個人誌 『未踏』全ページ

私はここにいます 貴方がそこにいて嬉しい

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1019ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

ペトロニオ・フランチェスキーニ

ペトロニオ・フランチェスキーニ(Petronio Franceschini, 1651年1月9日 - 1680年12月4日は、イタリアの作曲家・チェリスト。

生涯

ボローニャ出身。ボローニャ、次いでローマで音楽を学んだ。ボローニャに戻った後、アカデミア・フィラルモニカの創設メンバーとなり、1673年には会長に選出された。1675年から1680年まで聖ペトロニオ教会オーケストラの首席チェロ奏者を務めた。その後ヴェネツィアでオペラの作曲を行ったが、ほどなくして死去した。弟子にジャコモ・アントニオ・ペルティやドメニコ・ガブリエッリらがいる。

ボローニャ楽派の代表で、作品には4つのオペラ、2つのオラトリオ、4つのカンタータ、『トランペット、弦楽とオルガンのためのソナタ』などがある。

外部リンク




















開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ピーテル・バステイン

イメージ 1

ピーテル・バステイン

ピーテル・バステイン(Pieter Bustijn, 1649年(ミデルブルフ) - 1729年(ミデルブルフ))はオランダの音楽家。

生涯

バステインは、1649年、ネーデルラント南東部ゼーラント州の町ミデルブルフに生まれた。祖先はフランスより移住してきたと伝えられている。事績はわずかに知られるのみであり、1681年、新教会オルガン奏者、并びにカリヨン奏者に任ぜられ、終身その任にあった。その生涯、ミデルブルフを離れることはなく、1729年に没した。

作品

唯一、伝わる作品に、1721年頃に出版された『クラヴサンのための9つの組曲』がある。組曲は標準的な舞曲からなるが、冒頭には多様な前奏曲が置かれ(第9組曲のみはイントラーダ)、これにアルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグが続く。時折、ガヴォット、ブーレ、アリア、変奏が挿入されている。

外部リンク















開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

天皇ごっこ (2011年)

イメージ 1

天皇ごっこ (2011年)

見沢知廉は、幼いころから英才教育を施され育った。しかしその後、高校退学、暴走族や新左翼時代を経て、三里塚闘争に身を投じるがやがて新右翼に転向。1982年に同志を殺害した罪で12年の懲役を言い渡され、その間に獄中で書いた小説「天皇ごっこ」が新日本文学賞を受賞する...。


イメージ 2

大浦信行

大浦 信行(おおうら のぶゆき、1949年 - )は日本の芸術家、映画監督。昭和天皇をモチーフとして扱った作品である《遠近を抱えて》が展覧会の後に問題作として画集が焼却され、それに対して裁判を起こしたことで知られる[1]。

経歴

1949年に富山県で生まれた[2]。1956年東京都に転居[2]。19歳で画家を志し、絵画制作を始めた[3]。1971年國學院大學を卒業し、ケニヤ画廊にて個展を行った[2]。1972年、24歳で8mm映画製作を開始した[3]。また、プリントアートギャラリーにて個展を行った[2]。1973年、ジャパン・アート・フェスティバルに出展した[2]。1974年東京、天井桟敷館にて映像による個展に出展したほか、アンダーグラウンドシネマ新作展、100フィートフィルムフェスティバルに出展した[2]。その後1976年から1986年にかけてニューヨークに滞在し、その内7年間は荒川修作の元で助手を務める[3]。1977年リュブリアナ国際版画ピエンナーレに出品した。1978年クラコウ、ノルウェー、フレッヘンの各国際版画ピエンナーレ、ブルノ国際グラフィックデザインピエンナーレに出品した[2]。1982年頃、後述する『遠近を抱えて』を展示できる画廊がなかった頃に、人づての紹介で針生一郎と出会う[4]。 1983年にはサブラ・シャティーラ美術展で展示を行った。1984年東ベルリンのインターグラフィック'84、東京のギャラリー山口で個展を行った[2]。1985年リュブリアナ国際版画ピエンナーレ、エンバ美術賞展、また栃木県立美術館の1985年日本の版画に出品した[2]。帰国した1986年から彫刻制作を開始した[3]。1986年の富山県立近代美術館事件(後述)の後に1995年天皇作品問題を描いた映像作品《遠近を抱えて》発表[5]。それ以降も、天皇の表現についての作品を作り続けている。2002年には『日本心中』の続編である『針生語録』を製作中とある[4]。

