニャ出身。聖ペトロニア教会のオーケストラのメンバーで、またアカデミア・フィラルモニカの会員でもあり、しばしば会長を務めた。1680年代にはモデナ公フランチェスコ2世・デステの宮廷楽団で働いた。

作品にはオペラ、器楽曲、教会音楽などがある。最古のチェロ作曲家の一人で2曲の『チェロと通奏低音のためのソナタ』や『2台のチェロのためのカノン』などがある。

外部リンク



























開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1019ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事