ここから本文です

紅葉ど真ん中の旅

        パソコングループ親睦旅行10回目にして初参加
        長野県を巡る一泊の紅葉の旅に出かけてきました

        まずは日本最長とされる中山道宿場町「奈良井宿」へ
          長い街並みが続きますが人影は少なくひっそりとした感じ

イメージ 1
お天気はいいのに肝心の街並みは暗黒写真
開いているお店も少なくちょっと寂しい

イメージ 2
法然寺近くに「「伝統的建造物保存地区」の碑が

イメージ 3
道中の山々も紅葉まっさかりでしたが
奈良井宿のあちこちで真紅のもみじが目に付きます
浄龍寺山門の紅葉も見事

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

秋の風情いっぱいの景色が飛び込んできます
これぞ旅の醍醐味

イメージ 7
信州に行ったらこれがなければ
ありました「道祖神」

イメージ 8

奈良井宿の端「鎮神社」の前で珍しいワンちゃんとうれしい出会いが・・・
濃い茶色の凛々しい日本犬が散歩中
飼い主の方にお聞きすると「美濃犬」とのこと
はじめて見る美濃犬に心うばわれながらバスに乗り宿へと向かいました

イメージ 9
(またもや暗黒ボケボケ写真)
お宿は日本の真ん中辰野町(長野県上伊那郡)の「かやぶきの館」

イメージ 10

驚いたことに立派な能舞台が裏手に建っています
山の奥のそのまた山奥
こんな山奥で能舞台に出会うとは思っていませんでした

お風呂と宴会
気心知れた35名の仲間たちとの楽しい一夜
もう一泊したい気持ち

イメージ 11
翌日も快晴
どうしていつも晴れ女!!

岡谷を通過
諏訪湖を眺めながら目的地諏訪大社へ
諏訪湖ってこんなに綺麗だとは・・・!
冬になって湖面が凍るなど今のこの景色では想像もできません

諏訪大社は諏訪湖の周辺に4カ所の境内地があり
お参りしたのは下社秋宮でした


イメージ 12
おう これが有名な御柱
この上に乗っかって山を下るなんて恐ろしや〜

イメージ 13
季節柄菊まつりが開かれて文字通り花を添えていました

イメージ 14
次に向った「北澤美術館」は
「ガレ」「ドーム兄弟」などのコレクションで有名ですが
「ルネ・ラリック」や「東山魁夷」などの作品もあり
しばし<芸術の秋>のなかにすっぽりと

イメージ 15
美術館の中でとても素敵なスポットがありました

ランプが並んだ先のティールーム
その窓の先には諏訪湖が見えて親しそうにお話しているカップルが・・・

まるで映画のワンシーン
ため息が出そうな美しい光景です
あの中にいられたらなあ

奈良井宿では印判の古いお皿を一枚
諏訪大社では名物の塩羊羹をお土産に帰途につきました

久しぶりの一泊旅行
「映画って本当にいいものですね」が
決まり文句の方がいらっしゃいましたが
「旅って本当にいいものですね」
はい





この記事に

深まる秋

      今日は立冬ですが暖かさが残り冬の感じには今一つ・・・
        夏のなごりの「夕顔」の種が大きくなって黒光り
            秋の日射しを受けています

イメージ 1
ほのかに香る優雅な花とは裏腹ながっしりした種
来年もこの種から夕顔が咲くといいな


昔お世話になった方のブログを見ていたら
干し柿つくりの話が載っていました

うちでも作りたい!
図々しいのを承知の上すぐさま電話でおねだり作戦

心優しい大先輩は快く承知してくださいました
早速 柿狩りに・・・

イメージ 2
秋空に映えること!

