映画鑑賞記録

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

道〜白磁の人〜

イメージ 1

道〜白磁の人〜

監督 高橋伴明
脚本 林民夫
原作 江宮隆之『白磁の人』
製作 小説「白磁の人」映画製作委員会/「道〜白磁の人〜」フィルムパートナーズ
製作総指揮 長坂紘司
出演者 吉沢悠
ペ・スビン
音楽 安川午朗
撮影 ナ・ヒソク
編集 キム・ヒョンジュ
製作会社 アマゾンラテルナ
配給 ティ・ジョイ
公開 日本の旗 2012年6月9日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語、ハングル

『道〜白磁の人〜』(みち〜はくじのひと〜)は、2012年6月9日公開の日本映画。柳宗悦に影響を与えた浅川巧の半生を描いた。監督は高橋伴明、脚本は林民夫。江宮隆之の小説『白磁の人』を原作とする。

ストーリー
国境と時代を越えた友情を描くヒューマンドラマ。 大正3年5月。23歳の浅川巧は、朝鮮の山に緑を取り戻すため、故郷の山梨から朝鮮半島にやって来る。やがて共に同じ使命感で結ばれた朝鮮人のチョンリムと信頼を深めていく。

キャスト
浅川巧 - 吉沢悠
李青林(イ・チョンリム) - ペ・スビン
大北咲 - 酒井若菜
浅川伯教 - 石垣佑磨
柳宗悦 - 塩谷瞬
朝田みつえ - 黒川智花
園絵 - 近野成美
チョンス - チョン・ダヌ
ジウォン - チョン・スジ
朝田政歳 - 市川亀治郎(現・市川猿之助)
小宮 - 堀部圭亮
町田 - 田中要次
野平 - 大杉漣
浅川けい - 手塚理美
スタッフ
監督 - 高橋伴明
脚本 - 林民夫
原作 - 江宮隆之『白磁の人』
題字 - 清水寺貫主 森清範
音楽 - 安川午朗
エンディング曲 - ハクエイ・キム「道〜白磁の人〜」
撮影 - ナ・ヒソク
照明 - チャ・サンギュン
美術 - パク・ジュヨン
録音 - チョン・イノ
編集 - キム・ヒョンジュ
製作総指揮 - 長坂紘司
製作 - 小説「白磁の人」映画製作委員会/「道〜白磁の人〜」フィルムパートナーズ

関連項目
民芸運動
朝鮮民族美術館
韓国国立中央博物館
火の女神ジョンイ

外部リンク
映画「道〜白磁の人〜」公式サイト
道〜白磁の人〜 - allcinema
道〜白磁の人〜 - KINENOTE
Michi - Hakuji no Hito - インターネット・ムービー・データベース(英語)
浅川伯教・巧兄弟資料館ブログ
浅川伯教・巧兄弟(「白磁の人」映画製作)ホームページ|山梨県 北杜市

イメージ 2

高橋伴明

本名 高橋 伴明(同じ)
別名義 剣山象、高橋伴
生年月日 1949年5月10日(70歳)
出生地 日本の旗 日本 奈良県奈良市
職業 映画監督
ジャンル ピンク映画、青春映画、社会派映画、ヤクザ映画
活動期間 1975年 -
活動内容 脚本家
京都造形芸術大学教授・映画学科長
株式会社ブロウアップ代表取締役
配偶者 高橋惠子
著名な家族 秋山佑奈(娘)

主な作品

『 TATTOO<刺青>あり』
『光の雨』
『BOX 袴田事件 命とは』

受賞

高橋 伴明(たかはし ばんめい、1949年5月10日 - )は、日本の映画監督。脚本家として剣山象、高橋伴の名義で活動したこともある。

株式会社ブロウアップ代表取締役、京都造形芸術大学教授・映画学科長(2012年度より)[1]。日本映画監督協会専務理事。

女優の高橋惠子は妻。

外部リンク

経歴

奈良県奈良市出身[2]。華道の家に生まれる。東大寺学園高校卒業、早稲田大学第二文学部中退。大学時代には映画研究会に所属し、学生時代からピンク映画の現場でアルバイト生活を送る。同時に学生運動にも身を入れ、第二次早稲田大学闘争に参加したことで、大学を除籍されて中退。

