個人誌 『未踏』全ページ

私はここにいます 貴方がそこにいて嬉しい

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

カルロ・ファリーナ

イメージ 1

カルロ・ファリーナ

カルロ・ファリーナ(Carlo Farina, 1600年頃 - 1639年7月)は、イタリア出身の作曲家、ヴァイオリニスト。

マントヴァ出身。ゴンザーガ家の宮廷楽団のヴィオラ奏者だった父から音楽の手ほどきを受けた後、サラモーネ・ロッシに教えを受けた。1626年から1629年までドレスデンの宮廷でコンサートマスターを務め、ハインリヒ・シュッツとともに働いた。1629年から1631年までボンの宮廷で働いたのち、イタリアに戻ってパルマ、それからルッカで活動した。1635年からマッサ、1636年からダンツィヒ(現在のグダニスク)で活動した。1638年からウィーンに滞在したが、ペストにかかり死去した。

ヴァイオリンの名手で、テクニックの拡大に多大な貢献をした。例えば『常軌を逸したカプリッチョ』(1627年)では、犬が吠えたり、猫が喧嘩している様子をヴァイオリンで表現している。またダブルストップ奏法の発明者だといわれている[1]。

外部リンク











開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ヨハン・クリューガー

イメージ 1

ヨハン・クリューガー

ヨハン・クリューガー(Johann Crüger、1598年4月9日 - 1662年2月23日)は、讃美歌作曲者としてよく知られるドイツの作曲者である。

クリューガーは宿屋の息子として生まれた。彼は1613年までラテン語学校で学んだ。その後遍歴学生となり,その途上レーゲンスブルクにおいてジョヴァンニ・ガブリエーリの弟子パウル・ホムベルガーに師事した。1615年にベルリンへ行き神学を学んだ。1620年からヴィッテンベルク大学で神学を学んだ。当時,ルター派教会のカントルになるには神学を修めていなければならなかったのである。1622年にベルリン-ケルン(現在のベルリン)のニコライ教会のカントルに招聘され,以来その死までの40年の間、彼はこの町の音楽監督・カントル・ギムナジウム教師であった。

クリューガーは多数の音楽を作曲し、また音楽教育についても多く著作活動を行った。1643年に有名な讃美歌作詞者パウル・ゲルハルトに会い、親しい友人となり,その数々の讃美歌の為に作曲した(優れた讃美歌詩人としてのゲルハルトを最初に見出したのはクリューガーである)。1640年に彼が編纂した讃美歌集Newes vollkömliches Gesangbuch Augspurgischer Confession(『アウグスブルク信条に基づく新しい完全な聖歌集』)は、第2版においてPraxis pietatis melica, 『歌による敬虔の修練』とタイトルを改め,これは17世紀で最も重要なドイツルーテル派の讃美歌集となった。

日本語讃美歌

讃美歌 (1954年版)

2番「いざやともに」
13番「こころのよろこびわれはうたわん」
18番 「聖なる御神は」
153番 「わがたまよ、きけ、」
讃美歌第二編

93番 「わがよろこび、なぐさめなる」ヨハン・フランク詞、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ、モテット「イエス、わが喜び」BWV227
95番 「わがこころよ、いま」ヨハン・フランク詞、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ、カンタータ180番「身を飾れ、おお愛する魂よ」

外部リンク











開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事