過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

私の文学とは何か

私の文学とは何か

誰かに何かを伝えたり、共感を求めてのものではないということ、自らのために、自らを味わい、私を生きるものとしてのもの、世界も同じこと、私の世界として、見、味わい、噛みしめと、そこに在る共感を共感としているだけ、生い立ちを書くことは、人生の再体験、客観化の喜び、物語らないことの書き方は、私との一体、齟齬を嫌ってのこと、テーマに対して、人物、物語を設定し、そこでの私の感情、考えの掘り下げ、深め、が小説の醍醐味であり、創造世界を書くということで生きるのが、作家の人生ではあるが、私は、私の現実が、それ自体で創造的、対象、テーマであることが喜びであるのだった、人生とは、私のものであるのだから、私の方法で、私の為にやっているだけ、世界や、人生が、一回性の私の興味なだけ、核の問題が全人類の宿命となった今、それに立ち向かい続けているだけ、

ヨーロッパと音楽

多く音楽世界は人の理想を描こうとしている、様々な楽器、様々な技法、様々な感情が、人の共感を得るように、メロディー、リズム、ハーモニーと、倦むことなく追求されてきた、それはキリスト教文化と一体となって、世界の理想化を目指して、そこには人間の理想とする規範があった、文化はそれへ向かうものとしての捉えがあり、が、そうした枷からの孤立、自律としての確立が文学となって行くのだが、理想への反抗としての文学、キリスト教が理想を説けば説くほど、人間への尊大と自由を標榜することとなり、枷からの解放がテーマとなるのだった、依存というより強制としての文化があり、ヨーロッパ音楽がキリストの代弁となってあり、世界は、そこには批判、反抗、自由が必然となり、交響曲のような人間謳歌、又は不協、無調の反抗へと、法律といい、科学といい、宗教哲学といい、ヨーロッパにおいては、観念としては達成されていると思える、唯一者の意識も。絶対神の想像からくる人の理想、究極がそこには思考され、世界は所有されて在ると、個人において最期は神の下へと、そこには人としての理想形が、長い時の中に備わっているのだった、それがキリスト教文化というものとして日常を取り巻いているのだった、それらが犠牲と奉仕を自然なものとして、社会国家を、自らの所有とし、科学、合理、方法の追求へと、そして時に正義の名の下に、理想の名の下に、戦争もいとわず、西洋音楽に見る人間への飽くなき探求、音という非言語、抽象を通しての、音楽の果たした文学への役割、文学の果たした音楽への役割、一体となって発展してきたことが、ヨーロッパ近代への流れへと、

芸術は破局をどのように

タルコフスキーのストーカー
〜破戒、反権力、神秘、超越、汚染の中を絶望的に、一縷の希望を追い求め、縋るように、

1、良心に対するアプニオリの意識、
2、愛の、女性による献身性の中に見る感情、
3、自己の責任の自覚と犠牲、義務の肯定、
4、芸術の果たす役割と信頼の感情、
5、絶望に対して、問い続ける意思、
6、唯一者としての意識、

ストルガッキー兄弟

兄、アルカジー
(1925)レニーグラード包囲経験、そこで父死亡、
(1991)日本文学研究者「ビキニの涙」、安部公房の「第四間氷期」の訳者、

弟、ボリス
(1933)天文学科、コンピューター博士、
    ストーカー(路傍のピクニック)

悪魔より良心を信じる、
女性の献身性を信じる、
責任と義務は論理的に肯定、
芸術の果たす役割は、生身性の方が信じられる、
唯一者意識は一致、
絶望に対しては、闘い続けるしかないも、

個人が、社会が、絶望を自覚、共有していないと思うから、私は頑なであるのだった、タルコフスキーへの共感も、絶望の共感があり、それでも尚、何かがと、問い続けることへの共感、
この巨大な人間システムに対して、問い続け、闘い続け、屍と化す芸術をこそ、

