田舎暮らしライター・山本一典の田舎雑記

このブログはFB(実名)にもシェアしています。取材・執筆・講演等のご相談は、PXS02025@nifty.com へ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

堰普請2019

イメージ 1

 昨朝、5時半から年に1度の堰普請が行われた。念のために書いておけば、
堰とは川から田んぼへ水を流す用水路で、堰普請とはその清掃作業のこと。私
の部落では防火用水も兼ねているため、田んぼをやっていないわが家も移住し
た18年前から欠かさず参加してきた。取水口から田んぼへは2〜3kmくらい
あるので、真面目にやればけっこう大変な作業だ。
 昔の堰普請は5月3日と決まっていた。どうしてゴールデンウィークの最中
にやるのかと最初は首をひねったものだが、農家に連休なんて関係ない。しか
し、時代の移り変わりとともに地元の人の発想も都会人に近づき、前倒しにな
ったようだ。開始時間も昔は6時だったような気がするが、なぜか30分早ま
った。霜注意報が出ているとはいえ、とにかく寒い。実際、畑に霜柱が立って
いて、放射冷却をまともに浴びた感じ。これも過去に記憶がない。
 ただ、今年の堰普請は驚くほど速く進行した。取水口も水路も、例年と比べ
てゴミや泥が極端に少なかったからだ。天候のせいだという人もいれば、時季
が早すぎたという人もいたが、本当の理由はわからない。結局、作業はたった
の45分で終了。この倍以上かかったときもあったから、ちょっと拍子抜け。
最後に温かい缶コーヒーをご馳走になって、解散となった。たぶん来年はこう
ならないんだべなあ。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事