いきなりリターンライダー

とあるきっかけで実に20年ぶりにバイクに跨る事になってしまったおっさんの備忘録

ドライブ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

蒜山高原へ・・・

イメージ 1
 この度もまた、1日遅れでの記事投稿であります(汗)。

 来週土日に高野山へお参りに行く予定が入っているのにも関わらず、落ち着きの無い夫婦は気晴らし下道ドライブに出掛けてしまいましたw。

 珍しく家にいた長女も誘ってみましたが、午前中はバイトに入るとの事。
 「蒜山って、ちょっと行ってくる距離じゃ、ないでしょw」と長女からのツッコミを受けつつも、国道180号〜国道313号〜北房経由で国道181号と下道のみをひた走り、道の駅・がいせん桜新庄宿で休憩したのが、確か12時過ぎでしたか・・・。




イメージ 2
 町並み保存地区の入り口のモミジが鮮やかに染まっておりまして、とても綺麗でした。




イメージ 3
 中国山地の山々も、ところどころ紅葉しておりまして、岡山県北の紅葉は今が見頃ですね・・・♪。



イメージ 4
 野土路トンネルをくぐって蒜山高原に出ますと、山々の美しい姿が拡がり、思わず「おぉ!」と声が出てしまう程でした。

 リサイズした画像では分かりにくいですが、大山の雄姿もくっきりと観る事ができました。




イメージ 5
 この度の目的地は、ここ!。米子自動車道・蒜山ICに程近い、道の駅・風の家です。




イメージ 8

イメージ 6
 この時期は美味しい蒜山大根が旬ですので、売り場には大量に並べられておりました。
 葉っぱも付いて、1本100円〜150円くらいと、とても安価なんです。




イメージ 7
 我が家もお買い上げ・・・♪。
 虫食い等で出来の悪い所をカットした、アウトレットの蒜山大根が、更に安価ですので勿論連れて帰ります(笑)。

 我が家も、畑に40本ちょっと大根を植え付けておりますが、この大根を消費した頃から収穫時になるかな?と、胸算用いたします(笑)。

 あと、写真撮り忘れましたが、蒜山産のキャベツが1個100円と安価でしたので、迷わずお買い上げ♪。



イメージ 9
 ここの所、県北に行ったら食べようと思いつつも、食いそびれてばっかりだったヒラメ(アマゴ)の塩焼きを、漸くゲット!(嬉)。

 1串400円と安価で、頭から全て丸かじり出来まして、柔らかくてとても美味!!。

大変美味しゅうございました!!!。



イメージ 10
ヒルゼン高原センターにも立ち寄りまして・・・。




イメージ 11
 お菓子売り場に点在する試食コーナーにて、お腹いっぱいになりつつw、お土産を物色したり・・・。



イメージ 12
 忘れちゃいけない、蒜山酪農カフェ・オレを戴きました。
 うん、定番の味は本当に美味しいですね!!。



イメージ 13
 少しだけ足を伸ばして県境を越え、先日バイクで立ち寄った道の駅・犬挟まで行って来ました。



イメージ 14
 鳥取名産の砂丘長芋が、何と1本480円(税込み)でしたので、これは連れて帰るしかないでしょ!(笑)。
 白菜とブロッコリーも安価でしたので一緒に連れて帰りまして、この度のドライブでは安価で新鮮なお野菜がいっぱいゲットできました(嬉)。

 うちの畑の白菜とブロッコリーは、収穫までもうちょっと掛かりますので、それまでの繋ぎになりますかね・・・?。



イメージ 15
 蒜山高原に戻り、もう1軒野菜の直売所に立ち寄りまして、国道313号線を南下。
 勝山から国道181号経由で北房に戻り、来た道を引き返しまして、自宅に帰り着いたのが、17時半でしたか・・・。

 

