光江の裁判記録(再生可能エネルギーの普及・脱原子力)

地球温暖化防止を目指して、国(エネ庁と公取)を相手に訴訟しました。1人vs50人(国の指定代理人)の争いでした。

ブログ停止のお知らせ

突然ですが、本日づけで、記事の更新は止めることにしました。

脱原発目指して、ずっとブログしてきましたが、東北地方太平洋沖地震でその目的は達したように感じています。

私でなくても、他の人が放っておいてもブログしてくれる状態になっていると思います。

これだけ放射能が漏れまくっていたら、もうみんな確実に原発反対でしょう。

今後は私は、執筆中だった本の完成に力を注ぎます。

裁判の他に、地震やATCから嫌がらせを受けたことを記していきます。

バッシングはもう必要なさそうので、記録としてまとめます。

ブラス同時に、行政改革(構造を改善)の必要性を伝えていきます。

まず、原発推進の責任者(最高裁とエネ庁)をはっきりさせ、行政が、より国民の生命を大切にするようになるためにはどうすればいいのかを記します。原発行政、全員グルじゃ、駄目ですね。

コメント覧は引き続きやりとりしますので、気が向いたら遊びに来て下さいね。

ひとまず、今までどうもありがとうございました。

卒業します。

皆様との出会いによって、たくさんのことを学べました。

この記事に

開く コメント(82)

開く トラックバック(0)

時事通信 3月15日(火)22時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000178-jij-soci

静岡県東部で震度6強

 15日午後10時31分、東海地方で地震があり、静岡県富士宮市で震度6強の揺れを観測した。気象庁によると、震源地は静岡県東部で、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は6.0と推定される。若干の海面変動はあるかもしれないが、被害の心配はないという。
 静岡県三島市では、市役所2階の天井が落下。けが人はいないという。
 中部電力によると、静岡県御前崎市の浜岡原発3号機は定期点検中で停止中、4、5号機は運転を継続しており、異常がないか確認している。東海道新幹線は地震を感知したため、品川―浜松間で自動的に運転を停止した。
 主な各地の震度は次の通り。
震度6強=静岡県富士宮市
震度5強=山梨県忍野村、富士河口湖町、山中湖村
震度5弱=神奈川県小田原市、山北町、山梨県南アルプス市、市川三郷町、富士吉田市、静岡県富士市、御殿場市、小山町。

浜岡原発は何故、緊急停止しないのでしょう?


それが一番怖いのでは?


福島第一原発と浜岡原発で、「原子炉を止める」「冷やす」「放射性物質を閉じ込める」の安全設計は、すべて駄目ってことが証明されました。

5号機なんって、2005年に運転開始したばかり。

最新のものでも駄目だってことです。

この記事に

開く コメント(21)

開く トラックバック(0)

行方不明の知り合い

私の知っている人が、東北へ出張に行かれて、まだ戻ってこないということです。

先週、お会いしたばかりだったのですが・・・。

なんということでしょう。

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

産経新聞 3月14日(月)17時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110314-00000703-san-pol

停電めぐる混乱で枝野氏「残念で遺憾」 政府の対応への謝罪はなし

 枝野幸男官房長官は14日午後の記者会見で、東京電力が計画停電の対象地域や時間を発表したのが13日午後8時だったため国民への周知が遅れ、14日早朝から混乱を招いたことについて「結果的に今のような状況になったのは残念で遺憾だ」と述べた。ただ、政府が東電の計画停電を了承したものであるにもかかわらず、枝野氏は政府の判断、対応への直接の謝罪を行わなかった。

 枝野氏は「いよいよ実際に電力供給をストップせざるを得ない状況だと報告を受けている。予測されない停電を防ぐためにもやむを得ない措置なので冷静に対応してほしい」と呼びかけた。

 枝野氏は14日午前11時からの会見では、計画停電の混乱について「関係機関の情報提供の中には、必ずしも適切でない部分が見受けられる。そのために必要以上の不安を国民に与えているのではないかと危惧している。政府の立場から適切にこうした点は注意すべきであると考えておりまして、こうした状況を皆さんにお詫び申し上げる」と述べ、東電などへの指導不足に限って陳謝していた。


産経新聞は冷静な判断していますね。

私も政府の対応にかなり疑問があります。

何故、節電するように最初にもっと呼びかけないのでしょうか?


「店舗の看板、電気消せ」「自動販売機は全部電源抜け」「暖房一切つけるな」・・・。

飲料メーカーは人々の買占めで、ただでさえ品薄状態になっているのだから、自動販売機が使えなくなってても、まったく問題ないと思います。

こんな情報欲しいときに停電してたら、みな情報がまったく入ってこないです。

ラジオつけるにも、電池はどこも売り切れているみたいですし・・・。

蓮舫節電啓発担当相、全然駄目ですね。

この記事に

開く コメント(24)

開く トラックバック(0)

毎日新聞 3月14日(月)11時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110314-00000050-mai-soci

<東日本大震災>3号機も水素爆発 福島第1原発

 経済産業省原子力安全・保安院は14日、東日本大震災で緊急停止した東京電力福島第1原発3号機で午前11時1分、1号機と同様に水素爆発が起きたと発表した。保安院によると、原子炉内の水位低下で露出した燃料が過熱して溶け、大量の水素が発生し、爆発したとみられる。現場には南風が吹いている。周辺には住民約600人が残っているとみられ、保安院は屋内退避を呼び掛けた。

 保安院によると、原子炉格納容器の圧力は14日午前5時ごろ365キロパスカルアブソルート(耐圧の単位)だったが、同6時50分に530まで高まった。地震後最高値で、設計上の最高圧力をわずかに超過した。保安院は「設計値には余裕があり、直ちに爆発の危険はない」と説明。その後、圧力も約500に下がったとしていた。

 一方で、建屋内の水素圧力も高まったため壁の一部を外す検討を始め、作業員を退避させるなど現場は一時緊迫した。この場合、体内被ばくのおそれがある放射性ヨウ素の放出量が約100倍に高まる危険があり、保安院は「状況次第」という慎重な検討をしていた。

 3号機の燃料は上部約2メートルが冷却水から露出し、このために燃料溶融が続いたとみられ、注水の方法に問題があったことが危機的な状況を招いたという。【山田大輔】
3号機も水素爆発してしまいましたね。

記事では「南風」、テレビでは「無風」と言ったり、「東南」と言ったり・・・・。

一体、風はどっちに吹いているのでしょうか?


爆破直後の重要な情報なのに・・・。

テレビを見る限りでは、無風みたいなものではないのですか? 

白煙が真上に上がっていました。

都内なら、今のうちに少しは用事で外出できそうですが、もう平日ですから、仕事で外出しないわけにもいきません。

困ったものです。

風向きも、放射能の情報と共に、30分毎にでも随時、報道して欲しいです。


追記/気象庁の「アメダス」から全国の風向きがわかるようです。
この記事のコメントから知りました。1時間毎ですが、随時皆さんもご参照下さい。
http://www.jma.go.jp/jp/amedas/205.html?elementCode=1

この記事に

開く コメント(21)

開く トラックバック(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事