過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

グレッグ・ティアナン

イメージ 1

グレッグ・ティアナン

グレッグ・ティアナン(Greg Tiernan, 1965年6月19日 - )は、アイルランド出身の映画監督、アニメーター。

経歴

母国アイルランドのアニメーション会社「サリヴァン・ブルース・スタジオ」にてセルアニメーターとして、「アメリカ物語」、「リトルフット」、「天国から来たわんちゃん」等の製作に携わる。その後、ロサンゼルスのアニメーション会社「Klasky Csupo」に拠点を移し「ワイルド・ソーンベリーズ」、「ラグラッツ」のシーケンスディレクターを務める。

90年代はディズニー作品のPCゲーム等に携わり、「ティガー・ムービー プーさんの贈りもの」に参加した後、2003年に3DCG制作会社「ニトロゲン・スタジオ」をカナダのバンクーバーに設立。TVゲーム「ゴッド・オブ・ウォー」やアニメーション長編などを制作した後、2008年から製作を模型製作から3DCGに移行したTVシリーズ「きかんしゃトーマス」の監督を2012年まで務める。

2016年には、R指定長編アニメーション映画「ソーセージ・パーティー」の監督をコンラッド・ヴァーノンと共に務める。

作品

アニメーター
アメリカ物語 (1986)
リトルフット (1988)
天国から来たわんちゃん (1989)
ティガー・ムービー プーさんの贈りもの (2000)
シーケンスディレクター
ワイルド・ソーンベリーズ
ラグラッツ

監督




映画 きかんしゃトーマス ディーゼル10の逆襲(2011)
映画 きかんしゃトーマス ブルーマウンテンの謎(2012)

ソーセージ・パーティー (2016)
アダムス・ファミリー (2019)

外部リンク




イメージ 1

パティ・グリフィン(Patty Griffin)


パトリシア・ジャン・グリフィン(1964年3月16日生まれ)は、アメリカのシンガーソングライターやミュージシャンです。[1]彼女はボーカリストで、ギターとピアノを果たしています。彼女は彼女の削ぎ落としたソングライティングのスタイルで知られる民族音楽のジャンル。彼女の歌はを含む多数のミュージシャンによってカバーされているエミルー・ハリス、エリス・ポール、ケリー・クラークソン、ロリー・ブロック、デイブ・ハウゼ、シュガーランドとディクシー・チックス。

2007年には、グリフィンからイヤー賞のアーティストを受けアメリカーナ音楽協会、そして彼女のアルバムの子供が通って延びるベストアルバムのために獲得した賞。

2011年には、グリフィンのアルバムダウンタウン教会は勝ったグラミー賞最優秀トラディショナル・ゴスペル・アルバム賞を。

バイオグラフィー

グリフィンからある旧市街、メイン州の隣に、米国、ペノブスコット ネイティブアメリカン予約。、彼女は16歳で$ 50のためのギターを買っ6つの兄姉と彼女の家族の中で最年少の子供は、彼女が歌い、演奏が、プロのミュージシャンになるために何の傾きを持っていません。1994年に終わった6年間の結婚生活の後、グリフィンはボストンのコーヒーハウスで遊んで始まり、でスカウトされたA&Mレコード彼女のデモ・テープの強さに彼女に署名しました。完成スタジオ録音がA&Mに提出された場合には、同社の幹部は、それが過剰生産さだと思ったので、プロデューサーナイル・ロジャースとA&Mは、代わりにアルバムとして彼女のデモ・テープの削ぎ落としのリワークをリリース幽霊との生活します。[2]

グリフィンのセカンドアルバム、フレーミングレッド 1998年にリリースさは、からの出発だったアコースティックの音亡霊とともに生きるまろやかな曲やハイテンポのミックスで、ロックンロールの歌。タイトル曲、「燃える赤」、それは感情の不自然なほどのピッチに増加するまでにもビートで始まる、後者の例です。アルバムから別の曲、「トニー」は、またチャリティー給付アルバムで特色にされたXラウンジでのライブ。

