宮口善通のBlog

梅雨に入りました。傘をお忘れなく!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1491ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

マルセル・プルーストの植物(コーヒー、コーヒーノキ、café)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé II
Deuxième partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes
(suite)



Une image offerte par la vie nous apporte en
réalité, à ce moment-là, des sensations multiples
et différentes. La vue, par exemple, de la
couverture d’un livre déjà lu a tissé dans les
caractères de son titre les rayons de lune d’une
lointaine nuit d’été. Le goût du café au lait
matinal nous apporte cette vague espérance d’un
beau temps qui jadis si souvent, pendant que nous
le buvions dans un bol de porcelaine blanche,
crémeuse et plissée, qui semblait du lait durci, se
mit à nous sourire dans la claire incertitude du
petit jour. Une heure n’est pas qu’une heure, c’est
un vase rempli de parfums, de sons, de projets et
de climats. Ce que nous appelons la réalité est un
certain rapport entre ces sensations et ces
souvenirs qui nous entourent simultanément –
rapport que supprime une simple vision
cinématographique, laquelle s’éloigne par là
d’autant plus du vrai qu’elle prétend se borner à
lui – rapport unique que l’écrivain doit retrouver
pour en enchaîner à jamais dans sa phrase les
deux termes différents.



<若干のコメント>
ゲルマント大公の邸宅での午後の集いに訪れ
た語り手は、そこで、人生の提供するイメー
ジについて考える。そのイメージは実際その
瞬間に様々に異なる感覚を我々にもたらす。
例えば、

・一冊の本の表紙にあるタイトルの文字の中
 に、遠い夏の夜の月光を織り込んでいる。

・朝のカフェ・オ・レ(café au lait)の味は淡
 い晴天の希望をもたらしてくれる。

我々が現実と呼ぶものは香りや音や色や気候
などの様々な感覚と過去の思い出との間のあ
る種の関係なのだ。



ここで、
コーヒー、コーヒーノキ「café」が登場する。


注)
カフェ・オ・レ(café au lait)は飲料であるが、
その原料であるコーヒー豆はコーヒーの木か
ら採れるので、あえてここで掲載した。



●コーヒー、コーヒーノキ「café」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%82%AD
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC
https://en.wikipedia.org/wiki/Coffea
https://en.wikipedia.org/wiki/Coffee
https://fr.wikipedia.org/wiki/Caf%C3%A9ier
https://fr.wikipedia.org/wiki/Caf%C3%A9

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-12-p342
f-2203-p195
PS-7-p244
beq-15-p53



今日はここまで。

マルセル・プルーストの植物(エスパルト、sparterie、spart、alfa)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé II
Deuxième partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes
(suite)



Un rayon
oblique du couchant me rappelle instantanément
un temps auquel je n’avais jamais repensé et où
dans ma petite enfance, comme ma tante Léonie
avait une fièvre que le Dr Percepied avait craint
typhoïde, on m’avait fait habiter une semaine la
petite chambre qu’Eulalie avait sur la place de
l’Église, et où il n’y avait qu’une sparterie par
terre et à la fenêtre un rideau de percale,
bourdonnant toujours d’un soleil auquel je n’étais
pas habitué.



<若干のコメント>
語り手はゲルマント大公の邸宅での午後の集
いに訪れる。そして、二階の図書室に案内さ
れた。

図書室の窓から夕陽が斜めにさして来た時に、
語り手は幼い頃のことをふと思い出した。

語り手が幼い頃、レオニ叔母が熱を出した。
診断の結果、ペルスピエ医師はチフスではな
いかと恐れた。それで家族のものが語り手を
一週間程、教会前の広場にあるウーラリの部
屋に宿泊させたことがあった。

その部屋の床にはエスパルト繊維のマットが
一つ置かれていた。そして、その部屋の窓に
は日差しを浴びたパーケルのカーテンがかか
っていた。

つまり、語り手はゲルマント大公邸の二階の
図書室の窓から夕陽が斜めにさして来た時に、
幼い頃のウーラリの部屋の窓にかけられた日
差しを浴びたパーケルのカーテンを思い出し
たのだ。



ここで、エスパルト「sparterie、spart、alfa」が登場する。



●エスパルト「sparterie、spart、alfa」(別名、アルファソウ)
https://fr.wikipedia.org/wiki/Sparterie
https://fr.wikipedia.org/wiki/Spart
https://en.wikipedia.org/wiki/Esparto
https://fr.wikipedia.org/wiki/Alfa
https://en.wikipedia.org/wiki/Stipa_tenacissima
https://kotobank.jp/word/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%88-820669#E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.E3.83.9E.E3.82.A4.E3.83.9A.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.A2
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jtappij1955/21/10/21_10_565/_pdf/-char/ja

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-12-p328
f-2203-p187
PS-7-p233
beq-15-p35



今日はここまで。

マルセル・プルーストの植物(茶、thé)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé II
Deuxième partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes
(suite)



Toujours le lieu actuel avait été vainqueur ;
toujours c’était le vaincu qui m’avait paru le plus
beau, si bien que j’étais resté en extase sur le
pavé inégal comme devant la tasse de thé,
cherchant à maintenir aux moments où ils
apparaissaient, à faire réapparaître dès qu’ils
m’avaient échappé, ce Combray, cette Venise, ce
Balbec envahissants et refoulés qui s’élevaient
pour m’abandonner ensuite au sein de ces lieux
nouveaux, mais perméables pour le passé.



