個人誌 『未踏』全ページ

私はここにいます 貴方がそこにいて嬉しい

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

アントニオ・ベルターリ

アントニオ・ベルターリ(Antonio Bertali, *1605年5月 ヴェローナ - †1669年4月17日 ウィーン)は、オーストリアで活躍したバロック音楽のイタリア人作曲家、ヴァイオリニスト。

生涯

郷里の大聖堂で音楽教育を受ける。1622年よりカール・ヨーゼフ大公に伺候。1624年にウィーンで神聖ローマ帝国の宮廷に仕え、1649年にフェルディナント3世のもと、宮廷楽長ジョヴァンニ・ヴァレンティーニの後任楽長に就任。

ベルターリは北イタリアの作曲様式を採り、歌劇やオラトリオのほか器楽曲を残し、自作のオペラによって、ウィーンにおけるイタリア・オペラの伝統の強化に貢献した。

作品

ベルターリの全作品のうち約半数が失われているものの、ウィーン国立図書館やクレムスミュンスター修道院資料室に数多くの蔵書があり、ベルターリと同世代のパヴェル・ヨセフ・ヴェイヴァノフスキーの手による筆写譜も伝承されている。

主要作品一覧
声楽曲
世俗カンタータ

カンタータ《スペイン王女 Donna real》(1631年):神聖ローマ帝国皇太子とスペイン王女の婚礼のための機会音楽

教会カンタータ

モテット

世俗カンタータ

Missa Ratisbonensis (1636年)
Lamento della regina d'Inghilterra
Requiem pro Ferdinando II (1637年)
50曲の“入祭文”

歌劇

L'inganno d'amore (1653年レーゲンスブルク初演)
Theti favola dramatica (1656年7月13日ウィーン初演)
Il re Gilidoro favola (1659年2月19日ウィーン初演)
La magia delusa (1660年6月4日ウィーン初演)
Gli amori d'Apollo con Clizia (1661年3月1日ウィーン初演)
Il Ciro crescente(《忠実なる羊飼い Il pastor fido》のための3幕の幕間劇、1661年6月14日リュクサンブール城公園にて初演)
La Zenobia di Radamisto(1662年11月18日)
L'Alcindo (1665年4月20日ウィーン初演)
La contesa dell'aria e dell'acqua festa a cavallo (1667年1月24日ウィーン初演)

器楽曲

レオポルト1世のソナタ Sonata Leopoldus I.
1000グルデンのソナタ Tausend Gülden Sonate
ヴァイオリンと通奏低音のための《チャコーナ ハ長調》 Ciaconna in C-Dur

外部リンク


















開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

メアリー・ブラック(Mary Black)

メアリー・ブラック(1955年5月23日生まれ)[1]であるアイルランドのフォークシンガー。彼女はよく彼女の母国アイルランドの主要なレコーディング・アーティストが作った伝統民謡と現代材料の両方の通訳として知られています。[2]

背景

メアリーブラックでチャールモントストリートの音楽一家に生まれたダブリン、アイルランド、そして4人の兄弟を持っていました。彼女はで教育を受けたセントルイス高校、Rathminesの。彼女の父親がしてシオマネキから来た、ラスリン島の沖北アイルランド、自分の音楽グループが、彼女の母親の歌手、そして彼女の兄弟と呼ばれていたブラック・ブラザーズと彼女の妹フランシスは歌手として大成功を達成するために行くだろう90年代インチ このミュージカル背景から、メアリーは歌い始めた伝統的なアイルランドの歌を8歳の時。彼女は古い成長するにつれて、彼女はダブリンの周りの小さなクラブで彼女の兄弟(シェイ、マイケルとマーティン・ブラック)を実行するために始めました。[3]