心地良い記憶

花の香りのように、よみがえる心地良い記憶、養護施設での、夏休みの草刈後の風であったり、裏山の冒険であったり、雨の日を、一人で眺めた窓であったり、結婚後の、子供との、エミとの、一人山行での、喫茶でのと、過去の体験の中の記憶が、消えることなくよみがえる、それはプルーストのようではあるが、私独自である、私対世界の、世界への全肯定の感情がそこにはあった、あの中学時代の、施設から一日も早く出たかった、あの高校時代の相続問題の苦闘の記憶でさえ、幼い私として、愛らしい、健気、癌を病んだ時も、3.11からの時間喪失の時も、あの向き合ったエネルギーが懐かしい、70年という時を経て、自愛を生きた記憶が、切れ目なく、今という時から俯瞰でき、今私は、私と世界を全所有している、時間という記憶に包まれ、一体感に充たされている、

文学学校

詩学、学習の友、詩人会議、短歌研究、新日本歌人、民主文学、中労学院、現代文芸、シナリオ学校、横浜文学と、若き日、渡り歩いた、師を求め、友を求めて、が、何処においても、影響、共感を得る場所とはならず、一人を歩むことに、葉山嘉樹に、プロレタリア文学に、石川啄木に、口語自由律に、ゴーリキーに、ロシア文学にと、それらを師とし、方法とし、が、それらは、経済成長、歳を経る中で、色褪せ、自らのテーマが問題となり、40にして癌を得て、初めて私の文学が求められ、以来、私の方法で、私のための文学をと進んできたのだった、そして、3.11は私のための文学から、世界のための文学へと変化させてきたのだった、

がん患者に対してのように

現代の、未来の芸術とは、絶望に抗する、又は共存する、がん患者に対しての、寄り添うような、又は自らも絶望し、問い続けるものに、作品世界に問いがなく、答えられた世界では、嘘、無意味、人生とはを、存在とはを、問い続ける文学のみが、絶望に抗する、共存するものとなる、問うをテーマにすることではない、作者の問いが滲み出ている、読み手は読むしかない、絵でいけば、見るしかない、受容するしかない文学、
テーマ、答えを求めたくないのだった、求められないのだった、ただ問うだけ、言葉の一語、文章の一節では断定はするものの、全体としては何も描けてはいない、で良いと思うのだった、まとめ、答えられたものは、絶望に何ら役に立たないのだった、
Oに、Hに何か答えや、言葉があっただろうか、病んだ者に、余命を数えている者に、病んでいない者が、掛ける気慰めの言葉のような文学が、この核汚染の世界に、抗するものとはならず、問いを問い続けるばかり、

2016平和美術展

MSの絵
働く人、円状、流線状に動いている輪郭、黒色の中に、黄と赤の輝き、困苦の中に存在している、働く人々をとらえている、

MT
2.3号の顔のデッサンを、10枚程貼り付けて一枚の絵にしたもの、MSの流線のような、円状の線で、生き生きととらえられている、粗末な画布と、染みの古色が良かった、

T
知床かの湿原に横たわる倒木を、格闘するように描いている、一本の木の存在を問うように、木の色は、灰色の中に虹色が折り込まれ、死して尚、有機物としての命を生きている姿が表わされていた、

三人とも、技術ではない、問うものとしての芸術がそこにはあった、それこそが描く人にとっての意味、生命であるのだと、

共感

権力者に対して、君も私と一緒だよの視点は、死と言う事ではあるが、その前に放射能を吸い込んでいるという、死へのプログラムが一緒だよということ、いずれ、同じ運命だとの、同じ絶望の共感をするということ、それらを運命だから、核の罪という原罪だからと捉えても、明白な人間というものの愚の共有、原罪も、慈悲も、人の行末を見知っていての諦観から生まれたもの、3.11以降、絶望の中の希望とは、そうした人存在が現実化、普遍化したということなだけ、障害者が健常者に対し、いずれ貴方も、貴方の子供もまた、と、差別する者へ慈しむ心のような、
自然への涙は、美しさに対してではなく、傷ついたDNAを見ている悲しみの涙、人が汝自身の愚を知った、人間が人間になった汝自身をの所からの共感、一体の歴史が始る、キリストも、釈迦も、マホメットも、その後の教理も、原点は絶望の肯定、獲得であったのだろう、宗教の持つ不合理、矛盾、飛躍は、絶望の理解が出来ると、全て肯定できるものであるのだった、

