ヤーコンおやじのブログ

整腸効果抜群!健康野菜の王様「ヤーコン」を栽培してみませんか

全体表示

[ リスト ]

 毎年、店頭に観賞用ヤーコン鉢植を置いています。
 当店に置いている「ヤーコン茶」や「ヤーコンスーパー」を販売するに当たり、良き販売員になってくれる「ヤーコン嬢」です。
 店頭は日が当たらないから、鉢植は3、4鉢作り、自宅で養生しつつ、毎週交替交替で店にもってくるようにしています。
 ある程度成育したら、運搬や水やりに支障をきたすから、上部をバッサリ刈り取り、新たに芽吹かせるのですが、それがために枯れてしまうこともあります。
 たいていは11月下旬にはみすぼらしい姿になりますが、うまくいくと年越しし、まれに花を付けることもあります。
 晩秋以降に枯れたヤーコンには小さな食用部芋が付きますがとても食えたものではなく、その上部にできている種芋は再び植木鉢で芽吹かせます。小さいものはそのままで1鉢に、種芋がよくできていれば株分けして2、3鉢にしています。
 ヤーコンは環境適応力が強く、鉢植環境を記憶していきますから、2年目、3年目には厳しい条件ながら元気さが出てきます。
 さて、今年。昨年は3鉢作りましたが、鉢植からとった種芋では1鉢しか作れず、他の2鉢は畑で栽培していた「アンデスの雪」と「アンデスの乙女」の各1鉢でしたが、早々に枯れたりして3鉢とも種芋はできていませんでした。
 そこで、畑で栽培していた「アンデスの雪」と「アンデスの乙女」の種芋を芽吹かせた苗をあわせて3鉢ほど作りました。どの鉢も2株くっ付けての植え込みです。こうすれば初期はうっそうと茂って見映えがよくなりますし、上部をバッサリ刈り取ったときに片方でも生き残ればと思っています。
 例年なら、4月半ばに準備するのですが、今年はすっかり忘れており、近日最終の苗渡しを予定している中から、あわてて拾い出し、今朝、鉢植を作ったところです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事