ミュージカル経歴

1980年代

ブラックは小さな参加民俗誰と、彼女はヨーロッパをツアーし、彼女はミュージシャン/とプロの関係を開発1982年に1975年と1978年に2枚のアルバムをリリースし、一般ハンバートと呼ばれる1975年にバンドをプロデューサー デクラン・シノット[4] 、および記録し、彼女の初のソロアルバムをメアリー・ブラック。アルバムはアイルランドのチャートにも行って、それが行った金を。1983年にそれがで受賞したアイルランドの独立した、それはまだ1980年代の最高のアイルランドのアルバムの一つと呼ばれています。ブラックは、伝統的に進出アイルランド音楽のバンドデDannan、ヨーロッパを中心に、米国でそれらを見学しました。彼女はそれらを記録したアルバムアンセム、イヤー賞のアイルランドのアルバムを獲得しました。デDannanと彼女の時間の間に、黒のようなアルバムと彼女のソロ活動を続け収集(1984)とファンファーレがなければ(1985)。これらの録音は、より現代的な音楽の方向に黒を取りました。これらのリリースの成功とともに、IRMAは 1987年と1988年に彼女の1986年のエンターテイナーと最優秀女性アーティストの名前。

彼女の初期のソロ活動の多くについて、Sinnottは彼女のプロデューサー、ギタリストと音楽監督を務めました。このパートナーシップは、彼らが友好的に別れ1995年まで続きました。[5]

ブラックは、1986年にデ・Dannanから出発し1987年は彼女の最初のリリースで見たマルチプラチナ、アイルランドのアルバムを、それがダークを取得することにより時間。しかし、彼女の人気は画期的なアルバムのリリースで新たな高みに到達し、ノーフロンティアは、8月、1989年にそれは(それが一年以上トップ30にとどまった)アイルランドのアルバムチャートのトップに急上昇し、トリプル達成しました-プラチナのステータス。メアリーの人気は、いくつかの原因ツアーや広範なラジオの暴露に、米国で育ちました。[6]

1990年代

成功に続きませんフロンティア米国では、広範なエアプレイのリードトラック「コロンブス」で受信し、黒はヒットNACのレコーディング・アーティストとなりました。春1991年に、彼女はアメリカツアーに乗り出しました。彼女の1991年リリース、ウッド女の子は、再び1位にアイルランドのチャートに入り、6週間のためにそこに残りました。それは国家の鉄道テレビ広告で使用された後、「薔薇の際ソーン」彼女のシングルは、日本のシングルチャートで第8号に達しました。ウッド女の子は、米国で好調、それはで英国では、今年のトップ10アルバムの一つに選ばれました今日の新聞。アルバムのリリースは、完売のツアーと彼女の最初のコンサートをもたらしたロイヤル・アルバート・ホールで放送された1992年1月、中にチャンネル4年後。彼女は再びIRMAで最優秀女性アーティストに選ばれました。

メアリーはの表紙に取り上げられたビルボード「のようなアイルランドのアーティストの重打撃仲間入りをするために根強い人気として彼女を出身物語の中で雑誌エンヤ、シネイド・オコナーとクラナドのMaireブレナン国際市場で」。彼女の次のアルバムは聖なる地は再びアイルランドのアルバムチャートのトップに達しました。彼女はまた、アルバムのサポートでは、10月/ 1993年11月中に米国を見学しました。次のプロジェクトは、メアリーはコンピレーションアルバム、記録するために、6組のアイルランドの女性アーティストと力を合わせる見た女性のハートを。他のアーティストはここで妹に含まフランシスブラック、エレノアMcEvoyさんを、ドローレス・ケイン、シャロン・シャノンとマウラ・オコネル。その優れた販売の成功は別のアルバム、生成された女性のハート2。

ブラックは、アメリカのフォークシンガーとのデュエット2を記録したジョーン・バエズバエズのアルバムのために、1995年の春にリングゼムベルズ。メアリーの作品の最大のヒットアルバムは、振り返って、リリースされた彼女は、リリースをサポートするために、米国、ドイツ、北欧を中心にツアーを行ってきました。ブラックは、1990年代にさらに3枚のアルバムをリリースしサーカス、磨き、そして天使と話します。彼女は第四および第五回1994年と1996年に「最優秀女性アーティスト」に選ばれました。