新しき人

異邦人のスタイル、マルテのスタイル、私がそこで生きること、人間の到達ということ、癌と核を通して、神ではない、核という絶対、死に至るという病の、この必然を通して、人は至ったということ、ムルソーが沈黙、無関心によって至ったのとは違う、マルテが死を通して開明した実存とは違う、唯一者として、目覚めた、新しき人、その新しき人が、現在の私であることの、デストピア、しのびよる破局、その中を生く人、奇形、障害、様々な病の中を生く人、その人間群が新しき人、キリストの、イスラムの、釈迦の、歴史の様々な人物の、考えられた絶対は、地上という、存在という、楽園の絶対肯定から捉えられたもの、が、世界が、核という絶対邪悪の、人の住めない、宿命、運命付けられた世界であったなら、天国は考えられない、数十万年に渉る地獄の世界にあって、人間という種の絶滅が想定される中で、いかなる新しき人が、「少女終末旅行」の世界が在るばかり、デストピアを旅する、宿命も、運命も、種の自然である様な、今を楽しくと、生きる現代人のように、

真実、正義、

絶望状況において、真実や正義が意味を持つのか、真実や正義が対社会においての意味や価値であるのなら、無意味、唯一者としての絶対存在を意識するなら、私を生くが全ての真実、正義、意味となる、人間のどうしようもなさに対して絶望するかしないのか、してもしなくても、理想を求め、信じる存在と、そうでない存在、物事には真実と欺瞞、正義と不正があるとするなら、それら両面が在ることが人であるとするなら、絶望も希望も、両面に過ぎないのか、哲学も文学も、追求する程のはものではないのだった、新しき人とは、唯一者でよいのだった、唯一者の意識だけがそれらを超えられる、
ボブマーリンがこの唯一者としての意識を自覚していた、善でも悪でもなく、両面を一として、存在する人間として、シャーに遣わされた者としての自覚と、

理解、共感、支配

食料、住宅、教育、文化、娯楽、戦争のために科学という実証、再現可能の形が発展した、芸術文化が共感をベースにした愛を考えてきたが、支配、戦争とは、人をそれらをコントロールすることである、今彼らが欲するのは、インターネットの管理であるのだが、個々人の意識の盗聴であろう、チップを埋め込まずとも、焦点さえ合わせれば脳波を読み取り、意識を把握することが可能な技術、さらにその意識をテレパシーによってコントロールする技術であろう、いずれ可能となるであろう、しかしそれは自らも、人間全体が単体化されるということ、いずれは、理解、共感を拒む時代へと、そして唯一者としての自覚へと、人の起源とは、共感からの自立であったのだと、膨大な人類の歴史と文化が在る、が、それらと何の関わりも、共感も持たない、新しき人としての、唯一者を生きる人間、未開の、縄文人、原始人間を生きていくこととなる、







イメージ 1

ダー・ウィリアムズ(Dar Williams)


ドロシー・スノーデン「ダル」ウィリアムズ(1967年4月19日生まれ)[1]アメリカのあるシンガーソングライターポップフォークを専門としています。ヘンドリク・ヘルツバーグのニューヨーカーは、とウィリアムズが記載されている「アメリカの非常に最高のシンガーソングライターの1。」[2]

彼女はで頻繁に演奏される民俗祭りやなどのアーティストとツアーしたメアリー・チェイピン・カーペンター、パティ・グリフィン、アーニー・ディフランコ、Nields、ショーン・コルヴィン、Girlyman、ジョーン・バエズ、およびカティー・カーティス。[ 要出典 ]