彼女のサードアルバム、シルバーベルは、その前任者に似た音を持っています。それは、それを記録した13年後、2013年にA&Mでリリースされた(そして密造コピーが配布された後も)。後にA&Mは、グリフィンの契約を落としたシルバーベルを記録した、と彼女はその後、署名したデイブ・マシューズさんATOレコード。こうした「作り中出し」として以降のリリースのために、そのアルバムからのグリフィン再録音した曲、「神の母」「立ち、」と「世界のトップ」。未発表のコピーシルバーベルは漏洩と海賊版と容易B&P(によって取得することができたブランク及び郵便料金で)メソッドのメッセージボード。2013年8月には、それがことが発表されたUMのeがリリースする計画シルバーベルを製作することにより混合、グリン・ジョンズ 10月2013年に、[4]

4枚のアルバムは、ATOに続く:1000回のキス(2002)、時間内にキス(2003)、見果てぬ夢(2004)、およびを走る子供たち(2007年)。

2004年には、グリフィンは、エミルー・ハリス、と見学バディ・ミラー、ジリアンウェルチとデヴィッド・ローリングスとしてレヴュー旅行スウィートハーモニー。2007年2月6日に、彼女は解放を走る子供たちを。アルバムは上の数34でデビューした掲示板 200 27,000コピーを販売し、。[5]アルバムの、グリフィンは語ったギブソンのライフスタイルを、私はちょうど一種の私が歌いたかった歌い、そして私がプレイしたいどのように遊ぶように感じた」、。これは、すべての暗いと悲劇的ではありません。それは私が見するための別の方法です物事は。古い古い取得、私はすべての時間をそれほど深刻ではないよ、と言うべきです。」[6]また、アルバムは彼女の子供時代に触発されたと言われました。[7]

グリフィンの曲はアイルランド出身の歌手を含め、多くの芸術家、によって記録されているマウラ・オコネル(「ロングライドホーム」)、リンダ・ロンシュタット(「フォーリング・ダウン」)、ディクシー・チックス(「真実第2号」の「トップ世界には、」 『彼が飛んでみよう』、 『メアリー』)、ベット・ミドラー、メリッサ・フェリックとミッシー・ヒギンズ( 『モーセ』)、ベス・ニールセン・チャップマン、クリスティン・コーリスター、そしてメアリー・チェイピン・カーペンター( 『親愛なるオールド・フレンド』)、ジェシカ・シンプソン(「彼が飛んでみよう」)、マルティナ・マクブライド(「さようなら」)、エミルー・ハリス(「ワンビッグ愛」、「月の歌」)、 ベサニージョイGaleotti(「ブルースカイ」)、レッカー車(「ワン・モア・ガール」)、ケリ・ノーブル(「それは簡単には来ていない場合は」)、ジョーン・オズボーン(「あなたは何を」)、ソロモン・バーク(」最大マウンテン『)、およびミランダ・ランバート(』取得レディ」)。ケリー・クラークソンは、「行っマウンテンまでに」ジェフ・ベックの上にいくつかのオーケストレーションを伴って、ギターで「アイドル戻る与えるのエピソード」アメリカンアイドルを、ライブ記録が直後にシングルとしてリリースされた、上の番号56に到達したビルボードホット100グリフィンその最初の週にと与え、彼女はソングライターとしての地位を最高のチャート。(観客はクラークソンを与えたスタンディングオベーション彼女のパフォーマンス以下に。)曲のグリフィンのバージョンのシーズン4のエピソード11で紹介されましたABCのテレビ番組灰色の解剖学。

楽器、エフェクト、サウンド
1965ギブソンJ-50ギター
1993ギブソンJ-200ジュニアギター[8]

最近の研究

2006年にノースカロライナ美術館で演奏グリフィン

2008年9月に、グリフィンは、インディーズアーティストとのデュエットで「あなたがする育つガット」を歌ったジョシュア・ラディン彼のアルバムにシンプルタイムズ。2008年10月に、彼女は上のバックグラウンドボーカルを歌ったトッド・スナイダージョン・フォガティの『ののカバー幸運な息子スナイダーのための』平和クィアアルバム。2009年2月に、彼女はアルバムで紹介されたことの火災を感じることで、ダークスベントレー曲「ビューティフル・ワールド」のデュエットで、。2009年には、一緒にグリフィン、メイヴィス・ステイプルズとトライ市の歌手は歌コンピレーションアルバムの「私の子供が帰宅するのを待機中」のバージョンリリースオールスターミュージックセレブレーション:ああハッピーデイを。


