年寄りの戯言

出来るときに、出来る人が、出来ることを・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全116ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

写真上から
・宴会後半の集合写真
・竜宮ホテルの夕食
・朝定食

いつもの異職メンバー6人の集まり、これまでの旅行は日間賀島、美濃加茂野の我が農園など数回の一泊旅行を楽しんできた。今回は吉良温泉竜宮ホテル・・・幹事から事前に名鉄電車の2DAYフリー切符の引換券がメンバー各自に配布され、それぞれが切符に交換、名古屋駅14時頃集合・・・

メンバー構成は、悠々自適78歳、コンサル会社退職後更に嘱託等で第二の人生をしぶとく生きている74歳、国家公務員を退職後コンサル会社勤務の62歳、コンサル会社を早期退職し相続遺産で米国旅行など楽しんでいる悠々自適61歳、コンサル会社に勤務している管理職52歳、コンサル会社で技術士所得後自主退職、税理士目指して頑張り合格、税理士事務所の跡継ぎと目されている51歳・・・の異色な顔を持つ面々だ。

一路、目的地吉良駅へ・・・吉良駅にはホテルお迎えのワゴン車が、途中見るところもなくホテルへ直行。ホテル前に到着してみるとなんだか見覚えのある景色…車の中からホテル内のサロンが見え、そこで喫煙した記憶が・・・

良く考えてみると、今年1月末に老人会会長研修旅行で岐阜バスの観光バスで一泊したことを思い出した。2か月少し前のことだから、いくら年を取ったと言ってもそれなりに記憶はあった。確かに幹事から旅行先など計画決定に際しアンケートがあったが、全く深く考えることもなく、すべてお任せしていた。

4時前にホテル到着・・・若い二人が早速、飲物の調達へ・・・フロントで自転車を借り近くの酒屋で焼酎、日本酒、ビールを購入・・・ホテルにも缶ビールなど自販機がセットされているが通常の倍ほどのお値段、宴会での節約を考えお部屋(10畳ほどの若干広い部屋)で事前にアルコールを補充・・・

夕食、朝食共に先回訪れた時より若干良かったような・・・先回来たときは総勢150名ほどの団体で大部屋でお座り、今回は、個室で掘りごたつ式・・・宴会内容は、前菜、刺身のお造り、ちらし寿司、エビの塩焼き、天ぷら、酢の物、吸物と中くらいのズワイガニが3人に1杯付でまあまあの内容・・・

宴会後は、狭い10畳の部屋で雑魚寝???明け方、仲間の一人が夢でも見ていたのか「OTIAIの婆…」と数回わめき、最後に駄目押しみたいに「OTIAIの婆…」を大発声・・・起床後はその話がもっぱらの話題に・・・何でもそのOTIAIさんと言う人はマンションにも知り合いにも居ないそうだ。夢の中で何かシュプレヒコールで叫んでいたような気がするとか・・・

この記事に

開く コメント(0)

美濃加茂農園 in 2017/4/15

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

写真上から
1.コンニャクイモの種芋
2.コンニャクイモの植え付け完了後
3.屋敷前の農園現況
4.昨年種蒔したエンドウ豆(手前…フナップエンドウ・後方…絹さやエンドウ)
5.昨年植付けた玉ねぎ
6.本日植付けたサツマイモの苗

本格的な植付け時期を前にした我が農園の現況・・・生まれて初めて農作業を初めてすでに10数年・・・健康管理が第一目標だったが、お陰様で現在まで何とか続いている。依然として正月痛めた肩も治らず今朝も行きつけに接骨院で朝一番から電気マッサージからもみほぐしまで1時間程・・・

農作業をやるようになってからあんがい体調管理も順調で行き帰りの車の運転、連作防止の作業ノート、作業中のカラオケ訓練、生育途上の作物の姿、近隣住民との会話などカラオケの”四万十”の歌詞「いまは大河の 四万十だけど もとは山から 湧いた水 人も出合いを 大事にしたい 沢が集まり 川になる 深い情けの淀みもあれば 浅い浅瀬の愛もある」間もなく、平均寿命の82歳??? なんだかまだまだ長生きできそうな気が・・・

 写真のコンニャクイモの種芋は以前、同窓会で育ててみては、とご指導いただいた女史から頂いたもので、すでに3年経過した種芋で大きなものは300gあったが、全部で11個の種芋を植え付けた。保存にも十分注意を払い冬季は新聞紙、発泡スチロールの箱に温存するなど愛情をこめてきた。

 3番目の写真は、屋敷前の畑の全景(右畑がニンニク、中央がキャベツ、昨年11月下旬に種まきしたスナップエンドウ・絹さやエンドウ。左側が玉ねぎ・・・)

4番目の写真は昨年11月初めに苗を植え付けた玉ねぎの軍団、5番目の写真は、これも昨年11月1日に種まきしたスナップエンドウと絹さやエンドウ…

最後の写真は、本日午前12時前に到着したサツマイモ・・・例年、鹿児島からメール便で送ってもらっているサツマイモの苗、今年は隼人芋20本、紅アヅマ20本お願いしてあった。「みやびファーム」と言うところで毎回5〜6本の予備品も含めてサービスしてもらっている???

既に苗床は準備完了しており、早速畑に持参し植え付け完了・・・植え付け後3ヶ月くらいたてば、掘ってもよろしいとの事・・・送料込みで2800円・・・いつまで続くことやら・・・趣味と実益・地産地消・健康管理・ボケ防止・・・とは表向き、畑ではタバコ・缶ビールをやりながらカラオケの発声練習・・・ちょい悪爺さんかなぁ・・・

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

写真上から
・「なだ万」弁当
・客席の間を練り歩くちんどん屋
・我が吉野会会長の面々も
・介護職員も大忙し???

