ここから本文です
Crossover the Pleasure
袖すれ合うも何かの縁。ブログ読むも何かの縁。

書庫全体表示

記事検索
検索

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今シーズン導入となったMT-09トレーサー。
ほんのりマイルドになり、震動やピックアップが改善されたことで、荒々しさが薄れたと巷では云われておりますが、初期モデルを知らない私には十分に荒々しく震動も感じられます。
BMWボクサーツインとは震動の””が違うので、直接比較は出来ないが、3気筒にしては細かい震動がある回転域で発生している様に感じる。

それともう一つ、オーナーの間で囁かれているのプアと云われる脚廻り。
2017年モデルの「MT-09」はフロントフォークに大幅な変更が加えられ”それ”は抑えられている様だが、トレーサーに関して言えば脚廻りは前モデル同様なので変化はないのかと思われます。

「ポヨンポヨンする」という意見がウェブ等で散見され、単純に減衰が甘いのだろうと推察していたが、実際に乗ってみると、さほど”柔らか過ぎる”印象を受けることは無かった。

サーキットへの持込はしていないが、盆ツーリングで北東北をそれなりのペースで走ってみても、柔らか過ぎる印象は殆ど感じることは無かったので、2017年モデルとして非公表での改善が行われている可能性も否めないが・・・。

イメージ 1
そこで先ずはノーマルショックを取り外しました。

正直、現状何の問題もありません。
強いていうなら慣らし後の全開走行はしていないので、今後、問題が出るかもしれませんが・・・。ただしかし、今までの経験や車歴等々の中で、ある程度の脚を知ってしまうと、更なる高みを目指してしまうのは至極当然の流れでしょう。


イメージ 2
というわけで装着してしまいました。オーリンズ。
少々気に入らないのは見た目はボロいこと。



イメージ 3
スプリングの塗装は剥げ、別体タンプも多数のキズが・・・。

実はこの製品、中古品です。
依って汚くて当たりまえ。しかしただの中古品ではない。
「MT-09」専用の中古品ではなく、他車種流用の改造品なのです。

たまたま見つけた”某ヤマハ車両”の余剰中古品在庫を譲って頂き、某脚廻り専門店にてMT-09トレーサー用に誂えた製品。つまり「側は悪いが中身はMOO専用トレーサー用」に仕上げられた自身の専用製品。

巷ではカスタムという言葉が乱用されているが、これぞ本当のカスタムではないかと自負している次第。今回お店側からの意向で屋号は伏せさせて頂きますが、私が以前にお邪魔していた東京は調布市の「MHプロダクツ」ではありません。

基本的に「MT-09」用のオーリンズ製品のデータをベースとして作製し、以下がカスタマイズポイント・・・。

①ショックアブソーバーのストローク及び可動範囲を5mm延長、つまり通常の既製品より長めの脚になっており、結果として車高が僅かに上がっている状態。
この際にショックアブソーバーボディを少々長いモノに変更している。

②スプリングが9.5N/mmを使用する規格品を9.0N/mmへ変更。
オーリンズとは言え、既製品2人乗りを想定しており、それらを許容する為、全てのオーリンズ製品は少々硬めにセットアップされている。
しかし、殆ど1人乗りの私は、よりよく動かしたいのでスプリング定数を落す方向へ。
因みにプリロードは1mm程度で調整、つまりスプリングが動かない程度に押さえているだけ。プリロードなぞ掛けなくて良いなら掛けないに越したことはない。動き始めからのストロークも使いたいということ。

③この某ヤマハ車種用中古オーリンズには、リモートプリロードアジャスタが装着されていたが、私の体重が±10kg以上の変動が無ければ、一度決めた1G´は余程のことが無い限り調整を必要としないことから、それらコントローラー等を潔く排除。
単なる”重石”的余計なモノは必要ない。

結果としてダブルナット方式でスプリングを押さえているが、その内の一枚(スプリングシート兼)は、私が職権乱用し、特殊強化プラスチックで特注製作したナットが使用される。
(画像がないのが非常に悔やまれますが)


イメージ 4
もう一つのカスタマイズはこの別体タンクの固定場所。
本来、オーリンズ社の指示は左側のタンデムステップに付属のアルミステーを固定して装着するが、「これみよがし感」が漂うのが苦手なので、散々模索した結果この位置へ固定することに。
この別体タンクを固定しているのは、タンデムステップを固定するボルトを内側へ長く突出させ、そこへ”取付棒”なるモノを再度職権乱用製作し、その棒の両サイドへネジ加工したモノをタンデムステップ取付ボルトを橋渡し固定し、ホースバンドで別体タンクを固定。
画像奥に見える緑色の棒が”それ”だ。これも強化プラスチック樹脂で引っ張り強度はアルミと同等の素材で全く問題無しだ。大した荷重ではないが。