グリフィンは、公民権サミット中カーターレセプションディナーで「山まで」を行うLBJ大統領図書館 2014年
ステープルズとのコラボレーションは、主導EMIグリフィンのアルバム作りを提案するのピーター・ヨークをゴスペル曲を。グリフィンは友人とバンド仲間の条件に合意したバディ・ミラーは、レコードを作成しました。[10]アルバム、ダウンタウンの教会ナッシュビルのダウンタウン長老派教会で記録された(彼女の第六スタジオ・アルバム)は、1月26日、2010年にリリースされました[11]フィーチャーしたアルバム、ショーン・コルヴィン、エミルー・ハリス、そしてグリフィンの長時間を友人バディとジュリー・ミラーは、の曲が含まれているハンク・ウィリアムズ、ウィリー・メイ「ビッグママ」ソーントン、(に入金し、「私たちの神と王のすべての生き物」アッシジの聖フランシス)。[12]

2010年7月、ロバート・プラントは、との米国ツアーを敢行喜びのバンドのバッキングボーカルとシンガー・ギタリストとしてグリフィンで、(1960年代に彼のバンドの名前を再演)バディ・ミラー、マルチプレイヤーとボーカリストダレル・スコット、ベーシスト、ボーカリストバイロンハウス、ドラマー・パーカッショニスト、ボーカリストマルコ・ジョビーノ。彼女はまた、プラントのソロアルバムで特色にされた喜びのバンドラウンダー・レコードによって2010年9月にリリースされ、。[13]

2014年にグリフィンは、長い付き合いの後に工場で別れました。彼らは一緒に住んでいたとオースティン、テキサス州、イングランドの間に自分の時間を分けていました。[14] 2019年には、グリフィンは、乳がんと闘っているので、彼女の今後のセルフタイトルアルバムと彼女の最初の新しい音楽から、トラックを「川」をリリース。パティ・グリフィンは 3月8日、2019年にリリースされる[15]

2019年1月11日に(三十のタイガースを経由して、彼女のPGM録音ラベル上の)彼女の新しいアルバムのリリースの公式の発表に伴い、新しい歌、川は、彼女は春2019年のコンサートツアーを発表しました[16]

2019年6月25日には、ニューヨーク・タイムズ・マガジンは材料と報告に破壊された芸術家の何百もの間パティ・グリフィンが記載されている2008年ユニバーサル火災。[17]

映画、テレビ、演劇

1997年、アルバムから「一人ではない」グリフィンの歌、幽霊との生活は、最後のシーンで使用され、1997フィルムのためのエンディングクレジットナイアガラ、ナイアガラ。これは、テレビシリーズのシーズン1のエピソード6(「信者」)の終わりにも使用した女検死医ジョーダン 2001年10月29日に放送し、; テレビシリーズからのサウンドトラックの2009年リリースのトレースなし。そして、テレビシリーズのシーズン10のエピソード12の終わりにNCIS 2013年1月15日に放映されました、。

1997年にはアルバムからの彼女の曲「ワンビッグ愛」、燃える赤は、最終シーンや映画のクレジットに使用された中国に掘ります。

2006フィルムグリフィンとフェニックスは、「誰もが泣いていないです」と含まれている「雨。」

グリフィンはを含むいくつかの映画に出演していクレマスター2とキャメロン・クロウさんエリザベスタウンで、彼女の歌『ロングライドホーム』と『ムーンリバー』のカバーを含むそのサウンドトラックジョニー・マーサーとヘンリー・マンシーニ。

2007年には、アトランティック・シアターカンパニーは、生産10万マイル、オフ・ブロードウェイ・グリフィンの音楽と歌詞で、マイケル・メイヤーが監督ミュージカルを、。

グリフィン初のDVD、パティ・グリフィン:アーティストデンからライヴは、で、2007年2月6日に撮影された芸術のためのエンジェルOrensanz財団ニューヨークの上のローワーイーストサイドとその年の後半にリリース。DVDからの選択は、プログラムで紹介されたアーティストデンからライブでオベーションテレビ 2008年1月24日から始まります。

2007年には、グリフィンはで今年のアーティストに選ばれましたアメリカーナ音楽協会、協会によって授けトップ名誉、そして彼女のアルバムを走る子供ベストアルバムに選ばれました。授賞式では、彼女はとの「ブランコ」を行っエミルー・ハリスの調和。[18]