1972年にピンク映画『婦女暴行脱走犯』で監督デビューする[2]が、しばらくブランクが続く。

1975年、若松プロに参加して間もなく監督復帰。1980年までは主としてピンク映画で活躍し、ピンク映画界では若手監督として中村幻児と並び称される存在だった。今日でもいくつかの作品が代表作としてDVDや再上映で親しまれている。

1982年、自身初となる一般映画『TATTOO<刺青>あり』を監督。1979年の三菱銀行人質事件の犯人に材を取り、キネマ旬報ベストテンの6位、ヨコハマ映画祭監督賞を受賞。同作でヒロインを演じた関根恵子と同年2月から交際し6月に結婚。大島渚と小山明子夫妻が仲人を務めた[3]。

1982年には1979年から主宰していた高橋プロを解散して、監督集団「ディレクターズ・カンパニー」に参加。1984年に小林よしのりが原案・脚本を担当した石井聰亙監督作品『逆噴射家族』のプロデューサーを務めた。

1990年に東映Vシネマで『ネオチンピラ・鉄砲玉ぴゅ〜』を監督。同作で東映上層部の反対を押し切り、当時はまだ無名だった後の「Vシネの帝王」こと哀川翔を主演に抜擢した[4][5]。

1990年代以降は一般映画、任侠系などを中心に活躍する。

2015年、『赤い玉、』が第39回モントリオール世界映画祭(8月27日から9月7日まで開催)のワールド・グレイツ部門に出品される[6]。

作品

映画

1982年
『TATTOO<刺青>あり』
『RUNNING SEX is 狼』
1983年 『ザ・力道山』
1988年 『DOOR』
1989年 『危ない話』
1991年 『獅子王たちの夏』
1993年
『獅子王たちの最后』
『人間交差点・不良』
1994年
『修羅の帝王』
『愛の新世界』
1996年
『迅雷 組長の身代金』
『セラフィムの夜』
1998年 『大いなる完 ぼんの』
2001年 『光の雨』
2004年 『火火』
2008年
『禅 ZEN』
『丘を越えて』
2010年 『BOX 袴田事件 命とは』
2011年 『MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜』
2012年 『道〜白磁の人〜』(日韓共同制作)
2015年 『赤い玉、』[7]
2016年 『塀の中の神様』[8]

テレビドラマ

1984年『探偵物語』(TBS・日曜ファミリードラマ)

1986年 『三姉妹探偵団』(フジテレビ・木曜ドラマストリート)
2002年 『北の捜査線・小樽港署』(テレビ東京・女と愛とミステリー)

オリジナルビデオ

1990年 『ネオチンピラ・鉄砲玉ぴゅ〜』
1990年 『DOOR II TOKYO DIARY』
1992年 『とられてたまるか!』

ビデオ作品

1985年 『ANDREE MARLRAU LIVE/萩原健一』(Laser Disc/VHS。のちにDVD)

出演
2004年 『ピンクリボン』

外部リンク

株式会社ブロウアップ
高橋伴明 - allcinema
高橋伴明 - KINENOTE
高橋伴明 - 日本映画データベース
Banmei Takahashi - インターネット・ムービー・データベース(英語)



イメージ 1

十二年の夜 (La noche de 12 años (2018)) 

十二年ナイト(スペイン語:ラ・ノーチェ・デ・12 ANOSは)2018年ウルグアイある映画の分類によって指示アルヴァロ・ブレックナー

。[3]それは、公式セレクションで初演第75回ヴェネツィア国際映画祭、それがためにウルグアイのエントリとして選ばれた最優秀外国語

映画で第91回アカデミー賞、それはノミネートされませんでした。[4] [5]フィルムは勝ったゴールデンピラミッド賞を 40回にカイロ国際

映画祭。

キャスト

フィルムはのメンバーの12年間の投獄についてですツパマロス結果として1972年から1985年の間に「人質」として開催された9人の、

1960年代と1970年代に積極的に左翼都市ゲリラグループ、いくつかの文字があります現実の人々のdramatisations:

