いきなりリターンライダー

とあるきっかけで実に20年ぶりにバイクに跨る事になってしまったおっさんの備忘録

バイク

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
 数年前から「行きたい行きたい」とずっと思っていたしまなみ原付道に、漸く行く事が出来ました(嬉)。
 昨日は平日のお休みの日でして、家の用事も予定がありませんでしたので、先週までの「激務」に対する自分へのご褒美であります(笑)。



イメージ 2
 午前6時に倉敷の自宅を出まして、通勤ラッシュが始まる前に福山市内を通過する算段でしたが、私の読みが甘かった・・・(汗)。

 結構早い時間帯からあちこちで信号渋滞がありまして、尾道市街に入ったのが8時ちょっと過ぎくらい・・・(汗)。

 高速道路じゃない方の尾道大橋を渡り、いよいよ念願のしまなみツーリング、スタートです♪。


イメージ 3
 昨年向島を四輪で1周しており、ちょっとだけ「予習」してましたので、迷う事無く因島大橋の原付道入り口に到着しました。

 各島内の道路は、国道317号線を中心とした一般道で、島々を繋ぐ橋の麓からは原付道を通る仕組みになってまして、独特の道幅の道路に、「いよいよやって来たんだ」と、感慨もひとしおです。



イメージ 4
 因島大橋は、高速道路の下に原付・自転車道&歩道が付いております。

 今まで先人達のブログや動画で何度も見た光景が目の前に広がり、いやぁ、ホントに来て良かった・・・(号泣)。



イメージ 5
 料金所は、画像の「箱」に現金または回数券を入れる仕組みです。

 この度はあらかじめ回数券を購入しておりましたので、随分と楽ができました。



イメージ 6
 生口島橋からは、自動車専用道路の外側に原付道や自転車道が付いていまして、ビュンビュンと駆け抜けていく自動車を横目に、小さなバイクでトコトコと・・・(笑)。

 125ccのオートバイは、道路交通法上は「小型自動二輪」、道路運送車両法上は「原付2種」に分類され、まるでイソップ童話に登場するコウモリみたいな存在(両方の良い所取りw)という印象を個人的に持っておりますが、流石に高速道路は走れませんからね・・・(笑)。

 でも、四輪で走り慣れている自動車専用道路のしまなみ海道よりも、こっちの方が数段楽しいですね!!。



イメージ 7
 多々羅大橋は原付道の道幅も広く、美しい景色を満喫しつつ、気持ちよくバイクを進めます♪。



イメージ 8
 大三島に上陸すると、ここからは愛媛県今治市♪。

 道の駅・今治市多々羅しまなみ公園にて小休止いたしました。



イメージ 9
多々羅大橋の美しい姿をバックに、1枚パチリ!。




イメージ 10
 おっさんも自撮りに挑戦しますが、ありゃりゃ、ダメダメだねこりゃ・・・(汗)。

 くたびれた表情の薄汚いおっさんの顔には、容赦なくモザイク掛けちゃいますw。



イメージ 11
 大三島まで来たからには、忘れちゃいけない、台ダムへ寄り道いたします♪。

 ちなみに「うてなダム」って一発で読めた人、いる?。




イメージ 12
管理事務所にて台ダムのダムカードを頂きまして・・・。




イメージ 13
先を急ぎますので、この度は見学も程ほどに・・・。




イメージ 14
 伯方島に入りましたら、道の駅・伯方S・Cビーチに立ち寄りまして・・・。



イメージ 15
 ここで絶対に食べようと以前から誓っていた、伯方の塩ソフト(小)を戴きます。

 2月ですがぽかぽか陽気で、ソフトクリームを食べても寒さを感じる事は無く、ほんのり塩味で本当に美味!!(嬉)。



イメージ 16
 高さ65mの来島海峡大橋は、高速道路の両端が自転車歩行者道と原付道になっているので、高い所が大の苦手の私には、ただただ恐怖で縮み上がってしまいまして・・・(恥)。
 途中でバイクを停めて写真撮影なんかする度胸はとてもありませんでしたので、この度は画像はありませんw。
 動画は、ちゃんと撮れてると思うんだけどなぁ・・・。

 何はともあれ、この度の目的地・今治市の糸山公園に到着です♪。




イメージ 17
 一昨年、四輪で訪れて以来なんですけど、ここからの眺めは最高ですねぇ・・・。



イメージ 18
 画像の焼き菓子がお勧めとの事でしたので、家族への御機嫌取りに1個購入いたします。



イメージ 19
 帰路は、原付や自転車でしか下りる事が出来ない見近島に立ち寄りまして、キャンプ場を見学いたしました。

 クロスカブで来られてキャンプされている方が1人おられたみたいで(バイクとテントはあったけど、人影が見えませんでした)、とても羨ましかったりいたしました。

 近未来に必ずここでキャンプをしよう!と誓いまして、見近島を後にいたしました。



イメージ 20
 17時ちょうどに帰宅いたしました。

 総走行距離は、299.82km。台ダムに寄り道したのと、帰路は福山からの国道2号線の渋滞を迂回したので、少し距離が伸びてしまったみたいです。

 


イメージ 21
 生口島も、北側のルートではなく南側の国道317号線を通れば、距離の短縮が図れたんだなぁ・・・と、GPSログを見ながら反省いたしまして、4月末からのGN倶楽部・九州ミーティングの際に活かせたらと思います。