生い立ち

ウィリアムズはで生まれたマウントキスコ、ニューヨーク、そして育ちチャパクア 2人の姉、メレディスとジュリーと。[3] [4] 彼女のニックネームは「ダルは」原因ウィリアムスの姉妹のうちの1つによって「ドロシー」のmispronunciationに始まりました。[5] WUKYラジオ付き2008インタビューで、ダルは彼女の両親は彼女のダーシーに名前を付けたかったと述べ、中の文字の後に高慢と偏見、そして、彼らは意図的に学校で、彼女は「ダル」に短縮彼女の「ダル・ダル」と、呼ばれています。[6]

インタビューでは、[ 指定 ]、彼女は早い段階でのキャリアを奨励し、「リベラルや愛する」人として彼女の両親を説明した作詞作曲。ウィリアムズは9歳の時にギターを弾き始め、2年後に彼女の最初の曲を書きました。しかし、彼女は、より興味があったドラマ時点で、かつ専攻劇場や宗教でウェスリアン大学。

ミュージカル経歴

ウィリアムズはに移動し、ボストン、さらに劇場でのキャリアを探検する1990年に、。彼女は舞台のマネージャーとして年間働いたボストンのオペラカンパニー、[7]が、側に、曲を書くレコードデモテープ、および取り始めたボイスレッスンジーニー仁王門とします。仁王門は喫茶店で実行しようとする彼女を励まし、彼女の年の初めを行うボストンの威圧的な性質により困難になった民族音楽のシーンだけでなく、と彼女自身の戦闘舞台恐怖症。1990年には、ダルはジーニー仁王門によって生成され、中にオークグローブ・スタジオでロブ・レーマンによって操作された「私は歴史を持っていない」、彼女の最初のアルバムを記録しマルデン、マサチューセッツ州。一年後、1991年に、ダルは彼女のセカンドアルバム、「すべて私のヒーローが死んでいる」はまた、ジーニー仁王門によって生成され、ニュートン、マサチューセッツ州にウェルスプリングサウンドで記録したそのほとんどがハックBennert、によって設計記録しました。このアルバムはダルの歌含ま:「マーク・ロスコの歌を」この曲のオリジナルの記録生産は後で彼女のサードアルバムに含まれていた「正直ルーム。」1993年にウィリアムズはに移動ノーサンプトン、マサチューセッツ州。初期ウィリアムズの音楽キャリアの中で、彼女はのために開かれたジョーン・バエズ、彼女の歌のいくつかを記録することによって、彼女の比較的よく知られているになるだろう、(ウィリアムズも上バエズとdueted リングゼムベルズ)。彼女の人気の高まりは、以来、地域社会の喫茶店、に大きく依存してきた公共ラジオ、[ 要出典 ]

ウィリアムズは、彼女の初のフルアルバム、記録正直ルームを、フィールド音楽バーニング、彼女自身のラベルの下に。ゲストアーティストが含まNerissaとKatryna Nields、マックス・コーエンとギディオン・フレアッドマンを。アルバムは簡単に、シカゴベースで配布されたWaterbugレコード。ウィリアムズはすぐにカミソリやタイに燃えフィールドのライセンス-および分配契約を確保し、1995年に2再記録ボーナストラックで、そのラベルにアルバムを再発行しました。記録は今年のベストセラーの独立した民俗アルバムの一つになるために行ってきました。1996のモータル市は、また、カミソリやタイでライセンスおよび配布さ、部分的に起因することがバエズとの彼女のツアーと一致しているという事実に、かなりの通知を受けました。[引用必要 ] アルバムは再びNields姉妹とFreudmann、同様に注意民俗アーティストによるゲスト出演特色ジョン・プライン、クリフエベラールとルーシー・カプランスキーを。その成功によって、カミソリ&タイは再リリース正直ルームを。彼女の第三のリリースの時点で、夏の終わり(1997)は、ウィリアムズのキャリアはかなりの勢いを集めていた、そしてアルバムは非常によくやった[指定 ]そのジャンルと独立したラベルの状態を考えると、。