イメージ 3
ばんざ〜い 大収穫
このあと皮をむき柿のオブジェが出来上がり

ブログタイトル写真の通りです
見ごたえありますか〜?
先輩 有難うございました




イメージ 4
やっと見つけた足温器
エアコンやストーブでは足元が寒く
何かいい物ないかしらと探していました

「こんなのがあるよ」と友達が見せてくれた通販カタログのものと
同じものを電気屋さんで発見
<やったね!>
今年の冬は暖ったかです
(ちなみに今も足を突っ込みぽかぽか状態よ〜)




上野の国立科学博物館のチケットを頂いたので
券に興味津々の夫と出かけてきました

「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」

科学技術に焦点をあてた600点からなる展示物は
重要文化財、化学遺産、機械遺産、情報処理技術遺産など
多岐にわたり時代時代の変遷を見せてくれました

イメージ 6
日本初のブルトーザー

イメージ 7
ラジオ放送開始

イメージ 8
X線
イメージ 9
一番興味深かったのは初期の大型コンピューターの配線内部
線が絡み合ってがんじがらめ
昔ぐじゃぐじゃになった毛糸をほどくのに
どうしたらいいのか途方にくれたことを思い出しました

この配線で故障個所を探せと言われたらどうするのでしょうね

一歩一歩進歩して行った科学技術
先人たちに敬意を表するのみです


イメージ 5
S君から我が家へ突然ラブレターが届きました
もう少し丁寧に書いて欲しいなと厳しいババ心で読み始めましたが
次第に頬がゆるみとうとう大笑い!

そのまま翻訳(!)します

おばあちゃんおじいちゃんオレオレ詐欺とかにだまされないでください。
もしもおばあちゃんとおじいちゃんが詐欺に出会った時
たいしょ方ほうの㋐㋑㋒㋓㋔を、おしえます
㋐は「あわてないで」㋑は「いちど電話を切る」です
㋒は「うたがってみる」です
㋓は「えんりょせずにそうだんする」です
㋔は「お金を送らない」
「手渡さない」「振り込まない」です
ぼくも詐欺には気を付けます


何ともうれしいじゃありませんか

学校に警察の方たちがみえてオレオレ詐欺について
お話があったとの事
多分先生が3年生全員に手紙を書かせたのだと思いますが
思いがけない手紙にウルウルです

ありがとうS君
詐欺には気を付けなくてはね







     
     

この記事に

元気でやってま〜す

         前回の掲載からもう10日もたってしまいました
           もちろん風邪もひかず元気でいます
              元気すぎて動きすぎ?
        あれこれ欲張り過ぎの毎日でこの結果となりました

           先日の新聞「四季」欄にこんな句が・・・

イメージ 1

「面倒臭そうなる桜紅葉かな」

面倒臭いとはよくわかりませんが紅葉写真が目に付きました
桜や柿の葉の紅葉
この周辺でもこれから楽しめそうです

(句集「夏から」とありますが「秋」でないのは何故?)


イメージ 2

そうかと思えばこの桜
葉っぱは全部落として咲き誇っています
桜世界も色々事情があるのでしょうね 


10日間の間にあったこと

①映画「日々是好日」を見てきました
お茶室の空気、袱紗捌きの音、お庭のたたずまい
忘れていた昔を鮮明に思い出し感慨深いものがありました

②市民祭りフリーマーケットに参加
品出し、値札付け、搬入搬出(朝5時半〜夕4時)
お天気に恵まれ大盛況!

100円の手提げ袋をまけてと言われ80円にしたこと
驚いて友達に話すとウワテがいました
<30円の品物を20円に値切られた!>

ひえ〜!!
元々そんな駆け引きが楽しいのですが
ここまで来るとはね〜
庶民の生活はきびしいのだ!

③腸閉塞で入院した友達のお見舞い
突然あの世に旅立った友がいたかと思うと
思いがけなく病になった友達も・・・
周りは皆そういうお年頃
明日は我が身と戒めなければ

④外壁塗装勉強会
古くなるのは人間ばかりではありません
我が家も相当ガタが来ています
塗装会社の勧誘の標的になる前に(実はもうなっている)
<なんたらかんたら法人>(?)主催の
屋根外壁塗装に関する勉強会に夫と参加

あちらさんの思う壺にはまり住宅○○診断士の訪問を
受けることとなりました

⑤和太鼓とデジタル映像のコラボ「万華響」見に行く
前衛的かつアクロバテイックな若者集団
「DRUM TAO」による和太鼓に
「チームラボ」によるプロジェクションマッピングの投影

迫力ない訳ありません
衣装はコシノジュンコとくれば耳も目も釘づけ
アンコール曲だけ撮影OKでしたので
お目にかけまする〜!

