宮城根魚研究所

本気ぢゃないオッサン釣り人のブログ
大島出張が無事(?)に終わり、福島県古殿町へ1泊2日の出張となりました。

地元の方々と接して、皆さんの笑顔や気さくな人間性を目のあたりにして、人の温かさというか、家族や仲間を想う心とかを肌に感じて、やさぐれていた俺の心は浄化されましたよ、ほんと(笑)
(*´ω`*)←この出張中は、たぶんこんな顔してたと思う。


そんな出張中に、hideさんから翌日の日曜日に、タンデムのお誘いがあり、土曜日の夜には仙台に戻る予定だったので、待ってましたとばかりに、ありがたく載せて頂きました!




現地のスロープで準備していると、区長さんがタイミング良く海から戻ってきたところで、hideさんをご紹介できました。この日の俺の最大ミッション完了!

「これ、持ってけっ」
と区長さんから、サワラの子供のサシゴ?をスロープにぶん投げられ(笑)ありがたく頂戴しました(笑)※優しいんだけど、ぶん投げる荒い感じが面白くて好きなんです(笑)

この瞬間に、この1匹は俺にカウントされたので、俺のボーズは無くなりました(笑)

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
浮かんでみると、やっぱミニボは楽しい!
海面が近いから一体感が気持ちいい!
釣れなくても海の上は、癒される!

とか、一人で盛り上がっているうちに、次々とhideさんが釣っていく・・・
hideさん、めっちゃ釣りますやん・・・

いつもなら焦る俺ですが、久しぶりの海の上・・・
○ナニー後の賢者タイムの様なひと時を過ごします。

そんな時間を過ごすものの、、
「つか、つりっこ太郎君って・・・いつも釣ってないよねwww」
とか思われるんじゃないかと徐々に焦りはじめながら、なんとか40cm前後を3本釣りました。ちなみに、hideさんは倍以上釣っております。

イメージ 1
この子は、出産間近の為、リリースしました。


hideさん、接待してくれてる並に、タンデムさせて頂き、ありがとうございます!
スッゲー楽しかったです!

先日の大島が、トラウマ級のバイト1回ノーフィッシュだったので、嫌なイメージを払拭できた気がします。

もう年末だけど、釣りスイッチ入っちゃいました(笑)

この記事に

開く コメント(5)

最近も無駄にやる事が多く、ミニボは勿論、オカッパリすら行けてませんでした。
そんな中、気仙沼市に浮かぶ大島へ2泊3日の出張が決定し、行ってきました!


ご存じの方も多いかもしれませんが、東日本大震災で壊滅的なダメージを受け、全てのライフラインが遮断された中、米軍の海兵隊が応急的に活動してくれたのは、本当にありがたい事です。

現在はフェリーで渡りますが、現在建設中の本土との橋が、今年度中に完成するので、復興が加速されることを期待したいところです。
ロックフィッシュもハイシーズンに入ったっぽいですし、もちろんオカッパリタックルを持参しました♪




大島到着!
とりあえず、空き時間に島内を徘徊・・・
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
いいとこだな〜 (^-^)



夕食は・・
イメージ 5
撮影後に更に1〜2品追加で出てきました。

こんなんだったり・・・
イメージ 6
この日も、もう1〜2品出てきました。


















以上ですっ!

調査の結果、当地のアイナメは絶滅した模様です・・・(/ω\)

この記事に

開く コメント(4)

3歩進んで2歩下がる?

お久しぶりでございます。

後で一気に更新しようと思っていたら、ブログの存在自体を忘れていました(笑)


去年の年末に、ミニボロックしてきました。
その浜の区長さんと、仕事関連で仲良くさせて貰ってまして、以前からスロープ使用の許可は頂いてました。
で、スロープで準備してたら、偶然にも区長さんと会ったので、

「区長さん!俺のボートを置かせてくれない?」

って、聞いたら、

「いいよ!この辺俺の土地だから、置いてけ」

と、即答されました(笑)

「年間1万で頼みます!」

と言うと、

「いらねぇから(笑)」

とのお答(笑)
しかし、流石にそれはマズイので、拒否る区長さんを納得させ、年1万円で置かせて貰う事になり、その日に置いてきました。
で、帰り際に、捕れたてナマコをいっぱい貰いました(笑)
現地に置かせて貰うと、極端な話、船外機を積むだけで、気軽に釣りに行ける事になりました(笑)


しかし、最大の理由は、2号艇の導入になります。

その2号艇とは、hideさんが愛用していた、シーニンフ12Kです。
このシーニンフを導入するにあたり、当然、船舶免許と船検も必須となる訳ですが、その費用や時間、労力を費やしてでも、2馬力艇では得られないメリットがあります。



hideさんから格安で譲って貰ってからも、かなりの長期間、ご自宅に置かせて頂いていたので、ようやく昨年の年末に引き取りが出来ました。


すぐにでも、弄りたいところだったんですが、年始から最近まで、かなり仕事が忙しく、弄る事が出来ませんでした。しかし、リベッターや、ビルジポンプ、法定備品やらを買い揃え、少しづつ準備をしてきました。




