ここから本文です

猫田家物語(ラムおばさんと4匹の猫)

書庫ラムおばさん

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

葬 送

イメージ 1
 
 
イメージ 2

  まいど!ご無沙汰続きの猫田家管理人、緒珠デス
  ラムのことでは沢山の方々に励ましと労わりのコメを頂き
      有難うございました。m(__ __)m

   
イメージ 11
 
 
 
去る10月2日
 
 
ラムが永眠して4日目の日曜日
 
本当はもっと傍におきたかったんだけれど
 
気温も高く、腐敗防止のバカ高いドライアイス(10㌔6000円)も痛いところだったので...
 
猫田一家はラムと十分お別れできたから・・・
 
そろそろ見送ることに致しました。
 
 
 
イメージ 15
■ 緒珠の場合、悲しみと金勘定は別もんってのがつらいところでして、、、(^^;
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
昨年から襲い続けた出費の嵐に財布も通帳もヘソクリもスッカラカンの猫田家
 
 
 
 
 
頼みどころの宝くじにはそっぽを向かれ、、、
 
満月にお財布フリフリも時期が合わず・・・li|li|l( ̄~ ̄;)li|li|l
それでも乏しい予算をやりくりして希望が叶えられる葬儀を行えるよう
 
ネット検索&電話掛け捲り
 
 
 
 
 
世間の相場と猫田家との懐事情のギャップに打ちひしがれながら
  
質素でも手作りやからええやん!と己を奮い立たせ奮闘したのにも関わらず
 
想像以上の貧 素 質素なお葬式に愕然! _l ̄l●lll ガクッ
 
ʅ(◞‸◟)ʃ 貧困に負けた! (爆;
 
 
 
 
何とか葬儀を出すことができました(^^;
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
殺風景な中にも唯一の彩りはグラ友さん達から頂いたお供えの大〜きな花籠と
 
ルカ動物病院から贈られてきた可愛いお花、、、
 
 
 
イメージ 3
     イメージ 4
 
 
 
 
 
 
実は猫田家、人も犬猫も揃いも揃って花より団子な一家
 
♪♡○o。食べ物ラブ(ღˇ◡ˇ)人(ˇ◡ˇღ)お団子ラブo○♡♪
 
 
 
 
 
なのでラムの棺には ( ← 段ボール2箱でOyaji殿が手作り )
 
大好物の まんまるパン だけを山ほど入れてやるつもりでした
 
 
 
 
 
大好物に埋もれて旅立つなんて、、、理想的じゃん♪ってね d(^◇^*)/ ヤッタ〜♪
 
 
でも…グラ友さんの一言
「ラムちゃん女の子ですから〜」
 
(゚ω゚;)。o○(ぇ!?)
 
 
 
 
 
と〜〜〜っくの大昔に女をやめた?緒珠も考えを改め
 
お供えのお花、殆どを添えることにしました〜(^^;
 
やっぱ女の子とお花は切っても切れない関係だわね 
 
 
 
 
 
ってことで・・・
 
お花だんご、、、グッドでしょ?
 
ウフッ(*´艸`*).。oO(緒珠の時もこんなんしてほしぃ…)
 
イメージ 14
 
箱のつなぎ目、黒いガムテはスルーしてねっ!(^◇^ ;)
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
葬祭業者の所へ行く途中、グランドへ寄り
 
グラ友さん達が見送ってくれました。
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
動物愛護センターへラムの死亡届を出したとき紹介されたのは
 
市内、最安値のペット葬儀屋サン
 
猫田市小動物愛護推進協会←ペット葬儀屋さん
( 人の葬儀屋サンが兼業されている←こちらもお安い♪) 
 猫田家御用達決定!  
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
最安値とはいえ親切に対応していただき
 
丁寧に取り扱ってくれました。
 
 
みすぼらしい棺に綺麗な金襴緞子の布を掛けてもらったラムは一路
 
宝塚動物霊園火葬場へ運ばれました。
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
飼い主立会いの火葬だと金額も数倍以上跳ね上がるため
 
猫田夫妻は無い知恵絞り、ラム車の後を付け宝塚動物霊園へ行くことに(。≖ิ‿≖ิ)b ニヤッ
 
 
 
 
 
離れたところからラムが火葬場へ入るのを確認... |墓石|ω・`)ヨシッ
 
業者が帰ったあと、数時間車の中からえんとつの煙を見届けました。。。
 
きっと香ばしい小麦粉の香りが霊園中に漂っていたかもね(笑)
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
ラムの場合、デカイので費用内の骨壷では到底すべて入りきれない  「(´へ`;ウーム
 
全て入るサイズの骨壷は別料金で8万以上 (´0`;).。oO(ぇ・・・・マジ?)
 
