宮口善通のBlog

梅雨に入りました。傘をお忘れなく!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1491ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

マルセル・プルーストの植物(オレンジ、oranger、orange)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé II
Deuxième partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes
(suite)



Alors on eût dit que
les signes qui devaient, ce jour-là, me tirer de
mon découragement et me rendre la foi dans les
lettres avaient à cœur de se multiplier, car un
maître d’hôtel depuis longtemps au service du
prince de Guermantes m’ayant reconnu, et
m’ayant apporté dans la bibliothèque où j’étais,
pour m’éviter d’aller au buffet, un choix de petits
fours, un verre d’orangeade, je m’essuyai la
bouche avec la serviette qu’il m’avait donnée ;



<若干のコメント>
プルーストの悪い癖で、文がだらだらだらだ
らといつまでも長く続く。いつになっても文
が終わらない。この部分もそうである。それ
ゆえ、小生はいいかげんな所でカットして掲
載した。

さて、二度目の診療所生活を終えて、語り手
は何年ぶりかでパリの自宅に戻って来る。そ
して語り手はゲルマント大公の邸宅での午後
の集いに訪れる。

ゲルマント大公邸の二階に上がると、その時、
たまたま、演奏中だったので、語り手は給仕
係からビュッフェの隣の図書室に案内された。

この邸宅で、語り手は文学への信頼を取り戻
してくれるはずのいくつかの「しるし(シーニ
ュ、signe)」を感じた。それらは以下の通り。

‘鶻の図書室に入る前に、ゲルマント大公
邸の中庭で不揃いの敷石に、語り手はつまず
いた。その瞬間に、語り手はお茶に浸したマ
ドレーヌを食べた時の幸福感を思い出した。

▲殴襯泪鵐搬膰邸の音楽会の演奏中、静粛
にしていなければならない時に、突然、一人
の召使いが皿にスプーンをぶつけてしまった。
その時の音は語り手に鉄道員が汽車の車輪を
直している時のハンマーの音を連想させた。

ゲルマント大公邸の給仕頭が図書室にいる
語り手にプチフルールと一杯のオレンジエー
ドを持ってきてくれた。そして語り手は彼の
持って来てくれたナプキンで口を拭いた。そ
の瞬間、語り手はバルベックに到着した最初
の日に、窓の前で顔を拭いたタオルを思い出
した。なぜなら、ナプキンの硬さとタオルの
硬さが同じだったからである。

これらに共通する概念は「無意志的記憶」である。


追記)
上記に掲載したフランス語の原文に出てくる
「シーニュ(signe)」という言葉には、非常に
重要な意味がある。

「シーニュ」は日本語に翻訳すれば「しるし」
とか「記号」を意味する。

近代言語学の父であるフェルディナン・ド・
ソシュールによれば、シーニュ(記号)はシニ
フィアン(音)とシニフィエ(言葉の概念)が表裏
一体となって結びついたものである。
そして、その後、これらの概念がソシュール
『一般言語学講義(Cours de linguistique générale)』
の基礎概念となった。

さらに、パリ第8大学の哲学教授で、ポスト
構造主義の大御所であるジル・ドゥルーズは
「プルーストとシーニュ」という非常に重要
な書物を書いている。そこで、彼は述べている。
1つのものが何かの意味を持ち、何かを指し
示している場合に、これを「シーニュ」と呼
ぶのである。

つまり、人間とは言語を操る動物である。
その言語の基礎概念が「シーニュ(signe)」で
ある。



ここで、オレンジ「oranger、orange」が登場する。



●オレンジ「oranger、orange」
https://fr.wikipedia.org/wiki/Oranger
https://fr.wikipedia.org/wiki/Orange_(fruit)
https://en.wikipedia.org/wiki/Citrus_%C3%97_sinensis
https://en.wikipedia.org/wiki/Orange_(fruit)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8

注)「oranger」はオレンジの木であり、
  「orange」はオレンジの果実である。
  「orangeade」はオレンジエード。

●ジル・ドゥルーズ(Gilles Deleuze)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA

●フェルディナン・ド・ソシュール(Ferdinand de Saussure)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-12-p305
f-2203-p175
PS-7-p218
beq-15-p10



今日はここまで。

マルセル・プルーストの植物(茶、thé)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé
Première partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes



Maman allant justement à un petit thé chez
Mme Sazerat, je n’eus aucun scrupule à me rendre
à la matinée de la princesse de Guermantes. Je
pris une voiture pour y aller, car le prince de
Guermantes n’habitait plus son ancien hôtel mais
un magnifique qu’il s’était fait construire avenue
du Bois.



