過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

ジーン・リッチー(Jean Ritchie)

ジーン・リッチー(1922年12月8日- 2015年6月1日)は、アメリカだった民謡歌手、ソングライター、そしてアパラチアダルシマーのプレーヤー。彼女のキャリアは、民族音楽の伝統と現代のフォーム間のブリッジのようなものを形成:彼女の若さで彼女は(彼女の家族と彼女のコミュニティのメンバーから、経口)伝統的な方法で民謡を学びました。そして大人になって、彼女はコンサートやレコーディングを通じて公共の場で歌を公布、成功した近代的なfolksingerになりました。彼女はいくつかの「フォークの母」で呼ばれていました。

ケンタッキー州のうち、
ジーン・リッチーは、アビゲイル(旧姓ホール)とのバリスW.リッチーに生まれたバイパー、非法人コミュニティペリー郡東部南のカンバーランド山脈のケンタッキー。ペリー郡のRitchiesは(他は隣接のコームズファミリーた民謡の学者の間でケンタッキー州の二つの「偉大なバラード・歌・ファミリー」の1祝われたノット郡レパートリー英国のバラードの最初の学術研究の基礎を形成し、アメリカ、教授ジョサイア・コムズによる博士論文でベレア・カレッジ 1925年にパリで発表されソルボンヌ大学)[1] 1917年、民族音楽コレクターセシル・シャープジャンさんの姉ウナ5月から曲を集めました。Ritchiesの多くが出席Hindman決済学校、人々が自分の背景を大切にすることを奨励し、シャープも彼の曲の多くを発見された民俗学校を、。ジャンさんバリスと題する昔の曲の書籍まで印刷されていた父の恋人のメロディーを、[2]との音楽作りはリッチー・ホームの重要な活動でした。

リッチーの先祖はで戦っていた独立戦争ケンタッキー州に定住する前に1776年に、そしてそれらのほとんどは、後に南北戦争で南軍サイドに戦いました。彼女の祖父正義オースティン・リッチーは13日、ケンタッキー州、南軍騎兵のC社の第二中尉でした。アラン・ローマックスは、と書きました:

彼らは、バラード、大家族や子供たちを教育するためで行きました静かな、思慮深い人々でした。ジャンの祖母は、旧正規バプテスト教会における原動機で、すべての伝統的な賛美歌の曲は彼女から来ました。ジャンのおじさんジェイソンのような大きなバラード覚え弁護士だった「主よバーナードを。」ジャンの父は、学校を教え新聞、フィットスペックを印刷し、養殖や大学に彼の14人の子供の10を送りました。[3]

14人の兄弟の末っ子として、リッチーは、農家の農場の家の1つの部屋で眠っていた10人の女の子の一つでした。彼女は地元の踊りで、彼らは繰り返しに青いリボンを獲得した郡フェア、で行われ、チャルマーズとヴェルマMcDanielsで、歌を覚えることが迅速だったとハザード、郡庁所在地。彼女は家族が1940年代後半にラジオを取得したときに、彼らは彼らが歌っていたことであることを発見したことを想起ヒルビリー音楽、彼らは前に聞いたことがなかった言葉。

リッチーはバイパーの高校を卒業し、カンバーランド短期大学(現在は4年に在籍カンバーランドの大学で)ウィリアムズバーグ、ケンタッキー州、およびそこを卒業ファイベータカッパの中でBAとソーシャルワークからケンタッキー大学で、レキシントン大学で1946年に彼女はに参加したグリークラブと聖歌隊とプレーすることを学んだピアノを。[4]第二次世界大戦中、彼女は小学校で教えてくれました。卒業後、彼女は、ソーシャルワーカーとしての仕事だヘンリーストリート決済をここで彼女は子供たちに音楽を教えていました。そこに彼女は彼女のために広くを記録したアラン・ローマックス、助けた米国議会図書館を。彼女はニューヨーク民謡シーンに入社し、会ったレッドベリー、ピート・シーガー、そしてオスカーブランド。1948年に、彼女はと舞台を共有ウィーバー、ウディ・ガスリー春フィーバーHootenannyで、そしてベティ・サンダースと1949年10月によって上の定期的なゲストだったオスカー・ブランドでの民謡フェスティバルのラジオ番組WNYC。[5] 1949年と1950年に、彼女はニューヨークのローマックスのための歌、物語、とオーラルヒストリーの数時間を記録しました。[6] エレクトラ・レコード彼女に署名し、3枚のアルバムリリース:ジーン・リッチーが歌う(1952)、彼女のケンタッキー州マウンテンファミリーの歌(1957)と歌うための時間(1962年)。