アントニオ・デ・ラ・トーレとしてホセ・ムヒカ
ダーリン中国人としてモーリサイオ・ローズンコフ
アルフォンソ不法行為としてエレウーテリオ・フェルナンデス・ハイドブロ
セザー・トロンコーゾ軍事
ソウルダッドヴィラミル精神科医として、



十二年の夜は勝ったゴールデンピラミッド賞を 40回にカイロ国際映画祭 11月29日2018年に[6]フィルムはのための6つの部門にノミネー

ト受けた第六Platino賞を含め、ベストイベロアメリカ映画と最優秀監督。[7]

外部リンク



イメージ 2

アルヴァロ・ブレックナー(Álvaro Brechner)

アルヴァロ・ブレックナー(で1976年4月9日生まれモンテビデオ、ウルグアイは)に住んでいるウルグアイ映画監督、作家、プロデュー

サーであるスペイン。

彼が書かれており、3本の長編映画、監督している釣り行くために悪い日を(マルDIAパラPescar)、ミスター・カプランと十二年の夜

(12 ANOS・デ・ラ・ノーチェを)。彼の映画は、次のようないくつかのお祭りで選択されたカンヌ映画祭とヴェネツィア国際映画祭。彼

の映画のすべての3つはのためにウルグアイの公式選択として選ばれたアカデミー外国語映画賞。

バイオグラフィー

彼はカトリック大学出席ウルグアイ彼は中程度取得したメディア研究を。

1999年に彼は大学自治デで創造的なドキュメンタリーの修士号を取得していバルセロナ、スペイン。

「:彼はいくつかのドキュメンタリーと35ミリメートル短編映画監督と生産ナインマイル・ウォーク」(アメリカの作家による短編小説を

もとにハリーKemelman)、「ソフィア」と「2周年を」。

2009年には、彼の長編映画デビュー釣りに行き悪い日はで初演国際批評家週間カンヌ映画祭の。これは、アカデミー外国語映画賞のため

にウルグアイの候補者でした。フィルムは、いくつかの国際的な賞を獲得したと、このような第26回として多くの映画祭で上映されたワル

シャワ国際映画祭(最優秀フィルムフリースピリットコンプ。)、モントリオール世界映画祭、ロサンゼルスラテン国際映画祭(最優秀フ

ィルムオペラプリマ)、マル・デル・プラタ国際映画祭(最優秀俳優)、モスクワ国際映画祭、上海国際映画祭、オースティン(最優秀フ

ィルム&観客賞)、ブルックリン(最優秀監督)、ソフィア国際映画祭(最優秀フィルムFIPRESCI)、サンパウロ、釜山国際映画祭やパ

ームスプリングス国際映画祭。

フィルムは10個のウルグアイ勝っFIPRESCIのベストフィルム、最優秀国際映画デビュー、最優秀監督、最優秀脚本と主演男優賞を含む批

評家賞を、そしてスペインの批評家(CEC)で最優秀フィルム、最優秀脚本と最優秀男優にノミネートされました。

彼は監督さんカプランを 2014年[1] [2] プロジェクトは、によって開発されましたTorinoFilmLab彼は€100.000生産賞、€30.000観客賞

を受賞した2011年に2010年に'スクリプト&ピッチプログラムとフレームワーク。[3]

フィルムは含めFfstivalsの数十によって選択されたBFIロンドン映画祭、マル・デル・プラタ国際映画祭、釜山国際映画祭、ハバナ映画祭

、パームスプリングス国際映画祭、フリブールとウエルバ映画祭。

これは、アカデミー外国語映画賞のためにウルグアイの候補者だった[4] 、およびのためのベストイベロアメリカのフィルムにノミネート

されたゴヤ賞のスペイン映画アカデミーの、アリエル賞のフィルムのメキシコのアカデミー、との7つの部門にノミネートを受けました第

二Platinoアワード今年の最優秀フィルムを含め、最優秀監督、最優秀脚本、最優秀写真、最優秀編集、最高のサウンドと最優秀アートディ

レクション。[5]

2014年にBrechnerはで強調されたバラエティに戻る次10、から出てくる最も興味深い監督やプロデューサーのリストの一つとして、ラテ

ンアメリカ。[6]

