オレンジな“あおぞら”

ネイマール移籍問題、果たしてどうなる?

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全149ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2


西荻窪で新婚生活を始めたなつと一久さん。

現在無職の一久さんはほとんど主夫のような感じですね(^_^;)


イメージ 3


現在なつが手掛けている作品はその名も『魔法少女アニー』。
モデルは『魔法使いサリーちゃん』でしょうか?(笑)

イメージ 4


この時茜さんがおめでた。
産休まで頑張って仕事すると意気込んでいましたが…。

イメージ 5


そしてある日、突然咲太郎が結婚を宣言!

イメージ 6


お相手はなんと『川村屋』のマダム・光子さん!( ̄□ ̄;;)!!


イメージ 7


咲太郎は、親子同然に生活してきた亜矢美さんにも結婚を祝福。

イメージ 8


土地開発による立ち退きのために『風車』の移転を計画中だった亜矢美さんも盛大にその結婚を祝福してくれましたが…。


イメージ 9

イメージ 10


2人で昔話を回想して改めて変わらない友情を確認し合う亜矢美さんと咲太郎。

幼い頃から亜矢美さんに甘えていた咲太郎は、
『今度は俺に甘えてくれよ!』
と力強く話し、この時は亜矢美さんは変わった様子はありませんでした。


イメージ 11


こうして8月15日、
なつのバースデーと咲太郎と光子さんの結婚を祝う会が盛大に行われました。

イメージ 12


しかし、その翌日、
亜矢美さんが突然失踪。


イメージ 13



短い置き手紙を見て号泣する咲太郎…。


イメージ 14


亜矢美さんは息子同然に育ててきた咲太郎の結婚が本当に嬉しくもある一方で、本当にショックだったのかもしれません。

どう表現していいか分からないような複雑な心境ですが、息子が結婚をして独り立ちしたことで、自分の役目はもう終わったと敢えて離れる決心をしたのでしょうか…?


イメージ 15



そして産休に入ろうとした茜さんは、会社から契約社員への格下げを告げられます。
会社は子育てをしながら働けるようにする配慮だと言うものの、現代で言うマタハラに近い感覚でしょうか…?

茜さんは退職を決意…。


イメージ 16



そんな矢先になつの妊娠も発覚…。


イメージ 17


無事に女の子を出産した茜さんの様子を見て、なつは産後も働くかどうか悩み始めます…。


イメージ 18


そんな悩めるなつを救ったのが一久さん。
産後も働きたいという素直な気持ちを会社に訴えればいい、と力強く話してなつを勇気づけます。

※僕を含め、おそらく全国の視聴者のほとんどがあんなたどたどしくて不器用だった一久さんが頼もしく思ったことと思います。


イメージ 19


職場で妊娠を報告したなつは、自分の思いの丈をぶつけて、仲さんや神地くんを中心になつを支援する会が結成され、

社長室にアニメータースタッフ全員で乗り込み、改めてなつが産休後も正社員として働けるように強く訴え、ついに山川社長の心を動かし、その願いは無事に承認されるのでした(*^▽^*)。


イメージ 20


この時代、働く女性…それも育児・出産に関わる女性に対する考えがちゃんと定まっていなかったでしょうし、なつや茜さんのように悩む女性はたくさんいたと思います。

改めて昨今話題となっている『働き方改革』について考えさせられる1週間だったと思います。

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2


今日8/23の阪神戦、3-8で敗れはしましたが、


我らがスワローズのプリンス山田哲人選手が、シーズン開始から失敗なしの33連続盗塁成功の日本新記録を樹立しました!

イメージ 4


山田哲人といえば母校の履正社高校が昨日の夏の甲子園で初優勝を決めたばかりで、それに次ぐ嬉しいニュースとなりました!(*^▽^*)


チームは最下位に苦しみ、CS圏内の3位以内も厳しくはなりましたが、
この山田哲人の、現在打率が厳しいながらも4回目のトリプルスリーに加え、
もしこのまま失敗なしでシーズンを終えれば、これも史上初。


イメージ 3


さらには現在打点トップ、セ・リーグでは史上初となる高卒2年目でのホームラン30本を記録し、史上最年少ホームラン王を目指す19歳村上宗蓮!

今日は残念ながら4三振と振るいませんでしたが、今や彼の1打席1打席が目が離せないし、彼ひとりを見るだけでも球場に足を運ぶ気にはなれます!


今シーズンも早いもので残り僅かとなりましたが、まだまだスワローズの試合にどんどん足を運びます!