ジョージ・ピコウに結婚

1940年代初頭には、リッチーの将来の夫ジョージ・ピコウは、彼が聞いたとき民俗音楽に導入されたシスコ・ヒューストンとウディ・ガスリーは、ニューヨーク州北部左翼キャンプユニティサマーキャンプで小さな小屋で毎晩を妨害します。で絵画を学んだブルックリン生まれのPickow、クーパー・ユニオンとで海軍のためのトレーニングフィルムを作った第二次世界大戦では、プロの写真家や映画監督として長いキャリアを持っていました。彼のキャリアはまた、彼の妻の仕事の豊富なドキュメントを含め、彼の写真は、彼女の本の多くを示しました。Pickowとリッチーはでスクエアダンスで1948年に出会ったヘンリーストリート決済。次の日、Pickowは、写真撮影に同行するために彼女を招待しフルトン魚市場。「結果は-さんリッチーはかなり大きなロブスターを保持し、トラックのボンネットの上に腰掛け-トラック運送業界の雑誌に掲載されました。」[7]彼らは1950年に結婚し、2人の息子、ピーターとジョンを持っていました。1952年、Pickowは上の彼の妻を同行フルブライト奨学金英国とアイルランドで民謡を収集します。アラン・ローマックスは、その後、ロンドンの外に作業しているときBBC、および彼の協力者のピーター・ケネディの英国民族舞踊民謡協会、ユニークな文書化することを決定した月イブとメーデーフェスティバルでパドストウでコーンウォール、彼らはカメラマンであることをPickowを選択しました。結果は、16分カラーフィルムであったオスオスウィーオス(1953)。1961年、Pickowとロマックスはおよそショートフィルムドキュメンタリーに協力グリニッジビレッジ BBCに示されることを意図民俗復活シーン。しかし、これは決して起こらなかった、そして10年後、アランの娘アンナ・ロマックス・ウッドは、ショートフィルム、に彼女の父のオフィスで生き残ったスクラップおよびフラグメントを編集したバラード、ブルース、そしてブルーグラス。リッチーに加えて、バラード、ブルース、そしてブルーグラスは、「キラーフッテージ」と呼ばれるものを1人のレビューを備え[8]によるパフォーマンスのクラレンス・アシュリー、ガイ・キャラワン、ウィリー・ディクソン、ランブリン・ジャック・エリオット、ロスコー・ホルコム、ピーター・ラ・ファージ、アーニーマーズ、新しいロストシティランブラーズ、メンフィススリム、そして非常に若いの最初の既知の映像ドク・ワトソン。聴衆の中にあるマリア・マルダーとボブ・ディラン。作り話の物語にもかかわらず、ジョン・コーエンの新しいロストシティランブラーズは、ボブ・ディランが映画の冒頭で男性の目詰まりのダンサーではないことを断言します。[9]長い時間のために健康の衰えにあったPickowは、二日リッチーの第88回誕生日の後、2010年12月10日死亡しました。[10]

ダルシマーの復活

質問ブックnew.svg
このセクションでは、単一に大きく依存しているか、完全にソース。関連の議論は、上で見つけることができるトークページ。助けてください、この記事を改善導入することにより、引用を追加ソースに。 (2016年12月)
リッチーは、伴奏なしで歌うことが好ましいが、時折、彼女はまた、上で自分自身を伴うオートハープ、ギターや摘み取ら手作りでアパラチアダルシマーを。後者の器具はまた、「山ダルシマー」と呼ばれ、区別されるハンマーダルシマー。それは柔らかく、エーテル音と密接屋内楽器です。彼女の父はアパラチアダルシマーを果たしたが、それに触れるために彼の子供を禁じていました。四、五歳の時、しかし、リッチーは、この禁止を反抗して「おばさんRhodyを知らせる行く」選びました。