2017年に彼はインタビューで、いくつかのラテンアメリカの取締役の一人だったラテンアメリカの映画へのコンパニオンも含まれ、アレ

ハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、パブロ・ララン、ディエゴ・ルナとマーティン・レットマンを。[7]

Brechnerの第3の膜A十年ナイトで公式セレクションとして初演第75回ヴェネツィア国際映画祭とサンセバスチャン国際映画祭。それは

2019年、スペインので最優秀脚本適応のためのアカデミー外国語映画賞のためにウルグアイの候補者だったゴヤ賞。

十二年の夜は、[8]の共同制作市場で受賞したベルリン国際映画祭[9]とサン・セバスティアン国際映画祭。

選択フィルモグラフィー

釣りに行きバート・デイ(2009)
氏カプラン(2014)
十二年ナイト(2018)


外部リンク



Director (6 credits)

2018 La noche de 12 años
2014 Mr. Kaplan
2009 Mal día para pescar
2007 Segundo aniversario (Short)
2005 Sofía (Short)
2003 The Nine Mile Walk (Short)

[https://www.youtube.com/watch?time_continue=137&v=mc-iIZp5SI8 ]






天皇ごっこ (2011年)

イメージ 1

天皇ごっこ (2011年)

見沢知廉は、幼いころから英才教育を施され育った。しかしその後、高校退学、暴走族や新左翼時代を経て、三里塚闘争に身を投じるがやがて新右翼に転向。1982年に同志を殺害した罪で12年の懲役を言い渡され、その間に獄中で書いた小説「天皇ごっこ」が新日本文学賞を受賞する...。


イメージ 2

大浦信行

大浦 信行(おおうら のぶゆき、1949年 - )は日本の芸術家、映画監督。昭和天皇をモチーフとして扱った作品である《遠近を抱えて》が展覧会の後に問題作として画集が焼却され、それに対して裁判を起こしたことで知られる[1]。

経歴

1949年に富山県で生まれた[2]。1956年東京都に転居[2]。19歳で画家を志し、絵画制作を始めた[3]。1971年國學院大學を卒業し、ケニヤ画廊にて個展を行った[2]。1972年、24歳で8mm映画製作を開始した[3]。また、プリントアートギャラリーにて個展を行った[2]。1973年、ジャパン・アート・フェスティバルに出展した[2]。1974年東京、天井桟敷館にて映像による個展に出展したほか、アンダーグラウンドシネマ新作展、100フィートフィルムフェスティバルに出展した[2]。その後1976年から1986年にかけてニューヨークに滞在し、その内7年間は荒川修作の元で助手を務める[3]。1977年リュブリアナ国際版画ピエンナーレに出品した。1978年クラコウ、ノルウェー、フレッヘンの各国際版画ピエンナーレ、ブルノ国際グラフィックデザインピエンナーレに出品した[2]。1982年頃、後述する『遠近を抱えて』を展示できる画廊がなかった頃に、人づての紹介で針生一郎と出会う[4]。 1983年にはサブラ・シャティーラ美術展で展示を行った。1984年東ベルリンのインターグラフィック'84、東京のギャラリー山口で個展を行った[2]。1985年リュブリアナ国際版画ピエンナーレ、エンバ美術賞展、また栃木県立美術館の1985年日本の版画に出品した[2]。帰国した1986年から彫刻制作を開始した[3]。1986年の富山県立近代美術館事件(後述)の後に1995年天皇作品問題を描いた映像作品《遠近を抱えて》発表[5]。それ以降も、天皇の表現についての作品を作り続けている。2002年には『日本心中』の続編である『針生語録』を製作中とある[4]。