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


そんなこんなで毎日が過ぎていきます
給湯器が故障してお湯が出ず今流行りのナントカ銭湯に行く話しなど
まだまだ続きはあるのですが今日はここまで

元気で動けることに感謝している日々でもあります




     

この記事に

ジャネーの法則

       先日の記念すべき特別の誕生日(はて、なぜでしょう?)
            孫たちがお茶に呼んでくれました

     KちゃんとS君がそれぞれ絵のプレゼントを用意してくれていました

イメージ 1

イメージ 2

わ〜若い!!

Kちゃんずいぶんおまけしてくれたね
いや〜そのままかな・・・

S君の絵は両側にクラッカーがはじけています
長女のMちゃんは大学受験で
おばあちゃんにかまっている暇はありません(ざんね〜ん!)

ありがとう
何よりうれしい贈りものよ〜


毎あさ早朝ランニングにでかける我が連れ合い
時々空き地や土手などで咲いている自然の花を
手折って帰ってきます

昼顔だったり野菊だったり・・・
今朝は色鮮やかなアカマンマ

壁掛けの一輪挿しもホトトギスに入れ替え
玄関がすっかり秋模様

イメージ 3


14日の読売新聞「編集手帳」に
齢を重ねるほどに時間が短く感じられ
大人の一年は子供に比べて短いという
「ジャネーの法則」の事が載ってました

常日頃一週間、いや一か月一年のたつのがやけに早いと
感じていたので我が意を得たりと
ジャネーの法則を調べてみました

フランスの哲学者ポール・ジャネによると
「主観的に記憶される年月の長さは
年少者にはより長く年長者にはより短く評価される」
とのことでした

時間が足りないと思いつつ過ごす毎日ですが
しっかり年長者である自分に当てはまっています

つい先日長年の友達がこの世から去っていってしまいました
余りの突然のことで言葉もありません

これからの一日がいかに短いか
一日という時間の大切さを思い知らされています


この記事に

至福の時間

                暑からず寒からず山歩きにはもってこいの秋の一日
      パソコングループ恒例の秋のハイキングで高尾山へ行ってきました

       タンクトップ姿の外国人も多く紅葉には少し早いのに
              高尾山は変わらぬ人気

イメージ 1
以前この駅に降り立ったのは何年前かしら

イメージ 2
歩いて登る?
いえいえもちろんロープウエーよ

イメージ 3
歩きはじめるとあちこちに大きな倒木が・・・
先日の台風24号の置き土産?
まるでゲートみたい

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
浄心門、仁王門をくぐり関東三大霊場の薬王院へ

道すがらひっぱり蛸やこの山に住む天狗さま
六根(眼・耳・鼻・舌・身・意を表す)を清浄する石など
高尾山ならではの設置物をたくさん見かけました

イメージ 7
頂上に着くと「Its a lunch time]
幼稚園・小学生・のヤンググループから元気なシニアグループまで
お弁当をほうばっています

微笑ましいね〜

イメージ 8
一休みもふた休みもして元気を取り戻し
帰りは違うルートを降りて行きます

ここでもたくさんの木が倒れ通行できない場所もあちこちに

イメージ 9
前方に吊り橋あり!

イメージ 10
このまま歩いて下山する仲間もいましたが
連日のお出かけ続きが響きロープウエーで
ラクチン下山する方を選びました テヘヘ

何年ぶりかの高尾山
また行く機会があるといいな






イメージ 11
秋は「芸術の秋」でもあります

知る人ぞ知るサックス奏者の纐纈(こうけつ)歩美さんと
ピアノ奏者松本茜さんのジャズライブに呼んでいただきました

纐纈さんはその世界では有名な人気上昇中の若きサックス奏者
ライブを企画されたCoffee Windsさんの熱意で
ライブ開催となったようです

あの華奢な体からほとばしるパワフルなサックスとピアノ
間近できくジャズで頭のなかを爽やかな風が吹き抜けていきました


イメージ 12
4個100円のハロウインかぼちゃ
フエンスはすっかりハロウイン仕様


イメージ 13
娘からさっき届いたばかりの誕生日プレゼント
喜ぶものちゃんと知っている

うれしくてちょっとウルウルよ〜
明日からより良い時間を刻みましょう




この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事