いきなりリターンライダー

とあるきっかけで実に20年ぶりにバイクに跨る事になってしまったおっさんの備忘録

ドライブ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

イメージ 1
 例によって1日遅れでのブログアップであります(汗)。

 4月から新社会人となった長女の生活も落ち着いてきたみたいですので、そろそろ夫婦で長距離ドライブもアリかな?という事になりまして、久し振りに京都まで行く事にいたしました♪。

 午前5時半頃に倉敷の自宅を出まして、山陽自動車道〜新名神〜名神と高速道路をひた走りまして、京都南ICを通過したのが8時過ぎでしたか・・・。

 早朝の新名神は交通量も少なく、随分と早く到着する事が出来まして、また京都が近くなったんだなぁ・・・と、今更ながら実感いたしました(笑)。

 この度は京都市街の北西に位置する、高雄山を目指しまして、まずは神護寺へ・・・♪。



イメージ 2
 参道は結構な上り坂でしたが、山門をくぐると枝垂桜が満開で、疲れを癒してくれました♪。


イメージ 23
カミさんの自撮りのバックに写りこんでみたり・・・www。


イメージ 3
 金堂へと向かう石段は、映画「本能寺ホテル」のロケ地となった場所で、ここと東山区の東福寺や南禅寺、右京区の仁和寺、そして兵庫県姫路市の書写山・円教寺が、この映画の主要なシーンの撮影場所となっておりますので、とても感慨深く散策させて頂きました。

 若き日の弘法大師も過ごした神護寺は、岡山県出身の和気清麻呂公が創建した寺院なのだとか・・・。

 国宝に指定されている源頼朝公の肖像画(歴史の教科書でお馴染みですね)も、神護寺の寺宝なんです。



イメージ 4
御朱印も頂きまして・・・。




イメージ 5
地蔵院の辺にてかわらけ投げにも挑戦♪。
しかし、なかなか難しかったですわ(苦笑)。



イメージ 6
 参道を降りる途中の茶店にて小休止し、抹茶とみたらし団子を戴きました。



イメージ 7
 普通は車で移動するのがデフォルトかとは思いましたが、神護寺の駐車場は時間無制限でしたし、歩いて行ける距離で駐車料金を複数支払うのも、何だかなぁ・・・と思ってしまいましたのでw、高山寺と西明寺へは、徒歩で向かう事にいたしました♪。



イメージ 8
 歩道が狭くて、車が通過する脇を歩くのはちょっとだけ怖かったですが、カミさんと2人でてくてくと歩きます(笑)。



イメージ 9
 徒歩にておよそ15分の位置関係で、栂尾山・高山寺に到着いたしました。

 しかし、昨年の豪雨災害で大きな被害を受けており、現在公開されているのは国宝の石水院のみとなっておりました。



イメージ 10
 こちらは国宝の鳥獣人物戯画絵巻を収蔵している寺院でして、現在は実物は京都国立博物館にて保管されているとの事ですが、複写の展示がありまして、大変興味深く拝見いたしました。



イメージ 11
でもって、御朱印も頂きます(嬉)。



イメージ 12
西明寺も、大変落ち着いた雰囲気の佇まいの寺院でした。



イメージ 13
本堂にて参拝いたしまして・・・。



イメージ 14
御朱印も頂きました。




イメージ 15
 お昼時になりましたので、この度はカミさんが作ってくれたお弁当を戴きます♪。

 高雄山の近辺は川床料理や蕎麦が有名ですが、事前にリサーチしていたとおり、べらぼうに高価でしたので、やはり弁当持参で正解でした(笑)。
 子供の学費とかが終わった直後ですし、贅沢言ったらキリが無いですからね・・・(笑)。