1949年、アパラチアダルシマーのリッチーの演奏は、彼女のスタイルの特徴となっていました。彼女の夫がプレゼントとして彼女のために1を加えた後、カップルは彼らのために潜在的な市場があるかもしれないことを決めました。Pickowの叔父、モリスPickowは、下の彼らのために楽器のワークショップを設定ウィリアムズバーグ橋にブルックリン。最初に彼らはリッチーのケンタッキーの相対的な、ジェスロAmburgey、Hindman決済学校で、その後木工インストラクターによって未完成の状態でニューヨークに出荷されました。ジョージは仕上げを行なったし、ジャンは、チューニングを行なったし、すぐに彼らは300のダルシマーを販売していました。その後、彼らはスタートからフィニッシュまで彼ら自身を製造し、今日、ほとんどの民俗フェスティバルで販売ダルシマーがあります。ファンが「最もダルシマーを持っているアルバム?」彼女を問い続けているので、彼女は最終的に、アルバムと呼ばれる記録のほとんどダルシマーを 1992年に[11]

フルブライト遠征

ジーン・リッチーを受賞したフルブライト奨学金をアメリカのバラード、英国とアイルランドから歌の間のリンクをトレースします。歌コレクターとして、彼女はすでに彼女の母親の膝から知っていた300曲を下に設定することから始めました。リッチーは、テープ記録及び面接歌手18ヶ月を過ごしました。[12] Pickowは撮影、彼女を同行シーマス・エニス、レオ・ロウサム、サラ・マケムや他のミュージシャンを。1955年にリッチーと呼ばれる彼女の家族についての本を書いたカンバーランドの家族を歌うを。[13]

「フォークの母」

リッチーは「フォークの母」として知られるようになりました。同様の作業曲やバラードなど、リッチーは「から賛美歌を知っていた旧正規バプテスト彼女はに出席し、」教会ジェフ、ケンタッキー州。これらは、長引くソウルフルな方法で、曲を「アウトライニング」として歌われました。彼らは歌った曲のうちの1つは、「だっアメイジング・グレイス」。彼女は、「ブラックウォーター」、を含む、いくつかの曲を書いた[14]ケンタッキー州のストリップマイニングの影響について1。(リッチーさん1950年代後半/ 1960年代初頭の曲のいくつかの採掘に彼女は非政治的な母親の手を煩わせる、そして人間に起因する場合、彼らはより良い受信されるかもしれないと信じ避けるために、「ホール'よりも」ペンネームの下で公開。)[15]

「私の親愛なる仲間は」アルバムに登場トリオによって記録されたリンダ・ロンシュタット、ドリー・パートン、およびエミルー・ハリス。ジュディ・コリンズは、「本公開買付けレディース」や「プリティ・サロを」リッチーの伝統的な歌のいくつかを記録し、また彼女のアルバム「太陽の黄金のりんご」(1962)の前にジョージ・ピコウで写真を使用しました。リッチーの50周年記念アルバムだったマウンテン生まれ、彼女の2人の息子が備わっています(1995)、ピーターとジョナサンPickow。1954年にリッチーとジョージ・ピコウは、名前の下に彼らの英国の録音の一部を発表したフィールドトリップ。これは、Greenhaysラベルに2001年に再発行されました。それはエリザベス・クローニン、シーマスエニス、その他、同じ曲のリッチーファミリーバージョンと並べによって録音されています。[ 要出典 ]

1996年にリッチーPickow写真アーカイブは、ジェームズ・ハーディマン図書館、買収されたアイルランド、ゴールウェイの国立大学。[ 要出典 ]

ジーン・リッチーは、このような会場で行わカーネギーホールとのロイヤル・アルバート・ホール。[ 要出典 ]彼女のアルバム、ひとつでも該当なしは、1977年リッチーにローリングストーン批評家賞を受賞した2002年の受信者である国家遺産フェローシップによって授与全米芸術基金における米国の最高の栄誉です、民謡や伝統芸能。[16]

