ヤーコンおやじのブログ

整腸効果抜群!健康野菜の王様「ヤーコン」を栽培してみませんか

全体表示

[ リスト ]

ヤーコン茶の作り方

 糖尿病の方に、薬なしで血糖値を安定させてくれるすぐれものがあります。
 糖尿病の薬は大きく分けて2種類あります。
 一つは糖の吸収を阻害するもので、膵臓の負担を軽くしてくれますが、腹部膨満感が起きやすく、また肝機能障害の副作用があったりしますから、今はあまり使われていないようです。
 もう一つは膵臓からインスリンを十分に出させるもので、これが主流です。副作用は少ないようですが、長期間連続服用すると(ほとんどの方がそうされています)、膵臓が疲労困ぱいします。当然のことですよね。インスリンを必要量出したくても出せないから糖尿病になったのでして、薬でもって膵臓にムチを打ち、“もっとインスリンを出せ”と毎日しごくのですから、膵臓はそのうち疲れ果ててインスリンが出せなくなってしまいます。

 薬に代わる自然食品、これなら副作用もなく、膵臓にもやさしいです。
 その筆頭がヤーコン葉で、食後過血糖を解消してくれるのです。なお、ヤーコン葉は、若葉であれば味噌和えにしたり、佃煮風にして食べられますが、大きく生長した葉をお茶にして煎じても十分な効果が出ます。
 その働きは2つあります。
 一つは、糖の吸収をゆっくりゆっくりさせてくれ、食後の血糖値の上がり方をかなり抑えてくれます。もう一つは、インスリン様作用があって、膵臓から出るインスリン量が足りなくても、どれだけか補完してくれることです。
 「ヤーコン葉のお茶」の効き目は治療薬より穏やかで副作用がなく、どなたにもお勧めできる、すぐれものです。「全薬工業」がそれを証明しています。

 「ヤーコン葉のお茶」は、自分で簡単に作れるようです。私は作ったことがないですが、近所の方が何人か、これを作っておみえです。
 ヤーコン葉を摘んできて、水洗い、陰干しし、乾燥させたものを揉み砕けば良いようです。ドクダミ茶などと同じやり方で作れるとのことです。なお、茎の部分も葉と同様に薬効成分がありますから、葉だけを丁寧に千切り取る必要はありません。細い茎なら丸ごとお茶作りしていいです。
 ただし、長期保存となると、十分に乾燥させないと保存中にカビが生えるようですから、天日乾燥だけではなく、電子レンジなり、蒲団乾燥機なり、フライパンを使うなり、といった水分を完全に飛ばす方法を取る必要があるようです。
 その乾燥法は、ブログを検索していて見つけたのですが、ある方のブログ「ズク出せ!物語」の中で、「ヤーコン葉の乾燥作業改善」http://zukudase1.blog11.fc2.com/blog-entry-319.html と「ヤーコン茶」http://zukudase1.blog11.fc2.com/blog-entry-269.html の2つの記事があり、大いに参考になると思われますので、お茶を作る方は、一度覗いてみてください。

 次に、製薬メーカーは「ヤーコン葉」の薬効成分を逃がさずに、うまく苦みだけを消していますが、単に乾燥させただけのものは苦みがあります。
 この「苦み」そのものには薬効がないようでして、苦いのが苦手の方は、水洗いのときに、数時間水に漬すなり、十分に湯通しすれば、かなり苦みが消えるのではないかと思われます。ただし、薬効成分が若干水に溶け出すと思われます。

 ヤーコン葉の収穫時期は、若葉の時期からOKですが、あまり摘み過ぎるとヤーコンの成育が悪くなりますから、梅雨明け後以降がいいでしょうね。大きく生長した9月下旬以降が適期かと思います。
 なお、主として芋を収穫したい場は、葉っぱの総量の2割までもぎ取っても芋の収穫量は落ちないそうです。そして、芋の収穫は11月半ば以降となりますが、そのときに全部の葉っぱ(ただし青葉)をお茶作りにすればいいようです。この時点でも葉っぱに有効成分は十分に残っているとのことです。

 ウーロン茶とのブレンド
 全薬工業は、ウーロン茶をブレンドして効果をよりいっそう高めています。自分で作られたヤーコン茶にウーロン茶をブレンドなさることをお勧めします。配合比率は企業秘密のようですが、1対1でよさそうです。

 桑葉茶とのブレンド
 桑の葉には、でんぷん分解酵素の働きを阻害する効果がありますから、桑葉が手に入るようなら、これも同様にお茶にしてブレンドされると、より効果が高まります。

 最後に、自分で作るのが面倒なら、製薬メーカーなどが「ヤーコン葉とウーロン茶」「ヤーコン葉と桑葉」をブレンドしたものを発売していますから、薬店などでお買い求めください。通信販売なら、「ヤーコンドットコム 三井ヘルプ」 http://www.ya-con.com/ がお勧めです。三井ヘルプさんは、日本におけるヤーコン製品開発の先駆者で、長年の実績があり、多くの特許も取っておられ、信用できるメーカーです。私も、時々ヤーコン加工製品を購入しています。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事