イメージ 16
 山を降りまして、次の目的地は平岡八幡宮です。

 こちらも弘法大師ゆかりの神社でして、宮司さんの丁寧な説明をお伺いしつつ、とても興味深いひとときを過ごす事が出来ました。

 こちらの境内は、TVドラマ「水戸黄門」のロケ地にもなったそうなんです。



イメージ 17
御接待のお茶をご馳走になりまして・・・。




イメージ 18
御朱印も頂きました。




イメージ 19
 この度は京都市西部の観光という事で、嵯峨野の大覚寺も訪問いたしました♪。
 ここを夫婦で訪れるのは、今回で2回目だったりいたします。



イメージ 24
 ここでもカミさんの自撮りのバックに写りこんでみたりいたしまして、良い歳して俺、何やってるんだろw。




イメージ 20
 ここも「水戸黄門」他、時代劇のロケ地としては有名な場所ですね・・・。



イメージ 21
そして御朱印も頂きます♪。



イメージ 22
 限定の御朱印も1000円で頒布されており、「限定」という言葉に弱いおっさんは激しく心を動かされましたがw、ここは我慢我慢・・・w。



イメージ 25
 16時過ぎに嵐山の市営駐車場に車を停めまして、お土産の物色やら食べ歩きやら・・・(笑)。



イメージ 26
 この度2回目の、御当地人気グルメのゆばチーズをゲットするべく、列に並びます♪。



イメージ 27
やっぱり美味しいですわ、これ・・・♪。



イメージ 28
 嵯峨野の竹林も散策しましたが、外国人だらけで超混雑・・・(苦笑)。

 でも、京都の観光地に来たんだなぁという雰囲気は味わう事が出来ましたので、これはこれでアリかな・・・?(笑)。


イメージ 29
 またしてもカミさんの自撮りのバックに写りこみまして、俺何やってるんだろw。

 17時半頃に家路に就きました。



イメージ 30
新名神・宝塚北SAにて休憩いたしまして・・・。



イメージ 31
 こちらで夕飯を戴きました♪。

 フードコートにてサーモン親子丼を注文しましたが、安価で大変美味しゅうございました!!。

 21時半頃に山陽道・倉敷ICに到着しまして、途中で寝酒を買って帰宅したのが22時ちょうどでしたか・・・w。



イメージ 1
 4月に入って最初の週末は、土曜日の午前中は長男の関係の用事、午後からは長女のマンションに行き、食料品の買い物やらと、色々と過保護に世話を焼いてしまいましたw。
 
 で、翌日の日曜日は、カミさんと2人で久し振りに気ままなドライブをする事にいたしました。

 今年は長女の引越し準備で忙しく、3月のツクシ採りが出来ませんでしたので、岡山県北の標高が高い場所は4月に入ってもツクシが採れますので、まずは吉備中央町の竹谷公園へ・・・。



イメージ 2
 お昼頃に現地に到着し、車の中でお昼御飯の惣菜パンを食べてからツクシ採りを開始いたしましたが、う〜ん、確かにまだ生えてるけど、すっかり薹が立ってしまって、干からび掛かっている物が多いですねぇ・・・。



イメージ 3
 それでも、食べられそうなツクシを選んで採取いたしまして、何とかおかず1回分くらいにはなりましたが、このままで終わらせるのは、ちょいと納得がいきませんなぁ・・・w。