2000現在

ブラックは、2003年に初のライブアルバム、リリースメアリー・ブラックライブを。彼女はまた彼女の唯一の解放スタジオ・アルバム 2000年代の十年の、満潮を。それは成功したものの、彼女はここ数年で低ミュージカルプロファイルを維持しています。音楽ビジネスに彼女のキャリアを祝う- 2008年に、ブラックは「二十五曲二十五年」と呼ばれるコンピレーションアルバムをリリース。これは、4リミックス曲、完全にリマスター曲や2ブランドの新しい録音が含まれています。2008年に、ブラックは「あなたがフォールした場合」と呼ばれるクリスティヘネシーの遺作アルバム「ふたり」でデュエットを歌うために招待されました。彼女はまた、リアム・クランシーのアルバム曲「メンドシノの私に話を」オン「生命の車輪」にゲスト出演しました。さんのアルバムクロウ:5弦バンジョーのための新しい歌。2011年に、彼女は新しいアルバムと題するリリース尖塔からストーリーを。彼女は一緒に暮らすデュエットを歌ったアイルランドのポップバンドウエストライフ「の空気を歩く」と題しました。

彼女の娘と2014から15「ラストコール」ツアーロイジン・オは、彼女がこの後に歌を継続する意向が黒の最後の国際ツアーとして請求されます。[7]彼女の自伝曲がった道(ISBN 9781848271876は)10月、2014年に出版された[8]

2017年に、ブラックは、その30周年を記念して、「それは闇を取得することにより時間」、彼女の1987年のアルバムのリマスター版をリリースしました。リマスターアルバムは完全にリミックス含まれており、アルバムの曲のデジタル・リマスター版、「傷ついた心」と呼ばれる再発行および「銅釜」と呼ばれる希少なB面のために特に記録新曲。年内に、ブラックは6以前に録音した曲、4つの新しいトラックとマッカーシーと1つのライブデュエットを含む「メアリー・ブラックは、ジミー・マッカーシーを歌う」と呼ばれるブランドの新しいコンピレーションアルバムをリリース。ブラックは、新しいアルバムを促進するために2018年にツアーに行きます。

ミュージカルスタイル

数年間、何のHi-Fiの?雑誌には、ブラックの声が、それは次のように使用されたことを、とても純粋であると考えオーディオマニアの異なる高忠実度システムの音質を比較するためのベンチマーク。[9] 音楽評論家や作詞家マイケル・リーヒーはかつて言った:「長年にわたり、メアリー・ブラックは、多くの人がアイルランドの女性歌手の本質として見るものを定義するために来ている:。深い、わずかエーテルやトレンドのリーチを超えて」[10]今日、黒は母国アイルランドでかつ超えて高く評価で開催され、彼女の世代の最も重要なアイルランドのボーカリストの一つとみなされています。[ 要出典 ]

個人的な生命
メアリーは、ダラ・レコードのジョー・オライリー、(1983年設立)と結婚して、彼らは二人の息子(コナーとダニー)と娘(ロワザン)を持っています。彼女の息子ダニーは、アイルランドのロックバンドのメンバーであるコロナロワザンは、名前の下に行っている間に、ロイジン・オ。[11] [12] [13]彼らは、ダブリンに常駐しますが、中に多くの時間を費やすケリー州。

ディスコグラフィー

スタジオのアルバム
メアリー・ブラック(1982)[14]
収集(1984)[15]
ファンファーレなし(1985)
時間によってそれは闇を取得します(1987)
フロンティアいいえ(1989)
ウッド女の子(1991)
聖地(1993)
サーカス(1995)
Shine (1997)
天使といえば(1999)
フル・タイド(2005)
尖塔からの物語(デラックス・エディションは、3つのボーナストラック、2011が含まれています)
時間によっては暗くなる- 30周年記念版(新録曲とボーナス材料を含む完全リマスターアルバム、2017)
コンピレーションアルバム
メアリー・ブラックのベスト(1990)
コレクション(1992)
振り返る(1995)
アイルランドのための歌 [USA](1998)
メアリー・ブラック1991-2001&隠された収穫のベスト(2001)
二十五年、二十五曲(新、再記録材料でコンパイル、2008)
曲がった道-サウンドトラック(同じ名前のメアリーの自伝を伴うサウンドトラック、2014)
メアリー・ブラックは、ジミー・マッカーシーシングス(コンパイルが新しいとジミー・マッカーシー曲の以前に記録された材料を含む、2017年)