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2


十勝の柴田家に結婚報告に来たなつと一久さん。

イメージ 3


柴田家では、大学を卒業した夕見子ちゃんが農協に就職しており、明美ちゃんもいつの間にか大人に(笑)。

イメージ 4


しかし、爺ちゃんに突っ込まれ、会社を辞めたことを暴露してしまった一久さん(^_^;)。

イメージ 5


爺ちゃんは認めようとしなかったところで普段は穏やかな剛男さんが爺ちゃんを強く説得し、この結婚は無事に認められることになりました(^-^)♪

イメージ 6


柴田牧場を見物した際に持ち前の理屈で菊介さんと対立する一久さん(^_^;)。

『人に喜びを与えることが出来るからこそ
 牛飼いをすることに誇りが持てるんじゃ
 ないんですか?』

…このひと言が結果的に後で効いてくるんですよね…。

イメージ 7


その晩、夕見子ちゃん達が中心となり、農協が集まって乳製品の工場を作る計画が明らかになります。

イメージ 8


翌日、なつと一久さんは『雪月』へ。
雪次郎くんとも久しぶりの再会♪

イメージ 9


そこへ倉田先生と番長夫妻も到着してなつを祝福♪

イメージ 10


夕見子ちゃんたちが工場建設に向けて動く中、思わぬ事態が起きます。
国が十勝の酪農地域一帯を国有の『集約酪農地域』にしようとしているとし、成立すれば工場建設が出来なくなります。


イメージ 11


それが成立する前に工場建設するには、役所に翌日土曜日の午前中までに届け出を出す必要があり、すぐさま農協で決議が行われます。

農協に駆けつけたなつは、そこで天陽くんとも久しぶりの再会♪


イメージ 12


こうして始まった決議。
満場一致での賛成が必要でしたが、当初は反対する人もおり、田辺組合長、剛男さん、夕見子ちゃんが説得…。


イメージ 13


そんな時突如として口を開いたのは菊介さん。

『俺らの手で人に喜んでもらうのに、
 なんで迷う必要がある?!』


イメージ 14


その力強い力説に反対してた人も動き見事に再採決で満場一致!


イメージ 15


菊介さんはその直後、一久さんに『おまえのせいだ!』…(^_^;)。

イメージ 16


その後、十勝支庁に向かい、支庁長に直接工場設置届を提出。

イメージ 17


大清水支庁長も田辺組合長らの願いを聞き入れ、無事に承認してくれて、無事に工場建設の認可が下りたのでした(^-^)。

イメージ 18


支庁舎にはマスコミも多数来てる中で、なつは信哉くんとも再会し、ここでも結婚報告♪
信哉くんもお天気お姉さんと結婚していました。


イメージ 19


北海道で時を過ごすにつれてやっと生きる力、新しい目標を見いだした一久さんは、再び漫画映画への道を志す決意をします。


イメージ 20


そしてなつは田辺組合長から、新バターの商標制作を依頼されます。

イメージ 21


その翌日、なつたちは『雪月』に呼び出され、雪次郎くんの考案した新商品『おバタ餡サンド』を披露されます。

バターと餡子を混ぜたクリームをバター煎餅で挟んだそのお菓子はそこにいた全員が大絶賛。

イメージ 22

イメージ 23


そしてこのタイミングで雪次郎くんはなんと夕見子ちゃんにプロポーズ( ̄□ ̄;;)!!


イメージ 24


夕見子ちゃんは最初その場から立ち去ろうとしますが、なつの説得で踏み止まり、再び雪次郎くんの力強い言葉に動かされ…、

『私は結婚するならあんたしかいないと
 思ってたわ…。』

というYesの返事(*^▽^*)!!


夕見子ちゃんはかつて男に裏切られた過去がありましたが、幼少期から雪次郎くんは夕見子ちゃんのことを一途に想っていたことを考えれば、何となくこの2人は一緒になりそうな気がしてました(^-^)♪

イメージ 25

イメージ 26

しかし、とよ婆ちゃんも爺ちゃんも互いに親戚になることを懸念していたシーンは笑ってしまいましたね(笑)。

イメージ 27


なつは組合長に依頼されていた商標も無事に完成。


イメージ 28


一久さんの両親とも対面したなつ…。
関根勤演じるお父さんは考古学のことを語りすぎ(^_^;)。



イメージ 29

イメージ 30


そして翌年の春の結婚式の日…。

爺ちゃんに挨拶したなつは、逆に爺ちゃんから、

『ありがとうな…なつ…。
 おまえに育ててもらった…。』

やっぱりこのドラマになつと爺ちゃんのこういうシーンは欠かせませんよね(ノД`)。

イメージ 31


こうして迎えたなつと夕見子ちゃんの合同結婚式。
なんかホント最終回のような演出でしたが、出演者全員が艶やかな感じがして何度も見ていたいシーンでしたね(^-^)♪

開く コメント(3)[NEW]

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2


昭和39年のお正月。
年頭挨拶にやって来た大杉社長の調子のいいこと(^_^;)。
なつを採用試験時に落としておいて、
『あなたのお兄さん元気かね?』
『あなたを面接で落とさなくてよかった!』

…って、1度落としてるじゃないですか(^_^;)。


イメージ 3


年が明けて間もなく、茜さんが結婚を発表。

お相手は神地くんかと思いきや、なんと下山さん( ̄□ ̄;;)!!