4月3日、岐阜老人ホームの花見会・・・例年この時期に開催されていたようだが、今年は老人会の幹部も催しにお誘いがあった。場所は、我が家から2kmほど山の手に登ったところにある。

このホームの収容人員は100名ほどで、今回は、市会議員、地域包括センター、岐阜市社協、民生委員、日赤関係者、地元派出所など日頃老人ホームと接触のある関係者がお招きにあずかっているようだ。我が老人会からもお祝儀を持参、会長6名が参加。

集合時間は午前10時40分、自転車で出かけたが、坂の途中で引っ張っていった。開始は11時過ぎで約2時間の宴会。食事内容も結構立派なもので、写真の様な2段のお重。蓋には「なだ万」と書いてあったが、この「なだ万」名古屋では結構な老舗・・・内容もお年寄りを考えてかそれなりに薄味で量も適量・・・その他、焼きそば、おでんの屋台、ぜんざいコーナーなど設置されており、至れり尽くせり。お酒、ビールもしっかり・・・

余興もちんどん屋から、健康体操、地元住民の出し物など盛り沢山組み込まれ、しばし楽しいひと時を・・・

この記事に

開く コメント(0)

健康診断

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

・医療センター正面  
・院内  
・医療センター内の案内板  

去る22日、例年通りの年一回の健康診断・・・
これまで、5年程毎年3月頃、東京に住む従弟と一緒に、豊橋医療センターの院長をやっている従弟に健康診断を継続してお願いしている。3人の親は、私の父の兄弟姉妹の長男で、戦後間もないときの子供の頃から親しんできた仲間・・・

 それぞれの親の関係は、私の父親が長男、院長をやっている従弟の親は長女、東京に住む従弟の親は次女。年齢は私と東京に住む従弟とはほとんど変わらないが、院長は一回りほど若い・・・高校は皆同じ武義高校卒業で旧知の仲・・・

 朝6時過ぎに家を出発、名鉄、豊鉄バスを乗り継いで、医療センター到着9時過ぎ、早速、受付で保険証のチェック・・・すでに院長が検査について予約済みで手際のいい進行で11時頃には検査終了…東京の従弟も9時40分頃到着、彼の方は胃の内視鏡など私とは少し違う検査内容、お互い持病みたいなものを中心とした検査・・・

 検査の中味は、それぞれが抱えている病を中心とした検査・・・私は腫瘍マーカーをはじめ、糖尿病検査を主体として血液化学検査、頭部のMRI撮影、喫煙による検査として肺機能、躯幹CT撮影などの検査を手際よく消化???

 途中、MRI検査時に東京の従弟とバッタリ・・・彼は胃の内視鏡検査を行うとかで少し遅れ気味…私は11時頃検査が終了、院長からのお話・・・じっくり検査結果を眺め「全て血液関係も年齢からしてまったく正常・・・喫煙の割には肺機能も標準値で、しぶとく生きていますねぇ…」内心 \(^O^)/

やれやれ・・・検査終了後、3人でいつも通りに院内食堂でランチをご馳走になり、院長室でしばし、雑談・・・次回は今年6月初めに東京で開催する高校同窓会総会において院長が講演するとかで3人で東京の従弟宅に泊り、翌日の講演に参加することを約束し解散・・・

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

写真上から
・完成した花壇…パンジー
・定植作業
・教室内での給食

先日、西小学校の校長先生から老人会へ低学年生の花壇作成を手伝ってもらえないかとの相談が・・・場所は、正門横の花壇ですでに土は準備完了しており、パンジー等の苗も100数十本用意されていた。

お手伝いに参加した老人会のメンバーは男4人、女3人の計7人、それなりに移植作業には慣れている人ばかり、午前11時過ぎに校長室でお茶の接待を受け、校長先生からお礼の言葉…聞くと、小学校1年生担当の花壇でこれまでの経験から子供達だけではバラバラになり上手く行かないから手伝うと言うより我々だけで定植してほしい、お礼に子供たちと一緒に給食を味わってほしいとのこと。

早速、作業開始、約1時間ほどで終了・・・給食開始は12時30分からだとかで校長室で校長先生を交えてしばし、歓談・・・授業終了のベルが鳴るとしばらくして1年生の給食当番がお迎えに…教室は1組から3組までで、それぞれ子供たちと手を繋いで教室まで案内…すでに配膳は終わっており、子供たちの前でご挨拶・・・「頂きまーす」

私が着席したのは7人の仲間の中、女4人、男3人・・・子供達からの第一声は「おじいちゃん、何歳・・・」「何月何日生まれ・・・」。多分、子供たちの多くはおじいちゃん、おばあちゃんのいわゆる祖父母がいるのだろう。

私にも小学校2年生の孫の祖父母参観によく参加していたが、給食に同席することは初めて、よく見ると、大きな子と小さな子の机もそれぞれの身長に合った高さのもの…私が座った椅子は高い机で高学年の机だとか…暖房も完備されており、ストーブなどはない

給食はすでに冷めていたが、ご飯、小さく切ったおでん???、レバーの煮たもの、小松煮とパック牛乳・・・子供たちもおしゃべりばかりでなかなか食が進まない。先生も特に「早く食べなさい」とかもない。強制もなく、嫌いなものは残しても良い感じ。

そこで、私は「早く食べた人からじゃんけんで勝ったら“アッチ向いてホイ”をやるよ」するとてきめんに効果が表れ、ほぼ完食に・・・給食後は再び給食当番に手を繋がれ、校長室へ・・・自分ではまだまだと思っていても子供たちからはおじいちゃん・・・でした。

この記事に

開く コメント(2)

全116ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事