田舎暮らしライター・山本一典の田舎雑記

このブログはFB(実名)にもシェアしています。取材・執筆・講演等のご相談は、PXS02025@nifty.com へ

全体表示

[ リスト ]

地方議員のなり手不足

イメージ 1

 統一地方選挙の結果、議員のなり手不足が露呈している。道府県議員選で定
数の3割(町村長選は45%)が無投票当選、市議選でも候補者が大幅に減
少。そして告示された町村選挙も全国375議会のうち93、総定数の約23
%が無投票当選なのだ。それどころか、定員割れした議会が8もある。2年前
に候補者不足で有名になった高知県大川村は最悪の事態を回避したようだが、
全国各地の議会で候補者不足の傾向にある。
 どうしてこういう事態になるのだろう。よく指摘されるのは議員報酬が低い
こと。町村議員の平均は月21万円あまりで、子育て世代にはちとつらい。私
のまわりを見渡しても自営業者が立候補しているケースが多いが、本業の方が
収入源になっている人がほとんどだろう。3期務めたら年金が出るというメリ
ットも、あんまり感じなくなっているのかもしれない。
 その地域で議員になれば、まわりの見る目は変わる。困りごとがあれば相談
に訪れてくる人も多い。でも、本人だってやることはたくさんあるし、議員だ
から何でもやってくれると思われても困る、というのが本音だろう。一方で女
性議員はまだまだ不足しており、地方に根づいた男尊女卑の根は深い。はっき
り言えば、議員はそれほど魅力的な仕事ではなくなっているのだ。それを放っ
ておいていいはずはない。地方自治のあり方を見直す論議が必要だ。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事