2008年6月13日には、グリフィンは、音響・イン・ザ・ラウンドとナッシュビルで設定を行っクリス・クリストファーソンとランディ・オーウェン(アラバマ州のテーピングのために、)PBSの 2008年12月に放映された作曲家シリーズ、それらのそれぞれが5曲を演奏しました。グリフィンは山、「と」メアリーまでの「中出し、「「いいえ悪いニュースを、」作る」「世界のトップを」行って。」

2009年には、彼女の歌「メアリーは、」のシーズン2のエピソード10で使用されたサン・オブ・アナーキー。

2013年5月には、彼女の歌「天の日」のためのコマーシャルで使用されたシボレーの新しいボルト、自動車の行『と題されたボルト:サイレント声明』。

テレビシリーズのシーズン10のエピソード22で使用された2015年5月には、彼女の歌は「あなたワナ・ゴーはどこ行く」スーパーナチュラル。

2006年には、彼女の歌「雨」のテレビシリーズのシーズン1のエピソード17(「砂漠のスカル」)で使用された骨。

2015年、歌は「彼が飛んでみよう」ニックYarrisのターニングポイントは、「サーティーンの恐怖」のドキュメンタリーでした。

2018年には、歌「天の日」で、シーズン1のエピソード5で紹介されましたNetflixのシリーズ・ヒル・ハウスのたたり。

外部リンク






amazon















中上健次

中上健次

血族、風土への郷愁と拒絶のアンビバレンツが、出生が、家族が、土地のシガラミが存在感を持つが故に、拒絶、訣別が出来ないという、ノスタルジー、異邦人ではない、近代個人ではない、囚われ人としての、熊野新宮という、前近代の日本に、囚われる者としての、日本という国の、封建時代からの、閉鎖性、後進性、延々と続いている、片輪ではある路地という世界、何とも世界の片隅という文学ではある、核の時代にあって、ネット時代にあって、何程の有用性がと、日本的情念が、暴力とヤクザ、エロ、グロ、そこからの愛を描こうとモガイテきたが、旧態依然の前近代、人物の個我が、取り巻く世界が、井の中の蛙で、日本文学が本当に幼稚で、今となっては笑える出来事、現実が小説を超えてしまった今、どのような物語があるのかと、中上を読んではみたが、

CIA及び権力者たち

皆、一国の支配者になりたいのだった、中米担当、イラン担当、コンゴ担当と、陰で操る支配者としての、一国を任され、国王、政治家の上をいく者としての地位、この保持のために動いている彼ら、それはどの組織でも同じで、局長、隊長、社長、会長、委員長と、それを偉いこと、必要なことと、指導者、統率者を戴き、命令、服従で営まれている人間社会、法律とはそれを形にしただけのもの、世界はRF、RC、百人委員会、etcに支配されているといえど、組織という小世界でも同じこと、この人間動物の群れる、戴く属性は変えがたい、有史以来、この社会性といわれるものは、アリや、ハチと同じで、群れと、役割、群れの維持、発展、人間という、意味において、時間において存在する人の本性を喪失している、最早、はっきりとこの人間の圧倒的部分の無を確認しなければ、その上での私対世界を、

とてつもない悪の支配構造が

世界は有史以来、人本性とは別に、ヒエラルキーという支配服従のシステムで、群れる性情をコントロールしてきた、が、今やこのシステムは完成の域に達し、SF映画が現実のことに、陰謀論と揶揄されている事柄の、全てが可能な富と権力の集中が、

有名になるということは

現代思想が様々に展開され、革命、戦争を経て、民主主義が花開き、技術革新、運命共同体が形成され、その中でのリーダーであったり、権力者であったり、尊敬を得たり、誇りを持ったり、責任を持ったりと、人間の社会性における、群れ依存を掌握、担うということに、政治家、学者、実業家、どれもこの人間の群れ依存に依拠し、人を扇動し、人は有名を求め、が、現代の民主主義の無力、崩壊、ホモ・サケルでなくとも、人は生の政治、生の肉体を存在し始め、人の本来を生き始め、不条理などの実存、虚無さえ超え、これこそが核世界の持つホモ・サケルということ、核世界とは剥き出しの政治、剥き出しの生に外ならず、人はホロコーストを生かされ、

