宮城県詩人会

宮城県詩人会の公式サイトへようこそ

宮城県詩人会会則

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

宮城県詩人会会則

宮城県詩人会会則
2013.4.14 現在  
 
1章 総  則 
1条(名 称)この会は宮城県詩人会とよぶ
2条(事務所)この会は事務所を原則として、仙台市におく
3条(目 的)この会は宮城県における詩の発展普及と、詩人の社会的地位の伸展、及び詩人相                                     互の交流、親睦を深め、啓発向上を図ることを目的とする
4条(事 業)会は前項の目的のため次の事業を行う
①会報の発行、詩書の出版及び会員の出版物の斡旋
②講演会・講習会・研究会・朗読会の開催または後援
    ③会員の親睦・交流を図る企画、行事
④会の発展に寄与した詩人の顕彰
    ⑤宮城県にゆかりのある詩人の研究と顕彰
    ⑥その他目的を達成するための事業
 
第2章 会 員
5条(会 員)会の会員は宮城県在住または出身者及びそれに準ずる者で、詩作品の実作者及び                                             研究者をもって構成する
第6条(入 会)会への入会は会員2名の推薦と理事会の承認を要する
7条(会 費)会員は入会金と会費を納入しなければならない。ただし20歳未満はこれを免除    する
8条(退 会)会を退会する者は書面をもって理事会に申し出、承認を要する
9条(除 名)会の名誉を損ない、または会員として義務を怠った場合、理事会は総会に諮っ
て除名することがある
10条(不返還)退会者、除名者に対し会費及び入会金の返還はしない
11条(賛助会員)会は理事会の議により、会の目的に賛同する個人または団体を賛助会員にす
ることができる
 12条(物故永年会員)会在籍中に死亡した会員を永年会員とする
 
第3章 総 会
13条(開 催)総会は年1回定期に開催する。ただし理事会の議により臨時総会を開催するこ
とができる
14条(成 立)総会は会員の過半数の出席で成立する。ただし、委任状による出席を認める    
15条(議 決)総会は会員の過半数で議決し可否同数の場合は議長がこれを決する。ただし理
事の解任と会則の変更については3分の2以上の賛成を必要とする
16条(権 限)総会は次の事項を決議する
    ①事業報告および事業計画の承認
    ②予算および決算の承認
    ③理事の解任
    ④会則改正
    ⑤その他理事会の提案事項
17条(議事録)理事会は総会の議事録を作成して保管する
 
第4章 役 員
18条(役 員)会を運営するため会の役員として会長、理事長、理事、監事を置く
 
 
 
19条(選任等)理事は10名とし理事は理事会を構成する
②理事は全会員の投票により選出する
③会長と理事長は理事会の互選により選出する
④監事は2名とし会員のなかから理事会が選任し総会が承認する
⑤理事と監事の任期は2年とする。ただし、再任を妨げないが重任は2期までとする
⑥役員は無給とする
⑦理事会の議により顧問をおくことができる
20条(理事会)理事会は年回の定例理事会を開催する。ただし、臨時の理事会開催を妨げない
理事会の定足数は過半数とし、出席者の多数決で決する
21条(会 長)会長は会を代表する
会長は定期及び臨時の理事会並びに総会を招集する
会長は理事会及び総会の議長を務める
会長は会務の一切を管理する
22条(理事長)理事長は、会長を補佐し会長に事故ある時はその職務を代行する
23条(監 査)監事は会の事務及び会計を監査し、理事会に意見を提出する
 
第5章 実行委員会
 第24条(設 置)事業計画に基づき、理事会が必要と認めた場合は実行委員会を設置することができる
    ②委員長は理事会が選任し、委員は委員長が委嘱する
    ③各委員会の委員長は理事会に同席し事業についての意見を述べることができる
    ④各委員会の委員長は理事会において事業の報告をしなければならない
 
章 会 計
25条(収 入)会の運営は、会費、入会金、寄付金、賛助金、事業による収入等をもってこれに充てる
26条(会費等)会費、入会金は次の通りとする
①年会費6000円、ただし2回の分納を認める
②入会金3000円
27条(寄付金等)寄付金、賛助金の受け入れには理事会の議を必要とする
28条(年 度)会の一会計年度は毎年4月1日に始まり翌年331日とする
 
章 事務局
29条(事務局)会は事務局を設け、事務局長及び事務局員は理事会の指示に従い会運営に必要な
各種の執務を遂行する
②事務局長の任免は理事会が行い、事務局員は事務局長が委嘱する
③事務局長及び事務局員の報酬は理事会が定める
 
章 附 則
(施 行)この会則2011年6月 26日から施行する
     2012年4月22日一部改定
 

この記事に

役員選出細則

役員選出細則
 
(会則第4章関連)
第1条  会則および宮城県詩人会の運営を円滑に施行するためこれを定める
第2条  理事の選出のため理事会が委嘱する選挙管理委員会をおく
第3条  会則第19条第2項の投票は無記名による郵便投票とし、隔年の4月の定期総会の前に行う。会員は所定の投票用紙に被選挙人の氏名を記入し、所定の封書によってこの会の事務局に郵送する
第4条  選挙管理委員会は投票締切日の後に開票を行い、新理事を決定する。投票が同数の時は選挙管理委員会が抽選により決定する
第5条  投票結果は総会において選挙管理委員会が報告するものとする
第6条  会則19条第3項 会長と理事長の選出は新理事選出後総会までに理事会を開催し新理事の互選により選出する
 
 

この記事に

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事