お金は無いが遺骨は全て欲しぃ猫田夫妻
 
 
『自前の大きな器に全部の骨を入れてください!』
 
 
と、言ったら
 
あっさり断られちゃいました (^-^;)>ヤッパリ...
 
仕方がないので『詰めて押し込んで目一杯入れてくださいね』 と、お願いする。
 
 
いくら仏さま相手でもビジネスの世界はヒジョーに厳しぃ!
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
イメージ 7
画像↑見てのとおり、個々のお墓は人様に負けないくらい立派なものが建ってます。
 
 
 
 
 
 
ところで霊園ではこんな↓猫サンがいました。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■
 
 
 
緒珠が幼少 (^^; ガキの頃はペットが亡くなると遺体は敷地内か
 
はたまた山や原っぱなど自然界で埋葬するのが常識だったけど
 
今じゃ、数十万掛けて葬儀をして墓石を建てる
 
 
■  ■  ■
 
 
市委託の引き取り業者に託すと引き取りに来てくれ数千円で火葬できるが
 
勿論、ゴミと一緒に焼くから遺骨は引き取れない
 
遺体挿入口は別だがその先の焼却炉は同じだからだが
 
ゴミと一緒って・・・
 
それは飼い主として忍びない (゚ω゚;)チョットネ〜
 
 
■  ■  ■
 
 
また将来、お参りする家族がいなくなるので遺骨は引き取らず
 
大勢の子と一緒に霊園の合同慰霊碑に入るということもある。
 
ちゃんと霊園専属の住職サンが居て祭ってくれる
 
 
 
この世もあの世もお金次第なんだろうけど・・・
 
豪華だろうが貧素だろうが人それぞれ
 
飼い主の亡き子を弔う気持ちに豪華も貧素も無いと思う
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
イメージ 10
   小さな骨壷に入れられ帰ってきたラム
   部屋が狭いのでまともに定位置に祭壇は組めない
   PC置きの机の上で鎮座している。
 
         事あるごとに、ちょっとこっちによってね…などと移動させられることもしばしば
         だからといって決して邪険に扱っているわけではない。
  
         ラムは横になる時も座っている時も片時も傍を離れなかった
         だからPCを使うときはキーボードを広げるので横に移動する
         見た目が変わっただけで中身は同じラムなのであるから
         ときどきはラムをナデナデスリスリしている猫田夫妻です。
 
         またまたポンやタマが怪我をして病院行きになったり
         桃と熊やんの小競り合いが頻繁になったり ← 殆ど桃太郎が仕掛ける
         毎日出没する熊やん似の野良猫を捕獲(去勢手術)するため餌付けし始めたり・・・と
         猫田家にも少しずつですが日常が戻ってきました。
         
         
         最後に。。。
         グラ友さんやブログ友さん達からの沢山のお悔やみコメントを頂戴して
         猫田夫婦は本当に癒され励まされました。
         本当に感謝です。ありがとうございました。m(__ __)m
 
 
    
 

開くトラックバック(0)

イメージ 3
 
 
イメージ 1 
 
 皆さま、ごぶさたでyのラムでーす
 チーッス!イメージ 2ワンワン♪
 
 今日でめでたく満11才となりました
 はっきり言って婆さん犬で〜す(^^;
 
 
 
 
 
 
 昨夜、ちょいと厄介な状態になり再び病院へ イメージ 4
 
 マジ凹んじゃいます
 
 
 
