ロシアねた

放置していてすみません…m(_ _)m

全体表示

[ リスト ]

23日、エリツィン前ロシア大統領が亡くなりました。

76歳、急性心不全だったそうです。

ロシア政府は25日を「服喪の日」とすると発表しました。


エリツィン前大統領への評価は様々なものがあります。

既にあちこちのメディアでも取り上げていますので、それを繰り返すことはしませんが、少なくとも、ゴリバチョフ元ソ連大統領との比較では、ロシアの人にとっては圧倒的な人気がありました。
この点は、日本や欧米での評価、特にメディアを通して入ってくる情報とは大きな違いがありました。

酒での失敗を取り上げられることが多かったエリツィン前大統領ですが、ロシア人は日本人と同様、あるいは日本人以上に(?)、酒の上での失敗には寛容です。まあ、飲んでいたんだから仕方ないじゃないか、愛すべき人だよ、そんな感じです。

一方、ゴルバチョフ元大統領に関しては、「節酒」を奨めた政策が、結果として「禁酒令」のようになってしまったため、ロシアの人たちから総スカンを食らってしまったことなど、ケチョンケチョンに評価されることが多いです。

もちろん、エリツィン前大統領がとった自由化政策については、ロシアの財産を二束三文で売り飛ばしてしまった、その結果、本来、税金や様々な形でロシアの国民に還元されるべきものが、一部の人間の懐を潤すだけになってしまった(それがエリツィン・ファミリーと言われている新興財閥の人たち)と否定的に評価されることが多いことは間違いありません。

そのエリツィン前大統領から後継者として指名を受けたのがプーチン大統領。
最初は「プーチンって誰?」、という受け止め方でしたが、その後の状況は、少しでもロシアに関心のある方であればご存じのとおりです。

プーチン大統領が最初に行った仕事は、エリツィン前大統領に「不逮捕特権」を与えることだった、というのも、よく聞かれることですが、その「ファミリー」に対し、「政治には口を出すな、口を出さない限りは一定の利益は保証してやる」と迫り、口を出すどころか、自らが大統領になろうとした元ユコス社長のホドルコフスキー氏は、逮捕されてシベリアの監獄送り・・・。

きっとロシアでは、エリツィン前大統領に関する様々な話で持ちきりなのではないかと思います。
日本人の駐在員でも、2度目、3度目という方や、もう10年以上ロシアでビジネスをやっているという方もいらっしゃいますので、あのときはこうだった、というエピソードは尽きないのでしょうね。
その輪の中に加わることができないのが、なんだかとっても残念です。

ロシアでの暮らしの長い方、是非、エリツィン前大統領に関するエピソードを共有させて頂けますと幸いです。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

昨日、モスクワに電話しましたら街の中はエリツィンの話題が多いそうです。政府関係者は全く関係ないと冷たい感じ。外国と国内での評価がものすごく違うんですね。とくにゴルバチョフを悪く言う人が多い様な気がします。

2007/4/25(水) 午前 11:41 [ ジョン ] 返信する

その国に一度でも居住すると、国の風土や政治、文化に敏感になりますよね。国内外胃での評判に違いがあるとなると、プーチンさんもいろいろ怖い話がありますが、どれが真実なのかわかりませんね。

2007/4/26(木) 午後 8:15 がちゃ 返信する

顔アイコン

petrvs63さん、ゴルバチョフはロシアの中と外での評価が全く違いますよね。エリツィンも、評価が固まるまでにはもう少し時間が必要かもしれませんね。なんだか故郷のエカテリンブルクでは、「エリツィン通り」と名付ける動きがあるようですが。

2007/4/29(日) 午後 11:48 みやびい 返信する

千さん、そうなんです。プーチン大統領も、虚像、実像、どれがほんとなのやら、よくわかりません。個人的には「プーチン機関説」ですけど。

2007/4/29(日) 午後 11:51 みやびい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事