宮口善通のBlog

梅雨に入りました。傘をお忘れなく!

全体表示

[ リスト ]

マルセル・プルーストの植物(バラ、rose、rosier)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé II
Deuxième partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes
(suite)



Car ce Balbec réel où j’avais
connu Saint-Loup, c’était en grande partie à
cause de ce que Swann m’avait dit sur les églises,
sur l’église persane surtout, que j’avais tant voulu
y aller et, d’autre part, par Robert de Saint-Loup,
neveu de la duchesse de Guermantes, je
rejoignais, à Combray encore, le côté de
Guermantes. Mais à bien d’autres points de ma
vie encore conduisait Mlle de Saint-Loup, à la
Dame en rose, qui était sa grand’mère et que
j’avais vue chez mon grand-oncle. Nouvelle
transversale ici, car le valet de chambre de ce
grand-oncle et qui m’avait introduit ce jour-là et
qui plus tard m’avait, par le don d’une
photographie, permis d’identifier la Dame en
rose, était l’oncle du jeune homme que, non
seulement M. de Charlus, mais le père même de
Mlle de Saint-Loup avait aimé, pour qui il avait
rendu sa mère malheureuse.



注)フランス語の原文の中に出てくる
「jeune homme」とはヴァイオリニストの
「モレル」のことである。



<若干のコメント>
ロベール・サン・ルー・パン・ブレー侯爵は
ゲルマント公爵夫人(オリヤーヌ)の甥であ
った。彼女はロベールの妻であったジルベル
トのことをよく思っていなかった。嫌ってい
たのだ。そして彼女は語り手に以下のように
話した。

・ジルベルトは夫のロベールを本当に愛して
 いなかった。
・ジルベルトが愛したのは社会的地位と名声
 とゲルマント家との縁戚関係だけであった。
・ロベールが戦争へ出て行った原因は家庭の
 悩みからの解放であった。
・ロベールは戦死したのではなくて、家庭の
 悩みから自殺した。

それで、オリヤーヌはジルベルトを

・憎んでいた。
・殴ってやろうかと思っていた。
・目のかたきにしていた。

しかし、ジルベルトは母親(オデット)の先
祖ゆずりの性格を持っていたので、少し考え
た後で、普通の人にはとうてい想像もできな
いような行動に出た。

彼女は夫のロベール・サン・ルーとの間に出
来た娘(サン・ルー嬢)を語り手に紹介した。
これにはさすがの語り手もおどろいた。ジル
ベルトは夫のロベールを愛していた証拠を語
り手の目の前で実証したのだ。

サン・ルー嬢の姿を見て語り手は思った。

・メゼグリーズの方向(=スワン家の方向)
「le côté de Méséglise、le côté de chez Swann」

・ゲルマントの方向
「le côté de Guermantes」

これら2つの大きな方向が合流合体して
「サン・ルー嬢」へと至った。

なぜなら、サン・ルー嬢の
母はスワンとオデットの娘ジルベルトであり、
父はゲルマント家の貴公子ロベールである。

その時、ふと、語り手は幼い時に、アドルフ
大叔父の家で見かけた高級娼婦オデット(バ
ラ色の絹のドレスの婦人=ジルベルトの母)
の姿を思い浮かべた。今や、オデットはサン
・ルー嬢の「おばあちゃん」であった。



ここで、バラ「rose、rosier」が登場する。



●バラ「rose、rosier」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9
https://fr.wikipedia.org/wiki/Rosier
https://fr.wikipedia.org/wiki/Rose_(fleur)
https://en.wikipedia.org/wiki/Rose

注)
・「rose」:バラの花
・「rosier」:バラの木

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-13-p200
f-2203-p335
PS-7-p418
beq-15-p352



今日はここまで。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事