1998年、ウィリアムズ、リチャード・シンデルとルーシー・カプランスキーは、グループ形成クライクライクライを自分の好きな民俗芸術家の一部に敬意を払うための方法として。バンドは、クライクライクライはニューヨークのクリアウォーター・フェスティバルで演奏するのは初めてのために再会し、カバーの名を冠したアルバムをリリースし、2017年6月では1998年から2000年まで見学しました。[8]

彼女は以来(レイザー&タイのラベルの上に6枚のスタジオ・アルバムをリリースしているグリーンワールド(2000;「春の街」を含め、に基づいて、春・ストリートにソーホーでマンハッタンを)、[9] 雨の美しさ(2003年)、私のより良い自己(2005)は、土地を約束(2008))、多くの偉大な仲間(2010)、そして神々の時間で((2012)と同様に、2枚のライブ・アルバムライヴそこに(2001)とBearsville劇場でライブ( 2007))。

ウィリアムズはスノーデン環境トラストを設立し、多くの慈善コンサートに参加して、様々な要因に彼女の才能とサポートを貸しています。彼女は、ショーに行っアルカトラズバエズやとインディゴ・ガールズ囚人権グループの利益のために、パンとバラを。

多くの時間を見学し、トラブル道路上の適切な食事を見つけることがあった誰かとして、ウィリアムズはディレクトリの書き込みとパブリッシュように促された自然食品店やレストランと呼ばれる豆腐料金所 1994年[10] 1998年にウィリアムズの共同エリザベスZipernと第二版を-authored。[11]

ウィリアムズは題した2017年9月5日にリリースブック、執筆-ワンコーヒーショップ、ドッグラン、&時のオープン・マイク・ナイトアメリカのコミュニティの再構築に旅行ミュージシャンのガイド:私は千の町で見つけたものの部分に焦点を当て、アメリカで小都市や大きな町の再建に。[12]

個人的な生命

2002年5月4日に、彼女はマイケル・ロビンソン、大学からの古い友人と結婚しました。彼らの息子、スティーブン・グレイ・ロビンソンは、彼らが生まれたタヤという名前の養女、持っている、また、4月24日、2004年に生まれたエチオピアを。[13] 彼女は現在に存在するコールドスプリング、ニューヨーク。[14]

作詞作曲のダー・ウィリアムズ
ウィリアムズは個人的な経験から書き込み、彼女の歌の多くは、彼女が育った人々に基づいています。彼女は何でも彼女は、任意の時点で何ができることは十分だったことを決めたとき、彼女は大学で学んだアプローチである、書くために自分自身を強制するものではありません。彼女はすべてがインスピレーションのいくつかの種類から来た歌を持つ上で自分自身を誇り。

ウィリアムズは、彼女の音楽は、「効率的なキャリア、」彼女は彼女の全体の生命を行うことができるものであることを望んでいます。[ 要出典 ] 彼女は「継続的にあなたの[INGの]裁判所によって、これを達成するために努力していミューズを、あなたが本当に感じていることを、あなたが信じている事について、危険な感じ書き込みのものを維持するために。」[ 要出典 ]

ソングス

ステージ上で、2008年にウィリアムズ
ウィリアムズの歌で再発テーマは含ま宗教、思春期、ジェンダー問題、反商業主義、誤解の関係、損失、ユーモア、そして地理を。

ウィリアムズの初期の作品は、1970年代と80年代の彼女の生い立ちを明確に話した郊外の- 疎外、そして偽善で明らかに戦後 ミドルクラス。彼女の初期のテープ上のトラック「アンセム」にすべての私のヒーローが死んでいる、彼女は「私は血が歩道にあります知っていると我々は砂にフィールドになってきました。」、歌いました