  
『毎回、緒珠&ラムの誕生日には事件?が起きるねぇ』
 
 なんてよく黒猫さんに言われていたけど、、、やっぱ今回も例外なく起きちゃった
 
 
 昨夜、酷い下血を起こし運ばれたのは8月22日に転院したばかりの動物病院inルカ
 ラムはこの病院で治療を受け再び歩けるようになり自然排尿もでき始めた。
 
 
 でも、もうラムのカラダには血液が無くなっちゃったんだと 
 血小板も無いに等しい0.6、、、手の施しようナッシング
  
 
 手術台に乗せられたラムは全身、コードや点滴針で繋がれ息も絶え絶え
 だけど検査で結局は何も出来ないことが判っただけ
 
 でも、だからといって苦しむから安楽死なんて選択は毛頭無い猫田夫婦
 癌の痛みを抑える軽い鎮静剤を打ってもらっただけで治療は完全終了。
 先生含めみんなで声を上げて大泣きして帰ってきました。
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 イメージ 12
 
 
 
 
 
 この日の朝は、近くの公園まで休みながらでも歩けたのに、、、(画像なし)残念(T-T)
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
27日↑公園で転んで立ち上がれず緒珠に抱かれベンチで休憩、、、体重は26キロを割っていた。
 
 
 
 
 
 やっぱ限界だったのね〜(-_-;
 
 
 
 
 
 痛みで眠れず苦しまないよう鎮静剤を余分に貰い、先生&看護師さんたちに見送られ10時過ぎ帰宅
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ↑痛みが出たら口に垂らす 。
 
 
 
 
 
 あと数時間で日付が変わる
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 鎮静剤が効いているのか息は少し荒いけど痛みはない様子
 
 緒珠やOyaji殿の声に反応してくれるから意識はある
 
 うつらうつらの浅い眠りって状態なんでしょう
 
 日付が変わって待ちに待ったラムの11回目の誕生日
 
 ご馳走の変わりに脱脂綿で濡らした水を口にあてると僅かに動く
 
 「もう私たちのために頑張らなくていいよ」
 
 「ずっと傍で見送っているから好きなときに逝っていいよ」
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 じーっとラムを見つめ、桃太郎は枕元から離れない
 
 
 
 
 
 誕生日だというのにご馳走も食べられないまま
 
 朝、5時55分、眠るように逝っちゃいました。
 
イメージ 10
 
 
 
 
 ラムらしいといえばラムらしいのだけど、、、
 
 しかし、、、本当に自分の誕生日に逝くかね
 
 誕生日と命日を一緒にしてしまうなんていくらなんでも合理的過ぎるやろー
 
 甘えたで知能犯で飼い主を操り、4匹の猫を可愛がり挙句に熊五郎まで懐いちゃって
 
 他所のワンを可愛がるといじけて私が一番なおばさん犬
 
 グランドのみんなともちゃんとさよならを言えて
 
 飼い主孝行なのか長患いもせず、私たちに覚悟ができるまで我慢して待っていてくれて
 
 ようやく安心したのでしょうね。心置きなく逝ったようです。
 
 まぁ、そう長くは待たせないと思うけど緒珠やOyaji殿が逝くまではのんびり待っててね
 
 
 
 
PS.
 葬儀は家族だけで行います。 納骨まで私たちだけでゆっくり過ごしたいから。
 
 猫田夫婦は大丈夫です。 ちゃんと乗り越えられます。
 
 だから、、、心配だからといってだれも来ないでねv(^^; ダイジョウブイ
 (緒珠はボッコボコにボコられた朝潮龍ばりの顔になっていますので来ても居留守しちゃいます
 
 
 ただ、、、納骨するか(近くの斎場)散骨にするかは思案中です。
 共同墓地だと私たちは毎日でも会えるけど犬見知りのラムは落ち着かないかもしれないし
 土に返すのが自然だと思うし、だから・・・誰にも内緒でラムが一番好きだった場所、
 グランドの片隅にこっそり散骨するかも、、、
 毎日ワン友たちが遊びにくるからラムはちっとも寂しくないはず
 
 でも・・・反対にワン友は怖がるかもしれないなぁ〜(^^;
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 本日、ラムはあの世へ旅立ちました。
 