《遠近を抱えて》に関する議論

発端は1986年に富山県立近代美術館で開催された「富山の美術 '86」展である。この展示で展示された当作品は10点が審議を経て購入、収蔵された[6]。展示会では特に混乱は発生しなかったものの、展覧会終了後県会議員による県議会での批判がマスコミに報道され、右翼団体や神社関係者から作品とその図録の非公開もしくは処分が求められるようになった[6]。この図録の非公開は県立図書館にまで及び、日本図書館協会の図書館の自由に関する調査委員会が非公開を批判する見解を出すなど、図書館における非公開が「表現の自由」や「知る権利」を侵害したとして問題となった[7]。その後1993年に県は、作品と図録の保有が管理運営上の問題になるとして、作品の売却と図録残部の焼却処分を決定した[6]。これに対して作品公開を求めた作家と市民らが住民訴訟を提起し、一審で一部勝訴したものの、控訴審で敗訴し、上告が棄却された[8]。 2009年には沖縄県立美術館の「アトミックサンシャインの中へ in 沖縄 ─ 日本国平和憲法第九条下における戦後美術」展で同作のうち14点が展示される予定であったが、検閲され展示拒否された[9]。この展覧会はニューヨークのPuffin Roomや東京の代官山ヒルサイドフォーラムを既に巡回しており[10][11]、その際同作品は展示されていた[12][13]。大浦は当時行われたシンポジウムの中で経緯を説明している[13]。それによると、2007年の7月頃に企画担当のキュレーターから世界で九条に関する展覧会を行いたいという申し出があり、大浦は出品許可を出した[13]。キュレーターから11月末と2月に事後報告で電話があり、その中で沖縄県での展示で《遠近を抱えて》が展示拒否となったことから、代替として『日本心中』を上映したいという申し出があり、大浦はそれを論点のすり替えであるとして退けた[13]。大浦はこのことに関して、キュレーターの沖縄県の抱えている問題に対する吟味が不足していたことを指摘している[14]。

大浦自身の作品に対する見解

本作について大浦はあくまで自画像であると主張している[15]。自画像ではあるが、あくまで本人の内面に焦点を当てたものであり、それを取捨していくことで作品を作り上げたとしている[16]。そのため、本作には大浦の姿はない[16]。作品の構想はニューヨーク在住時に思い付いたものであったが、ただ自分の姿を描くだけでは21世紀の自画像足りえないと考えた[17]。今まで自分だと捉えていたものを外側に投げることで自画像が無名性を獲得し、人々と共有できるものになると考えたとしている[17]。ニューヨークに長く住んでいたせいもあり、自分と世界を取り巻く時間や空間を、新たに捉え直したいと考え描いたものであると主張している[15]。その中で近代日本が作り出した近代天皇制について触れざるを得なかったとしている[16]。

第三者の作品に対する見解

針生は日本の画家たちは戦後以降、天皇制を日常的に捉えられなくなっており、論理的な分析が必要であるが画家たちはそれが不得手であるとしている[15]。

代表作
挿絵
『新編 善人は若死にをする』
『君、見よ、双眼の色』
版画
遠近を抱えて(1982年-1985年)

映画

日本心中前編[18] (2002年[19])

2001年本作は山形国際ドキュメンタリー映画祭に招待された。その際観客から針生にも大浦にもはぐらかされた感じがする、という意見が出ている。これに対して大浦は自分の映画に対するスタンスが、映画は見た人が自身でもう一つの物語を作り上げるための記憶・イメージの装置であると主張している[20]。
9.11-8.15日本心中(2006年[19])
天皇ごっこ (2011年)
靖国・地霊・天皇 (2014年)




開く コメント(0)

イメージ 1

羊飼いと屠殺者(Shepherds and Butchers)

