ここから本文です
いきなりリターンライダー
とあるきっかけで実に20年ぶりにバイクに跨る事になってしまったおっさんの備忘録
イメージ 1
 例によって1日遅れでのブログ投稿です(汗)。

 昨日の天気予報は曇りのち雨でしたので、雨降りを覚悟しつつも妻と2人で車を走らせ、広島県の景勝地・帝釈峡まで日帰りドライブしてきました。

 下道のみの走行でおよそ3時間。
 午前11時過ぎには神龍湖に到着いたしまして、ちょうど10年ぶりに帝釈峡を満喫いたします。



イメージ 2
 そろそろ紅葉が始まっているのかな?と期待しておりましたが、残念!。
 時期尚早でしたか・・・w。

 でも、山々や湖面の緑と赤橋とのコントラストが、とても美しく・・・♪。




イメージ 3
 この度は貧乏ドライブですので、遊覧船には乗らず、神龍湖周辺の遊歩道を歩きました。

 古い手彫りのトンネルを幾つもくぐります。




イメージ 4
 「紅葉橋」「桜橋」「神龍橋」と、綺麗な赤橋が連なります。

 いずれも戦前に掛けられた古い橋たちなんです。

 駐車場に戻りまして、神辺のスーパーの朝市にて購入した焼きソバ(150円!)を車内で戴きまして、私が追加で買った200円の炭火焼き鳥丼を合わせても、2人で税込み500円の激安の昼食タイム♪。

 値段はともかく、大変美味しゅうございました!!。




イメージ 5
 神龍湖を後にし、スコラ高原を通過して「帝釈峡まほろばの里」へ・・・。




イメージ 6
 10年前にこちらで家族でキャンプした事がありまして、画像の展示施設「時悠館」を訪れるのも、10年ぶり・・・♪。



イメージ 7
 帝釈峡周辺は、縄文時代の遺跡が数多く発掘されており、当時の人々が暮らした岩陰住居の展示や、埋葬された女性の人骨等の、大変貴重な展示が数多くあります。




イメージ 8
 10年前と変わらぬ内容ながら、施設内の手入れは行き届いておりまして、大変気持ち良く見学する事ができました。

 ただ、10年前にはそこそこの来館者がいたこちらの施設、この日は本当に閑散としておりまして、私と妻の2人の貸切状態・・・。

 と、思いきや、来館者の方が1人後から来られまして・・・。




イメージ 9
 せっかくですので、周辺の施設も散策してみます♪。
 
 遊具も10年前と変わりませんが、手入れも行き届いており、今でも使用できそうです。
 この手の遊具って、経年により破損が進むのを何度も見てきておりますので、これは本当に感心いたしました。



イメージ 10
 これは10年前に利用させて頂いた時の画像です♪。



イメージ 11
 区画型のテントサイトは、この日は利用者がおらず、閑散としております。

 AC電源も完備された、ファミリーキャンプ用としては恵まれた環境なんですけどねぇ・・・。



イメージ 12
 こちらも10年前の画像です。

 ダッチオーブンでキャベツの丸ごと煮を作ったり、竹筒にホットケーキミックスを塗り、炭火で炙って手作りのバームクーヘンを作ったりしたのも、大切な家族の思い出なんです。




イメージ 13
 続いては上帝釈エリアへ・・・♪。



イメージ 14
 お天気も持ちそうでしたので、遊歩道を散策する事にいたします♪。

 目指すは、およそ1km先にある「雄橋」です♪。




イメージ 15
 10年前は、1泊キャンプの後に訪れまして、レンタサイクルで散策したのも鮮明に記憶しているんです♪。
 


イメージ 16
 上帝釈の美しい景観と、川のせせらぎを堪能しつつ、ゆっくりと歩きます。

 マイナスイオンに包まれた、本当に心地良い空間です。




イメージ 17
 およそ20分で、「雄橋」に到着♪。




イメージ 18
 渓水の浸食作用によって形成された天然の陸橋の「雄橋」は、日本一の規模を誇る国の天然記念物です。

 この度は2度目の訪問ですが、何度見てもその迫力には圧倒されますね・・・。




イメージ 19
 この度は徒歩ですので、「雄橋」から折り返しまして、帰路に「白雲洞」を見学いたします。

 入場料は、大人250円ととても安価でした♪。




イメージ 20
 10年前に見学した時は7月でしたので、鍾乳洞内部の涼しさも楽しむ事ができました。

 この度は10月中旬なので、外界と比べても暑くも寒くもなく、自然体でおよそ200mの大自然の神秘を堪能いたします♪。




イメージ 21
 神龍湖南端には、大正13年に竣工した古い重力式コンクリートダムの帝釈川ダムがありまして、内心は興味深々でしたが(笑)、この度はカミさんと2人でのドライブですのでダム巡りは自粛w。
 次回バイクで訪問しようと思います。

 国道182号線まで降りまして、道の駅「遊YOUさろん東城」にてソフトクリームを食べ、家路に就きました。




本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事