全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

マゼランGPS

 イメージ 1

北海道のトムラウシ山の遭難事故から、たとえ夏山といえども

山登りは万全な計画と装備が不可欠だと再認識させられました。


僕は正直地図を見るのは得意ではありません。

「確か現在地はこの辺のはず…」でも違うな〜。なんてことがしばしば。


そんなわけでハンディーGPSが欲しいと思っていたのですが、

ネットで調べると、地図も出る高機能のものが最近の主流になっているみたいです。


でも…高すぎでしょ、これ!。日本ではガーミン社製の物が独占状態のようですが

もともとアメリカ製で当然表示は英語。それを日本語対応のファームウェアに書き換えた

「日本版」を販売している会社もあるのですが価格はなんとは12万円!。

オリジナルのものなら、向こうで買えば半額もしないんだけどね。


しかし、その英語版のものに、 日本詳細1:25000道路ナビ+トポ (等高線入りの版全国地形図データ)

がインストールされたものが販売されていて、(6〜7万円)「日本版」に入っている地図ソフトより、

こちらのほうが使い勝手は断然いいらしく、うぅぅ…欲しい。

(操作画面や地名がローマ字表記になるけど、それくらいは問題ないでしょ。)


そんな話を会社でしていたら、ある方から「古いけど、良かったら使ってみる?」ということで

マゼラン製のGPS315を頂いちゃいました。


でもこれ、かなり古くさい。使い物になるになるのか少々疑問でしたが、適当にウェイポイントを入力し

チャリンコで走ってみたら精度的には全く問題なし。

イメージ 2

地図は表示できませんが、ウェイポイントを細かく入れてやれば、まだまだ使えそうです。

ただで手に入ったわけですから、当面はこれで我慢しとくことにしました。


でもやっぱり、ガーミンの「60CSx」か「Colorado」が欲しい〜。

開く コメント(65)

秘密の花園

イメージ 1

 一か月ほど前に、お気に入りのデジカメを落として液晶を割ってしまい

修理を見積ったら2万円超えるし、買い替えを考えていたのですが

先日、別の要件で家電量販店に出かけた時に、アウトレットの

デジイチ(Nikon D60)を見つけ、衝動買いしてしまいました。


もう生産中止になっている、デジイチの入門機種ですが、

安いなりにも、評判は悪くないし、今からカメラを覚える

僕には適当な機種かと。

(本当はリコーのGRD、GX系がとても欲しかったんだけど…。)


カメラを買ったら当然撮りたくなってきます。

そこで天気は良くなかったのですが近くの「デンパーク」に出かけてきました。


そこで見つけた「秘密の花園」の文字。   気になります…。

その奥は… 

イメージ 2


????  何もない?  ??

やっぱり何もない? はっ?   何なのこれ?


期待させたかもしれませんが  (僕も"何か"を期待したのですが…。)

すかされました。


写真を撮りにどこかに行くというのは初めてでしたが、結構楽しいものですね。

構図とか、カメラの設定とか、難しい事は何もわかりませんが、これから

楽しみながら勉強していきたいと思います。


イメージ 3
僕の好きな ひまわり

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

登山編-

頂上についても頭痛いし、気持ち悪いし、とても「お鉢巡り」

する元気はありません。

頂上滞在15分で、すぐ下山。


吉田口は通常、下山専用のブル道で下山するそうですが、今年はまだ

残雪で下山道が開通していないため、登ってきた道を下りることに。

イメージ 1


山小屋がある分たくさん休憩できて、楽は楽だったのですが、

下りも相当辛いです、長すぎます。

イメージ 2
まだ雲の上…orz。

こんなに山小屋あったっけ?と錯覚するほど山小屋が多いです。

吉田口のルートは一体何件、山小屋があるんだろ?



