歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei

容量がいっぱいになったので、移転しました!連絡先:chiharakai@apost.plala.or.jp

全体表示

[ リスト ]

ちはら会ならば、まずは、これから行かねばなるまい!(笑い)

どう見ても(実際も)超B級のこのアイテムですが、CMJのボトムズ新作応援企画をしようと、関連ゲームを漁っていたところ、デュアルマガジンで偶然、目にしてしまい。これは、成仏させるしかない(?)と、2月の例会に持ち込みました。

もとは、80年代に放映された「巨神ゴーグ」で、安彦良和氏のキャラが好きで、部活の合間を縫って、見ていました(笑い)。丁寧な作画が好感を持てましたが、若い主人公に、私企業Gailやマフィアが絡み、かつ、「正義っぽい蒼い巨神」という設定のアンバランスさが気になって、途中、中弛みに。が、ガーディアンが登場したあたりから、全ての謎が繋がり、最後は米ソの核介入(!)という、超リアルな展開に驚愕した覚えがあります。

イメージ 7

今回、一番乗りのyagiさんと山田さんをお誘いして、プレイして「しまいました」。ゲームは当然、ストーリーをなぞったスゴロクなので、「巨神ゴーグ」を知っているか、聞いたところ、
山田さん「・・・見た覚えがあります」
yagiさん「そんなのあったっけ?」(笑い)

イメージ 1

例え、B級でも背景は大切なので、あの複雑なストーリーをどう伝えようかと迷っていたところ、yagiさんが一声。「スゴロクだからいいじゃん」(全然、興味なし!)確かにプレイに支障はないと、早速、プレイすることに(笑い)。

展開は、そのマノンさん(yagi)がdrよく、先行。途中にあるハードポイント(赤丸)も難なく突破し、中腹まで辿り着きます。

イメージ 2

イメージ 6

それをロッド(mitsu)が追いかけ、馬の鞍でマノンさん(yagi)が足踏みした時点で、一時、追い抜くことに成功します。が、ロッド(mitsu)も馬の鞍で、かなりの時間、ひっかかることに。

イメージ 3

苦しかったのは、ドリス(山田)で、どういうわけか、偶数ばかりを出して、最初のハードポイントのクーガーコネクションで行ったり来たり。しかも進むときは、低ロールばかりで「一歩進んで、五歩下がる」(?)と、まるで水前寺清子状態。

イメージ 4

結局、一番「興味のない」マノンさん(yagi)が、一番「訳も考えずに」、一番でゴール!
で、出てきた感想が・・・
「ああ〜、面白かった」(by yagi さん)←ウソつけ!!(笑い)

イメージ 5

プレイ時間は7分30秒くらい。というわけで、ユニットを自作し、「地雷探査」のソロ演習まで行った「Qロボゴーグ オウストラルQ島スゴロク」(DM)を、無事に成仏できました。う〜ん、準備にプレイの3倍以上かかったぞ〜(大笑い)。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事