ここから本文です
いきなりリターンライダー
とあるきっかけで実に20年ぶりにバイクに跨る事になってしまったおっさんの備忘録

書庫日記

記事検索
検索

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2018年の元旦

イメージ 1
 いよいよ2018年がスタートいたしました。

 皆様、
新年明けましておめでとうございます。





イメージ 2
 長女は朝寝してますのでw、午前中にカミさんと2人で、3軒隣の実家にて新年の挨拶をした後、地元の氏神様に初詣してきました。

 田舎の神社ですが、元旦の朝は結構な列が出来ておりまして、賑わっておりました。




イメージ 3
 お神酒もありましたが、午後から車で出掛けるかも・・・?と思いましたので、この度は我慢w。

 もっとも、結局出掛ける事は無く、リビングでごろごろしながら晩までTVの番をしておりましたので、今思えば飲んどきゃよかった・・・w。





イメージ 4
 ほぼ隣接した山の上に、地域の守り神の神社もありますので、勿論そちらへも参拝いたします。




イメージ 5
 今年の絵馬も、とても可愛らしい絵柄です。
 境内の西側にある絵馬堂には、歴代の絵馬が飾られており、なかなか見応えがあるのですが、画像を撮るのをすっかり失念しております(苦笑)。




イメージ 6
 絵馬堂付近から見下ろす我が町の風景なんですけど、リサイズした画像では、よく分からないなぁ・・・。
 水島のコンビナートを遠くに臨む位置関係でして、戦時中は三菱の航空機工場を空爆するB−29の編隊を、この山から高射砲で迎撃していたんだとか・・・。




イメージ 7
 元旦の晩は、こちらのお酒を戴きます♪。


今年も宜しくお願いいたします。



 
 

この記事に

美味しい週末

イメージ 1
 翌朝の早朝にブログの記事を書いておりますw。

 土曜日は妻の実家にお裾分けするブロッコリーとカリフラワーを収穫し、午前中は家の用事を淡々とこなしまして・・・。





イメージ 2
 夕方からは、義姉宅にて年末牡蠣パーティー♪。

 妻の両親と義兄のお母さんも招待され、結構な人数となりました(笑)。




イメージ 3
 岡山県は牡蠣の水揚げ高が国内第3位なのだそうですが、日生産の牡蠣は身が大きく、妻の実家で牡蠣を食べる時は、必ず日生の殻付き牡蠣なんです。

 今年も身がプリプリの牡蠣を堪能する事ができました(嬉)。





イメージ 4
 日生産のナマコも、身が柔らかくて絶品!。

 大変美味しゅうございました!!。




イメージ 5
 食卓にはおでんも並び・・・(嬉)。




イメージ 6
 クリスマスも近いので、ケーキで〆ました(笑)。

 楽しくて美味しいひとときを過ごす事ができ、義姉ファミリーには大変感謝しております。

 で、翌日の今朝ですが、義兄とツーリングに行く算段でして、現在出撃40分前。





この記事に

ビワ酒、試飲!

イメージ 1
 今年6月に収穫したビワの実を漬け込んだビワ酒が、良い感じに琥珀色になってきましたので、試飲してみる事にいたしました♪。




イメージ 2
 カミさんと2人で水割りを戴きましたが、う〜む、甘いお酒だ・・・w。
 ビワの風味が溶け込んで、ジャムと同様甘さが加速している感じ?。

 私は甘党の酒飲みなので、全然OKな味なんですけど、糖尿病の薬を飲んでおりますので、こんなの飲んでるのを主治医にバレたら、叱られるんだろうなぁ・・・(笑)。

 あ、余談ですが、明日はカミさんと2人で広島県の帝釈峡までドライブする予定です。




この記事に

3連休最終日は・・・

イメージ 1
 初日は甥っ子の結婚式で(日帰りで)島根に行き、2日目はボチボチと野良仕事。
 で、3連休の最終日は妻の実家に行きまして、畑にイノシシ除けのフェンスを張る作業を実施いたしました。

 岡山県南ながら、最近はイノシシが畑を荒らす事が多く、発芽して育ち始めた大根の畝が、御覧のとおりの惨状に・・・(困)。



イメージ 2
 義兄があらかじめ機材を揃えてくれておりましたので、スムーズに作業が進みまして・・・(感謝)。
 杭を打ち込み、フェンスを固定してと・・・♪。



イメージ 3
 お昼過ぎには無事に作業完了!。
 お義父さん、お義兄さん、大変お疲れ様でした!!。





イメージ 4
 作業終了後は、真っ昼間からお約束の酒盛りが始まりましてw、ビール何杯飲んだか、あんまり憶えてないです(自爆)。

 カミさんの運転で帰宅しまして、風呂から出たらお布団に入り、気付けば今朝でした(笑)。



この記事に

イメージ 1
 2日遅れでのブログアップになります(滝汗)。

 先週末の3連休はGN倶楽部のキャンプミーティングにフル参戦し、先週までの激務に対する「自分にご褒美」にする予定でしたが、台風18号の直撃により残念ながら中止となってしまいました(涙)。