<若干のコメント>
語り手はゲルマント家の人たちの所へ行って
みたくなった。なぜなら、そこへ行けば、語
り手の幼年時代の記憶の奥深い部分に近づけ
るような感じがしたからだ。

幸いにして、語り手の母親がサズラ夫人の家
でのささやかなお茶会へ出席することになっ
ていたので、語り手はいつでも気軽にゲルマ
ント大公夫人の所へ行けるのであった。



ここで、茶「thé」が登場する。



●茶「thé」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%B6
https://en.wikipedia.org/wiki/Tea
https://fr.wikipedia.org/wiki/Th%C3%A9

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-12-p284
f-2203-p163
PS-7-p204
beq-14-p331



今日はここまで。

マルセル・プルーストの植物(バラ、rose、rosier)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé
Première partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes



Un peu plus
tard, j’avais vu avec la même indifférence les
lentilles d’or et d’orange dont le même soleil
couchant criblait les fenêtres d’une maison ; et
enfin, comme l’heure avait avancé, j’avais vu une
autre maison qui semblait construite en une
substance d’un rose assez étrange. Mais j’avais
fait ces diverses constatations avec la même
absolue indifférence que si, me promenant dans
un jardin avec une dame, j’avais vu une feuille de
verre et un peu plus loin un objet d’une matière
analogue à l’albâtre dont la couleur inaccoutumée
ne m’aurait pas tiré du plus languissant ennui et
que si, par politesse pour la dame, pour dire
quelque chose et pour montrer que j’avais
remarqué cette couleur, j’avais désigné en
passant le verre coloré et le morceau de stuc. De
la même manière, par acquit de conscience, je me
signalais à moi-même, comme à quelqu’un qui
m’eût accompagné et qui eût été capable d’en
tirer plus de plaisir que moi, les reflets du feu
dans les vitres et la transparence rose de la
maison. Mais le compagnon à qui j’avais fait
constater ces effets curieux était d’une nature
sans doute moins enthousiaste que beaucoup de
gens bien disposés, qu’une telle vue ravit, car il
avait pris connaissance de ces couleurs sans
aucune espèce d’allégresse.



<若干のコメント>
診療所から出て、語り手はパリへ帰ろうとし
て汽車に乗った。その汽車の中で、再び、語
り手は自分には文学的才能が欠けていると思
った。過去にもそのように思ったことが何回
かあった。例えば、

.殴襯泪鵐箸諒で
▲織鵐愁鵐凜ルで
ゴンクールの日記を読んでいる時に

そして今、
ぅ僖蠅惶△覽ゼ屬涼罎

語り手は再びうつ病に襲われたのである。

そして、語り手は

・夕陽が一軒の家の窓を、まるで金色とオレ
 ンジ色の無数のレンズをはめたように彩っ
 ているの見ても、全く無関心であった。

・かなり奇妙なバラ色の物質で作られている
 ように思われる家や透き通るようなバラ色
 に染まった家を見ても、全く無関心であった。

・婦人と一緒に庭を散歩している時に、一枚
 のガラス片や雪花石膏(albâtre、Alabaster)
 に似たものの珍しい色を見かけても、全く
 無関心であった。

うつ病からくる陰鬱な倦怠感によって、語り
手はただそれらの色を指し示すだけであった。
語り手にとって、それらの色は、まったく、
喜びの色とはならなかったのである。



ここで、バラ「rose、rosier」が登場する。



●バラ「rose、rosier」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9
https://fr.wikipedia.org/wiki/Rosier
https://fr.wikipedia.org/wiki/Rose_(fleur)
https://en.wikipedia.org/wiki/Rose

注)
・「rose」:バラの花
・「rosier」:バラの木

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-12-p282
f-2203-p162
PS-7-p202
beq-14-p328-p329



今日はここまで。

マルセル・プルーストの植物(オレンジ、oranger、orange)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé
Première partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes



Un peu plus
tard, j’avais vu avec la même indifférence les
lentilles d’or et d’orange dont le même soleil
couchant criblait les fenêtres d’une maison ; et
enfin, comme l’heure avait avancé, j’avais vu une
autre maison qui semblait construite en une
substance d’un rose assez étrange. Mais j’avais
fait ces diverses constatations avec la même
absolue indifférence que si, me promenant dans
un jardin avec une dame, j’avais vu une feuille de
verre et un peu plus loin un objet d’une matière
analogue à l’albâtre dont la couleur inaccoutumée
ne m’aurait pas tiré du plus languissant ennui et
que si, par politesse pour la dame, pour dire
quelque chose et pour montrer que j’avais
remarqué cette couleur, j’avais désigné en
passant le verre coloré et le morceau de stuc. De
la même manière, par acquit de conscience, je me
signalais à moi-même, comme à quelqu’un qui
m’eût accompagné et qui eût été capable d’en
tirer plus de plaisir que moi, les reflets du feu
dans les vitres et la transparence rose de la
maison. Mais le compagnon à qui j’avais fait
constater ces effets curieux était d’une nature
sans doute moins enthousiaste que beaucoup de
gens bien disposés, qu’une telle vue ravit, car il
avait pris connaissance de ces couleurs sans
aucune espèce d’allégresse.