イメージ 4
 吉備中央町から真庭市の落合町に抜ける県道66号線を北上しまして、道沿いでツクシが生えていそうな植生の場所を探します。



イメージ 5
 おぉ!。あったあった・・・(嬉)。標高が上がって気温が少し下がった分、目論見どおりツクシの薹立ちも遅れ気味のようなんです♪。



イメージ 6
 岡山県南ではほぼ満開となった桜の花も、北へ上がればまだまだ蕾も目立ちますね・・・。



イメージ 7
 途中で恩木ダムの傍を通りまして、せっかくですからダムの見学もいたしました。



イメージ 8
 洪水調節が主な目的の重力式コンクリートダムでして、頂高39mのこじんまりとした規模のダムでした。

 ダム湖の周辺は公園とかが整備されている事が多いので、もしかしたらツクシも生えてるかも・・・?と探しましたが、残念ながら・・・。



イメージ 9
 それでも県道沿いのあちこちでツクシが生えているのを見付けまして、結果的にそこそこの量のツクシを採取する事が出来ました♪。

 時速60km位で走っていて、道路沿いに生えているツクシを見つけては「ちょっと停まって!」と言ってくるうちのカミさんの動体視力って・・・(驚愕)!!。



イメージ 10
 県道66号線は最終的に落合にて国道313号線に合流いたします。

 道の駅・醍醐の里のすぐ傍ですので、休憩がてら立ち寄る事にいたしました。



イメージ 11
 醍醐桜は今が満開との事ですが、あそこはかなりの渋滞を覚悟して現地にアプローチする事になりますので、この度は「へ〜、そうなんだ・・・」と案内板を眺めて終了ですw。

 っていうか、今日は帰宅後にツクシの袴採りというハードな作業が待ち受けておりますので、醍醐桜の見学は来年以降に持ち越します。



イメージ 12
 道の駅の裏手の河川敷に、桜並木が整備されておりましたので、まったりと散策いたしました。



イメージ 13
 今日の「成果」であります。
  
 正直、今日の「戦果」はゼロになるかも・・・と危惧いたしましたが、例年よりは少な目ながら、何とか「結果」を出す事が出来ましたので、まずはやれやれ・・・。



イメージ 14
 およそ2時間で袴取りの作業も終わりましたが、やっぱりしんどかった・・・w。
 で、時間が掛かりましたので今日のジョギングは休止いたしますw。



イメージ 15
 ツクシは採取したその日のうちに茹でて灰汁抜きをするのがセオリーですので、妻にしんどい思いをさせてしまいました(感謝)。

 中国山地のほとりの地域(蒜山とか粟倉とか千屋とか・・・)では、4月下旬でもツクシ採りが楽しめると思いますが、我が家の今年のツクシ採りは、これにて終了かな?。



福山自動車時計博物館

イメージ 1
 昨日は長女の引越し準備を行いましたが、今日は大学の部活の最後の行事&夜からは4回生の「追い出しコンパ」で飲み会との事。

 「朝10時頃までに大学まで送ってください」と頼まれましたので、親バカな夫婦は長女を大学に送り届けた後、気晴らしドライブで県境を越え、広島県へ・・・。

 無料駐車場に車を停め、この度の目的地は、福山自動車時計博物館なんです♪。



イメージ 2
 子供達が小学生だった頃に1度連れてきておりますので、この度で2度目の訪問となります。

 南極観測隊が使用していた雪上車の実物は、大変貴重な展示物なのではないかと思いますが、屋外展示で以前よりも塗装の劣化が進んでる印象で、破損している無限軌道装置のコンディションも、前回訪問の際と同様でした。



イメージ 3
 こんな感じの建物で、入場料は大人800円なんですけど、その展示内容は、800円という価格がとても安価に感じられる素晴らしい物なんです。



イメージ 4
 入ってすぐのエリアは、江戸時代に作られた和時計の展示です。
 戦国時代や安土桃山時代にヨーロッパから渡来した時計を元に、当時の日本の時刻表示に合わせて国産化された物なのだとか・・・。
 驚くべきは、展示されている時計の幾つかは、未だ稼動状態でしっかりと時を刻んでいる事・・・(驚)。


イメージ 5
 ここは超リアルな蝋人形の展示もありまして、画像のジェームス・ディーンやエルビス・プレスリーは、10数年前に訪れた時にもいたのをはっきりと憶えているんです。


イメージ 6
 オバマ前大統領の蝋人形は、今回初めて拝見しましましたので、蝋人形も新作が加えられているんだなぁ・・・と、感心いたしました。



イメージ 7
 クラシックカー等を展示しているエリアは、こんな感じ・・・♪。



イメージ 8
 画像のT型フォードは、以前訪問した時も「レプリカなんかな?」と内心思っていたんですけど、この度職員の方にお伺いしますと、正真正銘の実物なんだそうです。