イメージ 1
 夕べは作成途中で寝落ちしましたので、結局1日遅れでのブログアップとなってしまいました(滝汗)。

 この土日は長女の通う大学の学園祭がありまして、妻の両親と義姉と5人で訪問いたしました。

 娘にとっても最後の学園祭になりまして、4年なんて振り返ってみればアッという間だなぁ・・・と思いつつも、親の立場としましては、学費の支払いってやっぱり大変だったなぁ・・・(苦笑)。


イメージ 2
 明るくて礼儀正しい、本当に気持ちの良い対応の学生さん達が作った焼きソバとお好み焼きを昼食に戴きました。

 とても美味しかった事を、こちらで明記させていただきたいと思います。



イメージ 3
 妻の両親がまだ行った事が無いとの事でしたので、最上稲荷・奥之院に程近い、龍泉寺へ行ってみる事にいたしました。



イメージ 4
 こちらは滝行で有名な場所でして、カミさんから「あんたもここで滝に打たれてみたら?」



イメージ 5
 紅葉も始まっておりますが、岡山県南の紅葉のピークは、もうちょっと先ですね・・・。



イメージ 6
本殿でお参りし・・・。




イメージ 7
イメージ 8
備中高松城の水攻めにちなんだ太閤腰掛岩を見学いたしました。




イメージ 9
サンロード吉備路に立ち寄りまして・・・・。




イメージ 10
安価で新鮮なお野菜を物色したり・・・。



イメージ 11
晩生のタマネギ(もみじ)の苗を購入したり・・・。



イメージ 12
休憩を兼ねまして、コーヒータイム♪。



イメージ 13
夕方からは、妻と2人で国道429号線を北上いたします。
国道181号線に分岐し、道の駅・久米の里にて小休止♪。



イメージ 14  
 院庄から国道179号線を北上し、苫田ダムへ・・・。

 ダム巡りの際にいつも参考にさせていただいている、美作ダム倶楽部さんのブログにて、苫田ダムのライトアップの日程が紹介されておりましたので、早速見学に行ってみる事にいたしました。

 下流側の公園は真っ暗でしたが、空を見上げれば天の川がはっきりと見えまして、そんな美しい星空の下、苫田ダムの均整の取れた堤体が幻想的に浮かび上がっておりました(嬉)。



イメージ 15
下流側の麓を見学した後は、ダム天端に上がり、管理所の駐車場に車を停めまして・・・。




イメージ 16
 ここからの眺めも、なかなかの物でした♪。

 美作ダム倶楽部さん、有益な情報に大変感謝しております。
 本当にありがとうございました!。



イメージ 17
 時を同じくして、奥津温泉に程近い奥津渓でも紅葉のライトアップが行われておりますので、せっかくですので足を伸ばしてみる事にいたしました♪。




イメージ 18
 昼間に見る紅葉もとても美しい物ですが、いやぁ、夜間に照明で照らされた紅葉も、とても美しく・・・(嬉)。



イメージ 19
 実は結構な人出でありまして、一眼レフカメラを構えてガチで撮影に来られている方や、手を繋いだり肩を抱いたりと、人目もはばからずキャッキャウフフと愛を育むカップルの皆様、お子さん連れのファミリーと、大変賑わっておりました。

 うちは、20数年連れ添った古女房と2人ですから、手なんか繋ぐ筈も無く・・・www。



イメージ 20
とは言いつつも、自撮りモードで1枚パチリ!。



イメージ 21
 小腹も空いてきましたので、屋台にて焼き鳥を買い、食べ歩きもいたしましてね・・・(笑)。



イメージ 22
 紅葉を見ながらの焼き鳥は、本当に美味しかったです(嬉)。
 しかし、照明の逆光で、画像は真っ黒・・・(苦笑)。



イメージ 23
 夜間の紅葉狩りを楽しんだ後は、津山の院庄まで戻り、「塩元帥」さんにて定番の塩ラーメンを戴きました。

 柚子の風味が効いたスープは、本当に美味!!。

大変美味しゅうございました!!。




イメージ 24
 国道429号線を南下し、倉敷の自宅に帰り着いたのは、22時半の事でした。

 朝から行事がてんこ盛りで、少々くたびれたような気もいたしますが、翌朝は職場の花植えボランティアがあり、その後畑にタマネギの苗を200本植え付ける予定でおりましたので・・・。

