個人誌 『未踏』全ページ

私はここにいます 貴方がそこにいて嬉しい

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

スーザンマクドナルド Susann McDonald

スーザンマクドナルドは、世界の主要なパフォーマーのうちの1人とハープの先生と認められます。彼女はインディアナ大学のハープ部(世界で最大であるもの)の会長です、そこで、彼女はMusicのDistinguished教授の称号を持ちます。彼女はまた、World Harp会議社のArtisticディレクターとして勤めて、有名なUSAインターナショナルHarp CompetitionのFounderとMusicディレクターです。

スーザンマクドナルド彼女が有名な教育者(H・ルニエ)と勉強したフランスで、パリConservatoryから首相PrixデHarpeを受け取りました。彼女は、重要なハープレパートリーの多くを記録して、実行しました。彼女は、ヨーロッパ(アジア)の主要な温室の多くで、マスタークラスを教えました南アメリカ、そして、アメリカ合衆国で。

Newのジュリアード学校で、彼女は議長Ofでしたハープ部門 1975〜85からのヨーク。彼女も、南カリフォルニア大学とアリゾナ大学でハープ部の議長をつとめました。

彼女は、イスラエル、日本、ミュンヘン、ジュネーブ、ローマ、フランス、ロシアとオランダで大部分の重要な国際的なハープコンクールの陪審に勤めました。

彼女の学生は、多くの重要な国家的および国際的な競争(今日の主要なコンサートハープ奏者と先生の間で認められることと同様に)に一貫して勝ちました。彼らも、ニューヨークフィルハーモニック、メトロポリタンオペラ、フィラデルフィアOrchestra、シカゴSymphony、デトロイト Symphony、ミネソタOrchestra、シアトルSymphony、ベルリン交響楽団、Orchestre Nationaleデフランスと多くの他をもつ主要なハープ奏者でした。

マクドナルド嬢は、ビラース(彼女が一年の夏のマスタークラスを教えるスイス)の近くで、山小屋を持っています。

1989年にUSAインターナショナルHarp Competitionを設立されます経歴を育ててください、そして、世界の成果を認めることは大部分の優秀な若いハープ奏者です。アメリカでの初で最も評判が高い国際的なハープイベント、それも受賞したハープ奏者のために最も有利です。3年ごと持たれて、インディアナ大学(ブルーミントン)で、第5のUSA IHCは、2001年7月4〜15日に持たれます。

パリConservatory(最初)の首相Prixを得られます そうするアメリカ人。生まれて、ロックアイランド(イリノイ)で上がって、マクドナルドさんは、その時にわずか20才でした。

インディアナで世界最大のハープ部の議長をつとめます 大学、ブルーミントン、1981-、現れてください。

世界の最も偉大なハープ奏者とハープ先生のうちの1人と認められます。

世界の最も大きなオーケストラのコンダクターによってと同じくらいよく、音楽評論家、World Harp会議Review、アメリカのHarp Magazine、Hasp Column Magazine、Hasp Today誌による20世紀の有力なハープ奏者の名をつけられた一人。

タイトルで1989年にインディアナ大学を光栄に思って、「Musicの優秀な教授」と、少ない女性のうちの1人がそう認めました。

10年(1975〜1985)の間、ジュリアード学校でハープ部の議長をつとめました。

つくられて、大学のためにハープ部の議長をつとめられます アリゾナ、トゥーソン;南カリフォルニア大学;そして、カリフォルニア州立大学、ロサンゼルス。

インディアナ大学のマスタークラスを行う、ブルーミントン、そして、 :の同様に主要な温室の場合のようにビラース(スイス)

パリ、フランスライアンズ、フランス北京、中国

ベロナ、イタリアロッテルダムブラジル

台湾韓国グラナダ

USAインターナショナルハープコンクールのための芸術的なディレクター、 1989-プレゼント。

世界ハープ会議の芸術的なディレクター、1981現在の WHCは、世界中から約800〜1,000人のハープ奏者を引きつける国際的な集会です。

名誉L'Associationインターナショナルの歌12月長 Harpistes、パリ(フランス)に拠点を置きます。

鳴っているハープの有名なR nie方法のための主要な主唱者。

リンダ=C・ウッドロロと、5-ボリューム(ハープのための完全な方法)の共著者は、ハープのために多数の他の仕事量を書いて、写して、編集することに加えて、Harpオリンピックに名称を与えました。

