個人誌 『未踏』全ページ

私はここにいます 貴方がそこにいて嬉しい

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

エリザ・カーシー

イメージ 1

エリザ・カーシー

エリザ・カーシー、MBE(1975年8月23日に生まれた[1] )英語での民俗歌と演奏の両方のために知られているミュージシャンフィドル。彼女は英語の娘であるフォークミュージシャンシンガー/ギタリストマーティン・カーシー、歌手ノルマ・ウォーターソン。

人生とキャリア

カーシーはで生まれたノースヨークシャー州スカーバラ、イングランド。彼女はで学校に行ったFylingホールスクールでノースヨークシャー州。

13歳の時カーシーは彼女の母、叔母(とWaterdaughtersを形成ラル・ウォーターソン)といとこウォーターソンと結婚します。彼女はその後に取り組んできましたナンシー・カーとしての彼女の両親と、ウォーターソン・カーシー、および「スーパーグループ」の一環として、ブルー・マーダー彼女自身のソロ作品に加えて、。

彼女は二回にノミネートされたマーキュリー音楽賞 1998年のために:今年のイギリスのアルバムのための赤米のために2003年に再び、そしてAnglicana。イライザは、アルバムにゲストだったマーメイドアベニューによるビリー・ブラッグとウィルコ。イライザとビリーはまた、歌に登場し、「私の父の邸宅」に一緒に記録ピート・シーガーのと呼ばれるトリビュートアルバムのすべての花はゴーンがあります(1998)。

2002年9月イライザはのためのトリビュートコンサートに参加したカースティ・マッコール他のアーティストと一緒に、「歌のシング」。

2003年にイライザはでボードを総なめにしたラジオ2 フォーク賞を受賞、今年のフォークシンガー、ベストアルバム(用Anglicana)とベスト伝統トラック(アルバムには、「ウースター市」のためAnglicana)。彼女はまた、(Anglicana用)同じ年の世界の音楽のためのBBCラジオ3賞にノミネートされた最初の伝統的なイギリスのミュージシャンでした。

2004年に彼女はOysterbandビッグセッションによって集められ、多くの民俗芸術家とのコラボレーションの一環だったOysterband。彼らは、アルバム作成ビッグセッション一巻、およびグループ全体としては、2005年にフォーク・アワードで最優秀グループを受賞しましたが。

2005年5月29日には、カーシーはへのオマージュに参加したペギー・シーガーのクイーン・エリザベス・ホール、ロンドン。ダブルCD 三つのスコアとテン(2007)は、コンサートのハイライトが含まれています。


で想像村で行っエリザ・カーシーキャンプBestival - 2008年7月20日
2006年に彼女はに3曲(リードボーカリストとして1、バッキング・ボーカルとして2)を拠出海賊バラード、海の歌、そしてChanteys:ローグのギャラリーによって生成さ、ハル・ウィルナー。リチャード・トンプソンとのデュオとしての実行、彼女はと呼ばれるボックスセットに「クークー・バードを」貢献ハリー・スミスプロジェクトハル・ウィルナーでも(2006)。デュオとしてボブ・ニューワース、彼女はで「私は地面にモルであったウィッシュ」を歌ったバスコン・ラマー・ランズフォード同じボックスセットに。

水中呼吸の夢は、自己書いた曲のカーシーのセカンドコレクションが、実験手配の伝統的な計測器を組み合わせて、これまでの彼女のキャリアのすべての側面から影響を描画する2008年6月23日にリリースされたアルバムは、2000年代のフォローアップとして構想された天使そして、タバコと7年の最良の部分のために制作されてきました。

彼女の喉の嚢胞が矛盾して痛みを伴う歌っ作ったとしてカーシーの2008年のツアーは、11月に中止されました。そのため、彼女の妊娠のため、医師は2009年春まで治療を遅らせ[2]

彼女は12月24日、2008年にフィレンツェデイジーの母となった[3]

聖ジョージの日中お祝いトラファルガー広場 2009年4月25日には2曲を行っカーシーによって開かれました。

2010年には、カーシーは母親と題しとコラボレーションのアルバムをリリースギフト。BBC投稿者は書いた:「ここに問題の贈り物は、1が収集し、世代から世代への才能の取り扱いであり、ノルマ・ウォーターソンとエリザ・カーシーは、結局のところ、崇高才能の母と娘が英国民謡の偉大な王朝の一部を構成している者。」最後の曲、「浅いブラウン」にコメント、レビューアが指摘:「ギターのエリザの父マーティン・カーシーだけでなく、エレキギター、ボーカルとチェロの彼女のいとこオリバー・ナイトを含む他の家族によって様々に支えられ、本当の意味がありますこの曲、全体として実際にこのレコードに関する集会やrootednessのロング王朝が繁栄があります。」[4]

彼女の次女、イザベラメアリーは、2010年11月26日に生まれた[5]

2012年5月にはソフィー・パークスと題しによって書かれたエリザ・カーシーの伝記気まぐれ娘はサウンドチェックブックスで出版されました。[6]