イメージ 9
 大変良好なコンディションで保存されており、この手の展示物は、普通は触ったりするのはNGなんですけど・・・。



イメージ 10
 こちらの展示物は、一部を除いて触るのは勿論、事もあろうに実際に乗り込んでハンドルを握る事もOKなんです(驚)。

 世界初の大衆車で、20世紀初頭のアメリカにモータリゼーションをもたらした歴史的な名車ですが、運転の方法は現在の乗用車とは随分異なっていたんだな・・・とか、実際に乗り込んでみてこそ気付く事もありましてね・・・。



イメージ 11
 1936年製のダットサン・ロードスターにも遠慮なく乗り込ませていただきますw。




イメージ 15
 ナンバーを取得している車両もあり、もしかしたら現在も稼動状態を維持しているのかもしれませんね・・・。




イメージ 12
 旧日本陸軍の九七式自動側車の実物も展示されております。
 松本零士著の戦場漫画シリーズの「鉄の竜騎兵」に登場した車両だよなぁ・・・と感慨深く拝見しましたが、あの漫画に登場したのは側車に九七式車載重機関銃を搭載したタイプでしたっけ・・・。



イメージ 13
 唯一の航空機の展示は、パイパー・チェロキーなんです。



イメージ 14
 こちらもコックピットに座ることが出来まして、ラダーとエレベーターは実際に操作する事が可能なんです。エルロンは、操縦桿を操作しても動きが無かったので、片翼のみの展示状態ということもあり、リンケージが廃されているのかな?。




イメージ 16
 隣のエリアは、戦後の国産車のコーナーで、各社の軽自動車を中心とした展示内容となっています。



イメージ 17
 ダイハツ・ミゼットは、映画「ALWAYS 3丁目の夕日」の「鈴木オート」で使われたのかな?と思いましたが、職員の方に尋ねたら、残念ながら違いました。

 とはいえ、こちらの展示車両は映画撮影の貸し出しに使われる事もあるのだとか・・・。



イメージ 18
 でもって、普通に触って乗り込む事ができるんです♪。

 これからも末永く、良好な状態を維持して欲しいと、心から思いました。



イメージ 19
 館外の駐車場には、稼動状態で維持管理されているボンネットバスも数台保管されておりました。



イメージ 20
 これからレストアされるのかな?という感じで車両を並べているスペースもありまして、マツダのオート三輪は、今見ても秀逸なデザインだと信じております。


イメージ 21
 奥の方にダッジのウェポンキャリアーを発見!。
 戦後は陸自でも使われていた車両ですが、この子は米軍の払下げ車両なのかな?。



イメージ 22
 岡山県に帰りまして、画像のたまご屋さんに立ち寄りまして・・・。



イメージ 23
 美味しいたかたのたまごが、24個入りで500円なのは、本当にお買い得♪。



イメージ 1
 仕事が一段落した直後の土曜日は、4月から一人暮らしを始める長女のために、生活に必要な物の買出しに追われまして、相変わらず慌しさを感じております。

 で、日曜日の本日は、そんな忙しい日々の合間に、カミさんと2人でちょいと息抜きのドライブをいたしました。


イメージ 2
 尾道の名店・茶房こもんのワッフルは、最低でも年に1回は摂取しないといけない定番の味でして、この度も下道のみの貧乏ドライブで、店舗裏にある無料駐車場に車を滑り込ませます♪。


イメージ 3
 この度は、定番中の定番・バターワッフルとコーヒーのセットをチョイス♪。
 カミさんはバターワッフルとレモンティーのセットを注文しておりました。



イメージ 4
 メイプルシロップを掛けて戴きますが、いやぁ、本当に幸せ・・・(恍惚)。

大変美味しゅうございました!!(失禁)