長年にわたり、リッチーはに住んでいたポートワシントン、ニューヨーク。2008年に、彼女はに就任した名声のロングアイランドミュージックホール。[17]

健康の衰えと死

初期の2009年12月、リッチーは苦しみの後に入院した脳卒中通信する彼女の能力を損ないます。[18]彼女はある程度回復し、[19]との彼女の自宅で静かに住んでいたベレア、ケンタッキー州。友人は「ジャンが元気で、過去数年間、ベレアで静かに生活し、よく隣人や家族での世話をされました。」、彼女の90回目の誕生日に報告しました [20]彼女は92歳、2015年6月1日に自宅で死亡した[21] [22]

外部リンク
































人間の死と歴史

人間の死と歴史

自らの死を省みることもなく、人は後世へと何事かを伝えんと生き、死んで行った歴史である、種としての破滅、文明の破滅があろうとも、それらに捉われることなく、永続するものとして、伝うべきものは最後の一人までと、何事かを為して行こうとする、個を超えた種としての人であろう、文化の営為がそうした流れのように、流れている、何事かの深さであったり、別の見方であったりとか、私の関心はその流れそのものへの批判があるのだった、人の種としての宿命のような、進化と発展というような、真善美、自由平等博愛といったような、文化芸術の流れそのものに、
絶望を通して希望にいたる、自明にいたる以外に無い現在という地点に至って、何の意味がと、批判と拒否の感情が沸いて、只、自らで作る考えしかないのだと、

新たな見方を

二律背反、二項対立の視点から、私対世界の唯一、一元的視点へと、が、今また癌宣告の時と同じような、私が私になってしまっている、新たな視点とは、癌を私を、私で以って見る視点、私を諦観する視点、それこそ世界の破滅を受容する視点、全てを見ること、善悪、陰謀、階級構造、etcなどではなく、まもなく世界が終わるんだという視点、間もなく我が生命も終わるんだという視点、それが私対世界の唯一者としての視点、

高史明の親鸞

子を12歳で自殺で亡くし、子の死を通して、思索を歩んできた高史明が、今親鸞を、仏教を称えている、核に反対が、親鸞依拠で受容することとなる、核に先人の答えは無いのだ、核を知らないのだから、答えで解決は無いのだから、教えではないのだから、覚悟、絶望の覚悟だけなのだ、過去にも未来にも答えは無いのだった、有るのは只今だけ、

去る者へ

悲しむ、悼むのではなく、最後の言葉、輝き、挨拶を求める、視点の必要、地球の破滅へ悲しむ悼むではなく、失われて行く故の美、存在の驚き感謝、S、SN、O、Hにこのことを提示できなかった、憐み、諦め、切断、一体の意味と別れへの共感を持てなかった、死に、人の死に際し、この感情をこそ求める、自ら刻々の時への、存在への共感と別れの挨拶、新しき人の視点、抗がん剤を拒否し、自らで癌に立ち向かう人の中に在る視点、これこそが核に対する人の態度となるだろう、人の本能、邪欲は今や去り唯在るだけとなった者においてのみ、新しき人は可能、
全人類がPuが故に、全員糖尿病、膵臓癌となる未来、新しき人の新しき共同体が、未来共産社会が誕生するだろう、自由も理想も、正義も、真理も、神も、政治も全て終焉を迎えるだろう、新しき人と新しき社会において、

フクシマ、熊本
何十万人もの不幸が、何十年、百年単位で襲う地震災害の国に住む不幸、まるでシシュフォスの神話のように、崖から突き落とされる人々、

世界の、歴史の
シリア、中東、アフリカで、否、世界中で繰り返される不幸、有史以来の人の歴史の、その数、地球人口の半数に及び、人存在とは不条理が本質と、

一日の深さとは

未だ癌でない一日
未だ地震が来ていない一日
未だ親戚、友人が死んでいない一日
未だ再度の原発事故が起きていない一日
こうした一日の計り知れない喜び
草木と人と空と物の存在に酔いしれる
緑は緑に、人は人に、空は空に、曇りなく私の瞳に飛び込んでくる
この命の本質の姿の一日が一日というもの
この一日の中に今日も在ったということ、
この記憶は忘れ得ぬ記憶
一日の深さの記憶

