宮城県詩人会

宮城県詩人会の公式サイトへようこそ

詩人会詩祭2013・秋

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1
竹野滴氏の司会
 
イメージ 2
原田勇男会長の挨拶
 
イメージ 3
会場の様子
 
イメージ 4
台風のド真ん中、ご来場くださった皆様①
 
イメージ 5
台風のド真ん中、ご来場くださった皆様②
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
牛島富美二氏の朗読
 
イメージ 2
石川かおり氏の朗読
 
イメージ 3
佐々木洋一氏の朗読
 
イメージ 4
秋亜綺羅氏の詩に藤川みちる氏が曲をつけて歌う(1曲目)
 
イメージ 5
秋亜綺羅氏の会場を動き回りながらの朗読
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
秋亜綺羅氏の詩に藤川みちる氏が曲をつけて歌う(2曲目)
 
イメージ 2
秋亜綺羅氏が朗読し藤川みちる氏が踊る
 
イメージ 3
砂東英美子氏の朗読
 
イメージ 4
先達詩人・尾花仙朔氏の朗読①
 
イメージ 5
先達詩人・尾花仙朔氏の朗読②
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
第2部・ポエトリーセッション『ことば、未来に展け。』「ことばで未来は展けますかね?」と問われるゲスト。
左から盒恐塗Щ瓠淵侫襦璽帆媼圈法Φ收醂瓢匯瓠併躾諭法照井秋助氏(ミュージシャン)・新田一文氏(司会)
イメージ 2
盒恐塗Щ瓩留藾
 
イメージ 3
及川良子氏の朗読
 
イメージ 4
照井秋助氏の演奏①
 
イメージ 5
照井秋助氏の演奏②
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
 宮城県詩人会主催、仙台文学館共催となる 「宮城県詩人会詩祭2013・秋」 の内容が決定した。 詩祭は、年に一度仙台文学館で行われる朗読を中心にしたイベント。今回は2月に開催してきた詩祭の時期を繰り上げ9月に行う。タイトルは 「ことば、植える。」

 平成25年9月16日(月・祝)午後2時開演、仙台文学館にて開催される。(入場は無料。テキストを希望される方はテキスト代500円。)
 
 今回のイベントは第一部と第二部に別れており、第一部は会員による自作詩朗読。
 出演は、秋亜綺羅+藤川みちる(作曲・歌)、石川かおり、尾花仙朔、牛島富美二、佐々木洋一、砂東英美子。 自分の詩の世界を確実にもった詩人たちが集まった。 詩のちがい、 個性のちがいなど、 朗読をとおしてまぢかに体感できる。
 
 第二部はポエトリーセッション「ことば、未来に展け。」。会員の及川良子と、ゲストにおもしろフルート奏者・高橋嘉彦、ミュージシャン・照井秋助を迎える。
 
 
 また、宮城県詩人会会員による詩画展も仙台文学館にて催される。9月1日(日)〜9月16日(月・祝)、午前9時〜午後5時。無料。9月2日(月)と9日(月)休館。
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事