更には別体タンクを、この位置まで取回す為のステンレスメッシュホースやフィッティングも自身で調達したもの。これもまた他で目にすることないのが、カスタム性を助長する。結果としてガスをホースを伸ばした分多く注入することが可能で、キャパシティに余裕が生まれるという副産物付き。

イメージ 5
この場所に別体タンクが装着されているMT-09は中々お目に掛からないかと。
無論、スィングアームへの接触等問題も確認済。


イメージ 6
本当はスプリングを黒色にしたいところ。店の人間はこのチラ見えが良いと言っていたが、装着していない風味を出したい自分としては・・・。

残念ながら週末雨続きなのと、他の予定があったりして、まだ実走行には至っていないが、跨っての感じはやはりオーリンズらしいシットリとして尚、腰のある動き。
以前に装着していたペンスキー製の脚廻りの様な硬い上にストロークが無く、全く動かないのに閉口した思い出があるが、今回は潤沢なストロークを確保出来良い感じ。

ストロークの無い脚のオートバイで公道を走っても、全くもって面白くない。

今回製作した脚は、前出の「MHプロダクツ」へ依頼したわけではないので、
内部の稼働部への研磨作業や相性の調整などは一切行っていない。
しかしながら、内部シム調整やオイル番手等々は打合せにより組み上げているので、
自身の好みが反映されている特別感は、所有欲をも満足させる。

今回は所謂”つるしの部品”を再利用して格安オーリンズを装着をテーマに取り組んでみた。
しかし、全長を延ばしたり、スプリングを柔らかくしてみたり、と私の好みをより追及する事が出来たのは収穫だった。無論、オーバーホールも兼ねているので、外観はともかくほぼ新品に近い状態なのも、この作業の魅力だ。

これから乗り味の確認になるが、オーリンズ故、今後の細かな対応が可能なのも魅力の一つだし、タイヤの情報が脚廻りからシートへ通じ、最終的にはお尻へと伝達される”その内容”が圧倒的に増えることは間違いない。

乗せられている”のではなく、”操っている”ということがオートバイを愉しくすることは間違いなくそれが意義というものではなかろうか。嗜好性の強い乗り物だけに、他人から見て無駄と感じることが殆どだと思いはするものの、これら作業があって愛着も増し、より快適で充実したプライベートの一因を担ってくれるのではと思います。

もし中古製品をお持ちだったり、乗換により余った製品があるならば、そうした方がお得なことは間違いないです。因みにMT-09用の伸側圧側減衰調整付の製品は15万円を越え、オマケに車高調整機能は無しです。

中古製品自体の質や内部構造変更希望等にも依りますが、今回の個体は新品の半額以下です。無論、中古製品本体も含みます。

内緒でご相談受け付けます。ご興味ある方は、このページかゲストブックまでコメント。


この記事に

イメージ 1
人生も折り返し地点。

死ぬ為に生きている事実を認めつつ、どう面白オカシク過ごしていくかを、ここ数年で稀に考えております。意外にも。(河に飛び込もうとしてる画像ではありません)

愉しさを伝える為にこのブログを書いており、「遊び人の金さん」状態に見えるかと思いますが、私はけして裕福ではありません。節約してないだけです(笑)
四肢健全な内に色々な経験をしたいので、貯蓄が追い付かないというのもありますが・・・。

なんとかなります。いつもなんとかなりました。
いや、少なくとも今まではそうでした。
とでも思ってないと何もできなくなってしまいますから。

この"なんとかなる”がなんとかならなくなった時、それが天寿ではないかなと思ってます。

この記事に

富士山の脇でキャンプ

地味にキャンプがマイブームになっている昨今。やはりキャンプは涼しい方が良いということで決行した11月3日文化の日。

台風や秋雨前線のおかげで連続して週末が台無しとなった影響からか、比較的冷え込んだにも関わらず行楽客が多いのは元より、オートバイもそれなりに見かける。

イメージ 1
「道の駅どうし」はこの賑わい。朝晩は冷え込むものの日差しは強く、真冬装備には少々汗ばむ陽気です。紅葉も進んで絶好の行楽日和となった三連休初日。

集合場所としたココへ一番早く到着したのは珍しく自分。いい意味で時間を読み違えたw。日頃の行いのせいで全員集合までそれなりに有意義な時間を楽しめました・・・などと書くと負け惜しみにも聞こえなくはないか。