ストーリー
羊飼いと肉屋一見絶望的な複数の殺人事件に取り、彼は彼が参加した実行で心に傷を負った刑務官のための防衛をマウントするよう南アフリカの死刑システムのスキャンダラスな欠点が明らかにうんざり弁護士、ジョン・ウェバー(スティーヴ・クーガン)を、以下のに。



イメージ 2

オリバー・シュミッツ(Oliver Schmitz)

オリバー・シュミッツ(1960年生まれ)は、南アフリカで映画監督と脚本。

彼の映画Mapantsulaがで上映されたある視点部門でセクション第41回カンヌ国際映画祭。[1]彼の2010フィルムの上記のすべての生命は、またしてスクリーニングしたある視点部門でセクション2010カンヌ映画祭、それがために南アフリカのエントリとして選ばれた最優秀外国語映画で第83回アカデミー賞。[2]これは、2011年1月に発表された推薦の候補リストを作った[3]

選択フィルモグラフィー

Mapantsula(1988)
ハイジャックストーリー(2000)
パリ、私はあなたを愛して(2006)
上記のすべての生命、(2010)
羊飼いと肉屋(2016)

ブラックリール賞2012ノミネート
ブラックリール優秀外国映画
ドバイ国際映画祭 2010ウォン
ダーバン国際映画祭 2010ウォンベスト南アフリカフィルム
Muhrアジアアフリカ審査員特別賞特集オリバー・シュミッツがノミネート
Muhrアジアアフリカ賞最優秀フィルム - 特集オリバー・シュミッツ
イメージ賞2012ノミネートイメージ・アワード優秀外国映画
レオ賞長編DramaDennis FOONで2011ウォンレオベスト脚本
ナショナル・ボード・オブ・レビュー、USA 2010ウォンNBR賞上位5つの外国映画

Director (37 credits)
18 Drops (attached) (announced)
The Outside Room (pre-production)
2019 The Professionals (TV Series) (3 episodes)
- Episode #1.8
- Episode #1.7
- Episode #1.6
2015-2019 There Usedom Crime (TV Series) (2 episodes)
- Ghost Ship (2019)
- Eyesore (2015)
2018 Stump - death on the island (TV Movie)
2018 Amokspiel (TV Movie)
2018 Sankt Maik (TV Series) (2 episodes)
- Mad Cow Disease 2.0 (2018)
- From bad to the Church (2018)
2017 Honey, let the chickens free (TV Movie)
2017 The Pubertier (TV Series) (3 episodes)
- The Pubertier is rabid (2017)
- The Pubertier breaks out (2017)
- The Pubertier fledges (2017)
2017 Welcome to the patchwork Hell (TV Movie)
2016 Shepherds and Butchers
2014-2015 Reiff for the island (TV Series) (2 episodes)
- Catherine and Shepherd (2015)
- Catherine and the Danes (2014)
2014 Spring (TV Series) (1 episode)
- Spring in White (2014)
2014 All under a fir tree (TV Movie)
2014 alone among doctors (TV Movie)
2013 Christine. Yesterday was perfect! (TV Series) (5 episodes)
- I'll show you mine (2013)
- Olle Candies (2013)
- Magic Moments (2013)
- Little Adventure (2013)
- The new Christine (2013)
2013 Bella dilemma - Three are one too many (TV Movie)
2013 Welcome to the club (TV Movie)
2012 Hughleys (TV Movie)
2012 Welcome to War (TV Movie)
2011 alone among mothers (TV Movie)
2010 The secret of Chanda
2009 Die Trickser (TV Movie)
2009 Alone among students (TV Movie)
2006-2008 Turkish for Beginners (TV Series) (24 episodes)
- The after menopause is (2008)
- wants to be in the Cem Hausmann The (2008)
- Those with the good old D-Mark (2008)
- Those in the parrot comes (2008)
- Those in raising the dead (2008)
Show all 24 episodes
2008 Doctor's Diary - Men are the best medicine (TV Series) (4 episodes)
- Women on the doctors Ball (2008)
- Dr. Kaan is still sweet! (2008)
- Marc will Sex (2008)
- Men are pigs! (2008)
2008 Meat (TV Movie)
2007 Alone among daughters (TV Movie)
2006 arms millionaires (TV Series) (3 episodes)
- Jobhopping (2006)
- Once Poland and back (2006)
- Bitter Pills (2006)
2006 Paris, I love you (segment "Place des Fetes";)
2005 Suddenly famous (TV Movie)
2005 What you always wanted to know about Singles (TV Movie)
2004 Princess Bueller (TV Movie)
2002 The best bit (TV Movie)
2000 Hijack Stories
1997 Joburg Stories
1988 Mapantsula