イメージ 5
 尾道の定番スウィーツを堪能した後は、店舗の目の前にある千光寺山ロープウェイの切符売り場に立ち寄りまして・・・。



イメージ 6
 こちらで販売されている、しまなみ海道原付チケットを往復分購入いたします。

 来週土日は、いよいよ娘の引越し作業に入りますが、実は明後日の26日は平日ながらお休みを頂いておりまして、この度の仕事を乗り越えた「自分に御褒美」といたしまして、いよいよ「しまなみ原付道」を堪能して来ようと思います。


イメージ 7
 小銭を用意する煩わしさからも開放されますし、何よりも表紙が良い記念にもなりますしね・・・。

 26日は天気も良さそうですので、本当に楽しみです♪。


イメージ 8
 せっかく尾道まで来ましたので、千光寺公園に行ってみましたら、駐車場は満車でして、離れた場所にある臨時駐車場に車を停めて歩くのも、正直何だかなぁ・・・という感じでしたので、この度は尾道観光はこれで打ち切りにいたしました。

 で、スマホで検索していた妻が、山陽新聞デジタルで倉敷美観地区にて花魁道中を開催している記事を見付けてくれまして、珍しいのでそちらに行く事に・・・w。

 美観地区周辺の駐車場は、予想どおり軒並み満車でしたが、駅前の天満屋裏の市営パーキング(30分100円で1日上限800円)が空きがありまして、駐車スペースも広くて安心して車を停める事が出来ました。


イメージ 9
 日差しも暖かい今日は、倉敷美観地区は観光客で溢れておりまして・・・。



イメージ 10
 タイミング良く、花魁道中を見学する事も出来ました。

 花魁道中と言えば、女優の名取裕子さんを連想してしまう私は、何処に出しても恥ずかしくないおっさんなんだと思いますがw、多彩な年代の女性が花魁に扮して練り歩く花魁道中は、西日本豪雨災害の復興支援も兼ねておりまして、出発地点の「倉敷物語館」で出店されている屋台の売上金は、そちらの寄付に廻されるのだとか・・・。


イメージ 11
 国指定の重要文化財の旧大原家住宅は、入場料は大人500円なんです。



イメージ 12
 大原美術館の創始者・大原孫三郎氏の名言が展示されているスペースがあったり、



イメージ 13
 大原家代々の歩みのパネル展示等、地元民の私達にも大変興味深い内容の展示の数々ではありました。


イメージ 14
 
久し振りに阿智神社にも参拝いたしまして・・・。



イメージ 15
 まずは拝殿にてお参りしまして、前回訪れたのは子供達が小さかった頃なので、軽く15年以上前でして、阿智神社の境内って、こんなだったっけ・・・?。


イメージ 16
御朱印を頂きまして、阿智神社を後にいたしました。



イメージ 17
えびす通り商店街のこちらのお店にて・・・。



イメージ 18
しあわせプリンを購入いたしまして、夕食後に皆で戴きました♪。




イメージ 1
 国家試験が全て終了し、大学卒業を間近に控えた長女が、今日は友達とUSJに遊びに行っておりまして、それでは、という事で、カミさんと何処かドライブに行こうか、と話し合っておりました。

 「京都や奈良も良いね♪」と話し合っておりましたら、近所の「おかんき」が急遽予定に入ってしまいまして、17時半には帰宅しないといけなくなりましてね・・・(苦笑)。

 地域によっては無い風習だとお伺いしておりますが、私の住む地域の近所付き合いは、社会学で言う所の所謂「ムラ」ですので、出席しなければ「やれ何処何処の誰々が来とらんがな・・・」とかすぐに話題に挙がってしまいますので(困)、早めに帰宅できる場所は・・・と探しておりましたら、「そうだ明石に行こう!」と言う事になりましてね・・・(笑)。