 ま、時間は工夫して作り出す物っていうことで・・・w。



紅葉とダムと道の駅

イメージ 1
 1日遅れでのブログアップですw。

 昨日は朝一で病院に行き、切れ掛かっていたヤクの補充をいたしまして、お昼前からカミさんと2人で気晴らしドライブ・・・♪。

 岡山市内から赤磐方面に進み、美作から国道429号線を通って兵庫県に入り、若桜街道(国道29号線)に分岐して、宍粟市の道の駅・はがにて小休止いたしました。

 リンゴの産地との事で、日本酒ベースのリンゴ酒も売られておりまして、カミさんに「1本買ってあげようか?」と尋ねたら、「量が少ないから買わなくていいよ」との事・・・(爆)。
 100円のドリップコーヒーを購入し、さらに北上します。





イメージ 2
音水湖の南にある引原ダムに車を停めまして・・・。




イメージ 3
 ここはダムカード配布対象のダムですが、土日祝日は閉まっているため、郵便受けに82円切手を貼付した返信用封筒を投函いたします。




イメージ 4
 昭和33年に竣工した古いダムで、苔むしたダム堤体とモミジの紅葉とのコントラストが、とても美しかったです。
 ゲートの操作室の屋根やゲートそのものも赤く塗られておりまして、紅葉ともよく合っておりますね・・・。



イメージ 5
 周囲の山々の紅葉は、まだまだこれからといった感じでしょうか・・・?。




イメージ 6
 国道29号線を南下し、道の駅・みなみ波賀にて安価なお野菜を物色いたしました♪。



イメージ 7
道の駅の裏手を流れる引原川のせせらぎに、しばし癒されます♪。





イメージ 8
 さらに南下しまして・・・。

 道の駅・播磨いちのみやにも立ち寄ってみました。



イメージ 9
 16時頃の到着でして、テイクアウトのコロッケを食べようと思いましたが、残念ながら店じまいした後でした。



イメージ 10
 この辺りは柿の産地らしく、たくさん売られておりましたが、妻の実家から毎年大量の柿を頂く我が家は、華麗にスルーw。



イメージ 11
 中国縦貫・山崎IC近くのホームセンターナフコに寄りまして・・・。



イメージ 12
ソラマメの苗2株と、油粕をお買い上げ♪。



イメージ 13
 揖保川沿いを南下し、新宮から国道179号線経由で播磨研究学園都市を抜け、上郡駅前を通過したのが、17時半頃でしたか・・・。

 ちょうどNHKの朝ドラの舞台になっている場所でして、そんな事を話しながら国道2号線経由で岡山県に戻りまして、近所のスーパーで夕飯の食材を買って帰宅したのは20時前でした。

 走行距離は297m。
 四輪での下道ドライブなので、「腹八分目」といった所でしょうか・・・?(笑)。




幡降でワンバンコ!

イメージ 1
 実際に行ったのは8月12日ですので、随分と時間が経ってしまいましたが、何となくブログにアップするのを失念しておりました(苦笑)。

 「お出かけ」ネタだけでなく、ブログにアップしている「出来事」は、実生活の中ではほんの氷山の一角に過ぎないのは皆さん一緒なんだろうな・・・などと思いつつ、それはともかく、9月15日に開催予定のGN倶楽部キャンプミーティングに向けての「下見」であります♪。
 


イメージ 2
 赤磐市の幡降野営場(ばんこうやえいじょうと読みます)は、倉敷の自宅から50km弱の位置関係でして、のんびり走っても田舎道なので1時間ちょっとの位置関係・・・。