一日の深さ、重さを、思索し求めた人生、定職には就かず、書きたいものを書き、個人誌を自ら印刷し、不特定者にブログ発表し、70歳を迎えている、後悔は無いし、遣り残していることも、遣らねばならないことも無い、いつ死んでもいい一日の味わいの中を生きている現在、一日の深さ、重さは、どうでもいいことに、
リルケ、文学、実存哲学、社会主義、常任活動、自由業、デキンソン、森有正、どれも
人生の重さ、深さを求めてであった、重さは癌を患って初めて解った、深さは原発事故を体験して、思想の軽さ、文明の脆さ、人間の愚かさ、どれも原発というものの深さを通して知る事となった、原発が全世界を覆すほどの深さを持った存在だとは、原発の深さを基にすれば、全てのことは浅薄な、無きものに等しい存在、

無の上の有

ファシズムを、反動を、戦争を、貧困、名声を、才能を、恐れることも、羨む事も無い、核汚染とは、これら全ての人の営為を無化しているのだから、全て無であるのだった、この無の上に有は在るのだった、しばしの、幽けき、束の間の、虚構の、夢の中の世界のような、世界は無に覆われているということ、この星の無、無の中の一瞬の営みに過ぎず、欲しいものも、やりたいことも、食べたいものも、行きたいところも、会いたい友も、見ておきたいことも、書いておきたいことも、書かねばならないことも、何も無くなった、只、私という有だけとなった、

ロシアのキツツキ

共産党が、共産主義が、革命がもたらした全体主義、官僚システム、理想主義における悪貨の襲来、1917年ロシア革命から百年、独裁、個人崇拝、秘密警察、収容所列島、核開発、可知論的自然破壊、芸術の硬直、あらゆる弊害を発生させた、人間の理想主義の幻影、チェルノブイリの事故も、失政の隠蔽、人民無視による人為、陰謀説も、すざましいKGBの暗黒社会、エリート主義の差別社会であったことの、それらを知っていて未だかつての幻想を持っている思想というものへの、人間の不確かさ、ひ弱さ、思想などの集団思考ではなく、個人を生きることこそが、絶望に抗する死の行進から逃れる方法だろうに、歴史の真実ではなく、歴史の欺瞞、常に創られたものとしての歴史であることの、


癌

がん巣の場所が特定されれば、切除が確実だが、体力の低下が手術には伴う、だとするならキラーT細胞、マクロファージ、白血球を増殖して、がん巣に注入、包囲して、時間をかけて、癌を死滅させていくのがベスト、それこそが癌との共存だろう、何故こうした治療法が開発研究されないのか、ips、スタップ細胞以前に、ただの免疫細胞の増殖だけの方法、抗がん剤が短命、無効とわかっているのに、手術で取りきれなければ倍増して行くがん細胞では有るが、増殖させないで共存又は縮小させて行く方法、免疫療法でもすり抜け増殖していくのが癌細胞ではあるが、抗がん剤治療しかないと言われ、友等の誰もが抗がん剤を、そして半年もしないで死に、選択肢の無い癌治療、抗がん剤治療は大いなる利権構造のシステム、拒否しない限りは、毒を盛られ続ける、

今日の夢

ブンがヒラメになっちゃって、どこかの水族館で飼われているの、半ば死にかけているが、私が行って抱いてやると、ヒレをヒラヒラさせて答えるの、私を判ってヒラヒラさせているのか判らなかったが、私はブンを感じてもっと良い所へと、で、隣にあった広い水槽へ誘おうとしたら、そこには大きなサメのようなものがいて、これはダメだと思い、急いでまた他ヘ移ろうとしたら、サメが追っかけて来た、で、ブンと一緒に水槽をよじ登ってサメから逃れた、安全な水槽を探して水族館をさ迷った、途中ブンが苦しそうだったので、布にくるんで水をかけながら運んだ、水槽は見つからないまま眼が覚めた、
ブンの力なくヒラヒラとヒレを振っていた感触がまだ手に残っている、犬というものの存在、十年たっても変わらず、あのひたむきな信頼は、色あせることなく思い出せる、人と動物との幸せな記憶、







全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事