イメージ 2
今回の目的地は富士山の麓、朝霧高原近くのキャンプ場。
夕食の食材調達で訪れたスーパーには正午頃に到着。ここで更に一人と合流。
この時間ここに居るということは余裕があるということ。

今宵の盛り上がりの為の飲食物を購入し、暫く休憩し出発。
11月にしてはとても暖かく快適な陽気だ。PCXは積載量がそこそこでキャンプユースにも最適です。シート上には現地用サンダルとパエリア鍋を載せただけで、キャンパーな印象は無し。

イメージ 3
河口湖近辺の食材調達スーパーを出発し、30~40分程度で今宵の目的地である
ふもとっぱらキャンプ場」へ無事到着。
私自身、ここは初めての往訪だったが、さすがロケーションと天候が最高だからか、テントが林立しており、入口では入場渋滞が発生していた。ここの経験者からは「こんなの初めて・・・」とのコメントもあった。

東京ドームで言ったら何個か不明だが、相当な面積の土地にざっと300張り以上はあろうかというテントの数には少々閉口したが、何とか良い場所を確保し準備を開始。ここの魅力の一つは車両乗り入れ可ということもあろう。

因みに東京農業大学の施設らしく受付係りには若者の姿が多かった。

イメージ 4
どうですか。中々良いロケーションでしょう。
樹木や他人、車等が一緒に写るので、あまり雰囲気が伝わらないかも知れませんが、
連休ではなく、所謂「通常な状態」であればもっと雰囲気はいいでしょう。

早々にテントの設営を済ませ、タープを立てて居場所を確保すれば、
いよいよ晩餐準備開始。

イメージ 5
今回は仲間の一人が仕込んでくれたベーコンのスモークを試作してみました。
合わせて6Pチーズを脇役設置。
この簡易システムは某アウトドアメーカーで販売されているスモーク施行セットなるモノで、ダンボールと金網と少しの針金がセットになっており、価格も¥1,000-切る価格で非常に便利なモノ。

自宅で「やるか、やらないか」や「その頻度」を考えると、スモーク作業をキャンプで行うというのは至極自然なことなのでしょう。PM3時頃からスタートしてPM8時頃には適当に完成か・・・。

そしてもう一つの作業は「パエリア作り」。何もここまで来てわざわざ小難しいモノを作らなくても・・・とは思うも、キャンプをすること自体、既に面倒なことですから。

因みこの集まりは「苦行を愉しむ会」と命名しております。(随時仲間募集中)
私自身が面倒な性格故、言い得て妙と言ったら自賛でしょうか。

イメージ 6
パプリカ(赤と黄)とネギ、にんにくを刻み、魚介類を上手く配列し、炒めて透き通るはずが、諸事情により透き通ってない米を投入、さらに水と自作ブイヨンで煮込みスタート。
比較的大きなパエリア鍋なのでパーソナルクッカー等では調理が不可なので、直火で。今回は炭が無かったので薪での加熱の為、温度が一定せず、この時点で仕上がりに一抹の不安を抱えたままアルコール摂取・・・。折角のキャンプですから不安があってはストレス解消にはなりませんから、しなくても良い忘れる努力は赤ワインで・・・。

月明かりで富士山がとても蒼い。完成前のパエリアと映えます。それにしても最近のスマホカメラの能力は高い。この状態で薄っすら見える富士山が撮影できるとは。

イメージ 7
待つこと1時間程度。
途中、火力の調整や火種に合わせる為の鍋の調整等々、手間を掛けつつ無事完成。
米に芯も残らず中々の出来ばえ・・・というと"らしく"ないので、事実を書きますが、"煮過ぎました"。自分で作っていうのも何だが、だいぶ「リゾット」に近づいた。汁無しリゾット的味わいとでも云えば伝わるか。底部が焦げてるわりに米が緩いというのは火力の問題なのか、私のセンスの問題なのか・・・。アルコールのせいで小さいことは気にしないことにします。でも鍋から無くなったということは結果オーライではないか。

さてさて。
飲み散らかし、パエリア改リゾットに舌鼓を打ちまくり、全員の記憶から一時的に消えていた食材がそろそろ完成間近。

イメージ 8
完璧な仕上がり。
地元スーパーで購入した”安物バラ肉”が高級食材に生まれ変わった瞬間です。
雪印6Pチーズも全く負けておりません。この色艶は中々拝めない仕上がり。
この結果からスモーク作業が急に楽しく感じてしまうのは面倒な性格の私だけではないはず。

イメージ 9
ベーコンのはずですが、違う食材の様です。
少々歯応えがあるが、肉汁の甘味は味わったことのないものでした。
陽も落ち気温がグングン落ちる中、コレを味わった我々のテンションは最高潮の達するのでした。そして夜も更けていくわけで。