<若干のコメント>
診療所から出て、語り手はパリへ帰ろうとし
て汽車に乗った。その汽車の中で、再び、語
り手は自分には文学的才能が欠けていると思
った。過去にもそのように思ったことが何回
かあった。例えば、

.殴襯泪鵐箸諒で
▲織鵐愁鵐凜ルで
ゴンクールの日記を読んでいる時に

そして今、
ぅ僖蠅惶△覽ゼ屬涼罎

語り手は再びうつ病に襲われたのである。

そして、語り手は

・夕陽が一軒の家の窓を、まるで金色とオレ
 ンジ色の無数のレンズをはめたように彩っ
 ているの見ても、全く無関心であった。

・かなり奇妙なバラ色の物質で作られている
 ように思われる家や透き通るようなバラ色
 に染まった家を見ても、全く無関心であった。

・婦人と一緒に庭を散歩している時に、一枚
 のガラス片や雪花石膏(albâtre、Alabaster)
 に似たものの珍しい色を見かけても、全く
 無関心であった。

うつ病からくる陰鬱な倦怠感によって、語り
手はただそれらの色を指し示すだけであった。
語り手にとって、それらの色は、まったく、
喜びの色とはならなかったのである。



ここで、オレンジ「oranger、orange」が登場する。



●オレンジ「oranger、orange」
https://fr.wikipedia.org/wiki/Oranger
https://fr.wikipedia.org/wiki/Orange_(fruit)
https://en.wikipedia.org/wiki/Citrus_%C3%97_sinensis
https://en.wikipedia.org/wiki/Orange_(fruit)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8

注)「oranger」はオレンジの木であり、
  「orange」はオレンジの果実である。
  「orangeade」はオレンジエード。

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-12-p282
f-2203-p162
PS-7-p202
beq-14-p328-p329



今日はここまで。

マルセル・プルーストの植物(ユリ、lis、lys)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé
Première partie
Chapitre II
M. de Charlus pendant la guerre ; ses
opinions, ses plaisirs



« Vous parlez de bien
des contes des Mille et une Nuits, me dit-il. Mais
j’en connais un qui n’est pas sans rapport avec le
titre d’un livre que je crois avoir aperçu chez le
baron (il faisait allusion à une traduction de
Sésame et les Lys, de Ruskin, que j’avais envoyée
à M. de Charlus). Si jamais vous étiez curieux, un
soir, de voir, je ne dis pas quarante, mais une
dizaine de voleurs, vous n’avez qu’à venir ici ;
pour savoir si je suis là vous n’avez qu’à regarder
là-haut, je laisse ma petite fenêtre ouverte et
éclairée, cela veut dire que je suis venu, qu’on
peut entrer ; c’est mon Sésame à moi. Je dis
seulement Sésame. Car pour les Lys, si c’est eux
que vous voulez, je vous conseille d’aller les
chercher ailleurs. » Et me saluant assez
cavalièrement, car une clientèle aristocratique et
une clique de jeunes gens, qu’il menait comme
un pirate, lui avaient donné une certaine
familiarité, il prit congé de moi.



<若干のコメント>
第一次世界大戦中、パリの街の夜はほぼ真っ
暗だった。そのような中で、なぜか、パリの
はずれで一軒だけ営業しているホテルがあっ
た。そこで、語り手はそのホテルを経営して
いるジュピヤンと出会った。

語り手はジュピヤンにアラビアンナイトの
「千夜一夜物語(Mille et une Nuits)」の中に
出てくる一節を話した。その話しは牝犬に変
えられた女の人が元の姿に戻るために、自分
からすすんでわが身を鞭打つという内容であ
った。その話を聞いたジュピヤンはたいそう
当惑してしまった。なぜなら、彼はホテルの
最上階の一室で、シャルリュス男爵が鞭打た
れているところを語り手に見られたと知った
からであった。

その後直ぐに、今度は、ジュピヤンが語り手
にラスキンの「胡麻と百合(Sésame et les Lys)」
の話をした。千夜一夜物語のような40人の
盗賊とは言わないが、10人の盗賊を見たい
と思ったら、このホテルへ来てくださいと彼
は言う。さらにジュピヤンの部屋の小さな窓が
開いていて、その窓から明かりが見えたら、
いつでもこのホテルに入ってもいいと彼は言う。
つまりそれは「開け!胡麻!(Open Sesame)」
の合図だった。このホテルは「胡麻」だけで、
「百合」をお望みでしたら別の店へ行ってく
ださいと彼は語り手に付け加えた。

注)
マルセル・プルーストは1906年にラスキンの
英語版『胡麻と百合』をフランス語版に翻訳
して、出版している。



ここで、ユリ「lis、lys」が登場する。



●ユリ「lis、lys」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%AA
https://en.wikipedia.org/wiki/Lilium
https://fr.wikipedia.org/wiki/Lys

●千夜一夜物語
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%A4%9C%E4%B8%80%E5%A4%9C%E7%89%A9%E8%AA%9E

●開けゴマ(ひらけごま、Sésame、ouvre-toi、Open Sesame)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8B%E3%81%91%E3%82%B4%E3%83%9E

●ジョン・ラスキン(John Ruskin)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3

●胡麻と百合(Sésame et les Lys)
https://www.iwanami.co.jp/book/b246872.html
http://biblon.blog98.fc2.com/blog-entry-420.html

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-12-p244-p245
f-2203-p139-p140
PS-7-p173-p174
beq-14-p279-p280



今日はここまで。

全1491ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事