イメージ 1
 今朝は新調したタイヤの皮むきで、80km程走ってきまして(ツーリングじゃないので、画像は無しw)、午後からバイクのメンテなど・・・。

 まずは、タイヤ交換の時に「2りんかん」で購入していた荷掛けフックの取り付けです♪。



イメージ 2
 ナンバープレートに共締めするタイプでして、元々付属のM6ビスが短くて使えないため、長めの物を買ってきて付けました。

 改正道交法の関係で、荷掛けのバンド等がナンバープレートを遮ってはいけませんので、フックの向きはこちらにいたしました。



イメージ 4
 原付2種の小さいナンバープレートに付けたら、金具が目立って不恰好になるのかな?と思い、今まで取り付けを躊躇しておりましたが、これならそんなに違和感はありませんか・・・(安堵)。





イメージ 3
 元々EN−125のテールカウル下には、荷掛けフックが片側2個ずつしか無く、今までは後ろ側のフックにツーリングネットのフック4個をを無理やり取り回して取り付けておりましたが、これでフックに6箇所、無理なく取り付ける事が出来るようになりました。



イメージ 5
 防水トートバッグのお陰で、機材の搭載状況も改善されまして、次回のキャンプツーリングが本当に楽しみです♪。



イメージ 6
 今日はもう1点。
 2年ちょっと前の納車時より、一度も開けた事が無かったエアクリーナーの蓋を取り外します。

 「16000km以上メンテしとらんかったんかい!」という突っ込みは、この際ナシの方向でお願いします(滝汗)。



イメージ 7
思ったほど汚れてはいないなぁ・・・と思いつつも・・・。



イメージ 8
 実は先日、ヤフオクにて新品のエアクリーナーエレメントを600円(しかも送料無料)で購入しておりまして、失効間近のヤフーポイントを消化し、送金手数料もゆうちょダイレクト経由で無料なので、実質90円程の出費で済みましたw。




イメージ 9
 比べてみると、やはり埃で変色しているのが分かりますねぇ・・・。



イメージ 10
 どの位の量が適当なのか、良く分からないなりに、余ったエンジンオイルを内側から塗布し、エアクリーナーに取り付けてやりました(不安)。



イメージ 11
 古いエレメントもまだまだ使えますので、中性洗剤で洗い、現在ベランダで乾燥中なんです♪。

 今後は4000〜5000kmくらいのペースでメンテナンスしてやらんといけんなぁ・・・と反省する事しきりであります。

 次はエンジンプラグの交換ですな。




いきなりタイヤ交換

イメージ 1
 未だスリップサインが完全には繋がっていないため、あと1.000km位はイケるかなぁ・・・?、とも思っておりましたが、ゴムの劣化かあちこちに小さなひび割れが見受けられたため、思い切って交換する事にいたしました。

 数日前に近所の「2りんかん」にて予約を入れておりまして、本日朝一で作業していただきました。

 余談ながら、自宅から徒歩で15分の場所に「2りんかん」があるという位置関係は、お金持ちの方にとっては恵まれた環境なんだろうなぁ・・・と、この度は冬のボーナスの際のお小遣いからタイヤ代を捻出した貧乏人のおっさんがつぶやいてみたりいたしますw。



イメージ 2
 定番中の定番と申しますか、全く面白みの無い選択だと思いつつも、ダンロップのTT-100GPであります。

 今から34年前、人生初のオートバイのRG-50ΓのリアにもTT-100を履いておりまして、随分と息の長いタイヤだなぁ・・・と驚いたりもいたしますが、こちらは純正と同じサイズの90-90-18なんです。



イメージ 3
 フロントも、まだイケるかなぁ・・・?と思い悩みましたが、やっぱり細かいひび割れが気になりましたので、思い切って一緒に交換したため、ボーナスのお小遣いはすってんてん・・・w。

 2.75-90-18なんてタイヤは国内メーカーからは発売されておらず、ENを購入したバイク屋さんでも、「うちは純正サイズのタイヤしか交換できません」と言われておりましたので、「2りんかん」でお願いした次第なんです(苦笑)。



イメージ 4
 こっちもTT-100GPで、サイズは3.00-90-18。
 扁平率が変わらないためタイヤの外径はおよそ9%大きくなりますので、スピードメーターの数値が実際よりも遅く表示される可能性がありますが、EN−125のスピードメーターは、実際の速度よりもおよそ1割速く表示される、所謂ハッピーメーターですので、タイヤのサイズアップにより、メーターの表示値はより正確になるのではないかと・・・w。



イメージ 5
 「フェンダーとのクリアランスがギリギリですので、タイヤの空気圧が減るとフェンダーに干渉する危険が無いとは言えないので、気を付けて下さい」と、「2りんかん」の整備担当の方から丁寧な説明をしていただきました。

 結構出回っているヤマハのYBR125も同じタイヤサイズでして、フロントのタイヤ交換の際はENと同じ事情になるとの事。
 それなりに需要があるタイヤサイズなのに、何で国内メーカーから発売されないんでしょうかね・・・?。

 国内で正規に販売されていないからとか、色々事情があるんだろうなぁ・・・とお察ししつつ、これで「タイヤがグリップしないから・・・」という「言い訳」が通用しなくなってしまったなぁ・・・(笑)。



イメージ 1
 香川うどんツーの動画が漸く完成いたしました。
 こちらのブログへのアップは年内に間に合いませんでしたが、何とかYouTubeへはアップロードが間に合いまして、まずはやれやれ・・・(安堵)。




動画版 Vol.16

イメージ 1
 10月25日の平日ツーリングの動画を、実に2ヶ月遅れでアップロードしています(汗)。



 Vol.15のアップが大幅に遅れてしまったためでして、この度の作業自体は比較的スムーズに進みましたが、12月1日からの香川うどんツーの動画は、年内アップは厳しいかな・・・?。


全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事