子どもが来れば

世界の核汚染、核戦争の絶望などは伏せ、孫の、暮らしのと、平常を、心配気に聞き、楽しみの、まだ続いている時を語り合い、TVの、映画の世界と何ら変わらず、世界は、日常は保たれていると、友と語れば、絶望感はあれど、直ちに訪れるものでもなく、酒を酌み交わし、余命の楽しみをと、人本来が、ホモ・サケルが見えず、子羊を生き終わることに、

ガンバルことに対して

昨日観た、フィッツジェラルド伝記、ゼルダ 〜すべての始まり、流行作家への道のりと、その維持のために、人生を費やす物語、ロストジェネレーション世代であるのに、金と名誉に囚われ、妻は精神病、本人はアル中、心臓まひで44才の死、アメリカ文学が通俗、風俗化した典型、日本では芥川龍之介、ヨーロッパではカフカが、
本日は3.11、ベガルタ仙台がJ1復帰、優勝戦まで進んだと、その震災からのガンバリを映していた、又、相撲の日本人綱取り物語を、相撲マンガに重ねてやっていた、この6年、日本のTVはガンバル姿、助け合う、絆の姿、美しい日本、もう一度日本と、打ちひしがれた、失われた意味を再生しようと、躍起になってきた、片や原発はアンダーコントロールされていると、食べて応援、帰還促進と、デスペアー世代となる彼ら、ロスト世代にはない、絶望しても死ねない時代の、核の世界を生きていくことになる、ガンバレ、ガンバルと、核以上の虚無は無いのだから、ホロコーストを生きていくばかりと、

ロストジェネレーションの孫世代

私は人生でガンバッタ記憶がない、養護施設、母子寮、夜間高校、工場労働、民商、創作生活、どれもそれら生活の上に、私とは何かという、探求課題があって、それらの生活を送る私を考える私があった、そうした私を忘却するような、喪失するようなガンバルことには嫌悪感があり、道を決め、夢中、持続することはなかった、生まれ落ちた時から、私には人生は懐疑だった、母の家出、母の実家の冷遇、桶屋の家賃の督促、父の苦悩、父の実家へ居候、その前に新屋へと、ロストジェレーションの価値観の喪失や変更が、私には元々無かったのだった、生活は、生きることは、ガンバルようなものではなく、人生とは何かと、懐疑、探求するものであり、フィツッジェラルド、ヘミングウェイ、etcのロストジェレーションの文学には、馴染めなかったのだった、もっぱら自然主義、ロマン主義、ロシア文学が支えだった、

日本はすばらしいの番組

本日は鉄道物語、時間の正確さ、車輪作りの技術、車両の輸出など、モノ作りでの優秀さをやっていた、職人、スポーツ、etcの、職業、会社員の一芸に秀でている、又は専門馬鹿だからの技を、国として、人種として、自らの事のように、又、特別なことのように、喜び、誇りとする志向、意識、生きるための技術が、技術のために生きることに、スポーツ選手の、職人の、1秒、1点、1000分の1ミリのために生きることに、仕事として、プロとして、と、生きるためにが目的化した志向、芸術至上、観念論対唯物論、純文対通俗等々、美しい、素晴らしい、深い、広い、と人は賛意を贈り、歴史を作ってきた、エリートはそれに乗り、乗せられ、人生を費やし、

政治の反動化

テロ特措法、特定秘密保護法、共謀罪、安保関連法、マイナンバー制、原発再稼働、TPP、派遣法、残業代ゼロ法案、種子法、etc、etc、そして憲法改正を目論む政治、が、何も恐れることはない、政治のやることなど子どものママゴト、世界がどうであっても、私は私で守り、私を生きる、原発事故であっても、核戦争であっても、私対原発、私対世界ということ、かつて癌の日、世界は私が対するものでしかなかった、私で対していく以外にないという体験を通して、原発といえど、私で対する他にないと、政治ではない、私対原発、私の問題として、絶望し死んでいった者、希望のうちに死んでいった者、忘却のうちに死んでいった者、すべて私で引き受け、私対世界を生きなければならない、私は待っていたのかもしれない、この私対核の世界を、私対癌のように、私の世界に対す私の意味を、