 国道2号線を東にひた走りまして、たつの市からは太子竜野バイパス〜姫路バイパス〜加古川バイパス〜第二神明と自動車専用道路を走りましたが、今は有料区間は第二神明だけなので、通行料は僅か110円で済みました♪。

 明石PAで小休止しまして、大蔵谷インターから私の母校を見つつ、明石市内に向かいました。



イメージ 2
 明石に車で行く時は、こちらの市営駐車場に必ず車を停めるんですけど、2年前に愛機・EN125-2Aにて初めてツーリングした際も、こちらの二輪専用駐車場を利用させて頂きました。


イメージ 3
 こちらは20分100円の料金体系でして、岡山県の有料駐車場よりはやや割高ながら、明石市中心部で安心して車を停める事ができるんです。



イメージ 4
 最近ニュースで話題になった例の交差点を見つつ南に進みますと・・・・



イメージ 5
 明石に来たら、忘れちゃいけない「魚の棚」に迷わず向かいます♪。



イメージ 6
 明石と言えば明石焼ですので、昼食を兼ねてどちらのお店に行こうかと魚の棚を徘徊しまして、この度はこちらのお店をチョイス♪。


イメージ 7
 明石焼15個で600円と大変安価ながら、当初は出し汁に白ねぎを入れて戴き、後半は紅生姜の甘酢浸けを出し汁に浸けて戴きますと、味が変わりまして、本当に美味しくて至福のひととき・・・。

 こちらのお店だけのオリジナルの味付けだそうですが、いやぁ、これは本当に美味しかった!!。

 お店の御主人が作られたちりめん細工や柿渋染めの工芸品の展示も素晴らしく、本当に有意義なひとときを過ごす事が出来ました(感謝)。



イメージ 8
 せっかくですから魚の棚の美味しい海の幸を物色いたします♪。

 画像の香住産の一夜干しカレイは、4枚1000円に値引きして貰いまして、安価にゲット♪。



イメージ 9
 こちらの天ぷらのお店では、明石近海で水揚げされる太刀魚の天ぷらが安価でしたので、今夜の夕飯のおかずに購入♪。

 他にもホタテの貝柱やらイカナゴのクギ煮やら購入いたしまして、魚の棚を後にいたしました。



イメージ 10
 この度は夕方の近所付き合いの予定があるため、明石に止まっていられる時間は本当に限定されておりまして、まるでニューブリテン島のラバウルからガダルカナルのヘンダーソン飛行場へ攻撃に向かう零戦隊よろしく、現地に止まっていられる時間は僅かながら(意味不明w)、せっかくですので明石城跡にも訪問いたします。


イメージ 11
 学生時代に、春のお花見シーズンに、明石城公園にて友人達と夜桜見物をした事がありまして、駅ビルにて酒の肴を物色しまして、中華料理のピータンを訳も解らず購入し、泥酔しつつ「おい、このゆで卵腐っとるぞ!」とか言いつつも、それでも完食したりした事も、30年以上前の思い出だったりもいたしましてね・・・(笑)。


イメージ 12
 そんな思い出話をしながら公園を散策いたしましたが、実は妻も、高校時代にバトン部に所属しておりまして、野球部の試合に同行し、吹奏楽部と共にこちらの球場にて応援した事がありまして、当時私はリアルタイムでこちらの近辺で大学生でバイク(カワサキGPz400F)でうろうろしていた時期と重なっておりまして、当時はお互いに知らないまま、実はニアミスしてたんだな、と話したりもしましてね・・・(笑)。



イメージ 13
 帰宅後は、妻は「おかんき」に行きますので、私は洗濯物の取り込みや食器の洗い物をした後、例によっておよそ3kmのジョギングをこなしまして、その後に魚の棚で買ったホタテの貝柱のお刺身と太刀魚の天ぷらをおかずにして夕飯を戴きました♪。



イメージ 14
 読書も、画像の中巻を2日前に読了いたしまして、続きの下巻は既に読み始めておりますが、それはまた次の機会に・・・。




全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事