 画像は東からのアプローチの場合ですが、ファミマのある交差点を左折するようになります。



イメージ 3
少し細めの道路を進んでいきますと・・・。



イメージ 4
 お寺の山門が見えてきます。

 幡降野営場はこちらのお寺の敷地内にありまして、山門脇の道路を更に登っていくようになっていました。



イメージ 5
 上から撮影した画像ですが、向かって右側に段々になったテントサイトが3箇所くらい確認できました。


イメージ 6
 最上段には駐車場らしき広場と、炊事棟がありますので、出来れば高い位置のテントサイトを確保した方が、色んな意味で便利なのかもしれませんね・・・。



イメージ 7
 この日はソロでテント泊されている方がおられまして、遠目に1枚パチリ!。



イメージ 8
 帰り道に岡山空港の脇を通りましたら、珍しく飛行機が離陸のためタキシングしているのが見えましたので、第四駐車場の展望スペースに車を停めまして、撮影タイム♪。

 カミさんと2人での近場の半日ドライブですが、結果的にキャンプミーの参加の許可も得られましてね・・・(笑)。

 台風来ませんように・・・。




イメージ 1
 またしても、実に2日遅れでのブログへのエントリーであります(汗)。

 職業柄、お盆の期間もカレンダーどおりの勤務となっておりますが、8月17日(金)はお休みを頂いておりました。

 せっかくですのでプチ夏休みと言う事で、さて何処に行こうかとカミさんと話し合っておりました所、「城崎マリンワールドへ行きたい!」との事・・・。

 「城崎は先月バイクで行ったばっかりなんじゃけどなぁ・・・」と内心思いましたが、我が家は妻に「意見具申」する権利はかろうじてあるものの、しかし全ての決定権は妻が「掌握」しておりますので、即座に城崎行き、決定!!www。

 午前5時半過ぎに自宅を出発し、山陽自動車道・備前ICまでは下道を走り、播但道経由で和田山からは北近畿自動車道(無料区間)を通れば、3時間ちょっとで城崎マリンワールドに到着してしまいました♪。




イメージ 2
 そう言えば、最後に家族でここを訪れたのは、子供達が小学生だった頃ですので、実に12年ぶり位になりますか・・・。

 当時産まれたばかりのアザラシの赤ちゃんの名前の公募に応募してみた所、娘の「案」は採用されなかったものの、その後は今でも毎年バースデーカードや案内状が郵送されてきておりまして、こちらの施設の顧客を大切にする姿勢を垣間見る事ができているんです。

 水族館で珍しい魚や美味しそうな魚を見学したり・・・。



イメージ 3
 目の前をヨチヨチと歩くフンボルトペンギンの愛らしい姿に癒されてみたり・・・。



イメージ 4
 イルカ&アシカショーにて、迫力のイルカジャンプを観て歓声を上げてみたり・・・。



イメージ 5
 「あのアザラシの背中に付いとるのは、どうやら痣らしいのぉ・・・」と、お馬鹿な事を考えてみたりと、夫婦2人で結構楽しむ事ができました♪。

 子連れの若い家族が殆どでしたが、子連れじゃない水族館もまた、楽し・・・。



イメージ 6
 自分の体重とセイウチの体重を比較できるコーナーがありまして、ちびっ子達は「49倍」とか「53倍」とかといった数値でしたが、私が座ると「15倍」ですか・・・。

 何はともあれ、一桁でなくて本当に良かった・・・(安堵)。




イメージ 11
 施設に面した海岸は、今日はとても波が高く、瀬戸内の海とは全く異なる姿に思わずカメラを向けてしまいます。

 たっぷり3時間以上、お昼過ぎまで城崎マリンワールドを楽しみまして、次の目的地へ・・・♪。



イメージ 7
 JR城崎温泉駅近くのコインパーキングに車を滑り込ませ・・・。




イメージ 8
 まずはお昼御飯と、駅前の「お食事処 山よし」さんへ・・・。
 今は円山川沿いにも大きな店舗を出されていますが、こちらのお店の佇まいは12年前と変わらず・・・(安堵)。