 で、天候が回復してからも野良仕事をしたり気晴らしで映画に行ったりと、家の用事や家族サービスの3連休となりましたがw、実は火曜日もシフトの関係で平日休みが入っておりました♪。

 で、今度こそ「自分にご褒美」という訳で、広島県北西部のダム巡りツーに出発!!。




イメージ 2
 自宅を出発したのがちょうど6時で、井原市から国道313号線を経由して県境を越え、神辺から国道182号を北上します。

 道の駅「さんわ182ステーション」にて惣菜パン1個と缶コーヒーのみの質素な朝食を食べ、その後も北へとひた走りまして、最初の目的地・庄原ダムに到着したのが9時半でしたか・・・。

 島根県との県境に程近い位置関係の山あいですので、朝は気温も低く、肌寒さを感じる程でした。



イメージ 3
 2015年に竣工した新しいダムで、コンクリートの表面も白く見え、美しくも堂々たる佇まいです。

 堤高42m、堤頂長112mというスペックは、比較的こじんまりとした数値ながら、それでもやっぱり上から覗くと高いの怖い・・・w。



イメージ 4
 管理事務所でダムカードを頂いた後、今日は時間に余裕もあるので周辺を見学させていただきました。




イメージ 5
 庄原ダムから20km程南下しまして、次は国土交通省直轄の灰塚ダムへ到着です。




イメージ 6
 管理事務所にてダムカードを頂いてから、ゆっくりと見学させていただきました。

 台風18号の影響か、ダム湖の水位も高く、オリフィス式の常用洪水吐からは勢い良く水が噴き出しています。



イメージ 7
 こちらのダムには一般に開放されているエレベーターがありまして、ダム堤体内に入る事ができるんです。



イメージ 8
 堤体内の通路は、まるで宇宙船の内部通路のような雰囲気・・・♪。

 様々な展示を見ながら歩きます。



イメージ 9
 下流側の麓に降りる事ができまして、灰塚ダムの迫力ある姿を一望する事が出来ました。



イメージ 10
 さらに15kmほど南下し、世羅町の山田川ダムが3番目の目的地だったのですが、電力節約のため、ナビのルート案内とトリップメーターの数値で距離を測りつつ進んでおりますと、どうやら計測誤差の関係か、とんでもない山道に迷い込んでしまいまして、細い峠道は舗装こそされていましたが、台風の影響で小枝や落ち葉が散乱しておりまして・・・(泣)。

 少々恐い思いをしましたが、何とか管理事務所に到着です(安堵)。



イメージ 11
 ダム湖の水は茶色く濁っております。



イメージ 12
 下流側に降りる道は無さそうでしたので、こちらでは上からの写真を数枚撮影したのみです。

 


イメージ 13
 堤高32.1mの、比較的小型の重力式コンクリートダムですが、上から覗くとやっぱり恐いw。




イメージ 14
 芦田川水系はダムが密集(?)しておりまして、山田川ダムからそう離れていない場所に三川ダムがあります。
 こちらはダムカード配布対象のダムではありませんが、折角ですので立ち寄ってみる事にいたしました。



イメージ 15
 3門設置されているゲートのうち1門が開いて放流が行われておりました。

 台風の影響で水位が増しているのか、なかなかの迫力です。
 この日はダムの放流を幾つも見る事が出来、とても幸運でした(嬉)。



イメージ 16
 上流側は、こんな感じ・・・。




イメージ 17
 同じ芦田川水系で、5kmほどの位置関係で八田原ダムに到着です♪。



イメージ 18
 国土交通省直轄の八田原ダムは規模も大きく、管理事務所も大きく立派な建物でした。
 こちらで本日4枚目のダムカードをゲット!!。




イメージ 19
 堤高84.9m、堤頂長325mの巨大な重力式コンクリートダムです。



イメージ 20
 やっぱりひときわ高いなぁ・・・(恐)。



イメージ 21
 こちらもエレベーターが一般公開されており、堤体内の設備を見学する事ができました。



イメージ 22
 下流側の麓に出まして、1枚パチリ!。

 この時点で13時ちょうど。
 そろそろ帰宅の途に就く事にいたしました。

 府中市内のコンビニにて惣菜パン1個と缶コーヒーの質素な昼食を購入しまして、今日はガソリン代と2食で500円未満の食事代のみの出費で済みましたw。




イメージ 24
 神辺からは往路と同じ道を通りまして、帰宅したのが15時半。
 総走行距離は278kmの下道ツーリングとなりました。




この記事に

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事