辺見の狭小さ

高校での、もの食う人の講演で、「買春をしたことがあるか」と生徒に質問され、躊躇いはあったが「ある」と正直に答えたと、また最近の「1937」では、父親世代が、満州で、中国人に、母子相姦をさせて楽しんでいたと、これ等のことを同心円の核に据えて、世界を見たいと、辺見にはこうした性への狭小、矮化がある、悍ましい性なぞの問題ではない、731の人間の丸太扱い、人体実験、毒ガス実験、南京事件、100人切り、従軍慰安婦、etcの、今や戦争さえ成立しない、悪の凡庸でさえない、現代の金融世界支配は、ドローン攻撃、ロボット戦争、電磁波操作、100MT原爆、IT支配と、絶望が支配した人間世界の問題であるのだった、世界の絶望はすべての人間の責任の問題である、それだけ、人権でも、正義でも、真実でもない、責任と罪がある、そしてそれは償わねばならない、核の絶望は、それが頂点として在ることを教えている、核とは絶望の支配なのだと、誰であっても、責任さえ取れない、ただ絶望なだけ、
絶望との共存があるばかり、過去から学ぶことなど叶わず、まして未来にになぞ、そこには無限に広がる絶滅に至る世界があるばかり、

支配構造は太古より変わらず

部族支配、王族支配、植民地支配、金融支配、世界統一政府構想、と、切れ目なく支配構造は受け継がれ、国家は営まれ、現在に至っていることが、理解できれば、現在のあらゆる出来事が、仕組まれ、捏造された、愚民化のためのものであることが、彼らとは、嘗ての王、嘗ての権力者一族であるということ、彼らの意識とは、その国の歴史の上にあるということ、アポロも、9.11も3.11も、あらゆる戦争も、常にある反動、右傾化も、陰謀論などではなく、彼らの正統性を裏付けるもの、世界をどのように支配、維持するかということ、彼らが追求してきた歴史であるのだった、どの歴史的事件1つをとっても、権力の、権力者同士の抗争に他ならない、これらに対抗する方法とは、革命でも、キリストでも成しえなかったもの、支配構造の無化ということ、それが核というもの、核だけが、ただ核の誕生だけが、自らも首を絞めるものとして登場し、自らの死のように、この星の死を想定させ、支配できないことの自明、支配することの嫌悪を促し、核とはそうしたもの、

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

「ビューテフル」
難民、移民、ヤク、売春、精神障害、etcの現代問題をコラージュ風に裁断しながらクローズアップさせていく、それらに当面している主人公が癌で余命2ケ月と宣告され、それまでの生きざまが、

「21g」

一つの心臓をめぐり、3人の男女が交差するという組み立て、死ぬとき人は21g軽くなるというが、その21gとは何か、いつ失うのかとのテーマを、プロット組みで表現している、うまい、そこに人間の日常の危うさがクローズアップされて、しかしこの作りこまれたストーリーは、イニャリトゥの常套で嫌になる、

「バベル」

現代がバベルの塔であるとするなら、そこは「言葉が通じない」「心が通じない」世界となっていると、日本人ハンターが贈ったライフルが殺人を呼び、その撃たれた女は、メキシコの国境で死にそうになる、2人の子の母でありと、3つの物語を交差させながら、不法入国者、武器輸出、貧困、家庭崩壊を描いているのだが、謎解きに重点が置かれ、

どれも社会問題をモチーフにしているのだが、

プロットに重点が置かれ、問題が矮小化されている、もしこれらを、ニュース以上の、ノンフィクション、ルポルタージュで構成したのなら、世界の陰謀論と片付けられているCIA、etcの犯罪は白日化され、でなければ映画は見るに耐えない、






イメージ 1

マルカントワーヌ・シャルパンティエ

マルカントワーヌ・シャルパンティエまたはマルク=アントワーヌ・シャルパンティエ(Marc-Antoine Charpentier, 1643年 - 1704年2月24日)はフランス盛期バロック音楽を代表する作曲家。多作で洗練された作曲家であり、ジャン=バティスト・リュリの同時代人である。フランス宮廷とほとんど関連を持たず、現代になって重要性が再認識されたため、生涯や経歴に不明な点が多い。遺された作品では、特に宗教音楽を重要視されている。