《遠近を抱えて》に関する議論

発端は1986年に富山県立近代美術館で開催された「富山の美術 '86」展である。この展示で展示された当作品は10点が審議を経て購入、収蔵された[6]。展示会では特に混乱は発生しなかったものの、展覧会終了後県会議員による県議会での批判がマスコミに報道され、右翼団体や神社関係者から作品とその図録の非公開もしくは処分が求められるようになった[6]。この図録の非公開は県立図書館にまで及び、日本図書館協会の図書館の自由に関する調査委員会が非公開を批判する見解を出すなど、図書館における非公開が「表現の自由」や「知る権利」を侵害したとして問題となった[7]。その後1993年に県は、作品と図録の保有が管理運営上の問題になるとして、作品の売却と図録残部の焼却処分を決定した[6]。これに対して作品公開を求めた作家と市民らが住民訴訟を提起し、一審で一部勝訴したものの、控訴審で敗訴し、上告が棄却された[8]。 2009年には沖縄県立美術館の「アトミックサンシャインの中へ in 沖縄 ─ 日本国平和憲法第九条下における戦後美術」展で同作のうち14点が展示される予定であったが、検閲され展示拒否された[9]。この展覧会はニューヨークのPuffin Roomや東京の代官山ヒルサイドフォーラムを既に巡回しており[10][11]、その際同作品は展示されていた[12][13]。大浦は当時行われたシンポジウムの中で経緯を説明している[13]。それによると、2007年の7月頃に企画担当のキュレーターから世界で九条に関する展覧会を行いたいという申し出があり、大浦は出品許可を出した[13]。キュレーターから11月末と2月に事後報告で電話があり、その中で沖縄県での展示で《遠近を抱えて》が展示拒否となったことから、代替として『日本心中』を上映したいという申し出があり、大浦はそれを論点のすり替えであるとして退けた[13]。大浦はこのことに関して、キュレーターの沖縄県の抱えている問題に対する吟味が不足していたことを指摘している[14]。

大浦自身の作品に対する見解

本作について大浦はあくまで自画像であると主張している[15]。自画像ではあるが、あくまで本人の内面に焦点を当てたものであり、それを取捨していくことで作品を作り上げたとしている[16]。そのため、本作には大浦の姿はない[16]。作品の構想はニューヨーク在住時に思い付いたものであったが、ただ自分の姿を描くだけでは21世紀の自画像足りえないと考えた[17]。今まで自分だと捉えていたものを外側に投げることで自画像が無名性を獲得し、人々と共有できるものになると考えたとしている[17]。ニューヨークに長く住んでいたせいもあり、自分と世界を取り巻く時間や空間を、新たに捉え直したいと考え描いたものであると主張している[15]。その中で近代日本が作り出した近代天皇制について触れざるを得なかったとしている[16]。

第三者の作品に対する見解

針生は日本の画家たちは戦後以降、天皇制を日常的に捉えられなくなっており、論理的な分析が必要であるが画家たちはそれが不得手であるとしている[15]。

代表作
挿絵
『新編 善人は若死にをする』
『君、見よ、双眼の色』
版画
遠近を抱えて(1982年-1985年)

映画

日本心中前編[18] (2002年[19])

2001年本作は山形国際ドキュメンタリー映画祭に招待された。その際観客から針生にも大浦にもはぐらかされた感じがする、という意見が出ている。これに対して大浦は自分の映画に対するスタンスが、映画は見た人が自身でもう一つの物語を作り上げるための記憶・イメージの装置であると主張している[20]。
9.11-8.15日本心中(2006年[19])
天皇ごっこ (2011年)
靖国・地霊・天皇 (2014年)




イメージ 1

羊飼いと屠殺者(Shepherds and Butchers)

ストーリー
羊飼いと肉屋一見絶望的な複数の殺人事件に取り、彼は彼が参加した実行で心に傷を負った刑務官のための防衛をマウントするよう南アフリカの死刑システムのスキャンダラスな欠点が明らかにうんざり弁護士、ジョン・ウェバー(スティーヴ・クーガン)を、以下のに。



イメージ 2

オリバー・シュミッツ(Oliver Schmitz)

オリバー・シュミッツ(1960年生まれ)は、南アフリカで映画監督と脚本。

彼の映画Mapantsulaがで上映されたある視点部門でセクション第41回カンヌ国際映画祭。[1]彼の2010フィルムの上記のすべての生命は、またしてスクリーニングしたある視点部門でセクション2010カンヌ映画祭、それがために南アフリカのエントリとして選ばれた最優秀外国語映画で第83回アカデミー賞。[2]これは、2011年1月に発表された推薦の候補リストを作った[3]