 命あるものはいずれ土に帰るのですからどんなに抵抗しても遅かれ早かれ必ず行く道です。
 
 悲しくて悲しくて、誰かに当たり散らしたいくらい悲しさで腹が立ってます
 
 でもうちのラムおばさんは多分、喜こばないと思います。
 
 それより、もし輪廻転生があるのならば、、、早く土に返して生まれ変わらせたい
 
 今度は短命の大型犬ではなく比較的長生きな小型犬か亀なんかがいいかも(笑)
 
 
 
 街でゴールデンレトリバーを見かけたら、、、ラムを一瞬でも思い出していただけると嬉しいです。
 
 皆さま、今までラムを可愛がって下さり有り難うございました。 m(__ __)m
 
 
  
 

イメージ 9

皆さま、長い間ご無沙汰致しております
にわか看護師業で大忙しの猫田家管理人、緒珠デス  チャオ♪
 
 
怪我が長引くポン吉に続きラムおばさんの膀胱炎発症
そしていつの間にかタマまでが頬に怪我を負い腫れて膿んで病院行きとなり(┯_┯;)
 
 
なんともかんともボロ家暮らしのくせに
動物病院に蔵が建ちそうな勢いでお金貢いでおります ..._| ̄|〇lll
 
 
 
さてさて、、、
7月1日の深夜、夜間救急動物病院へ担ぎ込まれてから少しは落ち着いたかに見えた
ラムおばさんの膀胱炎、、、あれから更に重症になりました (T-T) ナンデヤーッ!
 
7月5日に再びオチッコが出なくなり・・・
イメージ 16
オチッコどころかウンpまで出ない ! ナントイウコト!
で、またまた動物病院へ直行!イメージ 18
 
 
 
 
<7月5日診察結果>
 
尿の出口(尿道)に酷い炎症があり尿閉を起こしているため排尿出来ない
腫れで尿管が閉じカテーテルを挿入できないので注射器を使って下腹から膀胱に射し尿を取る
溜まっていた尿は420cc
炎症を抑える注射と抗生物質の錠剤を処方
 
尿道の酷い炎症は、救急病院で鎮静剤を使わず嫌がり暴れるラムを押さえつけ
何度も失敗しながらカテーテルを挿入したのが原因と思われる ←想像ですが確信あり
(待合室で待っている時、何度もラムの鳴き声が聞こえていたから)
 
 
 
鎮静剤の効き目が取れるまで2時間近く待つ
イメージ 17
 
 
抗生剤が効いたのか元気になり河川敷のグランドへも遊びに行けるようになりました。
 
 
 
しかし!
 
再び、13日から体調を崩しはじめたラム
 
徐々に排尿量が減り始める(数滴ずつしか出さず)
 
同じくして排便も全く見られず、また食事も受け付けなくなる
 
そして深夜から翌朝まで10回以上嘔吐するように、、、
 
 
 
室内で頻繁に排尿動作を繰り返しぐったりしているラム
イメージ 1
 
 
開院を待って動物病院へ
 
 
担当の先生が公休だったので他の先生の診察を受ける
 
 
超音波診断(エコー)で約800ccの尿が膀胱に溜まっているらしい   エーーーツ!?
またまた鎮静剤を用いて導尿することになった (-_-;
検査も同時にするとのことで夜に迎えに来るよう告げられラムを預け自宅へ帰る。
 
 
 
 
<7月14日検査結果>
 
驚いたことに膀胱に溜まっていた尿はナント1500ccもあった
しかし、尿道の炎症は消えカテーテルも挿入し易かったらしい
また、尿検査では若干の血が混じっていたり赤血球の値が多少高いくらいで
大きな問題は見えないとのこと
 
( では何故、ラムの膀胱炎は治らないのか、、、)
(;´-`).。oO( やはりCTスキャンを受けなければならないのか?)
 
( 取り合えず値段を聞くと部分CTスキャンで最低でも→ 80.000円也! )
全身だと十万超えだってーっ!ウッソーン!
 