<若干のコメント>
語り手は不揃いな敷石の上でも、一杯のお茶
を前にした時でも、そういう時は、いつまで
も恍惚としながら、過去のコンブレーやヴェ
ネツィアやバルベックが現れた瞬間のままに
それを維持しようと努める。ところが、過去
におけるそれらの町や場所は語り手の心の中
に突然侵入してきたかと思うと直ぐに現在の
場所に押し返されて消え失せてしまう。

瞬間的なこのような過去の場所の蘇生(再現)
は現在の場所の抵抗にあって、ほんの束の間
のものにすぎないのである。そして再び、過
去の再現に努めようとするのだが、またして
も、現在の場所に引き戻されてしまうのだ。
いつも最終的に勝利を収めるのは現在の場所
なのである。

侵入する過去の場所に抵抗する現在の場所が
いつもつきまとっている。人は過去の場所と
現在の場所との間に挟まれて、どちらともつ
かぬ不確実性の中で生きていると言える。

そして最後に、語り手は瞬間的な過去の蘇生
(再現)の中から間隔をおいて、ごくまれに与
えられる快楽こそ、実り豊かな本当の快楽で
あると言う。



ここで、茶「thé」が登場する。



●茶「thé」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%B6
https://en.wikipedia.org/wiki/Tea
https://fr.wikipedia.org/wiki/Th%C3%A9

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-12-p316
f-2203-p181
PS-7-p226
beq-15-p23



今日はここまで。

マルセル・プルーストの植物(バラ、rose、rosier)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé II
Deuxième partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes
(suite)



Et, au passage, je
remarquais qu’il y aurait dans l’œuvre d’art que
je me sentais prêt déjà, sans m’y être
consciemment résolu, à entreprendre, de grandes
difficultés. Car j’en devrais exécuter les parties
successives dans une matière en quelque sorte
différente. Elle serait bien différente, celle qui
conviendrait aux souvenirs de matins au bord de
la mer, de celle d’après-midi à Venise, une
matière distincte, nouvelle, d’une transparence,
d’une sonorité spéciale, compacte, fraîchissante
et rose, et différente encore si je voulais décrire
les soirs de Rivebelle où, dans la salle à manger
ouverte sur le jardin, la chaleur commençait à se
décomposer, à retomber, à se déposer, où une
dernière lueur éclairait encore les roses sur les
murs du restaurant tandis que les dernières
aquarelles du jour étaient encore visibles au ciel.



<若干のコメント>
ゲルマント大公の邸宅での午後の集いに訪れ
た語り手は、そこで、3回の「無意志的記憶」
を体感した。そのような思いをめぐらしてい
るうちに、語り手はふとあることに気づいた。

これから、語り手がとりかかろうとする芸術
作品の制作には大きな困難が横たわっている。
そしてそれらの制作のためには、それらに適
した材料が必要になって来ることに語り手は
気づいたのである。例えば、

リヴベル(Rivebelle)での夕べを表現しようと
するのであれば、リヴベルの庭に向かって開
かれている食堂で、暑さが徐々に崩れ収まっ
て沈殿していく様子や沈む太陽の光がバラの
花を照らし出している様子などははっきりし
た新しい材料、特別に透明で、響きがよくて、
密度の高い、涼しげなバラ色の材料で表現さ
れなければならない。

語り手はふとそのように気づいたのだった。



ここで、バラ「rose、rosier」が登場する。



●バラ「rose、rosier」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9
https://fr.wikipedia.org/wiki/Rosier
https://fr.wikipedia.org/wiki/Rose_(fleur)
https://en.wikipedia.org/wiki/Rose

注)
・「rose」:バラの花
・「rosier」:バラの木

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-12-p309
f-2203-p177
PS-7-p221
beq-15-p15



今日はここまで。

マルセル・プルーストの植物(バラ、rose、rosier)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé II
Deuxième partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes
(suite)



– ici reflet rose du soir sur le mur
fleuri d’un restaurant champêtre, sensation de
faim, désir des femmes, plaisir du luxe ; là
volutes bleues de la mer matinale enveloppant
des phrases musicales qui en émergent
partiellement comme les épaules des ondines –



<若干のコメント>
ゲルマント大公の邸宅での午後の集いに訪れ
た語り手は、そこで、3回の「無意志的記憶」
を体感した。

そのようないくつかの記憶の瞬間において、
人生が美しく見えたり、つまらないものと判
断されたりする理由を語り手は理解していた。

その理由は人生をイメージによって判断する
ためであった。真実の印象と偽りの印象には
違いが存在する。そして、一つ一つの真実の
印象の間にも違いが存在する。それらの違い
の原因は以下のような事情によるものである。

人生のある時期に述べた言葉や身振りや行為
はそれらを取り巻く様々な環境の中に閉じ込
められているためである。つまり、人の言葉
や身振りや行為は周囲の環境という蓋をした
壺の中に入れられて閉じ込められているので
ある。

そのような言葉や身振りや行為を取り巻く周
囲の環境とは、ここで例えるとすれば、以下
の通りある。

・田舎のレストランの花で飾られた壁面に反
 映するバラ色の夕焼け
・空腹感
・女への欲望
・贅沢なものが与える快楽
・水神や水の精(ondine)の肩のように時折ち
 らりと水面に浮かぶ音楽の楽節を包み込ん
 だ朝の海の青い渦



ここで、バラ「rose、rosier」が登場する。



●バラ「rose、rosier」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9
https://fr.wikipedia.org/wiki/Rosier
https://fr.wikipedia.org/wiki/Rose_(fleur)
https://en.wikipedia.org/wiki/Rose

注)
・「rose」:バラの花
・「rosier」:バラの木

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-12-p308
f-2203-p176
PS-7-p220
beq-15-p13



今日はここまで。

全1491ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事