選択フィルモグラフィー

Mapantsula(1988)
ハイジャックストーリー(2000)
パリ、私はあなたを愛して(2006)
上記のすべての生命、(2010)
羊飼いと肉屋(2016)

ブラックリール賞2012ノミネート
ブラックリール優秀外国映画
ドバイ国際映画祭 2010ウォン
ダーバン国際映画祭 2010ウォンベスト南アフリカフィルム
Muhrアジアアフリカ審査員特別賞特集オリバー・シュミッツがノミネート
Muhrアジアアフリカ賞最優秀フィルム - 特集オリバー・シュミッツ
イメージ賞2012ノミネートイメージ・アワード優秀外国映画
レオ賞長編DramaDennis FOONで2011ウォンレオベスト脚本
ナショナル・ボード・オブ・レビュー、USA 2010ウォンNBR賞上位5つの外国映画

Director (37 credits)
18 Drops (attached) (announced)
The Outside Room (pre-production)
2019 The Professionals (TV Series) (3 episodes)
- Episode #1.8
- Episode #1.7
- Episode #1.6
2015-2019 There Usedom Crime (TV Series) (2 episodes)
- Ghost Ship (2019)
- Eyesore (2015)
2018 Stump - death on the island (TV Movie)
2018 Amokspiel (TV Movie)
2018 Sankt Maik (TV Series) (2 episodes)
- Mad Cow Disease 2.0 (2018)
- From bad to the Church (2018)
2017 Honey, let the chickens free (TV Movie)
2017 The Pubertier (TV Series) (3 episodes)
- The Pubertier is rabid (2017)
- The Pubertier breaks out (2017)
- The Pubertier fledges (2017)
2017 Welcome to the patchwork Hell (TV Movie)
2016 Shepherds and Butchers
2014-2015 Reiff for the island (TV Series) (2 episodes)
- Catherine and Shepherd (2015)
- Catherine and the Danes (2014)
2014 Spring (TV Series) (1 episode)
- Spring in White (2014)
2014 All under a fir tree (TV Movie)
2014 alone among doctors (TV Movie)
2013 Christine. Yesterday was perfect! (TV Series) (5 episodes)
- I'll show you mine (2013)
- Olle Candies (2013)
- Magic Moments (2013)
- Little Adventure (2013)
- The new Christine (2013)
2013 Bella dilemma - Three are one too many (TV Movie)
2013 Welcome to the club (TV Movie)
2012 Hughleys (TV Movie)
2012 Welcome to War (TV Movie)
2011 alone among mothers (TV Movie)
2010 The secret of Chanda
2009 Die Trickser (TV Movie)
2009 Alone among students (TV Movie)
2006-2008 Turkish for Beginners (TV Series) (24 episodes)
- The after menopause is (2008)
- wants to be in the Cem Hausmann The (2008)
- Those with the good old D-Mark (2008)
- Those in the parrot comes (2008)
- Those in raising the dead (2008)
Show all 24 episodes
2008 Doctor's Diary - Men are the best medicine (TV Series) (4 episodes)
- Women on the doctors Ball (2008)
- Dr. Kaan is still sweet! (2008)
- Marc will Sex (2008)
- Men are pigs! (2008)
2008 Meat (TV Movie)
2007 Alone among daughters (TV Movie)
2006 arms millionaires (TV Series) (3 episodes)
- Jobhopping (2006)
- Once Poland and back (2006)
- Bitter Pills (2006)
2006 Paris, I love you (segment "Place des Fetes";)
2005 Suddenly famous (TV Movie)
2005 What you always wanted to know about Singles (TV Movie)
2004 Princess Bueller (TV Movie)
2002 The best bit (TV Movie)
2000 Hijack Stories
1997 Joburg Stories
1988 Mapantsula

外部リンク




イメージ 1

兄の見た風景 Harud(2010)

セクター (2010)

1時間36min | ドラマ | 2012年7月27日(インド)