生涯

パリまたはパリ郊外に生まれる。生い立ちについてはほとんど不明であり、生年月日でさえ謎である。「青年」時代にローマに留学したことは明らかだが、その期間は1662年から1667年の間であったと推測される。ローマでジャコモ・カリッシミに師事。古い伝説によると、画学生としてローマに留学したところ、老大家のカリッシミに楽才を見出されたというが、文献では画才があったという裏づけはない。同時代のイタリアの習慣を熟知しており、それをフランスに持ち帰ったというのは確かである。

おそらく、フランスに帰ってギーズ公爵夫人マリー(Marie de Guise, 1615年 - 1688年)に、楽長および歌手として、彼女の没する1688年まで仕えた。この間に、相当数の劇的な宗教曲(詩篇唱、讃歌、マニフィカト、ミサ曲、モテット)を作曲した。シャルパンティエはモテットを、「オラトリオ」と混同して呼んでいた。

1672年ごろに、ジャン=バティスト・リュリと不和になったモリエールと協力関係に入る。1680年代は、パリのイエズス会系のサン・ルイ教会に楽長として奉職。さらに、シャルトル公フィリップの音楽教師を勤める。1698年にはサント・シャペルより楽長に任命され、1704年に没するまでその地位にあった。この時期の最も有名な作品が、《テ・デウム ニ長調》(H 146)と《聖母被昇天ミサ曲 Mass "Assumpta Est Maria" 》(H 11)である。

作品

写本 ルソン・ド・テネーブル

宗教曲のほかに、舞台音楽や、分類しにくい小品がたくさんある。それらの小品は、当時のイタリアのカンタータに似て、一つか二つの声楽パートと器楽のために作曲されており、楽種の名称を除けばほとんど共通点がある。シャルパンティエ自身はそれらの小品を「エール・セリユ(air sérieux 厳粛なアリア)」とか「air à boire」と呼んだ。これらはフランス語での表現であり、イタリア語ではカンタータと総称される。

シャルパンティエ作品は、音楽学者ヒュー・ウィリー・ヒチコックによって目録が作成された。このため、ヒチコック番号と呼ばれるHつきの整理番号がしばしば使われている。

《テ・デウム ニ長調》の前奏曲は、欧州放送連合で使われていることで有名で、ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートやユーロヴィジョン歌唱コンテストの開始テーマにも使われている。

歌劇・舞台音楽

アシスとガラテアの恋 (Les amours d'Acis et Galatée, 1678)(消失)
オルフェウスの冥府下り (La descente d'Orphée aux enfers, 1686-1687)
パリスの審判 (Le Jugement de Pâris, 1690)
ピロメーラー (Philomele, 1690)(消失)
メデア (Médée, 1693)

宗教悲劇

ダビデとヨナタン (David & Jonathas, 1684)
聖チェルソ殉教者 (Celse, 1687)(台本のみ現存)

田園劇

アクテオン (Actéon, 1684)
フラワークラウン (La couronne de fleurs, 1685)
リュエルの饗宴 (La fête de Ruel, 1685)
笑って歌うべし〜羊飼いたちのいさかい (Il faut rire et chanter: Dispute de Bergers, 1685)
一陽来腹 (Le retour de printemps)(消失)
寸劇・羊飼いたちの対話 (Petite pastorale eglogue de bergers)
イタリア語による小田園劇
愛は勝るものはなし (Amor vince ogni cosa)
私の性悪キューピッド (Cupido perfido dentr'al mio cor)

牧歌劇

花咲ける芸術 (Les arts florissants)

抒情悲劇

キルケー (Circé, 1675)
アンドロメダ (Andromède, 1682)
コメディ
エスカルバニャス伯爵妃 (La comtesse d'Escarbagnas, 1672)
いやいやながら医者にされ (Le médecin malgré lui, 1672)
迷惑 (La Fâcheux, 1672)
よそ者 (L'Inconnu, 1675)
ヴィーナスとアドニスの恋 (Les Amours de Vénus et Adonis, 1685)
コメディ=バレ(舞踊喜劇)
無理強いの結婚 (Le mariage forcé, 1672)
病は気から (Le malade imaginaire, 1672)
シチリアの男、あるいは恋する絵描き (Le sicilien, 1679)

バレエ音楽

ポリュークト (Polyeucte(1679)
ディヴェルティスマン
ヴェルサイユの愉しみ (Les plaisirs de Versailles, 1682)
王の健康を讃える牧歌 (Idylle sur le retour de la santé du Roi, 1687)