7合目を過ぎたあたりから、今日山小屋に泊まって、明日頂上で

御来光を見る登山者がゾロゾロと登ってきます。


天気は晴れてきたし、明日は絶好の御来光日和だろうな。

この人たちはきっと日頃の行いが良いのでしょう。


イメージ 3


そういえば7合目の山小屋のお兄さんが、

「富士に登るのはホント今が一番ベストですよ。」って言っていました。

7月下旬になると、土、日は人で溢れかえるそうです。

昔みたいに、ぎゅーぎゅー詰めにはしないけれども、すし詰めには

するそうで。(笑) 海の日の3連休とお盆は、

「僕なら決して登りません。」と断言しておられました。


今回の富士のために用意したトレッキングポール。(ダブルステッキ)

これのおかげで、下りはものすごく助かりました。


膝や足首の負担がとても軽減できます。こんなに使えるものとは

思ってもいませんでした。(早く買えばよかった。)



山小屋に着くたびに休憩したせいで、下山もすごく時間が

かかりましたが、5時間半かけて、ようやく駐車場に到着。


全行程13時間!疲れました。しばし放心状態。



そしてこのまま日帰りです。

あ〜ぁ、昨日?一昨日からの睡眠時間…1時間半。


途中のP.A、S,Aで顔を洗いつつ、食べたら眠ってしまいそうでになるので

お腹を減らしつつ、ゆっくり帰宅。PM11時、家に到着。

ほんと、お疲れ様でした。

開く コメント(0)

魔王ジョロキア

 観賞がてら育てている、ジョロキアとハバネロが色づいてきました。


イメージ 1
ブート・ジョロキア



イメージ 2
ハバネロ(チョコ) 



イメージ 3
ハバネロ(オレンジ)


経験した方はわかると思いますが、ハバネロの野菜汁は激烈な刺激性を持っています。

切っているだけで、指先が痛くなってくるし、汁が眼の周辺、鼻、耳、皮膚の弱い
部分なんかに付着したら、ものすごいことになります。


ハバネロでさえこんなに危険な辛さなのに、ジョロキアは辛さの指標になるスコヴィル値(SHU)が、
ハバネロの2倍もあるらしい。

見た目はかわいいのに恐ろしい奴だ。

ちなみに本当にハバネロの2倍も辛いのかか、かじって比較してみました。



 〈結果〉
わかりませんでした。

というかここまで辛いと、ただ口の中が痛いだけで比較になりません。
後からどんどん辛くなるし…。全く意味のない実験に終りました。


ちなみに皆さんは収穫した後、どうされてるのでしょう?

僕は辛い物は好きですが、この辛さは度を越してます。
こんなものを料理に使えるのですかね?

開く コメント(0)

登山編-

歩き始めると雨は小降りにはなりましたが、ガスがかかって周囲の景色はあまり
見えません。でも空気が薄く富士に来ている実感はあります。
イメージ 1

イメージ 5

7合目から山小屋に着くたびに小休憩をとりましたが、山開き直後で、
天候も悪く、初日は8合目以上は規制も入っていたおかげで? まだ人が少なく
休憩し放題でした。(笑) 


イメージ 2
富士山は休憩するところ(座ってくつろげる所)は山小屋の前にあるベンチしかありません。
キャパが絶対的に足りないし、シーズン中は大混雑で座れないでしょうね。


しかしこの頃から軽い頭痛を感じはじめ、その時は寝不足だろと軽く考えていたのですが、
徐々に傷みが激しくなり、もしかして考えたくないけど、高山病? 

何か眠いし少し気持ち悪い気が…。

深呼吸で克服しようと試みましたが好転せず。8合目付近から本格的に頭痛・吐き気・
眠気が襲ってきて、このころから天気も少しずつ回復してきたのですが、景色を
見る余裕もありませんでした。
(高山病はホント辛いです。登る前はしっかり睡眠をとりましょう。)


こんなわけで、8合目から頂上まではフラフラな状態で登っていました。
イメージ 3
見難いですが上の鳥居が頂上です。


そして出発から7時間後の12時半にようやく登頂!。

イメージ 4
山小屋はまだ開いていませんでした。

開く コメント(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事