イメージ 9
 前回訪れた際に、それまでの「美味かった!」という食の思い出をダントツの勢いで更新してしまった名物「かにトロロ丼」を、実に12年ぶりに戴きまして、変わらぬ美味しさに危うく失禁してしまう所でした(マジで)。

大変美味しゅうございました!!(号泣)。




イメージ 10
 城崎温泉の風情ある佇まいを満喫しつつ・・・。
 
 ここで宿泊したのは今から21年前。当時息子は影も形も無く、娘もまだ1歳の時でしたか・・・。
 当時の事を懐かしく思い出しつつ、しかし町並みの雰囲気は、地元倉敷美観地区とも似ているなぁ・・・(笑)。



イメージ 12
そして、忘れちゃいけない食べ歩き・・・♪。



イメージ 13
 城崎に来たら、「かにまん」は絶対に外す事が出来ない私達夫婦なのでありました(笑)。

 温泉玉子とセットで楽しみたい食べ歩きアイテムながら、この度は既に満腹故に、温泉玉子はカット・・・(残念)。




イメージ 14
 「海の駅」にてお土産を購入し、城崎を後にいたしました。

 この時点で15時前。
 まだ帰宅するには早過ぎる時間帯ですので、さてさて・・・♪。




イメージ 15
 先月バイクで訪れた、あさご芸術の森に到着したのが、ちょうど16時。
 
 せっかくですので、「あさご芸術の森美術館」に入館いたします。




イメージ 16
 こじんまりとした規模で、常設展は地元の彫刻家の作品が主ですが(勿論撮影不可)、ちょうど企画展の海洋堂フィギュア展をやっておりました。

 こちらは写真撮影は自由なんです。
 SNSへの投稿も、特に禁止の表示が無かったと思います。



イメージ 17

イメージ 18
緻密かつ迫力の造形に、ただただ感服いたします・・・。




イメージ 19
 海洋堂が手掛けた、食玩(お菓子のオマケ)やカプセルトイ、ミニフィギュアの展示コーナーもありまして・・・。



イメージ 20
 自分自身の、10数年前の「散財の日々」を思い出してしまい、なんだかとても胸が痛くなってきましたww。

 カミさんも、「あ〜、色々思い出してなんか腹立ってきた・・・・」(恐)。




イメージ 21
 裏庭には多々良木ダムの美しい姿と、芝生に展示された彫刻の数々が・・・。




イメージ 22
 博物館前のオブジェ「最後の晩餐」の動物達の姿に癒されつつ・・・。
 1箇所座る事が出来るスペースがあり、1枚パチリ!。




イメージ 23
 神河町まで南下し、まだ時間があるからと、北西に位置する砥峰高原へ・・・




イメージ 24
 この時点で18時ですが、未だお日様は高く、せっかくなので遊歩道を散策いたします。
 半ズボンでは寒さを感じる程で、涼しくて快適な環境で、美しい地形や緑を堪能いたしました。




イメージ 25
 NHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」「平清盛」、映画「ノルウェイの森」のロケ地としても有名な砥峰高原、次回はゆっくりと時間を掛けて見学したいと思います。




イメージ 26
 砥峰高原の西側の県道39号線は道幅も狭く、大変不安を感じつつ車を進めまして・・・。



イメージ 27
 一宮町の福知渓谷に出た時は、本当に安堵いたしましてね・・・(笑)。



イメージ 28
 美しい景色を、極めて早足で堪能いたしまして・・・(苦笑)。



イメージ 29
 国道29号線を南下し、たつのから備前まで高速を使って、帰宅したのは21時過ぎでしたか・・・。

 ちゃんと測ってませんが、走行距離は恐らく600kmは越えているのではないかと思われます。
 四輪でこの距離は、日帰りドライブとしては、まぁ適度でしょうかね・・・?(笑)。



全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事