先生曰く、『 明日は担当医が来るのでもう一度診察に来てください 』 とのこと
また、『 明日まで状態が変わらなければ改めて治療の方法を考えましょう 』 と言われた。
 
 
 
まだ鎮静剤が醒めない様子のラム
イメージ 2
 
強い抗生物質をしこたまブチ込まれ続けているラムの体はどうなってしまうのか
心配が尽きない(ノ_-;)ハア…
 
 
 
翌15日
 
散歩には出さず自宅で安静。
食欲もなく室内での排尿動作が続く
ダメージが強いのか横になったきり尿はシートに滲む程度に漏れている。
Oyaji殿の帰りを待って病院へ・・・
 
 
担当医に昨日の事と現在の様子を報告
徐に診察台に上がっているラムの下腹を両手で絞るように圧迫
すると尿がポタポタ落ちてきた!イメージ 3
 
 
そ・し・て・・・
膀胱破裂!
 
モチロン即、手術!
オロオロ(((°_°;)ハラハラ(; °_°)))オロオロ
 
イメージ 4
絶対安静のため術後のラムに会えなかった。
 
 
 
開腹した膀胱の写真を確認しながら状態の説明を聞くのみ
(残念ながら写真は貰えなかった)
 
”尿が溜まりすぎて膀胱が膨らみ導尿で萎む” を繰り返した為
膀胱の内部は壊死した部分が多く
その壊死した部分が裂けて膀胱破裂に陥った・・・らしい ( ̄Θ ̄;) ソウダッタノカ....
切除した部分が多くラムの膀胱は通常の半分になってしまった
(膀胱は再生するらしい)
 
 
翌日、担当医の説明を受けながらラムと面会
イメージ 5
↑ 担当医が退室すると途端に甘えてくるラム ↑
 
 
 
 
17日夜、退院
術後の消毒の方法など細かく説明を受ける。(やり方を動画で撮る)
 
イメージ 6
 
 
持ち帰った処置薬品と器具
イメージ 7
 
 
この日から3時間置きのカテーテル消毒・オチッコシートの交換が始まる
 
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
今でこそ消毒やシートの交換は慣れましたが
じっとしないラムに随分手こずりました(^^;
 
近頃、食欲も出てきたのですが肝心のウンpが・・・(焦;
運動不足からか、すんなり出ません(T-T)
 
なので数日前から時間になったら自宅前に数分間だけ出しています。
イメージ 14
 
抜糸もカテーテルもまだ外せないのでエリザベスカラーは常時装着したまま
 
 
このエリカラ・・・室内ではすんごい凶器デス(T-T)
ラムが寄って来るたびに腕や顔に衝突・・・何度泣きそうになったことか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
  

イメージ 1
イメージ 2

 
    さ来月9月で11才になるラムおばさん
 
     人間年齢に換算すると 12サイ+( 7x10 ) = 82才の十分お婆ちゃん犬
     < 大型犬の場合、1年目は12才、翌年から1年で7才トシをとる >・・・らしぃ
 
     将来、寝たきりになったときの介護の為にと室内での排便・排尿の訓練をしたけれど
     ガンとして言うことを聞かず、こちらが根負けするくらい排尿を我慢
     そんな訳で訓練は中止となったのですが、、、( 昨年のこと )
 
 
     そんな、頑固なばぁさま犬ラムが初めて膀胱炎に掛かってしまった!(T-T) ナントイウコト!
     
     治療は続けていたのだけれど中々快方に向かわず・・・
 
 
 
   7月1日、深夜12時頃から異常行動をとり出した !? 
 
 
     突然、室内でしゃがみ込み排尿ポーズをとり始めた。
     しかも数秒毎にしゃがむがオチッコは一滴も出ない!ヾ(・ω・`;)ノアリャリャ!
 
 
     夜7時過ぎに晩ご飯を半分残し ← あの食いしん坊が!!! イメージ 4 
     食後のトイレに外へ行っても何にも出てないからオシッコタンクは満杯のはず!
         様子をみても排尿ポーズが収まらないのでパンパンになったタンク(膀胱) が破裂してはエライコッチャ!
     てなわけで急遽、救急病院へGO !
 