Susann McDonald - Wikipedia, the free encyclopedia


イメージ 2

アルベニス/クライスラー/グアルニエリ/ドリーブ/ドビュッシー/オッフェンバック:作品集
COCKTAIL CLASSICS
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/DE1611

イメージ 3

ヴィヴァルディ/ヘンデル/J.S. バッハ/ブクステフーデ/ガブリエリ:バロック名曲集
BAROQUE! - A Collection of Baroque Gems from the Delos Catalog
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/DE1500

イメージ 4

サルツェード/アルバニス/ワトキンス/オルティス:ハープ・リサイタル(スーザン・マクドナルド)
Harp Recital: McDonald, Susann - SALZEDO, C. / ALBENIZ, M. / ALBENIZ, I. / WATKINS, D. / ORTIZ, A. / FRANCISQUE, A. (The World of the Harp)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/DE3005

イメージ 5

シュポア:ヴァイオリンとハープのためのソナタ集(カウフマン)
SPOHR, L.: Sonatas for Violin and Harp (Kaufman, McDonald)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/LAN0022

イメージ 6

ハープのためのフランス音楽集(マクドナルド)
FRENCH MUSIC FOR HARP
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/KCD-11133

イメージ 7

KRUMPHOLTZ / SCHAPOSHNIKOV / DAMASE / IBERT / GLINKA / SPOHR: Sonatas for Flute and Harp
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/KCD-11015
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
クラシックブログへ

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

シュペルガー - ヨハン・マティーアス・シュペルガー (Johannes Matthias Sperger)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヨハネス・マティアス・シュペルガー(Johannes Matthias Sperger, 1750年3月23日 ヴァルティツェ - 1812年5月13日 シュヴェリン)は南部モラヴィア出身のオーストリアの作曲家。コントラバスのヴィルトゥオーソ。

1767年からウィーンでコントラバス奏者や作曲家としての教育を受け、1777年からプレスブルク大司教の宮廷楽師に採用される。翌1778年からウィーン音楽家協会に入会するかたわら、その演奏会にたびたび自作を掲げて独奏者として出演。1783年から1786年までルートヴィヒ・フォン・エルデーディ伯爵の宮廷礼拝堂の一員となった。1789年にメクレンブルク宮廷楽団の首席コントラバス奏者に着任。

きわめて多作な作曲家として、少なくとも44曲の交響曲とおびただしい数の協奏曲(そのうちコントラバス協奏曲が18曲)のほか、ソナタ、ロンド、舞曲、カンタータ、合唱曲、アリアなどを残す。

イメージ 2

シュペルガー:弦楽交響曲集
SPERGER: String Symphonies
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/8.554764

イメージ 3

シュペルガー:ホルンのための作品集
SPERGER: Works for Horn
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/HCD32145

イメージ 4

ヴァンハル/シュペルガー:コントラバス協奏曲
VANHAL / SPERGER: Double Bass Concertos
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/HCD32341

イメージ 5

ヴィヴァルディ/ゼレンカ/ネルーダ/ヘルテル/フランチェスキーニ/ムッゲ:トランペット作品集(ギュトラー/ザクセン・ヴィルトゥオーゾ)
Trumpet Recital: Guttler, Ludwig - VIVALDI, A. / ZELENKA, J.D. / NERUDA, J.B.G. / HERTEL, J.W. / ROLLIG, J.G. / FRANCESCHINI, P. / MUDGE, R.
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/0093892BC

イメージ 6

ヴィヴァルディ/フィック/ライヒャ/シュペルガー:ホルン協奏曲集(ダム/ヴィンス/シュターツカペレ・ドレスデン/クルツ)
Horn Concertos - VIVALDI. A. / FICK, P.J. / REICHA, J. / SPERGER, J.M. (Damm, Vince)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/0183862BC

イメージ 7

トランペットとコルノ・ダ・カッチャのための作品集 - シュペルガー/ヘルテル/テレマン/ハイドン/モーツァルト/トレッリ(ザクセン・ヴィルトゥオーゾ/ギュトラー)
Trumpet and Corno da Caccia Concert - SPERGER, J.M. / HERTEL, J.W. / TELEMANN. G.P. / HAYDN, F.J. / MOZART, L. / TORELLI, G. (Guttler)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/0090532BC