2014年に、彼女はの栄誉を受賞したMBE女王の誕生日栄誉で民族音楽へのサービスのために。[7]同じ年、彼女はまた、50周年マークTowersey祭の75周年トピックレコード、彼女が音楽監督だったため祭でお祝いのコンサート、とし。でイベントを議論フォークラジオ英国彼女は言った:「私と私の家族は長いTowersey祭やトピックレコードと関連していると私は両方のための偉大な愛情を持っているトピックは私に私の初めてのソロを出したTowerseyが、私に私の初のソロライブを行いました。記録...」[8]

外部リンク




[ amazon]






























開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

マルコ・ウッチェリーニ

マルコ・ウッチェリーニ(Marco Uccellini)はイタリア初期バロック音楽の作曲家・ヴァイオリニスト。

生涯

生涯についてはほとんど分かっていない。1603年から1610年の間にフォルリンポポリで生まれたとされる。アシス神学校に学び、1641年から1662年までモデナのエステ家の宮廷楽長を務め、1647年から1665年までモデナ大聖堂の教会楽長も兼任。その後は没年までパルマ大公ファルネーゼ家の宮廷礼拝堂の楽長を務めた。1680年に逝去。

ウッチェリーニはヴァイオリニストとして、スコルダトゥーラや弓の技巧の開発に寄与した。

作品

ウッチェリーニは主に器楽曲の作曲家であり、以下のような作品を遺している。

器楽曲

シンフォニア《大戦争》 Sinfonia "La Gran Battaglia"
シンフォニア《いとも甘美なる女(ひと)》 Sinfonia "La Suavissiva"
いくつかのヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ、シンフォニアとクーラント 作品2 Sonate, sinfonie et correnti, libro II (1639年)
いくつかのヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ、アリアとクーラント 作品3 Sonate, arie et correnti, libro III (1642年)
いくつかのヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ、クーラントとアリア Sonate, correnti et arie 作品4 (1645年)
ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタもしくはカンツォーナ Sonate, over canzoni 作品5 (1649年)
ヴァイオリン、種々の楽器と通奏低音による音楽作品集《王者の余暇》作品7 Ozio regio: compositioni armoniche sopra il violino e diversi altri strumenti, bc, libro VII (1660年)
ヴァイオリンと通奏低音、任意の2本のヴァイオリンのための Sinfonie boscareccie 作品8 (ヴェネツィア 1660年、アントウェルペン 1669年)
作品8アントウェルペン版の無料PDF
いくつかのヴァイオリンのためのコンチェルト様式による短く易しいシンフォニア Sinfonici concerti brevi e facili 作品9 (1667年)

声楽曲、オペラ、バレエ

1声および3声から5声のためのコンチェルタント様式による詩篇唱と、5声と通奏低音のための聖なるおとめマリアの連祷 作品6 (1654年)

バレエ《 Le navi d'Enea》(パルマ 1673年)

歌劇《フィランドロからエデッサまでの出来事 Gli eventi di Filandro ad Edessa》 (パルマ初演 1675年)
《 Il Giove d'Elide fulminato》(パルマ 1677年)

外部リンク
















開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

バルタザール・コルマウクル

Baltasar Kormákur Baltasarsson
生年月日 1966年2月27日(53歳)
出生地 アイスランドの旗 アイスランド レイキャヴィーク
職業 俳優、映画監督、映画プロデューサー

バルタサール・コルマウクル(Baltasar Kormákur, 1966年2月27日 - )は、アイスランドの俳優、映画監督、映画プロデューサーである。

主な監督作に『101レイキャヴィーク』『Hafið』『A Little Trip to Heaven』(ジュリア・スタイルズとフォレスト・ウィテカーが出演)、アーナルデュル・インドリダソンの書籍を原作とした『Mýrin』がある。

『Mýrin』は2007年にカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭でクリスタル・グローブ(英語版)を受賞した。

2012年、『ザ・ディープ』が第37回トロント国際映画祭などで公開された。また同作は第85回アカデミー賞外国語映画賞のアイスランド代表に選ばれた[1]。

フィルモグラフィ

Djöflaeyjan (1996) 出演
Englar alheimsins (2000) 出演
101レイキャヴィーク 101 Reykjavík (2000) 監督・出演
Skrímsli (2001) 出演
愛と欲望の果て Minä ja Morrison (2003) 出演
Hafið (2002) 監督・製作
陽のあたる場所から Stormy Weather (2003) 出演・製作
Dís (2004) 製作
A Little Trip to Heaven (2005) 監督・脚本・原案・製作
Mýrin (2006) 監督・脚本・製作
Brúðguminn (2008) 監督・脚本・製作
Reykjavík - Rotterdam (2008) 出演
7デイズ Inhale (2010) 監督
ハード・ラッシュ Contraband (2012) 監督・製作
ザ・ディープ Djúpið (2012) 監督・脚本
2ガンズ 2 Guns (2013) 監督
エベレスト 3D Everest (2015) 監督・製作
好きにならずにいられない Fúsi (2015) 製作
殺意の誓約 Eiðurinn (2016) 監督・脚本・製作・出演


外部リンク









開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事