宮口善通のBlog

梅雨に入りました。傘をお忘れなく!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

マルセル・プルーストの植物(茶、thé)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé II
Deuxième partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes
(suite)



Puis c’était
une autre histoire : « Un jour j’étais dans les
Champs-Élysées, M. de Bréauté, que je n’avais
vu qu’une fois, se mit à me regarder avec une
telle insistance que je m’arrêtai et lui demandai
pourquoi il se permettait de me regarder comme
ça. Il me répondit : « Je vous regarde parce que
vous avez un chapeau ridicule. » C’était vrai.
C’était un petit chapeau avec des pensées, les
modes de ce temps-là étaient affreuses. Mais
j’étais en fureur, je lui dis : « Je ne vous permets
pas de me parler ainsi. » Il se mit à pleuvoir. Je
lui dis : « Je ne vous pardonnerais que si vous
aviez une voiture. – Hé bien, justement j’en ai
une et je vais vous accompagner. – Non, je veux
bien de votre voiture, mais pas de vous. » Je
montai dans la voiture, il partit sous la pluie.
Mais le soir il arriva chez moi. Nous eûmes deux
années d’un amour fou. » Elle reprit : « Venez
prendre une fois le thé avec moi, je vous
raconterai comment j’ai fait la connaissance de
M. de Forcheville.



<若干のコメント>
今や、オデットはフォルシュヴィル伯爵夫人
となって、押しも押されぬ社交界きってのご
婦人で、ゲルマント公爵(バザン)の愛人で
もあった。

ところで、この頃、ゲルマント公爵はゲルマ
ント邸にいる公爵夫人と別れて生活していた。
つまり、彼はオデットの家で生活していたの
だ。そしてゲルマント公爵は自分の健康維持
と嫉妬の要求を同時に満足させるために昼間
のパーティーしか許さなかったし、ダンスパ
ーティーも許さなかったのである。

それでオデットは閉じ込められているような
生活をしていた。そして彼女は語り手に自分
がなぜこのような閉じ込められた生活をして
いるのか?その理由を語り手に話し始めた。

その理由をごく簡潔に以下に掲載する。

・オデットは焼きもちを焼く男としか大恋愛
 しなかった。

・オデットは聡明で人を引き付ける魅力的な
 男としか大恋愛しなかった。

例えば、スワンやゲルマント公爵がそれに該
当した。

そのような理由を語り手に話す前に、彼女は
語り手に以下のような話をした。

ブレオーテ・コンサルヴィ侯爵(アンニバル)
がオデットのことをじろじろと見ているので、
彼女は変に思って、侯爵にその理由を質問した。

すると、侯爵は彼女に返答した。

「あなたを見ているのは変な帽子を
かぶっているからですよ」

« Je vous regarde parce que
vous avez un chapeau ridicule. »

確かに、その通りであった。
それはパンジーの付いた小さな帽子だったのだ。
「C’était un petit chapeau avec des pensées.」

ブレオーテ氏の話が終わった後、オデットは
次回、お茶を飲みに来るようにと語り手を誘
った。そしてその時に、彼女はフォルシュヴ
ィル伯爵と知り合いになった時の話をすると
言ったのである。



ここで、茶「thé」が登場する。



●茶「thé」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%B6
https://en.wikipedia.org/wiki/Tea
https://fr.wikipedia.org/wiki/Th%C3%A9

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-13-p185
f-2203-p326
PS-7-p408
beq-15-p334



今日はここまで。

マルセル・プルーストの植物(パンジー、pensée)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé II
Deuxième partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes
(suite)



Puis c’était
une autre histoire : « Un jour j’étais dans les
Champs-Élysées, M. de Bréauté, que je n’avais
vu qu’une fois, se mit à me regarder avec une
telle insistance que je m’arrêtai et lui demandai
pourquoi il se permettait de me regarder comme
ça. Il me répondit : « Je vous regarde parce que
vous avez un chapeau ridicule. » C’était vrai.
C’était un petit chapeau avec des pensées, les
modes de ce temps-là étaient affreuses. Mais
j’étais en fureur, je lui dis : « Je ne vous permets
pas de me parler ainsi. » Il se mit à pleuvoir. Je
lui dis : « Je ne vous pardonnerais que si vous
aviez une voiture. – Hé bien, justement j’en ai
une et je vais vous accompagner. – Non, je veux
bien de votre voiture, mais pas de vous. » Je
montai dans la voiture, il partit sous la pluie.
Mais le soir il arriva chez moi. Nous eûmes deux
années d’un amour fou. » Elle reprit : « Venez
prendre une fois le thé avec moi, je vous
raconterai comment j’ai fait la connaissance de
M. de Forcheville.