幕間劇

女たちの勝利 (Le triomphe des dames, 1676)
賢者の石 (La pierre philosophale, 1681)
エンデュミオン (Endymion, 1681)
アンジェリークとメドルとの対話 (Dialogues d'Angélique et de Médor, 1685)

ソナタ

8声のソナタ (Sonates à huit)
エール、セレナータなど
バイエルン選帝侯マクシミリアン・エマヌエルを讃える祝婚歌 (Epithalamio in lode dell'Altezza Serenissima Elettorale di Massimilioano Emanuel Ducadi Baviera, H.473, 1685)

世俗モテット

シャルパンティエの墓碑銘 (Epitaphium Carpentarij, H.474)

宗教曲

降誕祭前夜のミサ曲(真夜中のミサ曲)(Messe de minuit pour noël, H.9, 1690)
聖母被昇天ミサ曲 (Missa assumpta est Maria, H.11, 1698-1702)
処女マリアへの連禱 (Litanies de la vierge, H.83, 1683-168)
テ・デウム ニ長調 (Te Deum, H.146, 1690)
主は言われた (Dixit Dominus, H.204)
歌の誕生 (In nativitatem Domini canticum, H.416)
(3つの)ノエル (Noëls, H.5311680)
器楽合奏のためのノエル (Noëls pour les instruments, H.534, 1690)
聖水曜日のルソン・ド・テネーブル(H.96〜98)
聖木曜日のルソン・ド・テネーブル(H.102〜104)
四旬節のための瞑想 (Méditations pour le Carême, H.380〜89)

その他

音楽之友社の「最新名曲解説全集」のマルカントワーヌ(マルク=アントワーヌ)・シャルパンティエの項には、誤ってギュスターヴ・シャルパンティエの画像が掲載されている。

関連項目

シャルパンティエ(フランスには同姓の作曲家が複数存在する)

外部リンク


























ニール・ジョーダン

イメージ 1

ニール・ジョーダン

ニール・ジョーダン(Neil Jordan、1950年2月25日 - )は、アイルランドの映画監督・脚本家・小説家。スライゴ州スライゴ出身。

略歴

カトリック系の聖ポールカレッジで宗教教育を受け、アイルランド国立大学ダブリン校 (UCD) でアイルランドの歴史と文学を学ぶ。ゴシック・ホラーや歴史物や恋愛物などを手がけ、ハリウッドで活躍するアイルランドを代表するストリーテラーである。

『クライング・ゲーム』でアカデミー賞7部門にノミネートされ脚本賞を受賞。『マイケル・コリンズ』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を、『ブッチャー・ボーイ』でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞している。

現在はダブリン郊外のダン・レアリーに住んでいる。最初の妻との間に2人、結婚に至らなかった交際相手との間に1人、二番目の妻との間に2人、計5人の子供がいる。

フィルモグラフィ

映画

殺人天使 Angel (1982) 監督・脚本
狼の血族 The Company of Wolves (1984) 監督・脚本
モナリザ Mona Lisa (1986) 監督・脚本
プランケット城への招待状 High Spirits (1988) 監督・脚本


クライング・ゲーム The Crying Game (1992) 監督・脚本
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア Interview with the Vampire: The Vampire Chronicles (1994) 監督・脚本
マイケル・コリンズ Michael Collins (1996) 監督・脚本
ブッチャー・ボーイ The Butcher Boy (1997) 監督・脚本・製作総指揮
IN DREAMS/殺意の森 In Dreams (1999) 監督・脚本
ことの終わり The End of the Affair (1999) 監督・脚本・製作
ギャンブル・プレイ The Good Thief (2002) 監督・脚本・製作総指揮
ダブリン上等! The Actors (2003) 原案


ブレイブ ワン The Brave One (2007) 監督゜


ビザンチウム Byzantium (2012) 監督
グレタ Greta (2018) 監督・脚本

テレビシリーズ

ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 The Borgias (2011-2013) 企画・製作総指揮、計4話監督

翻訳された著書

獣の夢 山田和子訳 福武書店 1992.2(原著1983年)
チュニジアの夜 西村真裕美訳 国書刊行会 1994.11(原著1976年)

外部リンク

Official - ウェイバックマシン
ニール・ジョーダン - allcinema
ニール・ジョーダン - KINENOTE
Neil Jordan - インターネット・ムービー・データベース(英語)



全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事