ストーリー

ラフィクと彼の家族は、カシミールの過激派反乱の開始以来、彼の兄Tauqirの損失、消えてしまった若い男性の何千もの一つである観光の写真家、との折り合いをつけるのに苦労しています。好戦的になるために、パキスタンに国境を越えしようとして失敗した後、ラフィクは、目的のない存在に家を返します。彼は誤って彼の兄弟の古いカメラを見つけた一日まで。 書かれた 物語を追います

ユーザーレビュー

完全に人々が抑え国に住んでどのように描写し、退屈ゆっくりペースではなく、
2011年2月26日| でJvH48 - レビューをすべて見ます
反乱や抗議行動が積極的に人々が消えせることによって、および過度に見える警察力を示すことによって抑制されている国の中では、携帯電話が導入されています。このイベントは、この映画のためのフォーカスポイントです。それが私たちのために非イベントに思えるかもしれないが、これらの人々は家に帰る途中でいくつかの遅延を経験したときに自分の居場所を認識し、家族や友人を保つために必要なツールとして、それを考えています。これは確かに不必要な心配に終止符をもたらし、前方に革命的なステップとして感じられます。

徐々に我々は友人のその狭いサークルで一つの家族に集中することによって、この国の住民が住んでどのように導入されています。何も多くの日数を1つずつを渡している自分たちの生活に起こりません。この映画の発展のペースは完全にこの遅さに一致します。どのようにこれらの人々は自分のパンを稼ぐ、非常に明確にされていません。また、私は若い人が多くの教育を受けるという印象を取得できませんでした。それにもかかわらず、十分なものは、完全な99分間我々の注意を保つために起こります。振り返ってみると、後者は、私はいくつかのプロットも劇的な発展の意味で重要な何かを思い出すことができないとして、注目すべきです。

その行方不明の親族の写真を運んでいる間デモに参加したときに、この物語の中で女性が見えるようになり。彼らは非常に同様に絶望的な原因のための立場を取って、アルゼンチンの「プラザ・デ・マヨの母親」を思い出させます。しかし、彼らは他に何ができるの?

たぶん私は悲観主義者だが、私は思ったんだけど。どの国は、これまで経済的に自分自身を開発し、そんなに人と努力がエトセトラ、武装した警備員、フェンス、武器に浪費された芸術と科学の分野、内同上できますか?

そのような国がまだ存在しており、近い将来以内になくならないことを知りながら置き去りに憂鬱な気持ちにもかかわらず、私は嬉しいそれは私たちの生活があることを強く思い出させるように動作ロッテルダム映画祭2011の一部としてこの映画を見ました比較的簡単で、毎日が生存、このような国に比べて、守ら得た日です。

最後に、上映後のQ&Aは、最初に私をエスケープいくつかのポイントを明らかにしました。最も顕著な例は、携帯電話の導入があったことを中心的な役割であり、それは人と誘発安堵の気持ち。

ラフィクと彼の家族は、カシミールの過激派反乱の開始以来、彼の兄Tauqirの損失、消えてしまった若い男性の何千もの一つである観光の写真家、との折り合いをつけるのに苦労しています。好戦的になるために、パキスタンに国境を越えしようとして失敗した後、ラフィクは、目的のない存在に家を返します。彼は誤って彼の兄弟の古いカメラを見つけた一日まで。

- 追う物語

スポイラー

シノプシス

紛争で荒廃したカシミールに設定し、Harudは、彼らが息子の損失に対処するとして一緒に滞在するのに苦労し、擦り切れた家族の物語です。

荒れ狂うインポテンツの感覚で窒息、ラフィク、若い男がパキスタンに国境を越えことにより、カシミールを脱出しようとします。彼の努力は失敗し、彼は彼の家族の忘れられない自重ムードに帰国を余儀なくされています。ラフィクの弟、Tauqirは、4年前から行方不明になっています。彼はおそらく死んでいます。ファティマは、自分の母親が行方不明の息子の運命についての不確実性の耐え難いほどの年に直面している、彼女は執拗に彼だけを埋め込んで羽翼を見つけるためにも、彼女の検索で上押します。