外部リンク




開く コメント(0)

ジョン・ブロウ

イメージ 1

ジョン・ブロウ

ジョン・ブロウ(John Blow, 1649年 - 1708年10月1日)は、イングランドの作曲家、オルガニスト。ウィリアム・クロフトやヘンリー・パーセルの師である。

生涯と作品

ブロウはおそらくノッティンガムシャーのコリンガムで生まれたとされる。王室礼拝堂の聖歌隊員となり、自らの音楽の才能によって名をあげた。

ブロウは非常に若い頃にいくつかの聖歌を作曲している。例えば「主よ、あなたはわれらの避難所である Lord, Thou hast been our refuge」や「主よ、われを責めたもうな Lord, rebuke me not」、またいわゆる「クラブ・アンセム」である「われは常に感謝す I will always give thanks」などがある。最後のものはペラム・ハンフリーおよびウィリアム・ターナーとの共作で、1665年にイングランドがオランダに勝利したことを記念して、あるいはより単純に3人の聖歌隊員の友情を記念して作られた作品である。

またこの時期に、ロバート・ヘリックがチャールズ2世の頼みによってジャコモ・カリッシミの「Dite, o cieli」を模倣して製作した「行け、偽誓者よ Goe, perjur'd man」を二部構成に編曲することも行っている。1669年にブロウはウェストミンスター寺院のオルガニストとなった。1673年には王家礼拝堂のジェントルマンとなり、この年の9月にエリザベス・ブラドックと結婚した。彼女は10年後の出産時に亡くなっている。

1678年までには音楽学者となっていたブロウは、1685年にジェームズ2世付きの音楽家の一人として名を連ねることとなった。1680年から1687年までの間に、彼は記録の残っている限り唯一の舞台用作品を執筆している。それは国王を楽しませるために作られた仮面劇、「ヴィーナスとアドニス Venus and Adonis」である。この劇ではメアリー・デイヴィスがヴィーナスを演じ、彼女とチャールズ2世の娘であるレディ・メアリー・テューダーがキューピッド役で出演した。

ブロウは1687年にはセント・ポール大聖堂の聖歌隊の指導者となった。さらに1695年にはウェストミンスターの聖マーガレット教会のオルガニストに選ばれ、同時期にウェストミンスター寺院のオルガニストとしての活動(1680年に彼は引退あるいは解雇されて、その地位をパーセルに譲っていた)を再開したとされる。1699年には、新たに作られた王家礼拝堂の作曲家の地位に任命された。

ブロウの作品として、14曲の典礼音楽と100曲以上の聖歌が知られている。これら純粋な教会音楽に加えて、新年用の頌歌や聖セシリア祭のための頌歌、ジェームズ2世の即位を記念する2曲の聖歌(「見よ、おお、われらが庇護者なる神よ Behold, O God, our Defender」と「God spake sometimes in visions」)、ヘンリー・プレイフォードの「音楽のはしため Musick's handmaid」(1689年)のための数曲のハープシコード作品、「女王メアリーのための挽歌」(1695年)、「パーセルの死に寄せる頌歌」(1696年)なども作曲している。1700年に彼は、通奏低音付きの一声・二声・三声・四声の音楽作品を集めた「アンフィオン・アングリカス Amphion Anglicus」を出版した。

チャールズ・バーニーの著書「音楽の歴史」内の有名な1ページが、ブロウの「未熟さ」を描写することに費やされている。その大部分は、未熟な人物が当時のイギリス音楽の特徴を表すために努力したという奇特さを示しているだけであるが、その努力の一部は非常に優れたものである(バーニーは「我々はこの点に夢中である」と言っている)。ブロウは1708年10月1日にブロード・サンクチュアリの自宅で逝去し、ウェストミンスター寺院の北の側廊に埋葬された。

外部リンク




















開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1019ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事