宮城県詩人会

宮城県詩人会の公式サイトへようこそ

理事会があって、詩祭について話しました。


先日、宮城県詩人会の理事会がありました。

いろいろ議題はあるのですが・・・なんと言っても、今の話題は詩祭です


スケジュールも決まり・・・どんな朗読が聞けるのか、自分たちの企画ですが、楽しみでもあります。

ここにいる会員も出演予定です。


日野修は詩祭をいつも盛り上げてくれます。
言葉を声にした時の相手に届いていく力が強く、やさしく、おもしろく・・・きっと、今回もなにか考えて参加してくれるでしょう。


秋亜綺羅は舞踏の伊藤文恵さんと、ドラムの井上英司さんとのステージになります。
激しく、だけど近くで聴こえる詩。新しい場を探し、壊し、また見つけていく詩を聴けるのが楽しみです。


大林美智子はその後で、どんな詩を奏でるのか。
ふと立ち止まった景色の中で、紡がれる言葉たちに耳を傾けてほしいです。


佐々木貴子は今年入会したばかり・・・なので、どんな朗読になるのか、わかりません。
近々、刊行される詩集をチラッと見せてもらったのですが、あの詩たちが読まれるとなると・・・なんか、すごいことになりそうです。


千葉貴史も詩祭、初登場です。
この朗読にかなり準備をしているようで、どんな朗読になるのか、楽しみです。彼は音楽もやっているので、それと通じるものになるのか、それともまた別の表現になるのか・・・30日にじっくり聞きたいと思います。


そして、ここには来ていませんが、久しぶりに伊達泳時が出演します。
ギターを鳴らし、言葉を鳴らしてくれるようです。彼の詩は、いつも、心のどこかにひっかかり・・・というか、刺さってくるので、久しぶりに彼の詩を浴びたいと思います。


と他の会員のことばかり気にしている場合ではありません(笑)。
ぼくも出ます・・・まずは、なにを読むか、そこから考えなくては・・・

(武田)


宮城県詩人会 詩祭2018
闘うことばの祭典

9月30日 仙台市市民活動サポートセンター
1,000円(入退場自由)
13:00−16:30(予定)

ゲスト:講演/高橋玖美子 朗読劇/西澤由美子 演奏/トーンチャイム奏
会員朗読/秋亜綺羅、大林美智子、佐々木貴子、武田こうじ、伊達泳時、日野


イメージ 1





.


みんなの更新記事