ラフィクは、将来のための計画はないか見通しと物憂げな存在に、家意気消沈返します。やる気と非集束-彼は曇りで彼の日を費やしています。彼は、現実のテレビ番組で歌手としてそれは大きな作りの夢彼の友人の会社、特にlshaq、中に時折慰めを見つけました。

人生は.houseで別のルーチン軍の探索中に、1日まで、このように上続け、ラフィクは彼の兄弟の古いカメラを発見します。カメラは、フィルムの半分の使用ロールが含まれています。

彼の好奇心がそそられ、ラフィクは、フィルムを開発しています。観光客の写真と共に、彼は兄と妹の写真を見つけました。彼は姉シャヒーンがあまりにも不足している兄を持って学習します。シャヒーンと接続する欲求によってGoaded、予想外の方向転換にラフィクは失踪者の親の会(APDP)の月例会に彼の母親に同行することに同意します。ここで、彼はシャヒーンの姿をキャッチし、すぐに彼女と一緒に遠く、暗黙の共感を形成しています。一方、偶然の出会いのシリーズは、ラフィクのための新しいジョブをもたらしました。dare-悪魔プレスカメラマンにオフィス男の子として、ラフィクは弟の靴の中に段階的に説明し、最終的には彼の不在で平和を作るために開始します。

彼の息子の人生は、待望のVoLTEの顔をしているように、家に戻って、父ユスフは、暗闇の渦に沈みます。交通警官、ユスフは、一方では、彼の仕事の非効率性により窒息死、およびその他のカシミールの路上で絶え間ない暴力れます。ユスフの正気は限界点に達します。

ある夜、遅く、ラフィクのドアをノックする音があります。ラフィクの両親は疑わしいです-その後半時間で、訪問が唯一の避難所を探している過激派を意味することができます。ラフィクは、それが友人である、それらを保証します。それは確かにアシュラフ、国境を越えてそれを作った友人のグループの一つです。彼は好戦的に戻ってきました。別の息子の損失を恐れ、彼の息子の保証で納得、ユスフは、ヘルプの検索で出てさまよいます。彼のせん妄、予期しない動作が疑いを誘います。「飛び出しがあります。弾丸は、そのマークを見つけます。



イメージ 2

アーミルバシル(Aamir Bashir)

アーミルバシル(アーミルバシル)は、インドの俳優や映画監督です 。

概要

アーミルは最高の彼の強力な役割のために知られているインドの俳優、監督、プロデューサーである水曜日とハイダー。テレビ番組やコマーシャルで働いた後、彼はデブ・ベネガル年代にデビューを演技彼の機能を作ったスプリットワイドオープン。彼はと彼の監督と共同プロデューサーデビューをしたHarud、第60回ナショナル・フィルム・アワードで最優秀ウルドゥー語の長編映画のための国家賞を受賞したウルドゥー語フィルム。

含む彼の信用に14以上の長編映画でPeepli(ライブ)とグルガオン - 、彼は最近Netflixの初のインドのオリジナルシリーズで見られた聖なるゲーム。

彼はのために撮影包まナブディープ・シンさん以前題しハンターとなりましLaal Kaptaan、だけでなく、アマゾンシリーズエッジの内側。

彼は現在の第二シーズン撮影され、神聖なゲームとバラジの次の長編映画を。

キャリア

彼の俳優としてのキャリアがで、テレビで非常に小さな役で始まったBhanwarのテレビシリーズ、およびいくつかのテレビ広告に出演し、これは、彼の映画デビューにつながったワイドオープンスプリット(1999)とtelefilm、Doordarshanスリナガルを。彼は、2003年映画に登場Armaan。[1]アクレイムはスリラー、と、2008年に彼の方法を来た水曜日、彼は警部の役割を果たしました、。フィルムはまた、彼勝った映画賞のための指名脇役で最優秀俳優。[2] [3]

バシルは、フィルムにシャー・ルク・カーンの弟を再生するように設定された私の名前はカーンで物事がうまくいかなかったと最終的に置き換えられたが、ジミーSheirgillカーンの弟として。 [4]

2010年には、バシルの監督デビュー作Harudはで初演2010年トロント国際映画祭。映画スターレザ・ナジとShahnawaz Bhatさんは、とで行わカシミール。[5] [1]?[6]









全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事