今年は最後となるアウトドア生活ですが、やはり少々寒い方が良いものですね。
虫も少なく、ベタベタと汗ばむこともないので、オートバイと同じで装備さえ整えれば快適そのもの。秋用のシュラフしかない私には早朝の冷え込みが少々効きましたが、十分想定内です。

旨いモノ喰って、つまらない話をして、手間以上の楽しみが満載のキャンプですが、通常はインドア旅館派の私でも、充実感があるのは慣れてないからか。

コレはコレでアリです。

また来年も行きたいと思いつつ、キャンプ道具を片付けるのでした。コレまた面倒ですが・・・。

この記事に

MT-09トレーサー 2017

やはり普通のオートバイに戻ってきました。
ギアチェンジが面倒という理由でスクーターに乗っていた時間は約1年でした。正確には”所有していた”という表現の方が正しいかもしれない。

イメージ 1
自身でもほんのり予想はしていたが、私はやはりオートバイというモノは嗜好品の最たる製品であり、それを扱うに無駄な作業があって当たり前なのだ。それが苦痛というならハナから乗らなければ良い。自己満足と人生を僅かに豊かにするだけの為の乗り物だが、それなりの出費である。


イメージ 3
高い勉強代とのツーショット。



イメージ 2
以前に乗っていたBMW1200GSにも似た所謂デュアルパーパス的な外観は、予想通りの大味なハンドリングを伴いつつも、モードチェンジで1番ハイパワーを選択するとフロントホイールが重量を失うのは簡単。このオートバイはマイナーチェンジでエンジン特性がシルキーでマイルドなったというが、それでも十分パワフルだ。

必要以上のパワーは不要だが、たまにしか乗らなくなった現在では「山椒は小粒でピリッと辛い」というのもアリ。
乗っている時間が短いので刺激的であっても疲れる程ではないという思考だ。しかし目が付いていかない程では無く、100馬力ちょいに軽量な車体は、扱いやすさで云うならBMWの比ではない。

このオートバイに積載されるエンジンは850ccの3気筒だが、同メーカーの「YZF-R6」よりも数キロ軽量とのこと。600ccクラスのレーサーレプリカよりも軽量なエンジンが搭載されていれば、それなりの装備を纏っていてもだいぶ軽量な印象であり、それは実際扱っている際にも感じることができる。安っぽくプラスチッキーであることは否めないが昨今のBMWでも同じことが言えまいか。

排ガス規制の影響で水冷化され、独特の乗り味よりも性能重視になった”いにしえ”のエンジンに魅力を感じなくなって久しい私だが、このオートバイでも十分に愉しむことができ、これが乗り出しで100万円程度なのだから、文句は今の所見当たらない。

イメージ 4
大きめのスクリーンを装着。



イメージ 5
フロントフェンダーの延長。これは泥ハネしたラジエターを見るのが忍びないので装着。
その他、ラジエターコアガードやグリップヒーター、パニアケースとキャリアを装着した。
「文句がない」と言った後に色々とカスタム追加してますが・・・。


イメージ 6
MT-09より燃料タンク容量が4L程度増量され、モード切替で1番穏やかな特性にすると25km/L程度の燃費と比較的良い積載性、そしてそれらを考慮しても取り周しの軽い車体と相まって、今の自分に取って非常に身近な存在になりつつある。

やや横風に煽られる感もあるが、高速道路の巡行性も申し分ないし、山道に入ると軽量な車体と適度なパワーが気持ちの良い走りを生み出し、巷ではプアと言われる足廻りも乗り手の制御でいかようにでもなる。アンダー傾向が強めではあるので慣れが必要ではあるものの、これらの問題もショックアブソーバのアップグレードで収束すると思われます。

久しぶりに”乗りたい”と思わせるオートバイに出会った気がします。
(雨続きだからかもしれないが)











この記事に

イメージ 1
変化の無い平凡な日常が幸せとも思うも、波瀾万丈とまでは言わないが、つらいこと、厳しいこと、面倒なこと、面白いこと等々、それが人生を愉しくするのではないかと思う今日この頃。

それには他人から無駄と感じることにも尽力を注がねばならない。本人は無駄と思ってないから出来るともいえるが。
その面倒で無駄なことと感じていたものが、そうではなくなる瞬間が必ず訪れるのだ。

面倒だからやらない。手間が掛かるからやめておこう。
これでは面白い人生になるはずがない。なるようにしかならないし、なるようになる。そんな生き方でないと面白くないでしょうよ。

この記事に

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事