ウィリアムズの曲は、多くの場合、性別タイピング、対処の役割、および不平等を。「あなたがよく老化している」正直ルームは、思春期の身体イメージ、議論年齢差別と自己嫌悪詳細を。「声の女」 - -ビューのより多くの啓発と成熟した点に向かって彼女を指す歌は無名の女性のメンターを見つける歌手で終わります。ジョーン・バエズはコンサートで歌をカバーし、以降のツアーでウィリアムズとdueted。[15]

2001年の記事提唱[16]の中でウィリアムズの人気を議論LGBT LGBT-支援ストレートソングライターの中で、 『彼らの歌詞のように本物の...ウィリアムズがないほど深く掘るか、するには、いくつかの管理』という書き込みを、人々 。

また、上、「私が少年だった場合、」正直ルーム、としてウィリアムズ自身の子供時代の経験を使用していますおてんば娘男女の役割とどのように彼らはその後、制限された男性と女性になる男の子と女の子を、制限にMUSEします。[7]

上の「キリスト教徒と異教徒」モータル市は、同時に宗教との両方取り組む性的指向をレズビアンの物語を通じて、異教過ごすことを選択したカップル夏至の女性の一人の敬虔なキリスト教の叔父で、これ人々は誰だろうな状況を作り出します純粋な礼儀正しさにすることにより取得しようとするほとんどすべての政治的、文化的な前面に対向しています。歌を通して、家族がお互いからそれらを疎遠にする必要はありません、その違いを発見し始めます。

食品の2007年のインタビューで愛されていないポッドキャスト、から、彼女は歌と言った「月」モータル市は、彼女が最もよく好きな彼女の曲の一つです。彼女は道に曲を呼び、「私が言いたかったとさえそこにいた知らなかった私が言いたかっただけではなく、何に進化に保たれますが、。」彼女は歌が道気に入っ「芸術はすべてについてであるように、独自のルールを破るに保持します。」[17]

彼女の家族とウィリアムズの関係は、 『すべての後』に含めて、いくつかの曲を通じてで示唆されるグリーンワールド。二十から一歳の時に彼女のうつ病と主に歌のお得な情報、[18]を繰り返しながら、「あなたが通過する冬のマシン」としてそれに言及「誰もが春結合です。」

彼女の歌の一部となっている「私と同じクール」ブリンマー大学の曲は『月の穴』お祝い中に再生されたとき、の伝統的なメーデー。この曲であっても、学校のための「非公式国歌」と呼ばれています。[19]ウィリアムズはコンサートで実行するために大学に数回訪れました。

外部リンク























トマス・バルツァー

イメージ 1

トマス・バルツァー

トーマス(またはトマス)・バルツァー(Thomas Baltzar, 1630年または1631年 リューベック - 1663年6月24日 または 7月7日 ロンドン)は、イギリス盛期バロック音楽のドイツ人作曲家・ヴァイオリン奏者。

1653年から1654年までスウェーデン女王クリスティーナの室内楽奏者(ヴァイオリニスト)を務めた後、ロンドンに行くため辞表を出す。1656年に初めてイギリスを訪れ、日記作家ジョン・イヴリンと古物蒐集家アンソニー・ア・ウッドに感銘を与える。1661年にチャールズ2世の有名な楽団「24のヴァイオリン」の団長に選ばれるが、不摂生な生活習慣が祟って、それから2年で早世した。

イングランドで初めて通奏低音を用いた作品を作曲し、無伴奏ヴァイオリン曲やヴァイオリン独奏曲、トリオ・ソナタ、弦楽合奏のための作品を残した。現在最も有名な作品は、《グラウンドによるディヴィジョン Divisions on a Ground 》であろう。バルツァーのヴァイオリン演奏は、イングランドでは前代未聞のものだったらしく、その演奏や作品ともども、おそらくヘンリー・パーセルの弦楽器の書法に多くの影響を与えた可能性がある。

外部リンク














全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事