仕事も落ち着き、暖かくなってきたので、
作業開始♪

イメージ 1



こんなの作ったりして、本格的に弄り始めようかと思っていたら、何故か体調不良…(-_-;)

喉の痛みと、頭痛、悪寒、下痢…時折めまいもしてくる…。
風邪をひいたと、対策を講じるものの改善されない…(T-T)

日曜日には、ついに我慢が出来なくなり、休日診療を行う病院へ行きました。

結果は…




「溶連菌感染症」でした(-_-;)



1週間ほど経過して、だいぶ回復してきましたが、まだ本調子ではない感じです。

嫁がインフルになって、夜間病院に連れて行き、待合室で溢れるインフル患者と過ごしても大丈夫だったのに(-_-;)
老化なんでしょうな。

と、言う訳で、お楽しみは先送りになりました♪

この記事に

開く コメント(4)

行ってきたよ

前回と同じスロープから出船してきました。
今回は、hideさん、tommyさんも近くで浮かぶらしいです。


朝から謎の腹痛に悩まされながら、釣具屋寄ったり、コンビニ寄ったりとダラダラしながら6時過ぎに出船しました。


青物が好調だとは聞いていたけど、今回もウネリがあるので、岸から程良く離れたラインでロックをメインにすることに。

イメージ 1



釣り上げたアイナメが、小さな蟹を吐いたので、甲殻系のワームにチェンジしたら、ワンキャスト・ワンバイトが続きますが、なかなか乗らないながらも、数本追加。


それにしても暑い!
前回より確実に日に焼ける…
そして、重大な事に気付く…

飲物持ってくるのを忘れた!
同船者の飲物を少し貰いながら、命を繋ぎます。


喉の渇きに耐えながら、ジギングでアイナメを追加。同船者もジギングで…

イメージ 2




お分かりいただけただろうか…

もう一度ご覧いただこう…

イメージ 3









リュウグウハゼ…


ジグの方がデカイし(-_-;)





ロックでアイナメを数本追加した後に、同船者のアイナメにタモ入れをしたら、アイナメの他に何かがタモの中にいる事に気付く。
こちらもご覧いただこう…

イメージ 4








こ、これ何すか?

アイナメの腹わた?
それとも、ユムシ的なの?
直接触るの恐かったんで、プライヤーで触ってみると、まぁまぁな厚みな質感。

グループLINEで聞いたら、hideさんから、
「茶色の⚪⚪ポ」
と教えられたので、同船者とはこれは【真性包茎】って生物にする事にしました。

そんなかんなで、喉の渇きも限界に達し、10時半にはスロープに戻り撤収。

間もなくtommyさんも帰ってきました。グループLINEでは、お話をさせて頂いたものの、お会いするのは初めてで、軽く談笑させて頂き、サバを分けて頂きました。ありがとうございます!

イメージ 5




リリースも含めて、2人でアイナメ9本でした。秋冬のロックシーズンが楽しみです。

この記事に

開く コメント(4)

やっと出船できたよ

無駄に忙しい日々が続き、やっと出船してきました。

今回も、会社の若い子が同船。
事前にボート仲間から、

「前回の浜は震災復興工事の為使えなくなり、隣の浜から出れるよ」

と、貴重な情報を教えてもらい、初めての浜からの出船となりました。
ここ周辺の浜は、仙台からもアクセスが非常に楽なんだよね。
現着し、そそくさと準備を済ませたけど、スロープに溜まった砂でドーリーが埋まり、大人2人で渾身の力業でボートを押し出し、ようやく出船(-_-;)
ボートが重いと大変です…

海へ出たものの、ウネリがあり2馬力じゃ中々進まず…

イメージ 1


とりあえず、水深20mでジギングをやってみるが、ムハン…。
風が強くなる予報だったので、早あがりを想定しているだけに、沖へは出れないし、出たくない。
「海釣図」なるアプリを頼りに、比較的水深のあるポイントを探りますが、魚探も反応なし…
ウネリはあるけど、ほぼボートが流されない状況です。

イメージ 2


ジギングしながら、しばし考える…。
(中途半端な海域でジギングしても、今後ボートがステップアップしたら、たぶんこの海域をメインではやらないよな…)
と言う逃げともとれる思考になり、ロックに専念する事にしました。
本当は、今日はジギングをメインでやるつもりだったんだけどね(笑)

イメージ 3




すると、早速同船者が40cmのアイナメを釣り上げるが、後が続きません。


魚探で、ボトムの起伏を探しながら、移動を繰り返し、水深12m前後で、たて続けに2人で4本アイナメをあげます。そのうちの1本が、サイズはまぁまぁな45cmで、かなりのメタボなデブナメ(笑)

イメージ 4



その後は、ピタリと止り、アッチコッチと更に移動を繰り返し、1本追加して終了となりました。

ジギングは、残念な結果でしたが、ロックのポイントとしてのポテンシャルの高さを感じる事ができました。
色々と課題はありますが、楽しい一日でした♪

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事