ここから本文です
勝手気ままなぼやき親父

書庫ぼやき(日記)

すべて表示

ひつこく引きずってアップしてます。 またまた昔の事を思い出していたので、書ける間に書きます。 それは、就職して配属された舞鶴の職場。 昔は引き込み線が工場の中に張り巡らされていたようで、3’6”のレールが工場の建屋間を突き切るようにひかれていた。 もう、貨物はトラックか船輸送になり、駅からの路線も廃線になり、無用なものとなっていたが、そこに無動力のトロッコが置かれ、平行する工場の棟間台車として使われていた。 これが無いと、一々運搬車両の手配をして運ばないといけない事に成る。 ところが、重量物を運ぶとき、一人二人の人力では動かない。 車輪とレールの間に、バールをかませたり、周辺の作業者が集まって動かしていた。 早期に電動化してくれと要請するが、不況下で設備費が削られ主要機械の保すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 感謝!

    2019/4/20(土) 午前 0:40

    コメントで、手抜しようとしていたハンドレール? やっぱり自分でもやりたいと思い、やり直してみた。 割ピンで行きかけたが、そのオートメーションを取り付けるのに、位置決めが出来たので、全く無駄ではなかった。 煙突の下に付いて居るのがオートメーションと言う物らしい。 ネジで加熱管ダンパー(左)とバイパス弁(右)を操作するためのものだが ...すべて表示すべて表示

  • ちょっと工作できた。

    2019/4/15(月) 午前 0:45

    親父の具合は、肺炎防止での流動食も取れて、なんかその食事に文句を言っている位で、入院時より持ち直している。 が、今までがんで亡くなった方々を思い返すと、亡くなる前に妙に元気に成った・・・・・。 そんな中、親父にばかり時間を取られても仕方がないのでちょっと突く。 ハンドレールナブ。 結局、FUKUHARAさんの割ピンを使った。(0 ...すべて表示すべて表示

  • 完全にストップ。その中で。

    2019/4/12(金) 午前 9:34

    昨日は、兄からの呼び出しで葬儀社に自転車で行く。 生憎の強い風。 行きは押してくれたが、帰りは向かい風。 疲れた。 まだ生きているのに、葬儀の準備。 なんかしっくりしないが、海外旅行で兄が不在となる。 その間何かが有ったら、私にすべてがかかる。 そういった所も考えて、やってくれたのだろう。 ちょっと ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事