<若干のコメント>
今や、オデットはフォルシュヴィル伯爵夫人
となって、押しも押されぬ社交界きってのご
婦人で、ゲルマント公爵(バザン)の愛人で
もあった。

ところで、この頃、ゲルマント公爵はゲルマ
ント邸にいる公爵夫人と別れて生活していた。
つまり、彼はオデットの家で生活していたの
だ。そしてゲルマント公爵は自分の健康維持
と嫉妬の要求を同時に満足させるために昼間
のパーティーしか許さなかったし、ダンスパ
ーティーも許さなかったのである。

それでオデットは閉じ込められているような
生活をしていた。そして彼女は語り手に自分
がなぜこのような閉じ込められた生活をして
いるのか?その理由を語り手に話し始めた。

その理由をごく簡潔に以下に掲載する。

・オデットは焼きもちを焼く男としか大恋愛
 しなかった。

・オデットは聡明で人を引き付ける魅力的な
 男としか大恋愛しなかった。

例えば、スワンやゲルマント公爵がそれに該
当した。

そのような理由を語り手に話す前に、彼女は
語り手に以下のような話をした。

ブレオーテ・コンサルヴィ侯爵(アンニバル)
がオデットのことをじろじろと見ているので、
彼女は変に思って、侯爵にその理由を質問した。

すると、侯爵は彼女に返答した。

「あなたを見ているのは変な帽子を
かぶっているからですよ」

« Je vous regarde parce que
vous avez un chapeau ridicule. »

確かに、その通りであった。
それはパンジーの付いた小さな帽子だったのだ。

「C’était un petit chapeau avec des pensées.」

ブレオーテ氏の話が終わった後、オデットは
次回、お茶を飲みに来るようにと語り手を誘
った。そしてその時に、彼女はフォルシュヴ
ィル伯爵と知り合いになった時の話をすると
言ったのである。



ここで、パンジー「pensée」が登場する。



●パンジー「pensée」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC
https://en.wikipedia.org/wiki/Pansy
https://fr.wikipedia.org/wiki/Viola_%C3%97wittrockiana
https://fr.wikipedia.org/wiki/Violettes_et_pens%C3%A9es

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-13-p185
f-2203-p326
PS-7-p408
beq-15-p334



今日はここまで。

マルセル・プルーストの植物(アカシア、acacia)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé II
Deuxième partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes
(suite)



De fait, chaque fois
que je voulus la voir dans la suite je n’y pus
réussir, car M. de Guermantes, voulant à la fois
concilier les exigences de son hygiène et de sa
jalousie, ne lui permettait que les fêtes de jour, à
condition encore que ce ne fussent pas des bals.
Cette réclusion où elle était tenue, elle me
l’avoua avec franchise, pour diverses raisons. La
principale est qu’elle s’imaginait, bien que je
n’eusse écrit que des articles ou publié que des
études, que j’étais un auteur connu, ce qui lui
faisait même naïvement dire, se rappelant le
temps où j’allais avenue des Acacias pour la voir
passer, et plus tard chez elle : « Ah ! si j’avais pu
deviner que ce petit serait un jour un grand
écrivain ! » Or, ayant entendu dire que les
écrivains se plaisent auprès des femmes pour se
documenter, se faire raconter des histoires
d’amour, elle redevenait maintenant avec moi
simple cocotte pour m’intéresser :



<若干のコメント>
今や、オデットはフォルシュヴィル伯爵夫人
となって、押しも押されぬ社交界きってのご
婦人で、ゲルマント公爵(バザン)の愛人で
もあった。

ところで、この頃、ゲルマント公爵はゲルマ
ント邸にいる公爵夫人と別れて生活していた。
つまり、彼はオデットの家で生活していたの
だ。そしてゲルマント公爵は自分の健康維持
と嫉妬の要求を同時に満足させるために昼間
のパーティーしか許さなかったし、ダンスパ
ーティーも許さなかったのである。

それでオデットは閉じ込められているような
生活をしていた。そして彼女は語り手に自分
がなぜこのような閉じ込められた生活をして
いるのか?その理由を語り手に話し始めた。

その理由をごく簡潔に以下に掲載する。

・オデットは焼きもちを焼く男としか大恋愛
 しなかった。

・聡明で人を引き付ける魅力的な男としか大
 恋愛しなかった。

例えば、スワンやゲルマント公爵がそれに該
当した。

そのような理由を語り手に話す前に、彼女は
語り手に以下のような話をした。

それから、語り手がまだ若かった時、彼はブ
ーローニュの森(le bois de Boulogne)のアカ
シア通り(l'allée « des Acacias »)を通るオ
デット(スワン夫人)の姿を見ようと、わざ
わざ、アカシア通りまで出かけて行ったり、
オデットの家に行ったりしていた。その時の
ことを彼女は思い出した。そしてその時、彼
女は語り手に以下のように言った。

