歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei

容量がいっぱいになったので、移転しました!連絡先:chiharakai@apost.plala.or.jp

全体表示

[ リスト ]

続いて、最近のマイブームの「秀吉怒濤の天下統一」(GJ)を対戦します。カードの使い回しが肝の秀吉側をmitsuが、外線で選択がしやすい反秀吉側を近藤さんが担当します。

第0ターン、畿内に突入した秀吉勢を明智が迎え撃ち、4ヒットを与えます(期待値通り)。秀吉側はダブルアクションの「大返し」を使って、明智を滅亡させます。一手目でうまく壊滅できたので、主力はそのまま、伊勢に突入します。

イメージ 2

第1ターン、「洞ヶ峠」で柴田を足止めすると、そのまま、伊勢を攻略し、滝川を滅亡させます。

イメージ 3

第2ターン、続いて主力を越前に侵攻させ、柴田勢を削ります。同時に別働隊を美濃に侵攻させ、圧力をかけます。

イメージ 4

第3ターン、佐々勢が援軍で到着したため、越前は未だ落ちませんが、美濃を別働隊が攻略。さらに、尾張で筒井と丹羽が「太閤検地」で支配権を奪います。

この時点で、カード枚数差が3枚になったので、逆転は難しいと、秀吉側勝利で終了とします。

イメージ 1

さくっとインストが終わったので、同じ陣営で第二戦に。

序盤、明智勢の意外な抵抗に手こずりますが(「大返し」の第一撃では落ちず)、どうにか京を確保。

イメージ 6

第1ターン、「北の茶会」が来たので、捨て札になっている「伊賀忍者の反乱」を回収し、実行します。カード枚数の優位を生かして、伊勢を攻略し、美濃と尾張に次の矛先を向けます。

イメージ 7

第2ターン、先手で秀吉勢が美濃を攻略しますが、すかさず、柴田勢が山越えで美濃に侵攻します。ここでは、またも「洞ヶ峠」で柴田を足止めします。

ならばと、今度は徳川隊が「海道一の弓取り」で、尾張の別働隊の消耗を図りますが、「伏兵」でチャラに。なおも、攻撃精神溢れる徳川隊は「兵糧米」で回復し、まさに「鉄砲隊」を見舞わんとしましたが、秀吉側は一歩早く「七本槍」を発動!一気に戦局をつかめるはずだった反秀吉側は、悉く、チャンスをつぶされ、プレイヤーのモラルが崩壊し、秀吉側の連勝となりました。

イメージ 5

「う〜ん、圧倒的な差があるようで」と、近藤さんは言っていましたが、実は秀吉側はまだゆとりを持てない状況でした。策略が来て、ギリギリうまくいったわけで(「洞ヶ峠」とか「北の茶会」とか)、まだ、打てる手はあったかと思います。

だいぶ、秀吉側の作戦は見えてきたので、次は反秀吉側の手を考えてみたいと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事