イメージ 8

テレマン/マンフレディーニ/モルター/マンチーニ/トレッリ/ラートゲーバー/シュワルツコップ:トランペット作品集(ザクセン・ヴィルトゥオーゾ/ギュトラー)
Trumpet Music - TELEMANN, G.P. / MANFREDINI, F.O. / MOLTER, J.M. / MANCINI, F. / TORELLI, G. / RATHGEBER, J.V. / SCHWARTZKOPFF, T. (Guttler)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/0094802BC

イメージ 9

ヘンデル/モルター/ヘルテル/ラートゲーバー/シュペルガー:トランペットとホルンのための作品集(ザクセン・ヴィルトゥオーゾ/ギュトラー)
Trumpet and Horn Recital: Guttler, Ludwig - HANDEL, G.F. / MOLTER, J.M. / HERTEL, J.W. / RATHGEBER, J.V. / SPERGER, J.M.
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/0013152BC

イメージ 10

アルブレヒツベルガー/シュペルガー:弦楽三重奏集
ALBRECHTSBERGER / SPERGER: String Trios
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/HCD32109

イメージ 11

ヴァンハル:コントラバス協奏曲 ニ長調/ハイドン:ディヴェルティメント 変ホ長調/シュペルガー:四重奏曲 ニ長調(カメラータ・ムジカ/サトラーカ)
VANHAL, J.B.: Double Bass Concerto in D major / HAYDN, F.J.: Divertimento in E flat major / SPERGER, J.M.: Quartet in D major (Straka)
このページのURL http://ml.naxos.jp/album/0001962CCC
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
クラシックブログへ

この記事に

開く コメント(0)

手紙を焼くリツコ

イメージ 1

手紙を焼くリツコ
公園を二人で歩く、
「性格なんて変えるものではない」「性格なんて楽しければ明るくなり、悲しければ暗くなるだけのもの」「だいじなことは、自分を持つこと」
 リツコは俯いて話を聞くばかり。
暗い自分の性格をセミナーに行って変えたいと言ってるのとリツコの母より電話があり、私はリツコに手紙を書いた。

 声、吐息のよう、フェルメールの絵のように、静かな時の中で、素直に、健気に育まれた、私が愛する1/4の血を持つ姪という形、私は春風のように味わい、愛でてきた。 
 真っ赤なホッペに、ピッコロのような声で、いつも私とエミコの後を付いて来たリツコ、昨日のことのよう。時を経、湿度を持った女に成長し、今淋しさを見せる。淋しさ、哀しさは、そこに人が在るということ、草や木が、人知れずそこに在るように、それは人としての気配。男を愛し、男に去られ、傷つき、泣く。私を泣く涙を、世界の不幸の涙へ、もう一人の私が、世界のそこここには在り、私があなたで、あなたが私でないはずはなく、世界は涙を流して愛していくもの、性格を変えたいなど、変えるものなどではない、いい女だよ、私が愛する1/4の血、自分を愛してやらないと、自分の良さはわからない、時と歳は、求めたから、悩んだから、現れる重さ、愛されないなんて、愛せないなんて、音楽を、草木、風をこんなに愛していて、愛されないなんてありえず、人と人は糸で結ばれてあるもの、まだ見ぬ男は光の中で待って、心に誠実で、その誠実さが、何よりの自由だと、そして、在るということに於いて人は平等であり、北風に耐えている木、南国でスクスク育つ木、在ることに於いての等しい共感をもち、人へも、自分へも、無重力の自由、在ることの驚き、リツコがんばれ、健気な魂の持ち主、そこに在るだけで、草木、鳥、人々が優しくなれる歌の翼を持つリツコ、一人自由に、どこへでも飛んで行けるはず、風は決して抵抗物などではなく、それは翼を支えてくれる神の腕、存在という風を自覚したものにとって、空は自由の大地、ゆったりと、世界を翼に受けて、高く高く、あのヒマラヤ超えの鶴のように。

「叔父さん手紙焼くの手伝って」突然、幼い昔の、転がすような可愛い声でリツコが言った。ポケットから男からの手紙を取り出すと、砂利石の上で破り始めた、リツコと私は向かい合って座り、私がライターで火を点けてやった。思い出を一つ一つ消すように
「さあもう忘れよーっと」
こんな思い出を持つリツコが今イタリアに一人暮らす。
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
純文学小説へ

この記事に

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事