まゆゆ推しの僕も、全国の視聴者の誰もが予想できなかった展開だと思います(^_^;)。


イメージ 4


しかし神地くん、最後に踊ってくれというのは…どうなんだい…(^_^;)?

イメージ 5


その後、下山さんが作画監督を務める新作の長編映画が作成されることになり、演出は一久さんが担当することになります。

イメージ 6


その話を受けた一久さんは、この長編映画が成功したら、なつに結婚してほしいとまさかのプロポーズ( ̄□ ̄;;)!!

そしてなつもその場で『Yes』の返事をしますが…。

イメージ 7


こうして制作が始まった長編映画『神をつかんだ少年クリフ』。
しかし、一久さんの求める内容は子供には難しすぎる哲学などといった拘りが強すぎてなつを始めとした他のスタッフはついていけません…。


イメージ 8


そういった中、手を差し伸べたのは仲さん。
対立していた一久さんも素直に力を貸してくださいと頼み、制作はスムーズに進むようになります。

イメージ 9


そしてなんとか一久さんの理想に近づくようにスタッフ一同四苦八苦しながら制作活動を続け、やっとの思いで長編映画は完成しますが、当然その内容は子供には難しすぎて大ゴケ…。


イメージ 10


その大失敗の責任を取り、一久さんは会社に退職願を提出…。

イメージ 11


そして一久さんは一方的になつとの結婚を破談にしようとさえします…。



イメージ 12


なつは、仕事と結婚を切り離して考えることの出来ない一久さんに対する不満が爆発。

自分が一久さんに惹かれていった経緯、これまでの自分の人生を振り返るように話し、最後には、

『(私を)好きじゃないことを、
 才能のせいにしないでください。
 そんな人とは一緒にいたくない。』

とその店を飛び出していきます。



イメージ 13


『風車』に戻ったなつは誰とも会おうとせず、自分の部屋に閉じこもり…。


イメージ 14


翌朝、咲太郎と亜矢美さんに結婚が破談になったことを話していると、突然『風車』に一久さんがやって来ます。

なつの兄として、無責任な態度を取った一久さんを激しく怒鳴りつける咲太郎でしたが、


イメージ 15


一久さんは、大切なものを失う怖さを思い、考え、なつのことが好きだということが分かったとし、
亜矢美さんの心強いフォローもあり、咲太郎もようやく静まり、


イメージ 16


一久さんは改めてなつにプロポーズ。

なつの返事はもちろん『Yes』♪


イメージ 17


そして咲太郎が、幼い時にになつを十勝の柴田剛男さんに預けた時のように、

『不幸にしたら絶対許さないからな!』

の名言再び!

イメージ 18


会社でも盛大に祝福されての結婚報告。

イメージ 19


そしてなつと一久さんは結婚報告のために十勝へ…。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1



イメージ 2


蘭子さんと恋仲という噂が流れている雪次郎くん…。
なつが真相を探りに行った時は否定していましたが…、

イメージ 3


一方でなつと一久さんの仲も会社内では噂になっており…(^_^;)。


イメージ 12


東洋動画では、原画担当のアニメーターとなったなつ、茜さん、そして一久さんはテレビ漫画班に配属され、『百獣の王子サム』という作品に携わることに。

イメージ 4


そして劇団『赤い星座』では、蘭子さんの私情で配役が組まれて雪次郎くんが主役の座を掴んでいると疑った大半の劇団員が辞めてしまう窮地に…。

イメージ 5


そういった中で蘭子さんの雪次郎くんへの指導は日に日に厳しくなりながらも二人きりの時間が増え、雪次郎くんの蘭子さんへの思いが膨らみます…。

イメージ 6


雪次郎くんが主役を務める舞台『かもめ』。
『なつぞら』東京オールスターの面々が見守る中、大盛況。

イメージ 7


そういった中、突然蘭子さんの自宅に呼び出された雪次郎くん。
気持ちが舞い上がった雪次郎くんは、蘭子さんにまさかの愛の告白…。

しかし、蘭子さんは雪次郎くんを呼び出したのはダメ出しをするためでした。
演技指導だけならまだしも、『気持ち悪い』とまで言われ、事実上の解雇通告までされてしまうのでした…。

イメージ 8


すぐさま『風車』で朝まで自棄酒する雪次郎くん…。
亜矢美さんや咲太郎は、蘭子さんは雪次郎くんの実力を信じているからだとし、なつも雪次郎くんのために蘭子さんは敢えて厳しい言い方をしたのだと説得しますが…、

イメージ 9


雪次郎くんが選んだ道は演劇の道を諦めて、実家の『雪月』に帰って菓子職人の道に戻ることでした。

結果的には元サヤに収まったということになりましたが、僕がご両親やとよ婆ちゃんの立場だったらこれほど安心することはないと思います(^-^)♪


イメージ 10


久しぶりに再会した雪次郎くんと天陽くん。

イメージ 11


天陽くんの『おかえり』のひと言は安心感と癒やしを感じました(^-^)♪

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全149ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事