「残念だわ!あの時、あなたがいつか今のよ
うな大作家になることをこの私が見抜いてい
たらねぇ!」

そして彼女は作家たちが女のそばで作品の材
料となるような話題や恋愛の話を語らせて喜
んでいると聞かされていたので、彼女は語り
手のそばにいる時は、昔の高級娼婦(cocotte)
にもどっていたのであった。



ここで、アカシア「acacia」が登場する。



●アカシア「acacia」
https://horti.jp/3120
https://welq.jp/18028
http://www.page.sannet.ne.jp/chama/konngetu0003Acacia-all1.htm
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%82%A2
https://fr.wikipedia.org/wiki/Acacia_(genre)
https://en.wikipedia.org/wiki/Acacia_(Vachellia)

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-13-p184
f-2203-p325
PS-7-p407
beq-15-p333



今日はここまで。

マルセル・プルーストの植物(バラ、rose、rosier)



À la recherche du temps perdu
Le temps retrouvé II
Deuxième partie
Chapitre III
Matinée chez la princesse de Guermantes
(suite)



Par moments, sous le regard des tableaux
anciens réunis par Swann dans un arrangement de
« collectionneur » qui achevait le caractère
démodé de cette scène, avec ce duc si
« Restauration » et cette cocotte tellement
« Second Empire », dans un des peignoirs qu’il
aimait, la dame en rose l’interrompait d’une
jacasserie : il s’arrêtait net, plantait sur elle un
regard féroce. Peut-être s’était-il aperçu qu’elle
aussi, comme la duchesse, disait quelquefois des
bêtises ; peut-être, dans une hallucination de
vieillard, croyait-il que c’était un trait d’esprit
intempestif de Mme de Guermantes qui lui coupait
la parole, et se croyait-il à l’hôtel de Guermantes,
comme ces fauves enchaînés qui se figurent un
instant être encore libres dans les déserts de
l’Afrique. Levant brusquement la tête, de ses
petits yeux jaunes qui avaient l’éclat d’yeux de
fauves il fixait sur elle un de ces regards qui
quelquefois chez Mme de Guermantes, quand
celle-ci parlait trop, m’avaient fait trembler. Ainsi
le duc regardait-il un instant l’audacieuse dame
en rose.



<若干のコメント>
ジルベルトの母であるオデットはスワンが亡
くなって未亡人となったが、しばらくして、
彼女はフォルシュヴィル伯爵と再婚した。

もともと、彼女は高級娼婦で、男から男へと
渡り歩く女であったが、若い時は、アドルフ
大叔父(oncle Adolphe)の愛人でもあった。そ
して、語り手は幼い時に、アドルフ大叔父の
家でそのオデット(=バラ色の絹のドレスの
婦人)に会ったことがある。

今や、オデットはフォルシュヴィル伯爵夫人
となって、押しも押されぬ社交界きってのご
婦人で、ゲルマント公爵(バザン)の愛人で
もあった。

ところで、この頃、ゲルマント公爵はゲルマ
ント邸にいる公爵夫人と別れて生活していた。
つまり、彼はオデットの家で生活していたの
だ。そしてこの2人をつないでいたものは以
前オデットの夫であったスワンの集めた昔の
絵画のコレクションであった。

時々、オデット(バラ色の絹のドレスの婦人)
はゲルマント公爵の話をさえぎって、やかま
しく話し始める。すると、公爵はぴたりと話
をやめて、野獣のような凶暴な視線で、厚か
ましいオデットをじっと見つめるのであった。



ここで、バラ「rose、rosier」が登場する。



●バラ「rose、rosier」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9
https://fr.wikipedia.org/wiki/Rosier
https://fr.wikipedia.org/wiki/Rose_(fleur)
https://en.wikipedia.org/wiki/Rose

注)
・「rose」:バラの花
・「rosier」:バラの木

●À la recherche du temps perdu
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%80_la_recherche_du_temps_perdu
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Search_of_Lost_Time
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
https://beq.ebooksgratuits.com/auteurs/Proust/proust.htm
http://www.ac-grenoble.fr/PhiloSophie/a-la-recherche-du-temps-perdu-de-marcel-proust-dans-une-excellente-edition-numerique-gratuite/

●Marcel Proust
https://fr.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://en.wikipedia.org/wiki/Marcel_Proust
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88



j-13-p181-p182
f-2203-p324
PS-7-p405-p406
beq-15-p330-p331



今日はここまで。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事