外部リンク



























開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

ヨハン・フィーアダンク

ヨハン・フィーアダンク(Johann Vierdanck, 1605年頃 - 1646年4月1日)は、ドイツの作曲家、ヴァイオリニスト、オルガニスト。


生涯

1615年にドレスデンにあるザクセン選帝侯の宮廷楽団の聖歌隊員となり、宮廷作曲家のハインリヒ・シュッツに師事し、師から賞賛を受けた[1]。さらにヴァイオリンとツィンクを学び器楽奏者となった。この時期ドレスデンの宮廷にはヴァイオリンの名手カルロ・ファリーナが在籍しており、大きな影響を受けた。しかし宮廷の財政が悪化する状況の中、1625年にシュッツの推薦でウィーンへ留学した。

1631年から1632年にかけてメクレンブルク=ギュストロー公国でヴァイオリン奏者として仕え、かつて在籍していたイギリス出身の作曲家ウィリアム・ブレイドの音楽に触れることができた。その後、リューベックやコペンハーゲンで活動し、コペンハーゲンでシュッツと再会した。またこの時期にヴァイオリニストのヨハン・ショップ、ニコラウス・ブレイヤーらと出会い、彼らに曲集を献呈している。

1635年にシュトラールズントの聖マリア教会のオルガニストに就任し、その死まで在職した。

作品

声楽曲ではモテットやカンタータ、器楽曲ではカプリッチョやパヴァーヌ・ガイヤルドなどの舞曲がある。

外部リンク















開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

ジョアン4世 (ポルトガル王)

ジョアン4世(João IV, 1604年3月18日 - 1656年11月6日)は、ブラガンサ朝の初代ポルトガル王(在位:1640年 - 1656年)。「再興王」(o Restaurador)と呼ばれる。第8代ブラガンサ公でもあった(在位:1630年 - 1656年)。

生涯

ブラガンサ公

ブラガンサ家は、アヴィス朝の初代国王ジョアン1世の庶子であったブラガンサ公アフォンソ1世を祖とする家系で、王家と通婚も重ねたポルトガルの有力貴族であった。ジョアンは第7代ブラガンサ公テオドジオ2世(英語版)と、妻アナ・デ・ベラスコ(英語版)(スペイン貴族のフリアス公フアン・フェルナンデス・デ・ベラスコの娘)の嫡子として生まれた。テオドジオ2世の母カタリナ(英語版)はマヌエル1世の六男ギマランイス公ドゥアルテの娘で、自身の権利としてポルトガル王女(Infanta de Portugal)の称号を持っていた。エンリケ1世(枢機卿王)の後継を決める際、エンリケ1世の姪にあたるカタリナは次期王位継承候補者に挙がっていた。

1580年以後、ポルトガルはスペイン・ハプスブルク家の王の下でスペインと同君連合となっていたが、スペインからの独立の気運が高まっていた。革命の企てにジョアンは一度躊躇するが、妻ルイサ・デ・グスマンに「奉仕して一生を終わるより、統治して死ぬ方がましでしょう」と励まされ、首謀者となる。

1640年12月1日、貴族40名らとともにリベイラ王宮へ乱入、カタルーニャ叛乱で兵を手薄にしていたスペイン軍はなすすべもなかった。同年12月15日、ジョアンはリスボン大聖堂で即位した(ポルトガル王政復古戦争)。

即位後

ジョアン4世の時代にポルトガルは、オランダ共和国に占領されていたアンゴラの一部とサントメ島を奪還した。

ジョアン4世は音楽家たちのパトロンであっただけではなく、自身も作曲を行った。最も有名な作品として、教会合唱曲『クルックス・フィデリス』がある。またジョヴァンニ・ダ・パレストリーナや同時代の音楽に関する著書も残している。

家族

1633年にメディナ=シドニア公フアン・マヌエル・ペレス・デ・グスマンの娘ルイサ・デ・グスマンと結婚した。2人の間には7子が生まれた。

テオドジオ(1634年 - 1653年) - ブラジル公、ブラガンサ公
アナ(1635年)
ジョアナ(1635年 - 1653年)
カタリナ(1638年 - 1705年) - イングランド・スコットランド・アイルランドの王チャールズ2世の王妃
マヌエル(1640年)
アフォンソ6世(1643年 - 1683年)
ペドロ2世(1648年 - 1703年)

外部リンク








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事