 
   (●・ω・)ノ------------start------------------------------------------------->  
 
 
         で救急病院を調べ、 で予約
        昼間ならダダ混みの内環状線から新御堂筋(しんみどう)を北上
        30分足らずで着きました (昼間なら1時間以上は十分掛かります)
 
 
         救急動物病院に着いたのがAm2時前
        イメージ 12
 
 
 
 
 
        イメージ 13
 
 
 
 
 
        イメージ 17
 
 
 
 
         数分後、問診を受けラムだけ処置室へ連れて行かれた
        イメージ 14
 
 
 
 
        途中、検査報告を受け再度待つことに、、、
        パンパンの膀胱から導尿中・・・( オチッコを取るということやね)
        ( 時折、ラムの鳴き声やうなり声が、、、イタインヤナァ〜 )
 
 
        イメージ 15
 
 
 
         その後、超音波検査( エコー) などを経て再び経過報告を受ける。
        初めて来たけど中々、GOODな対応やね! 。o0(受付嬢はサイアクやけど…)
 
 
 
        イメージ 16
 
 
 
        抗生物質の注射を射ち最後の結果報告、診断書+主治医への報告書など作成後
        ラムが戻ってきたのは清算後のAm3:25分でした。
 
        他の飼い主サンが受付嬢に何か? 言って返ってきた言葉にビックリ!
                (*`д´) 『 清算後に返します 』 とピシャリ
 
        偶然、恐ろしい受付嬢を見てしまったので緒珠はビビッてお財布片手に待っていました(^^;
 
 
        
        イメージ 18
 
 
 
 
 
        イメージ 19
 
 
 
 
 
       イメージ 3
 
 
 
 
       イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
       イメージ 5
 
 
 
 
       イメージ 6
 
 
 
       因みにこの病院、受付の前に料金表? を掲示していました
       高い安いは別として明朗会計ですな♪ (・ω・)b グッ
 
       イメージ 7
 
 
 
 
       土曜日はOyaji殿も緒珠も二度寝で頭がボーッ(・ิω・ิ)。o0(・・・・・)
      
       今からポン吉を連れ主治医の動物病院へ言ってまいりやす!
 
 
 
 
良い子のみんなは
オチッコ我慢しちゃいけないよ〜
イメージ 8
 
 
おっと!
ラムばぁさまは、、、
少しマシになったようで、、、Oyaji殿と散歩へ出かけました
 
 
イメージ 9
イメージ 10
 
 
 
 膀胱炎?経験ある〜(^^;
 って方は
 ← をポチっとヨロシクね
 イメージ 11

 
  皆さま、今日は♪ ξ(^∇^ξ
  猫田地方は今日もポカポカ陽気♪ 春一番より先に春が来た?ってな感じです(笑)
  とはいっても、また寒さはぶり返すだろうし…
  取り合えず、この陽気を今のうちだけでも楽しまないとね〜♪
 

 
 このところ続く昼間のポカポカ陽気に猫田家の犬猫たちは大喜び ▽^エ^▽  ^(=^エ^=)^
ラムおばさんも、お歳(人間年齢76歳)に似合わず足取りも軽やか♪
ただし、緒珠と一緒で持続力がね〜(^-^; 
  
イメージ 4
 
 
 
   今日は二度目のお散歩です♪
  
イメージ 5
  
 
 
 
 
  お昼に土手を散歩した緒珠&ラムのおばちゃんシスターズ♪
  
イメージ 6
  
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
土手の両端には夥しい数の放置ウンpが、、、(^o^; あ〜らら
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
せっかくのウキウキ気分が台無し(´・ω・`)ショボーン
 
 
マジむかつきますね〜
 
 
コンビに寄ってお買い物して帰りは違う道を歩きました。
 
 
 
イメージ 2
橋の真ん中にある休憩用?の小さなベンチで水分補給&一休み♪
 
 
 
 
 
 
花粉が飛び交い
なだれも多発?な困った春だけど、、、
 
でもやっぱり春は大好き♪
だってあらゆる生命が生まれる季節だもんね!
 
 
 
 
 
な〜んてね(^^;
 
イメージ 3
 
 
 
すでにティシュが手放せない
って方は
 
をポチっとよろしくね Please

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事